カテゴリー

税理士ドットコム

ギターの「かかりつけ医」でありたい。リペアマン・石川哲也が個人経営にこだわる理由

ギターの「かかりつけ医」でありたい。リペアマン・石川哲也が個人経営にこだわる理由

自分の大切なモノを修理する。

何かを修理に出そうと思った時、できる限り信頼のおける人に依頼したいものです。中でも楽器のような、高価で愛着のあるものの手入れをするなら、なおさらですよね。

今回お話を伺ったのは、楽器リペアマン・石川哲也さん。

石川さんの工房は、個人開業のため、決して大規模なリペアショップではありません。けれども石川さんの工房には、多くのお客さまが集まり、着実にリピーターを増やし続けています。

なぜ石川さんのリペアショップは人気であり続けるのか。

「ギターの修理だけを提供するのではなく、お客さまに楽しんでもらえる環境を作ることが大切なんです」と話す石川さん。

リペアマンとしての強いこだわりをお聞きしました。

<プロフィール>
石川哲也(いしかわ・てつや)32歳

弦楽器工房「Path」代表

大学卒業後、地元の栃木県で管理業務を行う一般企業に就職するも、不規則な勤務時間に苦労し、再就職を決意。

専門学校に入学し、楽器のリペアを学習後、自身の工房を立ち上げる。
立ち上げ時はアパートの一室に工房を構え、地道にリペアの経験を重ねる。

自身もギタリストとして活動しながら、その経験を活かしてギターのリペアを1人で請け負っている。お客さま1人1人への手厚い接客は評判が高く、リピーターが多数。

「お客さまに寄り添う」ことを第1に、リペアだけではない豊富なサービスを提供する。

待っていても自分に「箔」は付かない。自分の価値を高めたいなら、行動あるのみ!

ー石川さんのこれまでの経歴を教えてください。

石川さん
小学生の頃から両親の影響で音楽を聞き始め、高校生の時に母の勧めで、ゴスペルを始めました。

その後大学に進学してからもゴスペルを続けようと思って、ジャズ研に入ったんです。

ー大学生になるまではギターではなく歌うことがメインだったのですね。

石川さん
そうですね。

ジャズ研に入ってコピーバンドを結成した時に、初めてギターと出合いました。

ギターを弾く楽しさに、すぐのめり込み、大学生の間はずっとギターを弾いてましたね(笑)。

ー大学卒業後はどのような道を進んだのですか?

石川さん
音楽とは離れて、一般企業に就職しました。

私は栃木県出身なんですが、その会社の事業所が栃木にあったので、地元に帰って働きました。

しかしその仕事がとても大変だったんです。

私はもともと喘息持ちで体が弱かったので、しばしば体調を崩していました。このままではまずいと思い、1年半ほどでその仕事を辞めて次の仕事を探し始めました。

前職の辛い経験の後ということもあって、次は自分が好きなことを仕事にしようと思いました。

ーそこで音楽を仕事にしようと思ったのですね。

石川さん
はい。自分の好きなギターを仕事にしようと思ったんです。

弾くのももちろん好きなんですが、ギターをいろいろいじることも好きだったので、リペアを仕事にしようと思い、渋谷にある「代官山音楽院」(現、島村楽器テクニカルアカデミー:http://academy.shimamura.co.jp/)という専門学校で2年間学びました。

そこで本格的に、楽器のリペアについて勉強したんです。

専門2年目の時、ギターのリペアの仕事を求めて就活を始めました。

普通であればリペアマンは、まず大手の店舗で販売職を経験してから、工房に入ってリペアの仕事を始めます。

もしくは、自分の師となる人を見つけて、その人に弟子入りしてから独立することが一般的です。

しかし当時の私は26歳で、年齢的に余裕がある訳ではなかったので、焦っていました。

「自分に箔が付いてないと、誰もリペアを依頼してくれない」と思っていたので、最初は有名な工房に弟子入りを考えました。

しかし、そもそも弟子入りできる工房が少ない上に、実務経験の少ない私は門前払いされることが多いので、途方に暮れていましたね。

ーリペアマンになる道は、簡単ではないということですね。その状況をどう乗り越えたのでしょうか?

石川さん
専門学校の先生方や、リペアマンとして実際に働いている方に「自分はどうするべきか?」を聞いて回りました。

すると共通して「自分に箔が付かないといけないって思って迷っている間は、箔は付かない。ゼロからでも、自分で始めてしまった方が良いのでは?」とアドバイスされました。

かなり悩みましたが、弟子入りできる目処が立っていませんでしたし、遅かれ早かれ独立して工房を立ち上げるなら、と、アドバイスを活かして自分のギターリペアショップを立ち上げました。

上手くいく勝算があったわけではないのですが、まずは工房を立ち上げてみて、そこから考えてみようと思ったんです。

とはいえ最初は、資金も場所もなかったので、自室として借りていた小さなアパートの一室を工房としてスタートさせました。

ー自分の価値は自分の行動力で高めるのが大事、ということですね。最初はどのように利益を得たのでしょうか。

石川さん
最初はとにかく知り合いに頼んで、安い値段でも楽器を直させてもらいました。地道に実績を重ねていくうちに、口コミで段々とリペアを頼んでくれる人が増えていきました。

そして、27才の頃転機が訪れました。

私は自分の工房を経営する傍ら、音楽のスタジオでアルバイトをしていたのですが、偶然にもロックバンドの「THE NOVEMBERS」(http://the-novembers.com/)のメンバーさんと知り会いました。

そこで「THE NOVEMBERS」の皆さんにリペアを頼まれたんです。

ー「THE NOVEMBERS」といえば、人気のロックバンドですよね?

石川さん
はい。私もびっくりしたのですが、誠心誠意仕事をさせてもらいました。

すると気に入っていただけたのか、その後も定期的に私にリペアを依頼してくれるようになったんです。

この出来事をきっかけに、さらに口コミも広まり、私にリペアを依頼してくれる人が急増しました。

このあたりから、リペアの仕事だけで安定した収入を得ることができるようになりました。

ー石川さんが根気強く行動した結果、チャンスを掴み取ることができたのですね。

石川さん
そうかもしれません(笑)。

あの時に思い切って独立して良かったと思っています。

自分から行動し続けたことで、自分の仕事に自信を持てるようになりましたし、「THE NOVEMBERS」さんと出会えたことで、今までよりさらに”出会い”を大事にするようにもなりました。

リペアだけでは終わらない。個人経営だからこそできる、リピーターを増やす方法

ー現在はどのようにお店を経営されているのでしょうか?

石川さん
お客さまからリペアの依頼を受けて、実際に楽器に手を加えるまで、私が1人で行っています。

ー従業員は雇わないのですか?

石川さん
はい。これからも私1人で経営も実務もやっていこうと思っています。

ーそれはどうしてでしょうか。

石川さん
お客さまのニーズに応えることができるからです。

私のような個人にリペアを依頼するお客さまの多くは「こちらの要望を正確に汲み取って、リペアしてほしい」という思いを抱えていらっしゃいます。

大手のリペアショップだと、お客さまが要望を伝えた相手と、実際にリペアする人が違う場合が多いです。

そうなると伝達が上手くいかずに、お客さまの要望通りにリペアされないこともあります。

その点、私はヒヤリングからリペアまで、全て1人で行うので、お客さまと十分に話し合ったうえで、要望を正確に把握することができます。

細かい要望にも柔軟に対応できるので、それこそが私の強みであり、私に依頼してくれる意味であると思っています。

ーそれはかかりつけのお医者さんと似ていますね。ギターの専門医みたいな。

石川さん
まさに、そんな感じですね。

実際にカルテのようなものを作っていますよ。

「どんな問題点があったか」「どのようにリペアしたか」などを記録しておけば、またリペアを依頼されてもすぐに対応できますし、お客さまにとっても安心ですから。

ーしかし、全てお1人でやられると、リペアできる数が限られるのではないでしょうか?

石川さん
そうですね。だから、どうしても1回のリペア代は高くなってしまいます。

価格が高くなってしまう分、お客さまに「この人なら要望通りにリペアしてくれる」と満足度を提供できるよう、1人1人のお客さまに全力で対応するようにしています。

ー石川さんは、あくまでお客さまに寄り添うことを大事にしているのですね。

石川さん
そうですね。

お客さまとは、仕事以外でも関係を継続しています。例えば、私はリペアを依頼していただいたお客さまのライブに積極的に足を運ぶようにしています。

ーなぜですか?

石川さん
仕事だけの関係になってしまうと、お客さまの本当の要望を掴みづらくなってしまうからです。

なにより自分が手掛けたギターが、ステージでちゃんといい音を出しているかを確認したいですから。

しっかり演奏されているのを確認して、ようやく私の仕事が完了したなと確認できるというか(笑)。

ーそこまでされると、お客さまもまた石川さんにリペアを頼みたくなるでしょうね。

石川さん
私のような個人のリペアマンにとって、お客さまには要望以上のことを提供するのが大切だと思っています。

だから、お客さまからリペアを依頼されていない箇所でも、手を加えた方が良い箇所があれば手を加えますし、若干不調でもあえて修理せずにそのままの音を維持することもあります。

そのギターを使って、どのような音や音楽を作るか、という点が私とお客さまとの間でしっかりと握れているかどうかがキーポイントになってくるのです。

修理だけがリペアマンの仕事ではない。お客さまに楽しんでもらう環境作りの大事さ

ー石川さんの工房に足を運ぶのは、どういった層のお客さまが多いのでしょうか。

石川さん
プロのミュージシャンの方から学生まで、幅広くリペアを依頼してくださいます。

中には、進路相談をしたいという大学生もいますよ(笑)

一般企業に就職した方が良いのか、音楽を諦めずに続けた方が良いのか、という相談が多いです。

私も経験したことなので、親身になって相談に乗るようにしています。

ー修理に関わること以外の相談にも乗っているのですね?

石川さん
そうですね。

お客さまに「また来たい」と思っていただくためには、修理をすることが全てではないと思っています。

先程のライブに足を運ぶこともそうですし、進路の相談に乗ること、ここにある大量のゲームソフトで一緒に遊ぶことなど、お客さまにとって居心地がいい環境を作ることが大切だと思っています。

ーお客さまとゲームで遊ぶのですか(笑)?

石川さん
はい(笑)。

リピーターの方だと、ゲームだけしに来ることもあるくらいです(笑)。

もはやギターの修理には何も関係ありませんが、そうやってお客さまが「また来たい」「楽しい」と思っていただける環境を作ることが、結果として仕事にもつながりますから。

ーその点も、個人経営ならではですね。最後に、これからの展望を教えてください。

石川さん
今後も、高い満足度をお客さまに提供できるよう、丁寧な仕事をしていきたいですね。

また今後はリペアだけじゃなく、ギターそのものを作り、それを販売してみたいです。

近年、ギターに使われる木材が減少し、価格が高騰しています。一方で、少子高齢化の影響で使われなくなった空き家が増えています。

そこで家の柱などで使われた良い木材を、ギターの材料として再利用するのです。

お客さまの思い出の家や家具がなくなっても、ギターとしてまた一緒に同じ時間を過ごすことができる。

そんな素敵なお手伝いができたら、嬉しいですね。

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

会社はほとんどの場合、借金をした状態で経営をしています。多くの利益を出している会社でも借金があることが多いです。借金に対してのイメージが悪く「借金がある状態では会社買収をできない」と思う方もいるかもしれませんが、会社の買収や売却は、会社に負債(借金)がある状態でも行うことが可能です。
(さらに…)

2020年1月23日

独立開業して事業経営をしていく際、継続的成長のために従業員を採用し増やしていく機会があると思います。そのときに重要になるのが、従業員の「育成」です。

一般的に、従業員の育成方法には次の3つがあると言われています。
①OJT
②Off-JT
③自己啓発
前回は「OJT」についてお伝えしましたが、今回は「Off-JT」について、その特性、OJTとの違いについてご紹介していきます。

実際の仕事から離れて行われるOff-JT

Off-JTとは「Off-the-Job Training」の略称で、職場から離れた場所で業務遂行に必要な基本となる知識・スキルを体系的に学習するために行う教育訓練のことを言います。前回お伝えしたOJTは仕事を通じた人材育成でしたが、Off-JTは実際の仕事から離れた、座学や集合研修を通じた人材育成と言えるでしょう。

Off-JTのメリット

Off-JTは、現場の状況に左右されず、均一な知識習得の機会を提供できる点がメリットです。OJTのように業務状況によって途切れ途切れの研修になることはなく、また外部機関の専門の講師が担当しますので、研修の質にバラツキが出ることもありません。実際の仕事から離れて行われるので、日々の業務に追われてなかなか勉強できない最先端技術やノウハウなどを、職場環境に左右されず集中的に習得することができます。

また受講者の知識の習得度合のばらつきを防止できます。Off-JTは個別ではなく集団研修となることがほとんどですから、専門知識を座学等で均一に行うことができます。受講者に対して同時に研修・訓練を行うことで、個々への「研修の濃淡」が起こりづらくなります。

そのほか、会社主体で行うため確実に研修を実施できるほか、受講者のプライベートの時間を削らなくてもすむため、受講者の負担が少なく、研修に集中できるというメリットもあります。

Off-JTのデメリット

一方、Off-JTは「習得内容を業務に反映しにくい」という点がデメリットです。その企業の実務から離れ普段取得できないものを学ぶため、実務的というよりは理論に偏っている場合もあり、うまく活用できない、あるいは活用するにしても応用が必要な場合があります。外部機関に研修を依頼または委託する場合も、その外部機関に研修成果の実務への落とし込みまで委ねることは難しく、受講者が自ら実務への落とし込みを考えなければならない場合も少なくありません。

また、外部機関に依頼または委託すれば、その分費用が発生しますし、社外施設で実施した場合は、会場費も発生します。

Off-JTの必要性

OJTで通常の業務をしながら十分な指導をすることは、簡単なことではありません。教える側は通常業務と指導の両方を兼ねる必要があり、場合によっては指導に集中できないこともありえます。また教える側は指導の専門家ではないため、人によって教え方や内容に差が出ることも想定できます。

仕事をステップアップするために必要な知識もあり、それらは都度仕事で覚えるよりも、Off-JTを利用して徹底的に学ぶやり方が適している場合もあります。

企業が従業員の成長を支援するためには、OJTとともにOff-JTも必要なのです。

Off-JTとOJTをうまく使い分け、効果的・効率的な研修を実現しよう

グローバル化や職種の垣根を超えた産業の活発化が進み、人材もそれに適した人が求められるようになりました。それにより、企業が行うべき研修も広範囲にわたっています。

実務を離れたところで、外部機関も活用しながら最先端技術やノウハウを幅広く吸収し、それを現場の実務に応用し実践する、というOff-JTとOJTを連動させた研修体系の整備が、今後はより求められてくると思います。

Off-JTをOJTと上手く使い分け、それぞれに適した内容の研修を行うことで、自社の教育研修をより効果的・効率的に実施していきましょう。

PROFILE

HIDE

元大手広告会社で人事部長を経験。新卒・中途の採用から人事制度設計、労務管理まで人事業務全般を手がける。現在はその前職での経験を活かし、各種就職・転職セミナーの企画運営から企業の採用広報の企画設計等、幅広く活動中。

2020年1月23日

税理士ドットコム
税理士ドットコム
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ