カテゴリー

税理士ドットコム

独立前のアドバイスは意味がない? バー・Kichi店主に聞く 助言との正しい付き合い方

独立前のアドバイスは意味がない? バー・Kichi店主に聞く  助言との正しい付き合い方

独立・起業をする上で、多くの人が必ずチェックするであろう、先輩からのアドバイス。

資金面や経営に関することを中心に、その道の先輩に話を聞いているという方も多いのではないでしょうか?

今回お話を伺ったのは、荻窪の「Cafe&Bar Kichi」のオーナーを務める、坂梨公亮さん。

2019年7月にKichiを開業された坂梨さん。そんな坂梨さんも開業前に先輩から多くのアドバイスをいただいたそう。

しかしアドバイスというのは「実感を伴ってこそ意味がある」と坂梨さんは言います。

自分を助けることがある一方、時として自分の首を絞めることにもつながりかねないアドバイス。今回はその理由を伺いました。

<プロフィール>
坂梨公亮さん
Cafe&Bar Kichiオーナー
ミュージシャン

福岡県出身。
高校時代からバンド活動を始め、地元・福岡を中心に活動を行う。

2018年にバンド活動のため上京。
アルバイトを転々としながらバンド活動に打ち込む。中野にある「しょぼい喫茶店」で店員を務める(現在は閉店)。

現在はバンド「A perfect day for apple deer」でベーシストとして活動されている傍ら、2019年7月7日に「Cafe&Bar Kichi」を開業する。

自分のライフスタイルを振り返った時に、独立という選択が最適だった


——現在、バンド活動と並行しながら「Cafe&Bar Kichi」(以下、Kichi)を経営されている坂梨さん。まずは音楽との出合いから教えていただけますか?

坂梨さん
音楽は小学生の時から好きでしたね。音楽番組などで気になった音楽をかたっぱしから集めて聞いていて。

楽器を始めたのは中学生の時、もともとはギターをしていたんですが、高校時代にベースに転向して以来、ずっとベースを弾いています。

その後、福岡大学に進学。最初は大学に通いながら音楽活動をしていたのですが、音楽に力を入れたくて退学しました。

——以降はずっと音楽活動とアルバイトを?

坂梨さん
そうですね、両立しながら福岡を中心に音楽活動していました。

最初はいくつかのバンドを掛け持ちしていたんですが、やがて1つのバンドでみっちり活動するようになっていって。

3年から4年くらいの活動期間でしょうか。インディーズではありましたが、全国ツアーで東京までライブをしに来られるようになっていきました。

しかしそのバンドも解散してしまって。その後、現在のバンド「A perfect day for apple deer」を結成したんです。(現メンバーは僕1人ですが)

——その後、上京をされたのですよね?

坂梨さん
はい。今からちょうど2年ほど前ですね。なんとかアルバムも出せたので、拠点を福岡から東京に移そうと。

東京に来てからもバンド活動とアルバイトを両立させていたのですが、やはりバンド活動が忙しくなるとアルバイトを休まなければならなかったりと、何かと人に迷惑をかけてしまう。

それに比べて独立なら、仕事を休んでも自分の収入が減るだけじゃないですか。つまり働かないことで自分以外の誰にも迷惑をかけない。

そういった自分の生活のスタイルを考えた時に、独立という選択が1番人に迷惑をかけないんじゃないかと(笑)。

それで去年の7月7日にKichiを開業しました。

アドバイスは自分を助けることもあれば、苦しめる時もある。大切なのは本質を見誤らないこと

——Kichiはカフェ・バーとして経営されていますが、なぜ飲食業として開業しようと考えたのでしょうか?

坂梨さん
これは僕が上京する少し前の話になりますが、音楽活動のために僕より先に上京したあるドラマーの友人と、福岡で飲むことがあったんです。

その友人が所属していたバンドでバーを立ち上げた、という話を聞きまして。

「バーとして夜しか営業していないなら、昼間貸してよ」とお願いしたことがきっかけです。

「バンドの傍ら飲食店を経営する」という取り組みはとてもいいなと。

なら自分が上京する時には、昼間の時間を貸してもらおうと思っていたんですが、上京する時にそのバーが台風の影響で被災して。その後、バーはなくなってしまったんです。

なので上京してしばらくは普通にアルバイトをしていました。

今はないのですが、ちょっと前まで中野にあった「しょぼい喫茶店」でアルバイトをしていたんです。

——そこから「Kichi」を開業されたと。開業資金はどのように工面したのでしょう?

坂梨さん
開業に必要なお金として、「しょぼい喫茶店」から100万円を工面していただいたんです。

それもあって予算内でなんとかなりそうな物件を選んで、内見して…。という感じで今の店を選びました。

おそらく飲食店を開業するための初期費用としてはめちゃくちゃ少ないと驚かれると思います。

開業資金が少なすぎて居抜き物件が選べなくて、スケルトン物件から(もともとは美容室で、厨房がない状態だった)お店を作りましたから。

…初期費用を増やして、居抜きにしておけばよかったです(笑)。

——初めての独立をする上で、開業している身近な先輩からアドバイスをいただいたのでしょうか?

坂梨さん
そうですね、いろいろ聞きましたね。

でも振り返ると、アドバイスというのは「実感を伴ってこそ意味がある」なと思いました。

——どういうことでしょう?

坂梨さん
例えば「店を開けてる時間は長い方がいい。なるべく開店時間を増やした方がいい」とアドバイスを受けたことがありました。

店にいる時間を増やせば、その分お客さんも使いやすいだろうし、稼げるお金も増えるかもしれません。

でもそもそもバンド生活との両立を目的に開業したので、時間が奪われることは僕にとってあまり良くないなと。

それで最初の頃、バンドが忙しい時は店を閉めることも多かったんですが、ある時いつも来てくださる方の足が遠のいてしまったのを感じて。

——いつも来てくれていた方が、だんだん店に来ていただけなくなってしまったと。

坂梨さん
いろいろツテを使って調べてみたら、
「あの時、店が開いてなかったから」
と、その方からご意見をいただいたんです。

僕には僕の事情もあったのですが、結果的には店を閉めることで、いつの間にか機会を損失していたんですよね。

その機会損失に気付いて初めて、先輩からのアドバイスが身にしみて分かりました。

——とはいえ坂梨さんにとってバンド活動も譲れない部分ですから、難しいところです。

坂梨さん
だからいい塩梅で、僕の事情とお客さんの要望を両立させないとなと。そこからは自分がいない時でも店を回せるよう、スタッフを雇うことを検討するようになりました。

これはアドバイスを身にしみて実感できた例なのですが、一方でなかなか実現することの難しいアドバイスや要望もあります。

——と言いますと?

坂梨さん
「新メニューを作った方がいい」というアドバイスがあったとします。
店をやったことがない人が聞いたら「たしかに、新メニューはあった方がいいのかも」となるかもしれませんが、実際に新メニューを作るとなると、

・新商品の種類、味の決定(研究開発)
・そのメニューを安定的に供給できるか(仕入れの確保とスタッフのオペレーション)
・チラシを配るかネットで告知するか(宣伝方法)

など、実は考えたり調整したり手を動かす労力が増えてしまったりと、何かとコストがかかってしまうんです。

資本力のあるお店ならできる(というか大手はおそらくこの全ての工程を分業している)のでしょうが、個人店は基本的には全ての工程を1人で賄わないといけない。

もちろん新商品の開発は重要な仕事です。ですが、それをやるタイミングを見極めることは非常に難しいんです。新商品の開発だけでお金を稼げるわけではありませんから。

——なるほど。たしかに「新商品を作る」というアドバイスを真に受けすぎてしまうと、逆に自分の首を絞めてしまうことにもつながりかねない。

坂梨さん
そうなんですよね。

アドバイスというのは、だいたい的を射ています。

つまり「ある側面において」それは正しい、と言えることばかりなんですが、実際にそのアドバイスを実行しようとすると、いろいろ他の事情とぶつかることだってある。

アドバイスに生かされることもあれば、時にそのアドバイスが自分の足を引っ張ることもあります。

個人店にまず必要なのは、日々の営業をしっかりと行いちゃんと生き抜くこと。

目的を履き違えないためにも、「そのアドバイスは今、自分に必要なのか?」と客観的な視点を持つことは大切なのかもしれません。

大手チェーンと比べない。個人店のメリットデメリットを整理しておくこと

——坂梨さんの今後の展望を教えてください。

坂梨さん
まずはちゃんとお店を続けていくこと、でしょうか。

昨今の情勢の関係で、イートインでは営業ができていないので。今後はテイクアウトや配達などもできないかと模索しています。

自粛期間中は、今後いろいろと必要になりそうな器具や道具を買ってみたり、自粛明けの今後の動きを検討しています。

世の中やお客さんのニーズを見つつ、いろいろ自由度を高く変えていけるのが個人店のいいところだと思うので、これからもがんばっていきたいですね。

——最後に読者の方へメッセージをお願いします。

坂梨さん
これを読んでくださる方がどんな業種、職種で独立・起業をするのかどうかは分かりません。

しかしもし僕みたいな個人店を立ち上げたいと考えているのなら、あらゆる点で「大手と比べない」ということをお伝えできればと思います。

先ほどの新メニューの話でも挙げましたが、大手はあらゆる仕事を分業しています。また変な話ですが、1年目は赤字でもなんとかなります。

利益が上がらずとも、顧客の獲得やスタッフの人件費に労力を割いて、2年目以降で回収できればいい。でもそれは資本があるからできること。

僕ら個人店は1年目から利益を上げないと食べていくことができません。

僕の場合はネットを活用した集客に力を入れていました。例えば

「なんでわざわざ福岡から出てきて東京で開業したんだろう?」
「なんでバンドと並行してお店を開いたんだろう?」
「Kichiの店主って何者なんだろう?」

とか。とっかかりはなんでもいいので、ちょっと実際に店に足を運んでみたいなと思ってもらえるきっかけは、今でも意識して作るようにしています。

開業してただ近所に住んでいる方が来店するのを待っているのではなく、ネットでアプローチして店に来ていただきつつ、徐々に近所の方にも知っていただけるような仕組みを作っていきました。

そういった個人店ならではメリットやデメリットを整理して、開業できたらいいんじゃないかと思います。

取材・文・撮影=内藤 祐介

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

新型コロナウイルスの感染拡大やAIの急速な進化など、最近では事前に予測できない社会変化が多く発生しています。この状況を表すキーワードとして「VUCA」という言葉が最近よく使われています。

今後独立開業をしていく際には、この「VUCA」の特性を把握したうえで事業運営していくことが求められます。

では「VUCA」とは何なのか、今後どう対応していく必要があるのか、ご紹介していきましょう。

「VUCA」のルーツは軍事造語

「VUCA」とは、Volatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)の頭文字を取った造語です。

もともとは、冷戦終結によって従来の核兵器ありきの戦略から不透明な戦略へと変わった1990年代の状態を表す軍事造語でした。その後2010年代に入り、変化が激しく不確実な社会情勢を指して、「VUCA」という言葉が転用されるようになりました。現在では、これまでの常識が大きく変わる「ニューノーマル時代」の到来を象徴する言葉としても使われています。

「VUCA]に含まれる言葉の意味は、以下になります。

【V】Volatility(変動性)

VUCAの「V」はVolatilityで、「変動性」という意味です。

IT技術が急速に発展している今の時代は、顧客ニーズの変動が顕著です。たとえば、2013年頃に一世を風靡したソーシャルゲーム業界が、今ではピーク時と比べ売上高が半減しています。新しいビジネスモデルを作り出しても、環境の変動によってわずか数年で衰退してしまうのが現状で、市場は以前よりも短期間で大きく変動し、予測不能な状態になっています。

【U】Uncertainty(不確実性)

VUCAの「U」はUncertaintyで、「不確実性」という意味です。

今やビジネスにおいて、「確実なもの」「安定しているもの」はありません。時代の変化はもちろん、政治経済や市場の変化は目まぐるしく、日々グローバル化も進んでいます。また今年でいうと感染拡大した新型コロナウイルスが日本経済にどのような影響を与えるのか、渦中では予測不可能です。突発的な疫病や、激化していく台風や地震などの災害、少子高齢化・過疎化などの不確実な要因が、現代には複数存在します。そして不確実性が大きい状況では、売上計画などビジネス上の見通しを立てるのが難しくなります。

【C】Complexity(複雑性)

VUCAの「C」はComplexityで、「複雑性」という意味です。

急速なビジネスのグローバル化が進んだことで、今日さまざまな分野で国境を越えるイノベーションが起こっています。そのような状況でビジネスを成功させるためには、世界の「複雑性」を十分に理解しておくことが必要です。特に日本と海外ではビジネスの習慣やルール、基本的な価値観などが異なる場合が多く、また新しいビジネスやルールが次々に生まれるため、法律面を含めた環境整備が追いついていないというのが現状です。

たとえばタクシーの配車アプリであるUberのように、本国であるアメリカと日本で異なった仕組みで運営されていたり、全世界的に広がっているキャッシュレス化も、日本では店舗側がコスト負担の問題や現金信仰という独自の文化観によってなかなか広がらないという、世界各国とは異なる結果が生じていたりします。

現在では新しいサービスが登場するたびに、複雑性にどのように対処するか、という課題が生まれています。

【A】Ambiguity(曖昧性)

VUCAの「A」はAmbiguityで、「曖昧性」という意味です。

現在、ビジネスを取り巻く環境が目まぐるしく変化しているため、少し先のこともどうなるか予測が難しく、問題に対する絶対的な解決策が見つからない曖昧な状況になっています。

たとえばベンチャーキャピタル(投資会社)のように、投資先企業の精査をしても今後の環境変化が見立てきれず、曖昧な状況の中で投資するかどうかという経営の意思決定が求められるケースも増えています。

このような曖昧な案件に対しては、少しの変化も逃さず素早く最新情報を捉えて意思決定し、対応していくことが求められます。

「VUCA」の時代に求められる3つのポイント

「VUCA」の時代が進むと、変化(Volatility)が激しいため先が見通しづらく(Uncertainty)、複雑(Complexity)で曖昧(Ambiguity)な世の中になっていきます。そのため、従来のように準備に長い時間をかけていては、市場構造やユーザーの興味は移り変わってしまいます。

そのような「VUCA」の時代に対応したビジネスを展開していくためには、事業として以下の3つのポイントが必要になります。

① ビジョンを明確に持つ

「VUCA」の時代は将来の社会環境がどのように変化するか予測しづらく、かつその変化のスピードも速くなっています。企業がその変化に柔軟に対応するためには、今後何を目指していくか、自社のビジョン、経営方針を明確に持つことが求められます。

この自社のビジョン・経営方針が明確でないと、社会変化に対応するたびに自社の経営戦略のベクトルが変わることになりかねず、事業を継続的に運営していくことが困難になってしまいます。

自社のビジョン・経営方針を明確にしておけば、ビジョン実現のためにとるべき行動や経営判断が明確になり、環境変化に振り回されたりその場しのぎの判断をしたりすることを回避できます。

② 素早く情報収集し予測・検証する

「VUCA」の時代では、自社のビジネス環境が急速に変化していきますが、どのような変化が起こっているのかを把握しなければ、その後の対応もできません。

そのため、自社のビジョン・経営方針を明確にしたうえで、できる限りの情報を素早く集め、変化の状況を正確に把握することが必要です。

情報を集める際は、用途によって情報ソースを使い分け短期間で収集します。インターネットのニュースサイトやアプリは、時事ニュースなど広く浅い情報を集めるのに有効です。一方、自社ビジネスに直結する深く狭い専門的な情報は、専門的なサイトやSNS上の専門家のアカウントをフォローすることで入手します。執筆した書籍や実際に現場の人間に会って生きた情報を得るなど、情報ソースをバランスよく配分しましょう。

そして集めた情報から現状を打開するアイデアを生み出し、仮説を素早く立て、即実行して検証することが大切です。「VUCA」の時代では、石橋を叩くようにアイデアを検証している間にも、どんどん状況が変化していきます。小さいアイデアから試し、結果を検証しながらアイデアを大きくしていきましょう。失敗を恐れず、動きながら考えることが「VUCA」時代では求められます。

③ 結果が出るまでやりきる

情報を収集して分析検討し将来を予測したとしても、その予測が正しいかどうかは誰にも判断できません。情報収集をある程度実施してビジネスに関する予測をした後は、予測が当たるかどうか一喜一憂するのではなく「やりきる力」が必要です。選択の大枠となる部分を決めたら、結果が出るまでは強い意志を持って決めたことに集中し、やりきりましょう。

変化が激しい「VUCA」の時代には、ビジョンに基づいて選択した対応策を、まわりの変化に振り回されずに一貫してやりきることが求められます。「柔軟に対応しているつもりだったが、実は状況に流されているだけだった」という事態を避けるためにも、判断した後は一定期間その選択に集中してやりきりましょう。

意思決定のスピードを上げ、「VUCA」に素早く対応を

ここまで、今後の「VUCA」の時代にどう対応していく必要があるか、ご紹介してきました。

環境変化の先行きが見通しづらい中、事業を継続的に成長させていくためには、企業としての意思決定のスピードをどう上げていくかが重要になります。そのためには、先ほどもご説明したように、自社のビジョン・経営方針を明確にしたうえで情報収集と仮説検証を素早く行うことが求められます。そして意思決定したら、結果が出るまでやりきることです。

企業の意思決定スピードを高めることで、今後の「VUCA」の時代に対応していきましょう。

PROFILE

HIDE

元大手広告会社で人事部長を経験。新卒・中途の採用から人事制度設計、労務管理まで人事業務全般を手がける。現在はその前職での経験を活かし、各種就職・転職セミナーの企画運営から企業の採用広報の企画設計等、幅広く活動中。

2020年10月26日

アントレプレナーという言葉は、独立を目指している方であれば、一度は聞いたことがあるでしょう。アントレプレナーは起業家という意味ですが、それだけでは言い表せない要素を含んでいます。

0から1を作り出す起業家には、どのような能力が必要なのか?アントレプレナーという言葉に含まれる意味合いを説明し、どんな人がアントレプレナーに向いているのかを解説していきます。

これから事業を起こそうとしている方、自分の進路に迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。アントレプレナーについて理解を深めることは、これからの指針になるでしょう。 (さらに…)

2020年10月23日

税理士ドットコム
税理士ドットコム
Line

月間アクセスランキング

注目先輩レポート一覧

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ