スタイルのある生き方へシフトしたいビジネスパーソンのためのニュース・コラムサイト。
検索
起業家・先輩から学ぶ

自分の信念に共感してくれる人は、必ずいるはず。管理栄養士・豊永彩子さんを支えた信念

自分の信念に共感してくれる人は、必ずいるはず。管理栄養士・豊永彩子さんを支えた信念

独立・起業をする上で、おそらく全ての人が抱いているであろう、目的や信念。

予想外の出来事や苦難があなたに襲った時、強い目的意識や自分なりの信念があると、人はイレギュラーな出来事にも強くいられます。

今回お話を伺ったのは、管理栄養士の豊永彩子さん。

豊永さんは「キレイでアクティブでありたい」と願う女性に向け、栄養や食をテーマとした独自のコンテンツを展開。自身のオンラインサロンの運営や企業の商品開発、レシピ本出版など活動は多岐に渡ります。

しかしそんな豊永さんも、独立したての頃は特に試行錯誤の連続だったそう。挫けそうになった時、豊永さんを支えた信念とは一体なんだったのでしょうか?

<プロフィール>
豊永彩子さん
管理栄養士
米国NTI認定栄養コンサルタント

大学卒業後、管理栄養士の資格を取得。大手給食会社、ベンチャー企業を経て独立する。
「女性はもっと輝ける。その人の可能性を引き出せる存在でありたい。」という信念のもと、食事から身体や心のケアができるようオリジナルメソッドを確立する。

現在はオンラインサロンの運営やオリジナルコンテンツの展開、商品開発監修、レシピ本出版など活動領域は多岐に渡る。

HP:https://sungrant.jp/about/5056/
サービスコンテンツ:sungrant.jp/サービスメニュー/6102
著書:「整う食事」

より自分のやりたい仕事をやるために。豊永さんが独立を果たした理由

――管理栄養士として活躍されている豊永さん。現在に至るまでの経緯をお聞きしたいのですが、食や栄養についてはいつ頃から興味をお持ちだったのでしょう?

豊永さん
お菓子作りをしていた祖母の影響で、小さい頃から興味はありましたね。それからパティシエになりたいかも、とぼんやりと考えていたのですが、明確に道が決まったのは高校3年生の時でした。

雑誌のコラムで栄養を扱った記事を読んでいて、面白そうだなと。短大・四年生大学への編入学と少し異例な進路で、管理栄養士国家試験の受験資格が取得できる学校に進学しました。

大学時代は栄養学について学びながら、無理なダイエットを実践していろいろ失敗してしまって……。

その時の苦い経験を踏まえて、管理栄養士として女性が健康も美しさも叶えて、もっと輝くためのサポートがしたい、カウンセラー的な存在になれないかなと考えていました。

ですがまずは社会人として経験を積んだ方がいいなとも思い、いったん就職をしたんです。

――どのような会社に就職を?

豊永さん
1社目は大手の給食会社に就職しました。学校や会社、スポーツ施設で食事の提供をする仕事からキャリアがスタートしたんです。

デスクに座って栄養バランスの取れたメニューを考える、いわゆる“管理栄養士”と聞いて想像するような仕事というよりは、もちろんメニューも考えますがどちらかというと現場に出て実際に調理をすることがほとんど。

1日の8割は厨房で過ごし、最後の1年ほどは責任者という立場にもなったこともあり、事業所運営などの管理業務も経験しました。

2社目ではベンチャー企業に転職して、運動サロンの会員の方向けに食や栄養に関するコンテンツ開発や女性向けプロテインの開発などを行っていました。

――そして独立を果たしたと。なぜ独立を?

豊永さん
実は2社目を退職した時に「独立するぞ!」と意気込んで独立したわけではありませんでした。というのも3社目に向けた転職活動もしていたくらいなので。

でも思い返せば、私には栄養という知識や自分の経験から、女性の背中を押せる存在になりたいという信念がありました。またどこかに就職しても、これが叶うイメージがあまり湧かなかったんです。

その信念にまっすぐでいるために、自分のやりたい仕事をやるために、最も良い選択肢ってなんだろう、と考えた時に自ずと“独立”という言葉が出てきたんです。

キレイでアクティブでありたい、願う女性はきっとたくさんいるはずだ――。豊永さんを支えた、ある信念

――現在のお仕事について教えてください。

豊永さん
主にオンラインで食や栄養に関する(ダイエットや腸活、ホルモンバランスなどを中心とした)コンテンツの制作や販売、サロンの運営やカウンセリングなどをしています。

企業様や団体、メディアの方からご依頼をいただく案件もあります。

――オンラインでコンテンツを展開されているというと、SNSやYouTubeなどで発信をされているのでしょうか?

豊永さん
はい。自分のSNSやYouTubeでの発信も行っていますが、“たくさんの人に見てもらえるコンテンツ”を展開するというよりは、私はクローズドな環境で、“必要としてくれる人が集中できるコンテンツ”作りを意識しています。

どちらかというと広く浅く、よりは狭く深くなイメージですね。

――狭く深く自分のコンテンツを発信するというのは、一度熱心なファンになっていただければ根強い人気になる反面、最初にファンになっていただくためのハードルは正直高いように感じます。

豊永さん
たしかにそうかもしれません。今の状態に至るまで、かなりいろいろ挑戦してきましたから。

現在も続けていますが、SNSにYouTube、LIVE配信、コラムの執筆や本の出版にモデルさんへの食生活のアドバイスなど、仕事の幅は多岐に渡ります。

中でも幸運だったのが、ヨガを発信している人気YouTuberの方とコラボさせていただいたことですね。

栄養という側面から、その方のYouTubeに出させていただいて食事について解説させていただいたのですが、そこから私のことを知り・興味を持ってくださる方がいらっしゃり、大切なご縁になりました。

元々、健康に対して感度の高いフォロワーの方たちが多く、とても熱心ですし。私もそうしたみなさんと接することでの気付きはたくさんあります。「あ、そういうことが知りたいのか・悩んでいるのか」みたいな、新しい視点です。

なかなか1人じゃ気付けません。

ただそこに行き着くまで、特に独立したては、毎日試行錯誤の連続で「やっぱり就職した方が良かったんじゃないか……」と何度も自問自答を繰り返していましたね。

「私のやりたいことって価値がないんじゃないか…必要とされないんじゃないか」なんて、もう数え切れないほど考えました。

――それでも続けられてきたのは、やはり先ほどお話されていた“自分のやりたい仕事をしたい”という信念が根っこにあるからでしょうか?

豊永さん
そうですね。私自身、ずっと「キレイでアクティブでありたい。自分自身を好きでいたい。」と思っていて、きっといろんなコンプレックスがあったからだと思います。

時にはその思いが強すぎるあまり、身体に無理をかけて苦い経験をすることもありました。

でも、私のように「キレイでアクティブでありたい」と願う女性はきっとたくさんいるんだろうなと。自分のそういう気持ちに気付いていない人も多いと思います。

女性をターゲットにしたビジネスをされる方にも参考になるかと思いますが……。

女性は男性と違って、ライフステージによって様々な役割が増えていきますよね。
仕事に趣味に子育て、やらなきゃいけないことに加えて、やりたいこともきっと本当は山ほどあると思います。

「できて当たり前」って思われるシーンとかも結構多かったりするから、自分で自分を犠牲にしたり、追い込みすぎちゃったりする人も多いと思います。

私も未知の部分はまだありますけど、どんな時も「もっと自分ってできるじゃん!」って、自分のことを信じて、ワクワク・ドキドキしていたい。そのために挑戦したい。

「私なんて」みたいに自分を諦めたくないんですよね。絶対!

しんどいことがあっても、最後は笑顔で過ごせたら幸せだし、その方が自分のことも大切な人のことも、大切にできると思うから。

そういう女性に対して、私の経験や食事や栄養・身体や心の整え方など、専門知識を踏まえたメソッドを届けて、全力で背中を押すことは、きっと価値のあることなんじゃないか。

そう信じて、ここまでやってきました。

自分の生活あっての独立・起業。信念を貫くために必要なこと


――これからの展望について、教えてください。

豊永さん
管理栄養士として、健康分野で仕事をする者としてのパイオニアでありたいですね。

管理栄養士って資格を取得するのに、膨大な時間をかけて勉強しなければなりません。にも関わらず、そのスキルや専門知識を活かして働ける場所ってそう多くないのが現実です。

多分、社会的にも管理栄養士の価値とか立ち位置みたいなものがぼんやりしているのかな、という印象があります。本当はもっと必要としている人とのマッチングってあるのになって。

だからこそ私が既存の管理栄養士の働き方や仕事に囚われず、新しい仕事のあり方・やり方を確立できたら面白いなって思います。

1つの事例として。また新しい場面で必要としてもらえたり、それでまたチカラが発揮できたら幸せだし、こんな働き方あるよ!って伝えていけたらワクワクしますよね。育成事業とかやってみたいですね。

――最後に読者の方へ、メッセージをお願いします。

豊永さん
どんな独立・起業をするにせよ、自分なりの根っこの部分に正直にお仕事をすることが大切だと思っているのですが……。

リアルなことを言うと、お金を稼ぐこともとても重要です。どんなに立派な信念があっても、貯金残高が減り続けるような毎日を送り続けていたらさすがに気が滅入ってしまいます。私もそれで苦労しましたから……(苦笑)。

「自分や自分の知識を”商品”として売っていく」そのために必要なノウハウって、自分の専門知識とは全く別物。

それを学んで、噛み砕いて実践し続けることにも、時間もお金もエネルギーも必要ですから、小手先だけで何とかしようと焦らずに、覚悟して学んでいく、ということも大事だと思います。

時間はかかってもそれが、最終的にそれが唯一無二の財産になって、会うべき人と出逢えたり、必要としてもらえたり、それが最後にお金になると思っているので。

自分の大切な想いと、それを形にするために必要なことを、時に誰かに頼りながら大きく育てていくことだと思います。

RELATION あわせて読みたい関連記事

アントレ 独立、開業、起業をご検討のみなさまへ

アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。