dokuritsu_bodytop.htm
common_top.htm
dokuritsu_top.htm

居酒屋・バーに関する独立、開業、フランチャイズ情報を探す

エリアの選択・変更
業種を選択
該当4
条件クリア
業種の選択・変更
エリアを選択
  • 小売・コンビニ
  • 飲食店・デリバリー・テイクアウト
  • 塾・スクール
  • 便利屋・修理(リペア)・クリーニング
  • 介護・福祉・就労支援
  • 美容サロン・ボディメイク
  • IT関連・通信・情報・スマホ
  • 買取・リサイクル
  • 各種サービス
該当4
条件クリア
エリア
指定なし
業種
契約タイプ
年収例
最低自己資金
キーワード
仕事
事業
収益
ライフスタイル
「独立スタイル」から選ぶ
その他
該当4
詳しい条件を指定する
list_main_top.htm
      
  • 株式会社TSUKUBITO
  • 買取大吉 / 株式会社エンパワー
  • 株式会社シルバーライフ/高齢者向け宅配弁当 まごころ弁当・配食のふれ愛・宅食ライフ

<PR>

アントレに掲載する「契約時に支払う費用」はあくまで目安であり、実際と異なる場合がございます。事前に各企業にお確かめください。

dokuritsu_main_top.htm
  • <PR>
    フランチャイズ買取・リサイクルの独立開業案件

    4年で200店舗超!3人に1人が多店舗を経営!自由度の高い経営ができる買取店

    買取店WAKABA(わかば) / 株式会社フォーナインのフランチャイズ・独立開業 買取店WAKABA(わかば) / 株式会社フォーナインのフランチャイズ・独立開業 買取店WAKABA(わかば) / 株式会社フォーナインのフランチャイズ・独立開業

    40ヵ月連続で月粗利750万円の実績あり!
    上場企業のサポートで長く安定して稼ごう!

    「WAKABA(わかば)」の強みは、勝てる立地と集客戦略にあり!過去最高粗利を達成する店舗が続々!初月から高い収益性で投資回収は平均8ヵ月!低コストながら手厚いサポート体制で2等立地でも安定収益が可能に!

    • 1人で開業
    • 未経験からスタート
    • 副業からスタート
    • 法人新規事業向け
    対象地域
    北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国、四国、九州・沖縄
30件該当しました 1~30件の独立開業情報を表示
前へ 1 次へ
前へ 1 次へ
dokuritsu_main_bottom.htm
list_main_bottom.htm
開業資金総額とは?

アントレ広告における開業資金総額とは、加盟金・研修費・保証金などの費用に加え、物件取得費、各種工事費、広告宣伝費、備品・仕入などを合計した、「事業のスタート時点までに必要な資金の目安額」を指します。開業場所や物価などによって価格が変動するため、あくまで参考金額としてご活用ください。
※開業資金総額には、独立後発生する運転資金やロイヤリティ等の費用は含まれておりません
※募集企業の契約内容が変更された場合、記載している金額も変わる可能性があります。
※価格変動によって、記載している額よりも安くなる可能性も、高くなる可能性もあります。また、広告表記と実際の契約金額が異ならないか、ご自身でも慎重にチェックをしてください

最低自己資金の目安とは?

最低自己資金の目安とは、融資などの借入金を除く「独立開業のために自分で用意する資金の目安額」のことを指します。掲載企業が融資などのサポートを行うために、最低でも用意しておきたい目安の金額とも言えます。
※最低自己資金の目安はあくまで参考金額であり、独立開業できることを保証するものではありません。
※実際に独立される際は、不測の事態を考慮し、余裕を持った資金計画を立てられることをお勧めします。

実際の開業例とは?

実際の開業例とは、既に独立しているオーナー or 直営店の、実際の収益実績や開業時の資金などの一例を指します。独立する業態、開業エリアや年数、従業員数によっても収益は変わってきます。あくまで参考値としてご覧ください。

まずは無料会員登録!
お気に入り登録・まとめて資料請求など便利な機能が使えます

よく利用されている検索条件

dokuritsu_word_M15.htm

居酒屋で独立開業をするには?

居酒屋業界とは

居酒屋はアルコールとさまざまな食事メニューを提供する飲食店です。お店のコンセプトに合ったメニューやドリンクを提供する店舗、雰囲気づくりにこだわり競合店と差別化を図る店舗が多いです。複数人が座れるテーブル席や、大人数が集まることができる座敷席など、店舗の規模も出店するエリアによって様々です。
また、居酒屋と近い業態に「バー」がありますが、法的な違いはありません。一般的に、バーはお酒の提供がメインで食事はごく軽いもの、居酒屋はお酒と食事のバランスを考え両方を提供する業態と考えるといいでしょう。

居酒屋のフランチャイズを選ぶポイントは?

フランチャイズに加盟すれば、そのチェーンのブランド力を活かして集客したり、店舗経営に必要なノウハウ・システム・レシピを提供してもらったりできます。
居酒屋チェーンはセントラルキッチンを持ち、仕込みがある程度済んだ状態の食材を冷凍やレトルトで店舗に届けるところもあります。オペレーションを簡略化することで運営を効率化したり、アルバイトだけでも回せる環境をつくったりできるでしょう。
ほかには、初期費用やロイヤリティと本部からのサポートは見合っているか、加盟店数や撤退率はどのくらいかなどをチェックしたいです。

居酒屋の事業の需要や将来性

居酒屋はコロナ禍による影響を大きく受けた業態でした。コロナ禍により生活様式や価値観が変わり、リモートワークメインの会社では飲み会の頻度が大きく落ちたことが挙げられます。
また近年、社会の変化により従業員の価値観が変わり、飲み会の出席率が落ちた会社は多いでことからも苦境が続くと思われているかもしれません。ただ、親しい関係での密なコミュニケーションのひとつとして居酒屋を活用するケースは少なくなく、求められる業態であることに変わりはありません。
これから居酒屋で開業するなら、一人飲みや知人・友人グループの客層をうまく取り込むこと、より刺さるコンセプトを打ち出すことなどが重要になってくるでしょう。時流の変化に伴い、変化に柔軟に対応できる居酒屋を目指すことで、長く生き残る店舗を実現できるでしょう。

居酒屋のフランチャイズ案件に関してよくある質問

居酒屋のフランチャイズ案件に関してよくある質問をまとめて紹介します。フランチャイズでの開業に不安のある方は、参考にしてみてください。

Q1.どんな人が加盟し、オーナーになっているの?
A1.飲食業での経験を活かして開業する人もいますが、未経験で開業する人も多いです。チェーンの居酒屋はマニュアル化が進んでおり、メニューが多くても未経験から開業できます。

Q2.開業資金はどのくらい必要?
A2.加盟するフランチャイズにもよりますが、開業時には2,000万円ほどの資金が必要になると考えておくのが無難です。ただし、坪数の少ない焼き鳥屋などは数百万円ほどで開業できることもあります。

Q3.開業までにどのくらいの期間がかかるの?
A3.加盟するフランチャイズや店舗の規模にもよります。3ヵ月以内に開業できるチェーンもありますが、居酒屋市場の縮小や立地選びの難しさなどを踏まえると、準備期間として1年ほどは見ておきたいです。

居酒屋業界の市場動向

居酒屋はコロナ禍の打撃がもっとも大きかった業態と言っても過言ではありません。コロナ禍の只中にあった2020~2021年には市場規模が例年の半分ほどにまで落ち込んでいます。
2022年からはコロナ禍が落ち着いてきたこともあり売上回復の兆しを見せる店舗も増えてきました。2023年は昨年より客足も戻ってきている店舗もさらに増え、今後の回復傾向は続くと予想されます。

長く続いた感染症の影響も緩和してきた今だからこそ、フランチャイズの居酒屋での加盟を検討している方にとって、複数の店舗を比較することはとても重要です。資料請求だけではなく、説明会や実際の店舗に行ってみることもおすすめです。どういう立地で勝負しているのか、提供するサービスや味にどのような違いがあるのか、自分が開業したい居酒屋のイメージを見極めながら決定すると後悔が少ないでしょう。

※23年7月時点の情報です。

バーで独立開業をするには?

バー業界とは

居酒屋はお酒を楽しむことを主目的とした飲食店で、接客や食事の提供も最低限であることが多いです。
カウンタースタイルの店舗が多く、バーテンダーがカクテルや水割りなどのお酒を提供します。一人で飲みに行くお客さまも多く、バーテンダーとの会話を楽しみにしている方もいるでしょう。
なお、バーと同じくお酒の提供を主目的とした業態に「居酒屋」「バル」などがありますが、両者に法的な違いはありません。
一般的に、お酒メインのバーに対して居酒屋は食事とお酒のバランスにこだわっており、宴会客が多いです。バルはイタリアで生まれたスタイルで、食堂とバーが一緒になった業態です。日本では洋風居酒屋をバルと呼ぶこともあります。

バーのフランチャイズを選ぶポイントは?

フランチャイズに加盟すれば、そのチェーンのブランド力を活かして集客したり、店舗経営に必要なノウハウ・システム・レシピを提供してもらったりできます。
バーのフランチャイズに加盟する際は、これらのサポートや他店との差別化についてしっかり確認しましょう。バーのようなお店は雰囲気重視であり、お店の雰囲気づくりについて具体的に言語化し、共有してくれる本部を選ぶのと安心です。
ほかには、初期費用やロイヤリティと本部からのサポートは見合っているか、加盟店数や撤退率はどのくらいかなどをチェックしたいです。また、本部の経営方針や理念に共感できるかどうかも重要でしょう。

バーの事業の需要や将来性

社会全体でミニマリズムへの関心が高まっていることを考えると、バー業界の将来は比較的明るいかもしれません。
社会の変化によって、付き合いで飲み会に行ったり宴会で騒いだりすることを強要するとハラスメントと捉える風潮もあります。親密な相手とじっくり話し、本当に気の合う相手とだけ関係性を築いていきたいと考える人が増えれば、そのための社交の場としてバーへのニーズが高まることも考えられます。一定のニーズを常に保ち続けられることは安定したビジネスのひとつと言えるでしょう。

バーのフランチャイズ案件に関してよくある質問

バーのフランチャイズ案件に関してよくある質問をまとめて紹介します。フランチャイズでの開業に不安のある方は、参考にしてみてください。

Q1.どんな人が加盟し、オーナーになっているの?
A1.飲食業やいわゆる夜のお店での経験を活かして開業する人もいますが、フランチャイズオーナーになる人は未経験であることも多いです。自分は経営に徹し、店舗には週に1回ほど顔だけ出すというオーナーもいます。

Q2.開業資金はどのくらい必要?
A2.加盟するフランチャイズにもよりますが、開業時には数百万円の資金が必要になると考えておきましょう。小さなお店なら開業資金も抑えられますが、大きなお店や内装にこだわる場合は1,000万円を超える資金が必要になることもあります。

Q3.開業までにどのくらいの期間がかかるの?
A3.加盟するフランチャイズや店舗の規模にもよりますが、開業前の研修だけなら1ヵ月ほどで済むチェーンが多いようです。ただ、加盟するチェーンや立地などは慎重に選ばなくてはなりません。準備期間として1年ほどは見ておきたいです。

バー業界の市場動向

このグラフは居酒屋の市場規模の推移を示したものですが、「コロナ禍の打撃が大きい」「社会の変化により客足が遠退いている」という点で、バーと居酒屋には似通った部分があります。

ただ、バーはコロナ禍にあっても売上の変化が小さかったとするデータもあります。緊急事態宣言時に一時的に影響は受けたものの、すぐに120%に戻している点からも影響が少ないことがわかるでしょう。そもそもバーは一人もしくは少人数で行くお店であり、密になりづらいからです。親密な間柄の相手やじっくり話したい相手と行くのが普通で、飲み会の減少による影響をあまり受けません。
バーは比較的安定してビジネスを継続できるという魅力を感じた方も多いでしょう。フランチャイズでの開業が気になったら、資料請求や説明会参加を検討してください。サポート内容を比較検討して、自分がやりたいバーのイメージを固めることにもつながります。

※23年7月時点の情報です。

dokuritsu_bottom.htm
common_bottom.htm
common_footer_middle.htm
ページの先頭へ
業種から独立・開業・起業・フランチャイズを探す
エリアから独立・開業・起業・フランチャイズを探す
common_footer_bottom.htm
スマートフォン向け表示
dokuritsu_bodybottom.htm
src_common_bottom.htm
src_dokuritsu_bottom.htm