dokuritsu_bodytop.htm
common_top.htm
独立、開業、フランチャイズTOP 美容サロン・ボディメイク ヘアサロン、美容院の独立・開業情報一覧
dokuritsu_top.htm

ヘアサロン、美容院に関する独立、開業、フランチャイズ情報を探す

エリアの選択・変更
業種を選択
該当1
条件クリア
業種の選択・変更
エリアを選択
  • 小売・コンビニ
  • 飲食店・デリバリー・テイクアウト
  • 塾・スクール
  • 便利屋・修理(リペア)・クリーニング
  • 介護・福祉・就労支援
  • 美容サロン・ボディメイク
  • IT関連・通信・情報・スマホ
  • 買取・リサイクル
  • 各種サービス
該当1
条件クリア
エリア
指定なし
業種
契約タイプ
年収例
最低自己資金
キーワード
仕事
事業
収益
ライフスタイル
「独立スタイル」から選ぶ
その他
該当1
詳しい条件を指定する
list_main_top.htm
      
  • 株式会社TSUKUBITO
  • 買取大吉 / 株式会社エンパワー

<PR>

アントレに掲載する「契約時に支払う費用」はあくまで目安であり、実際と異なる場合がございます。事前に各企業にお確かめください。

dokuritsu_main_top.htm
  • <PR>
    フランチャイズ便利屋・修理(リペア)・クリーニングの独立開業案件

    ★継続売上で安定して稼げる★がっちりマンデーでも特集された掃除ビジネス

    株式会社カバーオールジャパンのフランチャイズ・独立開業 株式会社カバーオールジャパンのフランチャイズ・独立開業 株式会社カバーオールジャパンのフランチャイズ・独立開業

    全1017名の平均月商80万円(2024年)!
    仕事は本部が紹介!営業不要!

    ★月平均1000万円の新規受注発生中!★全国1017名のFCオーナー平均月商80万円(2024年)!★仕事は本部が紹介!未経験でも安心!★事業継続率、満足度No.1!信頼のフランチャイズ!★店舗不要!自宅・1人で開業OK!

    • 好きを仕事にする
    • 無店舗で開業
    • 集客力に自信あり
    • 夫婦で独立
    対象地域
    北海道、関東、東海、関西、中国、九州・沖縄
3件該当しました 1~3件の独立開業情報を表示
前へ 1 次へ
  • フランチャイズヘアサロン、美容院の独立開業案件

    ★法人歓迎★景気変動に強いファミリーヘアサロン【デューポイント】

    株式会社デューアソシエ/デューポイントのフランチャイズ・独立開業

    【リピート率7割超】安定事業を収益の柱に
    美容室経営で利益1056万円/開業2年目 東海

    • 商業施設内で開業
    • 法人新規事業向け
    対象地域
    北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国、四国、九州・沖縄
    最低自己資金の目安

    300万円

    実際の開業例

    加盟店実績
    ●愛知県 2008年4月開業(30代/男性)
    ●用意した自己資金:300.0万円
    ●年間所得額:1056.0万円
    ※開業12年目/1店舗/従業員5名

  • 掲載終了
    フランチャイズヘアサロン、美容院の独立開業案件

    【副業&法人歓迎】全国に177店舗展開中!需要急拡大のヘアカラー専門店

    《手離れ抜群》週1訪問OKの美容ビジネス
    高回転&高リピートで早期多店舗化も!!

    • 副業からスタート
    • 複数店舗経営で稼ぐ
    対象地域
    北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国、四国、九州・沖縄
  • 掲載終了
    フランチャイズヘアサロン、美容院の独立開業案件

    未経験OK/社会の変化に強い郊外型ヘアカット専門店/商業施設の出店依頼急増

    遠隔経営ならPCスマホ1日1Hで収益UPが続く!
    手軽で簡単+在庫も不要=多店舗展開にも最適

    • 法人新規事業向け
    • 空き時間で稼ぐ
    対象地域
    北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国、四国、九州・沖縄
前へ 1 次へ
dokuritsu_main_bottom.htm
list_main_bottom.htm
開業資金総額とは?

アントレ広告における開業資金総額とは、加盟金・研修費・保証金などの費用に加え、物件取得費、各種工事費、広告宣伝費、備品・仕入などを合計した、「事業のスタート時点までに必要な資金の目安額」を指します。開業場所や物価などによって価格が変動するため、あくまで参考金額としてご活用ください。
※開業資金総額には、独立後発生する運転資金やロイヤリティ等の費用は含まれておりません
※募集企業の契約内容が変更された場合、記載している金額も変わる可能性があります。
※価格変動によって、記載している額よりも安くなる可能性も、高くなる可能性もあります。また、広告表記と実際の契約金額が異ならないか、ご自身でも慎重にチェックをしてください

最低自己資金の目安とは?

最低自己資金の目安とは、融資などの借入金を除く「独立開業のために自分で用意する資金の目安額」のことを指します。掲載企業が融資などのサポートを行うために、最低でも用意しておきたい目安の金額とも言えます。
※最低自己資金の目安はあくまで参考金額であり、独立開業できることを保証するものではありません。
※実際に独立される際は、不測の事態を考慮し、余裕を持った資金計画を立てられることをお勧めします。

実際の開業例とは?

実際の開業例とは、既に独立しているオーナー or 直営店の、実際の収益実績や開業時の資金などの一例を指します。独立する業態、開業エリアや年数、従業員数によっても収益は変わってきます。あくまで参考値としてご覧ください。

まずは無料会員登録!
お気に入り登録・まとめて資料請求など便利な機能が使えます

よく利用されている検索条件

dokuritsu_word_M29.htm

ヘアサロン、美容院で独立開業をするには

美容院業界とは

美容院とは、美容師法で「美容の業を行うために設けられた施設」のことです。具体的には髪のカットやパーマネント、結髪、化粧などの施術を提供します。
理容院(床屋)との違いとしては、施設について定める法律、提供できる施術などが挙げられます。理容院は理容師法で「理容の業を行うために設けられた施設」とされ、理容とは髪の刈込や顔そりのことです。
そのため理容院では当たり前の顔そりも、美容院ではできません。

美容院のフランチャイズを選ぶポイントは?

美容院の中には、フランチャイズ展開をしているチェーンもあります。フランチャイズに加盟すれば、そのチェーンのブランド力を活かして集客できるのはもちろん、お店で使う機器や販売するシャンプーなども提供してもらえるでしょう。
フランチャイズ選びでは初期費用やロイヤリティと、提供してもらえるサポートは見合っているか(リスクとリターン)、加盟店数などをチェックしたい項目です。
オーナーにどの程度の裁量権があるのかも要チェックです。薬剤や備品などは自分で選べるのか、コンセプトはどのくらい自由なのかなどをしっかり確認しておかないと、イメージ通りのサロンを開けないかもしれません。美容院のフランチャイズを展開しているチェーンの口コミを調べてみたり、自身で施術を体験したりするのも本部選びには効果的です。

美容院の事業の需要や将来性

美容院は散髪をはじめとする身だしなみを扱うサービスであり、人々の生活に密接に結びついています。このことから、需要が激減することはあまり考えられません。
昨今注目の機械化については、カラーやシャンプーなどの比較的シンプルな作業では進むかもしれませんが、繊細なカットをロボットにさせるのは難しいでしょう。このような領域ではAIではなくロボティクス(機械の精密さ)が重要です。機械化の進歩は遅く、機械化できても導入にはかなりの費用がかかるでしょう。そういった意味でも美容師は今後も長く継続する職業のひとつであると言えます。

美容院のフランチャイズ案件に関してよくある質問

美容院のフランチャイズ案件に関してよくある質問をまとめて紹介します。フランチャイズでの開業に不安のある方は、参考にしてみてください。

Q1.どんな人が加盟し、オーナーになっているの?
A1.美容師が独立するためにフランチャイズに加盟するというよりは、自分は経営に専念し、店舗運営はスタッフに任せるというオーナーが多いです。
美容院のフランチャイズには手離れがいいチェーン、WEBカメラにより遠隔でも経営できるチェーンなどもあり、このようなチェーンでの多店舗展開も好まれています 。

Q2.開業資金はどのくらい必要?
A2.加盟するフランチャイズにもよりますが、開業時には多くて2,000万円以上の費用がかかります。開業費用を抑えるには、物件の取得や工事費をどのくらい抑えられるかが重要です。運よく希望エリアで居抜き物件を借りられるなど、費用をうまく抑えることができれば、数百万円ほどで開業できることもあります。

Q3.開業までにどのくらいの期間がかかるの?
A3.美容院の開業ではお店のコンセプトや立地選び、スタッフの確保など、考えること・すべきことがたくさんあります。開業資金も比較的かかる方なので、時間をかけて慎重に考え、準備を進めるべきでしょう。

美容院業界の市場動向

グラフや美容院・理容院の市場規模推移をまとめたものです。2020年にはコロナ禍の打撃を受けたものの、2021年からは回復傾向で、23年度にはコロナ以前の水準を超える市場規模と予測されています。
美容院は散髪という生活に密接に結びついたものを扱うサービスであるため、社会情勢による影響を受けにくいでしょう。
ただ、最近はファミリーカットや1,000円カットなど、さまざまなサービスが登場しています。個人経営の美容院も多いです。競合が多いことを踏まえ、差別化に強みのあるチェーンを選ぶこと、ターゲットを明確に決めてサロンを開くことが重要といえます。

美容院のフランチャイズ加盟では、競合との差別化を意識しよう

美容院へのニーズは安定していますが、新規出店する美容院も多いです。美容院の開業について考えるときは競合との差別化やお店のコンセプトに注目すべきでしょう。
フランチャイズで美容院を開く場合、ファミリーカットやリーズナブルな価格などが差別化要素になります。ターゲットを決めて集客できそうか、収益アップの仕組みは整っているかなどが、フランチャイズ選びのポイントになるでしょう。
自分に合ったフランチャイズを見つけるには、加盟店募集のWebページや資料を見るだけでは足りません。気になるチェーンを見つけたら資料請求すること。資料を見て興味が深まったら説明会に参加することが大切です。実際に店舗で体験してみるというのも決断の後押しになるでしょう。

※23年7月時点の情報です。

dokuritsu_bottom.htm
common_bottom.htm
common_footer_middle.htm
ページの先頭へ
業種から独立・開業・起業・フランチャイズを探す
エリアから独立・開業・起業・フランチャイズを探す
common_footer_bottom.htm
スマートフォン向け表示
dokuritsu_bodybottom.htm
src_common_bottom.htm
src_dokuritsu_bottom.htm