カテゴリー

税理士ドットコム

M&Aの手数料を徹底解説! 手数料の種類や相場について

M&Aの手数料を徹底解説! 手数料の種類や相場について

今回は、中小企業のオーナー(株主)が自社を売却する際に発生する主な手数料についてまとめます。

M&Aにおける手数料概要

自社を売却する場合、株式譲渡が最も一般的なストラクチャーですが、外部専門家(アドバイザー)を起用することで、株式譲渡を円滑化することができます。

手数料を支払先別に列挙すると、主に以下の3つが挙げられます。

①会計・税務アドバイザーに支払う手数料
・買い手に求められる資料(税務申告書や決算資料など)の準備
・売却時の税務手続きなど

②法務アドバイザーに支払う手数料
・株式譲渡契約書ドラフト、交渉、締結
・売却時の法的手続きなど

③財務アドバイザーや仲介会社に支払う手数料
・買い手の紹介
・各アドバイザーとの調整をはじめとする取引全体の進行など

これらはアドバイザーを起用しなくても取引を実行できますが、当該取引の適法性や税務適格性を担保するためにはアドバイザー起用が望ましいでしょう。

M&Aで発生する手数料の種類と相場

上記内容に準ずる場合、①②についてはそれぞれ<数十万円~>が相場です。もちろん、業務内容を限定することで金額を抑えることはできますが、前述した理由で抑えすぎることはおすすめしません。加えて、買い手が対象企業をデューデリジェンス(Due Diligence、精査)することでアドバイザーへの負担が増える場合は、タイムチャージなどで手数料が増加する可能性があります。

③は、<着手金+成功報酬>というパターンが多いです。着手金は請求されないケースもありますが、①②と同様に<数十万円~>が相場となります。

成功報酬は固定金額の場合、<株式譲渡金額等などの●%>のように取引規模に応じてインセンティブがつくケースもあります。成功報酬の発生時点は“株式譲渡完了時”が一般的ですが、“株式譲渡契約完了時”に一部を前倒しで支払うのもパターンの一つです。

そのほか、各アドバイザーの交通費(例えば、取引過程の中で遠方の工場見学などにアドバイザーを同席させる場合に発生する)など実費分を請求されることもある点と、株式譲渡以外のストラクチャー(事業譲渡など)を選択した場合、取引内容が複雑になるほど手数料は高めになる点は留意が必要です。

M&Aにおいて仲介会社を介するメリットとは

大きく分けて2つのメリット(期待できる機能)があります。

(A)取引相手の発見・発掘
仲介会社には売り手・買い手の情報が蓄積されており、これらを用いることでマッチングが容易になります。例えば売り手の場合、「株式譲渡価額は●円以上」「買い手は●●業界の会社がいい」といったように前もって仲介会社に要望を伝えておけば、それに沿った会社に声がけをしてもらえます。「△△社にお声がけしてほしい」というピンポイントでの依頼も可能です。

(B)取引実行におけるリード役
取引相手が決まれば、相手方とのやり取りが発生します。仲介会社はほかのアドバイザーと連携しながら相手方からの要望を受け止め、利害を調整しながら取引を進めてくれます。

最適な仲介会社の選び方

上記内容に準ずる場合、まず仲介会社が“どれだけ幅広く深いネットワークを持っているか”が重要になります。「紹介してくれる先が的外れ」「意中の先にたどり着けない」などは避けなければなりません。

また、秘密保持を遵守してマッチングを進めてくれるかも重要なポイントです。「□□社が売りに出ている」などの噂が立ち、従業員が不安になり離職につながれば、企業価値を棄損することになりかねません。

最も重要なのは、「自社サイドの利益を最優先してくれるか」です。仲介会社の場合、売り手と買い手両方の間に入るためどうしてもこの点が弱くなりがちです。「取引において絶対に譲れないこと」はあらかじめしっかり伝えましょう。そして、それが達成されない場合は取引自体をやめる、といった勇気ある決断も必要となるケースも出てきます。

これを防ぐためには、仲介会社ではなく、売り手・買い手のどちらかのサイドにしか立たない財務アドバイザーを起用することも一つの方法です。この分野は経験がものを言う世界なので、選定の際には「過去どういった取引を扱っているか」「自社のようなケースはあるか」を聞いてみるといいでしょう。

まとめ

創業してしばらく時間が経過し自社のみでは事業が伸び悩むケースや、後継者が不在のケースなどは、M&Aが有力な選択肢となります。一方で、専門的な知識が求められる領域なので、手数料を払う価値のあるアドバイザーを起用して稚拙な取引を行うことを避けることをおすすめします。

PROFILE

坂本 隆宣

国内証券会社、外資系投資銀行にて主にクロスボーダー・大型取引のM&Aアドバイザリーに従事後、コンサルティング会社にて資本政策アドバイザリーチームを立ち上げ。現在はFinTechスタートアップであるクラウドクレジット㈱にて取締役CFOを務める。

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

強者生存ではなく、適者生存。

最後に生き残るのは、移りゆく環境に適応できるものである。ビジネスの世界では、そうよく言われます。

独立・起業を検討する上でも、環境に適応し柔軟に自分を変えることは、とても重要であると言えるでしょう。

前回に引き続き、今回お話を伺ったのはプロeスポーツ実況者のアール/野田龍太郎さん。
(さらに…)

2020年8月7日

中小企業の社長が突然亡くなってしまうケースが多くみられます。

残された遺族としては会社をどうするかも決めなければなりませんが、会社の借金にも注意が必要です。

会社は銀行から借り入れをしていることがあります。

この場合、社長はその借り入れの連帯保証をしている場合が多いです。

この連帯保証とは何か、どうすればよいかを考えていきます。

(さらに…)

2020年8月5日

税理士ドットコム
税理士ドットコム
Line

月間アクセスランキング

注目先輩レポート一覧

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ