カテゴリー

Line

脱サラ

PLOFILE
岡 健之さん(57歳)
造型工房キトラ/埼玉県上尾市
パチンコ機器メーカーの開発職として22年間勤務。40歳の時、ブログ「めざせ造型師」を開設、本業のかたわら怪獣づくりにのめり込む。54歳で怪獣造型師として独立。造形物の販売、イベント出展のほか、埼玉県上尾市にある「上尾市自然学習館」で造型教室を主宰する。 (さらに…)
少子化にもかかわらず、教育サービスの市場規模は減少していないとのこと。その1つの証明となるのが町に林立する学習塾の存在です。産業としても拡大を続ける「こどもの学び」。全くの未経験からその世界に飛び込んだのが、今回お話を伺った “個別指導Axis野々市校”の塾長を務める竹田正行さんです。 (さらに…)
PLOFILE
中井里さん(45歳)
キットバイオリン教室/東京都足立区
大学卒業後、大手通信会社に就職。好きだったバイオリンについて調べていると製作学校を発見。見学するうちバイオリンの製作家の道を志し、脱サラ。4年で資金がつき一度は会社員へ戻るも、やがて2度目の脱サラ。バイオリンの工作教室として再スタートを切る。 (さらに…)

2018年11月30日

起業家、経営者にとって大事なのは、世の中を見抜く力です。1つの事象をどう捉えるかで、ものの見え方も、そこから得られる情報も大きく変わります。そうした「着眼点」、実はトレーニングによって鍛えることができるのです。累計20万部を超えるベストセラーとなった『戦略思考トレーニング』シリーズでおなじみの経営コンサルタント・鈴木貴博氏に解説してもらいましょう。 (さらに…)
脱サラして農業をすれば、バラ色の生活が待っていると考えている方、十分な知識と準備は出来ていますか? 特に、農業経験が0の方や農業環境をこれから整える方は、かなり準備と経験が必要です。 農業のサイクルは1年単位が基本、種蒔きから収穫・出荷・販売まで、最低1年の経験が必要です。 ここでは、私(起業コンサルタント 丸本 敏久)が実際に体験した実体験の農業についてお話したいと思います。

趣味の農業と脱サラ後に生計を立てるための農業は別物

私自身 農業を始めた最初は、簡単に出来ると思っていました。 (さらに…)
日本人の平均寿命が延びて、人生90年時代がすでに始まっています。 しかし、サラリーマンとして就労できるのは、60歳~65歳までという会社が多くなっています。 さらに、50歳を過ぎると、職場転換などの影響で、年収が低下してしまう傾向があります。 そこで、最近注目されていることが本業以外の収入(副業)です。 例えば、日産自動車では、2009年より副業を容認しています。 (さらに…)
念願だったカフェの開店!! ・・・しかし、飲食業で成功するのは本当に難しいのも事実です。 今回はカフェを開店し「潰さないため」の方法について、一般的な部分を確認していきましょう。

なぜ飲食店(カフェ)はよく開店してよく閉店するのか?

皆さんの周囲にも「しょっちゅう店が入れ替わる場所」があるのではないかと思います。 (さらに…)
夢であった独立開業!!だったはずなのにこんなリスクがあるとは・・・。 サラリーマンと経営者では、全く立場が異なります。 今回は脱サラのリスクについて確認していきましょう。

脱サラ後に知る、実は守られていたサラリーマン

よく「サラリーマンは虐げられている!!」といった報道がされています。 (さらに…)
次の20件を表示 
1 2 3
Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ