dokuritsu_bodytop.htm
common_top.htm
独立、開業、フランチャイズTOP フランチャイズ フランチャイズ×介護・福祉・就労支援の独立・開業情報一覧
dokuritsu_top.htm

フランチャイズ×介護・福祉・就労支援に関する独立、開業、フランチャイズ情報を探す(2ページ目)

エリアの選択・変更
業種を選択
該当15
条件クリア
業種の選択・変更
エリアを選択
  • 小売・コンビニ
  • 飲食店・デリバリー・テイクアウト
  • 塾・スクール
  • 便利屋・修理(リペア)・クリーニング
  • 介護・福祉・就労支援
  • 美容サロン・ボディメイク
  • IT関連・通信・情報・スマホ
  • 買取・リサイクル
  • 各種サービス
該当15
条件クリア
エリア
指定なし
業種
契約タイプ
年収例
最低自己資金
キーワード
仕事
事業
収益
ライフスタイル
「独立スタイル」から選ぶ
その他
該当15
詳しい条件を指定する
list_main_top.htm
      
  • 株式会社TSUKUBITO
  • 買取大吉 / 株式会社エンパワー
  • 株式会社シルバーライフ/高齢者向け宅配弁当 まごころ弁当・配食のふれ愛・宅食ライフ
  • Goo-it! /株式会社LHS

<PR>

アントレに掲載する「契約時に支払う費用」はあくまで目安であり、実際と異なる場合がございます。事前に各企業にお確かめください。

dokuritsu_main_top.htm
  • <PR>
    フランチャイズ買取・リサイクルの独立開業案件

    4年で200店舗超!3人に1人が多店舗を経営!自由度の高い経営ができる買取店

    買取店WAKABA(わかば) / 株式会社フォーナインのフランチャイズ・独立開業 買取店WAKABA(わかば) / 株式会社フォーナインのフランチャイズ・独立開業 買取店WAKABA(わかば) / 株式会社フォーナインのフランチャイズ・独立開業

    ★2年目&2店舗で年間粗利1.8億円(関西)
    長く安定して稼げる理由、説明会で大公開★

    「WAKABA(わかば)」の強みは、勝てる立地と集客戦略にあり!過去最高粗利を達成する店舗が続々!初月から高い収益性で投資回収は平均8ヵ月!低コストながら手厚いサポート体制で2等立地でも安定収益が可能に!

    • 1人で開業
    • 未経験からスタート
    • 副業からスタート
    • 法人新規事業向け
    対象地域
    北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国、四国、九州・沖縄
48件該当しました 31~48件の独立開業情報を表示
前へ 1 2 次へ
前へ 1 2 次へ
dokuritsu_main_bottom.htm
list_main_bottom.htm
開業資金総額とは?

アントレ広告における開業資金総額とは、加盟金・研修費・保証金などの費用に加え、物件取得費、各種工事費、広告宣伝費、備品・仕入などを合計した、「事業のスタート時点までに必要な資金の目安額」を指します。開業場所や物価などによって価格が変動するため、あくまで参考金額としてご活用ください。
※開業資金総額には、独立後発生する運転資金やロイヤリティ等の費用は含まれておりません
※募集企業の契約内容が変更された場合、記載している金額も変わる可能性があります。
※価格変動によって、記載している額よりも安くなる可能性も、高くなる可能性もあります。また、広告表記と実際の契約金額が異ならないか、ご自身でも慎重にチェックをしてください

最低自己資金の目安とは?

最低自己資金の目安とは、融資などの借入金を除く「独立開業のために自分で用意する資金の目安額」のことを指します。掲載企業が融資などのサポートを行うために、最低でも用意しておきたい目安の金額とも言えます。
※最低自己資金の目安はあくまで参考金額であり、独立開業できることを保証するものではありません。
※実際に独立される際は、不測の事態を考慮し、余裕を持った資金計画を立てられることをお勧めします。

実際の開業例とは?

実際の開業例とは、既に独立しているオーナー or 直営店の、実際の収益実績や開業時の資金などの一例を指します。独立する業態、開業エリアや年数、従業員数によっても収益は変わってきます。あくまで参考値としてご覧ください。

まずは無料会員登録!
お気に入り登録・まとめて資料請求など便利な機能が使えます

よく利用されている検索条件

dokuritsu_word_Y1100.htm
dokuritsu_word_C08.htm

介護・福祉・就労支援で独立開業をするには?

福祉業界とは

福祉=介護をイメージする人は多いかもしれませんが、身体・精神・知的障がい者への支援も福祉です。広い意味では保育園も福祉に含まれます。
福祉業界とは高齢者や障がいをもつ人への支援、保育園をはじめとする教育準備段階の子どもとその親へのサポートを提供する業界です。
福祉業界は特殊な業界であり、利用者と行政の両方から料金(収益)をもらいます。
たとえばマッサージ店でマッサージを受けたら、料金はすべてお客さんが支払うでしょう。一方、福祉業界では基本的に利用料のうち何割かはお客さんが、残りは行政が支払います。医者にかかったときに3割負担で料金を支払うのをイメージすると、わかりやすいでしょう。

福祉のフランチャイズを選ぶポイントは?

福祉業界にはフランチャイズ展開をしているチェーンもあります。フランチャイズに加盟すれば、そのチェーンのノウハウやブランド力を活用できるため、開業準備・集客・運営などさまざまな工程が楽になるでしょう。
福祉のフランチャイズを選ぶ際、まずは業種に注目します。福祉は社会貢献の意味合いが強く、「どんな人たちの助けになりたいか」が、業種選びの軸になります。
たとえば子どもが好きな人なら保育園を、少子高齢化という社会問題にアプローチしたいなら介護系をというイメージです。将来性で考えるなら、認知・関心の高まっている「発達支援」もいいでしょう。
そのうえで初期費用やロイヤリティと、その対価として提供されるサポートが見合っているか。加盟店数やそのフランチャイズのデメリット・リスクなどをチェックします。
特にデメリットやリスクは重要で、これらについて正直に教えてくれるところが、信頼できるフランチャイズといえるでしょう。

福祉の事業の需要や将来性

介護から発達支援まで、福祉事業の将来性は業界全体を通して明るいといえます。まず、福祉事業の代名詞ともいうべき「介護事業」について見てみましょう。

内閣府の調査・推計によると、日本の高齢者は数も割合も増えていくであろうことがわかります。介護事業のニーズは今後ますます高まること、利用料のうち何割かは行政が負担することから、事業としての将来性は高いといえます。
ただ、労働人口(15~64歳)の減少と、それにともなう労働力の不足には注視すべきでしょう。高齢化社会が進む日本では介護業界は施設不足や人材不足が取りざたされています。機械化を進めるにしても、介護業界では細かな判断や雑多な業務をこなせる器用さが必要です。AIではなく、ロボティクスの進歩が求められるため、しばらくは実際に介護を行うのに必要な人手は減らないかもしれません。
しかし、この問題はフランチャイズ加盟によって解消が可能です。人材採用やスタッフの教育などをフランチャイズ本部が代行するケースもあるため経営に専念することもできます。そのほか外国人労働者や機械化のノウハウが充実しているところを選ぶのもいいかもしれません。

福祉のフランチャイズ案件に関してよくある質問

福祉系のフランチャイズ案件に関してよくある質問をまとめて紹介します。フランチャイズでの開業に不安のある方は、参考にしてみてください。

Q1.どんな人が加盟し、オーナーになっているの?
A1.福祉事業は「とにかく稼ぎたい」というよりも、「仕事を通して社会貢献がしたい」という人に向いています。福祉の仕事にやりがいや意義を見出し、加盟するオーナーが多いです。

Q2.開業資金はどのくらい必要?
A2.加盟するフランチャイズにもよりますが、開業時には1,000万円前後の費用がかかると思った方がいいでしょう。人件費やロイヤリティなどの運転資金も考えると、2,000万円ほどは用意しておきたいです。
訪問介護のような店舗の費用があまりかからない業種を選ぶことで、開業・運転資金を抑えることはできます。

Q3.開業までにどのくらいの期間がかかるの?
A3.加盟するフランチャイズにもよりますが、意思決定から開業までの期間は、半年から1年ほどを見ておくといいでしょう。福祉系の事業は研修や助成金の手続きなど、準備すべきことが多く、余裕をもって見通しを立てておくと安心です。

福祉業界の市場動向

介護事業の将来が明るいであろうことは先述の通りですが、福祉業界全体で見ても、安定市場といえます。

グラフは障がい福祉サービスの利用者数と、関係サービスの予算額の推移を表しています。利用者数はなだらかではあるものの右肩上がり、予算は13年間で3倍にも増えていることがわかります。
一口に障がい福祉といっても、対象は身体障害や知的障害だけではありません。最近では発達障がいへの関心も高まり、町で「児童発達クリニック」「療育施設」を見かけることも増えたでしょう。
障がい福祉に対する関心が高まっていること、間口が広がっていることから、福祉業界の市場規模は今後も拡大していくと予測できます。
介護業界は専門性の高いビジネスのため、信頼性が高いフランチャイズ本部を見つけることが重要です。自分がどのようなビジネスを目指しているかを明確にするためにも多くのフランチャイズ本部の資料を請求したり、説明会に参加して比較検討することをおすすめします。

※23年4月時点の情報です。

dokuritsu_bottom.htm
common_bottom.htm
common_footer_middle.htm
ページの先頭へ
業種から独立・開業・起業・フランチャイズを探す
エリアから独立・開業・起業・フランチャイズを探す
common_footer_bottom.htm
スマートフォン向け表示
dokuritsu_bodybottom.htm
src_common_bottom.htm
src_dokuritsu_bottom.htm