dokuritsu_bodytop.htm
common_top.htm
独立、開業、フランチャイズTOP フランチャイズ 飲食店・デリバリー・テイクアウト ファーストフード・ハンバーガー フランチャイズ×ファーストフード・ハンバーガー×法人新規事業向けの独立・開業情報一覧
dokuritsu_top.htm

フランチャイズ×ファーストフード・ハンバーガー×法人新規事業向けに関する独立、開業、フランチャイズ情報を探す

エリアの選択・変更
業種を選択
該当1
条件クリア
業種の選択・変更
エリアを選択
  • 小売・コンビニ
  • 飲食店・デリバリー・テイクアウト
  • 塾・スクール
  • 便利屋・修理(リペア)・クリーニング
  • 介護・福祉・就労支援
  • 美容サロン・ボディメイク
  • IT関連・通信・情報・スマホ
  • 買取・リサイクル
  • 各種サービス
該当1
条件クリア
エリア
指定なし
業種
契約タイプ
年収例
最低自己資金
キーワード
仕事
事業
収益
ライフスタイル
「独立スタイル」から選ぶ
その他
該当1
詳しい条件を指定する
list_main_top.htm
      
  • 株式会社TSUKUBITO
  • 買取大吉 / 株式会社エンパワー
  • 株式会社シルバーライフ/高齢者向け宅配弁当 まごころ弁当・配食のふれ愛・宅食ライフ

<PR>

アントレに掲載する「契約時に支払う費用」はあくまで目安であり、実際と異なる場合がございます。事前に各企業にお確かめください。

dokuritsu_main_top.htm
  • <PR>
    フランチャイズ買取・リサイクルの独立開業案件

    4年で200店舗超!3人に1人が多店舗を経営!自由度の高い経営ができる買取店

    買取店WAKABA(わかば) / 株式会社フォーナインのフランチャイズ・独立開業 買取店WAKABA(わかば) / 株式会社フォーナインのフランチャイズ・独立開業 買取店WAKABA(わかば) / 株式会社フォーナインのフランチャイズ・独立開業

    3年目で2店舗運営、年間粗利2.1億の実績有
    上場企業のサポートで長く安定して稼ごう!

    「WAKABA(わかば)」の強みは、勝てる立地と集客戦略にあり!過去最高粗利を達成する店舗が続々!初月から高い収益性で投資回収は平均8ヵ月!低コストながら手厚いサポート体制で2等立地でも安定収益が可能に!

    • 1人で開業
    • 未経験からスタート
    • 副業からスタート
    • 法人新規事業向け
    対象地域
    北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国、四国、九州・沖縄
3件該当しました 1~3件の独立開業情報を表示
前へ 1 次へ
  • フランチャイズファーストフード・ハンバーガーの独立開業案件

    『バーガーキング』ファーストフードハンバーガーチェーン

    株式会社ビーケー・ジャパンのフランチャイズ・独立開業

    日本のバーガーキングは全国に出店拡大中!
    未出店地域多数★既存店の譲渡案件もあり!

    • 法人新規事業向け
    • 未経験からスタート
    • 集客力に自信あり
    • 商品に自信あり
    対象地域
    北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国、四国、九州・沖縄
    最低自己資金の目安

    2000万円

    実際の開業例

  • 掲載終了
    フランチャイズファーストフード・ハンバーガーの独立開業案件

    【法人限定】ハンバーガーチェーン/ファーストキッチンとコラボ

    300万円の支援金を開業した方に必ず支給!
    更に5年間は運営資金を本部が一部支給!

    • 法人新規事業向け
    • 夫婦で独立
    対象地域
    東北、関東、北信越、東海、関西、中国、四国、九州・沖縄
  • 掲載終了
    フランチャイズファーストフード・ハンバーガーの独立開業案件

    50年以上愛され続ける日本発のハンバーガーチェーン「モスバーガー」

    圧倒的なブランド力とサポート体制!
    創業50年以上のノウハウをお伝えします。

    • 法人新規事業向け
    • 未経験からスタート
    • 地域密着の仕事
    • 地元で商売
    対象地域
    関東、関西
前へ 1 次へ
dokuritsu_main_bottom.htm
list_main_bottom.htm
開業資金総額とは?

アントレ広告における開業資金総額とは、加盟金・研修費・保証金などの費用に加え、物件取得費、各種工事費、広告宣伝費、備品・仕入などを合計した、「事業のスタート時点までに必要な資金の目安額」を指します。開業場所や物価などによって価格が変動するため、あくまで参考金額としてご活用ください。
※開業資金総額には、独立後発生する運転資金やロイヤリティ等の費用は含まれておりません
※募集企業の契約内容が変更された場合、記載している金額も変わる可能性があります。
※価格変動によって、記載している額よりも安くなる可能性も、高くなる可能性もあります。また、広告表記と実際の契約金額が異ならないか、ご自身でも慎重にチェックをしてください

最低自己資金の目安とは?

最低自己資金の目安とは、融資などの借入金を除く「独立開業のために自分で用意する資金の目安額」のことを指します。掲載企業が融資などのサポートを行うために、最低でも用意しておきたい目安の金額とも言えます。
※最低自己資金の目安はあくまで参考金額であり、独立開業できることを保証するものではありません。
※実際に独立される際は、不測の事態を考慮し、余裕を持った資金計画を立てられることをお勧めします。

実際の開業例とは?

実際の開業例とは、既に独立しているオーナー or 直営店の、実際の収益実績や開業時の資金などの一例を指します。独立する業態、開業エリアや年数、従業員数によっても収益は変わってきます。あくまで参考値としてご覧ください。

まずは無料会員登録!
お気に入り登録・まとめて資料請求など便利な機能が使えます

よく利用されている検索条件

dokuritsu_word_Y1100.htm
dokuritsu_word_M41.htm

ファストフード業界業界で独立開業をするには?

ファストフード業界とは

飲食業界の中でもハンバーガーやドーナツなどのファストフードは、店舗運営や集客がしやすく人気があります。日本ではこのような欧米発祥の外資系チェーンが普及していますが、牛丼やうどんなどの和食チェーンも増えています。
ファストフードはオペレーションをマニュアル化しやすいのが特徴です。食材は基本的にセントラルキッチンで加工済みで、店舗でのオペレーションは「焼く」「揚げる」「盛り付ける」「提供する」と簡単にできるものばかりです。

ファストフードのフランチャイズを選ぶポイントは?

ファストフード系の飲食店の中には、フランチャイズ展開をしているチェーンもあります。フランチャイズに加盟すれば、そのチェーンのブランド力を活かして集客できるのはもちろん、セントラルキッチンで調理された食材の提供や店舗運営のノウハウなども提供してもらえます。
ファストフードは有名チェーンの力が特に強く、ハンバーガーやドーナツ、うどんなどの各業態に、圧倒的なブランド力を持つチェーンがあります。
ただ、フランチャイズチェーンごとに特色が大きく異なるのも事実です。家族連れとお一人様のどちらに力を入れているのか、お店のコンセプトは何なのかなどを踏まえ、出店地域のニーズを捉えられるチェーンを選ぶという視点もあります。
まずはブランド力重視で有名店に加盟するのか、特色重視で選ぶのかを考えてみましょう。
ほかにも、初期費用やロイヤリティと提供してもらえるサポートは見合っているか、加盟店数や撤退率などもチェックしたいです。

ファストフードの事業の需要や将来性

飲食事業は衣食住の食にあたるもので、普遍的なニーズがあります。その意味では、飲食業界の将来は安定しているといえます。
オペレーションのマニュアル化がしやすく、AI化・機械化にも適しているため、経営効率化も進めやすいでしょう。
需要に関しては、ファストフードはデリバリーやテイクアウトがもともと普及していた業態のため高い状態と言えます。
「手軽に、安く、おいしいものを食べたい」というニーズは社会全体で大きくなり、今後もファストフード業界では追い風の状況が続くでしょう。
テクノロジーの進歩による経営効率化と社会情勢による追い風の2つの要素から、ファストフード事業の将来性は高いといえます。

ファストフードのフランチャイズ案件に関してよくある質問

ファストフードのフランチャイズ案件に関してよくある質問をまとめて紹介します。フランチャイズでの開業に不安のある方は、参考にしてみてください。

Q1.どんな人が加盟し、オーナーになっているの?
A1.マニュアル化しやすいファストフード事業では、未経験からフランチャイズオーナーになる人も多いです。多店舗経営を目指す人、手離れを重視する人には特に向いている業態といえます。

Q2.開業資金はどのくらい必要?
A2.加盟するフランチャイズや開業する業態、物件や立地にもよりますが、開業資金は数千万円は必要になるでしょう。ただ、チェーン加盟時に支払うのは数百万円ほどのことも多いようです。

Q3.開業までにどのくらいの期間がかかるの?
A3.加盟するフランチャイズや店舗の規模、立地などにもよりますが、意思決定から開業までは半年以上を考えておくといいでしょう。

ファストフード業界の市場動向

ファストフード業界の市場は安定成長の傾向にあります。国内で新型コロナウイルスの感染がはじめて確認されたのは2019年で、翌年2020年は多少の打撃を受けていますが、2021年には過去最大の規模へと成長しました。
飲食業界はコロナ禍により大きな打撃を受けましたが、デリバリーが容易、テイクアウトがもともと普及していたファストフードは、影響が少なかったと言えるでしょう。
デリバリーやテイクアウトへのニーズが一般的になり、ファストフードの市場規模は、今後ますます拡大していくかもしれません。

ファストフードでフランチャイズ開業するなら、地域のニーズを捉えることが大切

ファストフード事業はマニュアル化しやすく、AI化や機械化などに適しています。テクノロジー発展の恩恵を受けやすいこと、社会情勢的に追い風といえることから、将来性の高い事業といえるでしょう。
ただ、だからこそ競争は激しくなっていくかもしれません。社会と出店地域のニーズを捉え、それにマッチする業態やフランチャイズチェーンを選ぶことが大切です。
フランチャイズでの開業を考えているなら、まずは有名チェーンの資料を請求したり、説明会に一通り参加してみたりしましょう。説明会で詳しい話を聞くことで、自身のイメージも明確となり、チェーンの特色と自分が叶えたい独立の形がマッチするのかも見えてくるはずです。妥協せず比較検討してみましょう。

※23年10月時点の情報です

ハンバーガー(ファストフード)業界で独立開業をするには?

ハンバーガー(ファストフード)業界とは

飲食業界の中でもハンバーガーをはじめとするファストフードは、店舗運営や集客がしやすく人気があります。食材は基本的にセントラルキッチンで加工済みで、店舗でのオペレーションは「焼く」「揚げる」「組み立てる」「提供する」と簡単です。
日本では大手や外資のハンバーガーチェーンが普及しており、このようなフランチャイズに加盟すれば集客はしやすいでしょう。個人での独立となると、このような大手との差別化が重要です。
フランチャイズか個人での独立か、どちらを選ぶかで戦略が大きく変わってくるのがハンバーガー店の特徴といえます。

ハンバーガーのフランチャイズを選ぶポイントは?

ハンバーガー屋の中には、フランチャイズ展開をしているチェーンもあります。フランチャイズに加盟すれば、そのチェーンのブランド力を活かして集客できるのはもちろん、セントラルキッチンで調理された食材や店舗運営のノウハウなども提供してもらえます。
ハンバーガー屋は有名チェーンの力が特に強く、「楽しい店舗づくり」「地産地消」「自分好みに」「バリエーション豊か」など、チェーンごとの特色もはっきりとしています。出店したい地域のニーズを捉え、どのチェーンがマッチするのか考えることが大切です。
ほかにも、初期費用やロイヤリティと提供してもらえるサポートは見合っているか、加盟店数や撤退率などもチェックしたいです。

ハンバーガー屋の事業の需要や将来性

飲食事業は衣食住の食にあたるもので、普遍的なニーズがあります。その意味では、飲食業界の将来は安定しているといえます。
ハンバーガーで見ると、「手軽さ」「メニューを選びやすい」などに加え、コロナ禍以降はデリバリー・テイクアウトに関するニーズが増加しました。
また、ハンバーガー屋ではパティやポテトは冷凍保存が基本。凍ったままの状態で焼いたり揚げたりするので、ロスはほとんどでないでしょう。主なロスは「バンズ」「ソース(開封するまでは冷凍保存」「ソフトクリームやシェイク(機械のメンテナンス時に残量を廃棄)」で、他業態に比べ赤字を抑えやすいかもしれません。
ただし、繁忙時は商品をすぐに提供するために完成品のストックが必要です。店長の読み次第でロスの量は大きく変わってくるでしょう。
社会のニーズにマッチしていること、ロスが出づらいことから安定性が高く、将来性も比較的高いといえます。

ハンバーガーのフランチャイズ案件に関してよくある質問

ハンバーガーのフランチャイズ案件に関してよくある質問をまとめて紹介します。フランチャイズでの開業に不安のある方は、参考にしてみてください。

Q1.どんな人が加盟し、オーナーになっているの?
A1.マニュアル化しやすいハンバーガー屋では、未経験からフランチャイズオーナーになる人も多いです。「とにかく自分の事業を持ちたい」という人にはフランチャイズが、「自分のハンバーガーを食べてもらいたい」という人には個人店が向いているでしょう。

Q2.開業資金はどのくらい必要?
A2.加盟するフランチャイズや開業する業態にもよりますが、開業資金は数千万円は必要になるでしょう。ただ、チェーン加盟時に支払うのは数百万円ほどのことも多いようです。

Q3.開業までにどのくらいの期間がかかるの?
A3.加盟するフランチャイズや店舗の規模、立地などにもよりますが、意思決定から開業までは半年以上を考えておくといいでしょう。

ハンバーガー業界の市場動向

ハンバーガー業界の市場規模は1兆円ほどといわれています。近年では時価の安い郊外に、ドライブスルーありの大型店を構えるチェーンが増えており、家族連れの集客を狙ったものと思われます。
飲食業界はコロナ禍により大きな打撃を受けましたが、デリバリーが容易、テイクアウトがもともと普及していたハンバーガー屋は、追い風とは言わないまでも打撃の少ない業態だったでしょう。
今では消費者はデリバリーやテイクアウトに慣れました。ハンバーガー屋にはもともと普遍的なニーズがありましたが、今後は今まで以上の市場規模拡大が見込まれるかもしれません。

ハンバーガー屋で開業するなら、地域のニーズを捉えることが大切

ハンバーガー屋は消費者にとってもオーナーにとっても「手軽さ」が売りといえます。オーナーにとっては「マニュアル化しやすい」「食材ロスが出にくい」などのメリットがあり、コストを抑えた経営がしやすいでしょう。
一見、画一的なハンバーガー屋も、チェーンごとに異なる特色があります。まずはどのチェーンにどんな特色があるのかを知り、出店地域の特性に合ったお店を選ぶことが大切です。
フランチャイズでの開業を考えているなら、まずは有名チェーンの説明会に一通り参加してみましょう。説明会で詳しい話を聞くことで、そのチェーンの特色やどんな地域にマッチするのかが見えてくるはずです。比較検討しながら自分が開業したいフランチャイズ本部を探してみてください。

※23年10月時点の情報です

dokuritsu_bottom.htm
common_bottom.htm
common_footer_middle.htm
ページの先頭へ
業種から独立・開業・起業・フランチャイズを探す
エリアから独立・開業・起業・フランチャイズを探す
common_footer_bottom.htm
スマートフォン向け表示
dokuritsu_bodybottom.htm
src_common_bottom.htm
src_dokuritsu_bottom.htm