カテゴリー

税理士ドットコム

独立開業

「まずは走ってみて、後から考えればいい」 独立・起業を考える方にとって、よく耳にフレーズではないでしょうか。 独立に向けた準備をすることも大切ですが、準備に気を取られすぎるといつまで経っても行動を起こすことができない。 とはいえ準備することで避けられる問題があるのなら、できる限り準備を進めてから独立をしたい。 (さらに…)

世の中、知られていないことはたくさんあります。

インターネットが発達し、 誰でも手もとのスマホで検索すれば、世界中のいろんな情報が手に入る時代です。 それでも世の中に知られていない情報はまだまだたくさんあり、 多くのマッチングビジネスがそれらを見つけ、つないで届けています。

今回お話を伺ったのは、山口拓也さん。

現在、山口さんは千葉県の金谷を拠点に WEBメディア制作、コワーキングスペースやコミュニティ、合宿の運営を通して、 世界と日本、学生と企業、田舎と移住者をつなぐビジネスを展開しています。

その原点は、大学時代に世界一周の旅で感じた 「架け橋をつくる」という山口さんの思いにありました。

<プロフィール>

山口 拓也さん 株式会社Ponnuf 代表取締役

1989年、埼玉県さいたま市生まれ。 大学在学中に世界一周の一人旅に行き、 帰国後に国際フェス「世界市」を手掛ける。 人材ビジネスで長期インターンを経験したのち、 大学卒業後の2012年10月にフリーランスとして独立。 2014年1月に株式会社Ponnufを設立。 「架け橋をつくる」という理念のもと、 千葉の金谷を拠点にWEBメディアの運営、運営受託から、 コワーキングスペースやコミュニティ、合宿の運営を手掛けている。

世界一周の旅で見えてきた「架け橋をつくる」という理念

―現在に至るまでの経緯を教えてください。最初に独立起業を考えられたのはいつ頃ですか?
山口さん

小学校の頃です。最初は独立起業というより「社長になりたい」と思っていました。当時流行っていたあるスゴロク系ゲームがきっかけです。日本中を回って、物件を買って資産を増やしながら競い合うゲームですが、社長になって日本にある資源や建物を買って独占していけば、誰かの指示に従うのではなく自分の思い通りにできるということを、ゲームを通して知りました。

実は、小学校の授業ではまわりのレベルに合わせなければならないことに少なからず窮屈さを感じていて、小学校3年の時に学習塾に通い始めてから、自分のペースで進められることが楽しくて、小学校時代に高校レベルの数学まで学んでいました。

この頃なんとなく感じていたのは「他からの指示を受けず、自分で考えて自分でやっていく方が、成果を出せて活躍できるのではないか」ということ。当時は明確に言語化できませんでしたが、心の中ではそう思っていました。

その後、中学、高校に進むうちに、「社長」は役割でしかないことに気づき、一時期は「自分で考えて自分でやっていく」小説家や映画監督などのクリエイターを意識していましたが、結果的に「ビジネスのクリエイター=社長が面白そうだ」と考えるようになっていました。

ただ、まだその頃は単に「社長になりたい」と考えているだけで、具体的に「これがしたい」という起業のアイデアがあったわけではありませんでした。

―小学生の頃から「社長」を目指していたのですね。大学進学後はどうされたのですか?
山口さん

大学3年の時に経験した世界一周の一人旅で、世界中のたくさんの人と出会い、「世界の面白さを、日本で発信しよう」と考えるようになりました。 「架け橋をつくる」という理念の原点は、この頃に芽生えたものです。

具体的には世界一周から帰国後、「海外の面白さを、雑貨を通して伝えよう」と思い、海外雑貨専門のフリーマーケットを始めました。どうせやるならよりよい企画にしよう、と思い「フリマに人を呼ぶにはステージ企画があった方がいいかな」「飲食店もあった方がいいよね」といろいろ工夫しているうちに、フリマではなくフェスという形になり、最終的には国際フェス「世界市」を開催しました。

―すでに大学時代に「世界と日本の架け橋をつくる」取り組みをされていたのですね。その後はどうされたのですか?
山口さん

「世界市」では、企画運営をたくさんの学生メンバーに協力してもらったのですが、彼らはみんな個性的で、とても優秀な仲間でした。しかし就職活動になると、みんな普通に見えてしまいます。

私はこの状況を見て「優秀な学生と企業をより良い形でマッチングさせる架け橋をつくりたい」と考え、人材関連の事業を始めました。

その取り組みの中で生まれた縁で、人材系ベンチャー企業の長期インターンを経験。そのまま就職することも考えたのですが、まずは稼げる力を身につけようと考え、大学卒業後の2012年10月にフリーランスとして独立しました。

独立後はWebサイト制作をしていました。学生時代の人脈も活用して仕事を集め、独立1年後には収入が月100万円を超えるようになりました。もともと月の売上が100万円になったら法人化しようと決めていた私は、2014年1月に株式会社Ponnufを設立しました。

会社設立。理念とニーズの両面から事業を展開

―会社設立後、どのような取り組みをされてきましたか?
山口さん

株式会社Ponnufは、「架け橋をつくる」を理念として、Webサイト制作・運営を行うWEBメディア事業に加え、コワーキングスペース事業、コミュニティ事業、合宿運営事業と手掛ける事業を拡げてきています。

コワーキングスペース事業は、2014年末に「KANAYA BASE」という金谷のコミュニティスペースが閉鎖になると聞いたのがきっかけです。シェアハウスだった建物を引き継ぎ、コワーキングコミュニティ「まるも」として2016年にオープンしました。

そして「まるも」に集まってきた人たちに向けて「田舎フリーランス養成講座」を始めたことが、その後のコミュニティ事業に成長しました。

また「まるも」を合宿場所として貸し出したところ、東京の企業から予約がたくさん入り盛況でした。そこで近隣に土地を購入して研修施設を新設し、2018年春に「voido」としてオープンし、合宿運営事業を始めています。

事業展開については、「架け橋をつくる」という理念から構想し始めたものもあれば、「まるも」のように柔軟にニーズを捉えて、それに取り組むことが将来的に理念の実現につながると考え取り組んだ事業もあります。理念から始める事業とニーズから始める事業、その両方のバランスをとって事業展開しています。

―現在の状況はいかがですか?
山口さん

コワーキングスペース事業は「まるも」に加え、千葉県いすみ市に「hinode」、山梨県都留市に「teraco」をオープンし、現在3拠点で展開しています。金谷地区では「voido」の横にカフェ&レストラン「cooks」を2019年にオープンし、またその近隣にシェアアパート「comfa」もオープン。移住を希望される方の住まい等も用意し、田舎と移住者の「架け橋をつくる」取り組みを行っています。

またコミュニティ事業で、昨年「ワークキャリア」という新たなブランドを立ち上げました

コミュニティ事業ではこれまで「田舎フリーランス養成講座」など、田舎でフリーランスとして挑戦したい人が個人で稼ぐ力を身につけるための養成講座を提供してきました。しかし最近では「フリーランスに興味はないが純粋にスキルアップしたい人」や「今後の自分自身のキャリアに悩む人」など、参加希望者のニーズが広がってきています。そこで新たに「ワークキャリア」というブランドを立ち上げ、田舎でフリーランスになりたい人向けの講座に加え、自分のキャリアを考えたい人向けの講座も提供していこうと考えています。

現在はまだ準備段階ですが、近いうちに新たな事業として立ち上げる予定です。

―Webサイト制作から田舎への移住者支援まで幅広く手掛けられていますが、いろいろ苦労も多かったのではないですか?
山口さん

小さなことであれば、たしかにこれまでもいろいろな苦労はありましたし、今でも日々起こります。たとえば設立当初は、事業はうまくいっているが支払いのキャッシュフローが厳しくて資金残高が数万円、ということが続いたこともありました。その時は精神的に辛かったのですが、いろいろ打ち手をとることで、幸い資金が足りなくなることはなかったですね。

またデータ移行がうまくいかず、数百件のデータを手動で移行しなければいけない、ということもありました。この時も精神的に辛い状況になり苦労はしましたが、時間をかけることで何とか解決できています。

どの場面でも、精神的に苦労はしますが、まったく解決策が見えなかったことは、これまでありません。

ビジネスとは、ある意味では物事がうまく進むようにあれこれと試行錯誤して調整することなので、その意味では日々苦労するものですが、解決できないことはないと思っています。

今後も金谷を拠点に、より多くの「架け橋づくり」をしていきたい

―今後はどのような活動をしていく予定ですか?
山口さん

今後も、金谷を拠点に活動していこうと決めています。はじめはフリーランスの頃に知人が「KANAYA BASE」を運営していたのがきっかけで金谷に通い始めたのですが、当初は3か月くらいで都内に帰ろうと考えていました。今では金谷に移住し活動の幅を広げており、地元の方々とも仲良くさせてもらっています。

そして自社の理念である「架け橋づくり」を通して、まだまだ知られていない個人や企業の魅力を発信し、広く伝えていきたいと考えています。

そのほか、たとえば国語や数学といった学校で学ぶ教科以外の「学び」を提供する教育事業も手掛けてみたいと思いますし、また最近では知事や市長になって社会のルールそのものを作ることにも興味を持ち始めています。思いはいろいろあるのですが、まずは現在の仕事にさらに注力して、完璧だと思えるところを目指したいと考えています。

―最後に、読者へのメッセージをいただけますか?
山口さん

みなさんは独立や起業について「いろいろリスクがあって、それを乗り越えて成功するのはたいへんなこと」というイメージがあるかもしれません。しかし私は、たとえばスタートする時に小さい規模で始めればリスクも小さくすることができるので、成功もしやすくなると思っています。

なんとなく難しそう、と思って独立や起業に挑戦せずにいることは、勿体ないと私は思います。「自分自身でやってみたい」という気持ちがあるのなら、ぜひ挑戦してみてください。たとえ結果がうまくいかなくても、起業した人にしか得られない貴重な経験ができますし、その経験が必ず次のビジネスで活きてくると思います。

社会問題が多様化しています。 国連では貧困や飢餓、健康や教育など17の社会問題に対し 2015年にSDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)を採択。 世界中でその解決に取り組んでいます。

今回お話を伺ったのは、大濵裕貴さん。

(さらに…)
「あのチェーン店の味が好き!」「全国展開する企業は加盟する際に安心感がある!」「経営理念に共感できる」など、加盟先を決める際の理由は人さまざまです。数あるフランチャイズ本部・代理店から自分の希望・志向に合う加盟先を見つけるためには一体、企業のどこを見ればよいのでしょうか。 (さらに…)

「いい街に住みたい」 移り住む場所を探している人は、皆そう考えます。

自分の趣味が活かせる、山や海に近いところに住みたい。 盆踊りや餅つきなど、街の行事が盛んなところがいい。 「いい街」にこめる思いは、人それぞれです。

今回お話を伺ったのは、福田和則さん。

(さらに…)

インターネットの進化は、人の暮らしを変えました。 今はいつでもどこでも、知らない人とでも コミュニケーションをとることができます。 しかしその便利さは、逆に人と人との関係を希薄にし、 一種の「寂しさ」を感じる人が増えていると言います。

今回お話を伺ったのは、小林嶺司さん。

(さらに…)
「あのチェーン店の味が好き!」「全国展開する企業は加盟する際に安心感がある!」「経営理念に共感できる」など、フランチャイズビジネスを検討する理由は人さまざまです。数多あるフランチャイズ本部・代理店から自分の希望・志向に合う企業を見つけるためにはどこを見ればよいのでしょうか。 (さらに…)
「将来、社長になりたい」 子どもの頃、そう夢見ていた人は少なくないと思います。 ただ、どんなビジネスでトップになるかは、人それぞれです。 はじめから「この仕事で」と明確に決めている人もいれば、社会に出てから紆余曲折の末に出合う人もいます。 今回お話を伺ったのは、丸井雄介さん。 (さらに…)

2019年11月14日

「会社も副業OKになったから副業したい」と思ったものの何をしたら良いのかわからないという方、「独立開業したい」と真剣にお考えの方は、ぜひ、成功ノウハウを持ったフランチャイズへの加盟を検討してみませんか。アントレが主催する“アントレフェア”では、フランチャイズ本部・代理店や専門家による無料相談コーナー、著名人や専門家による講演も行います。11/23(土)は初めての大阪開催です。ふるってご参加ください。フランチャイズ本部・代理店や専門家による無料相談コーナーや、ここでしか聞けない著名人・専門家による講演も! (さらに…)

2019年11月13日

独立・開業を検討したら、まずは情報収集です。しかし、インターネットで検索すると情報過多で逆に迷ってしまう方も少なくありません。気になる企業には、直接問い合わせて説明会に参加するのが一番ですが、時間がかかってしまうのも事実です。アントレでは、業種の異なる複数企業を一気に比較検討できるアントレアカデミーを開催しています。ぜひ、ご利用ください。 (さらに…)

2019年10月28日

大学を卒業すると、多くの人は企業に就職する。 ただ、すべての人がはじめから「将来なりたいもの」があるかというと、そうではない。 社会に出て、いろいろな経験を積むうちに「なりたい自分」を見つける人もいる。

今回お話を伺ったのは、小川裕司さん。

(さらに…)

2019年10月16日

「卒業したら、何になりたいですか?」

誰でも就職する前に、自分の将来を考えたことがあるだろう。 なりたい自分をイメージし、その実現のために努力する。 そして、人によってはその道に進み、人によっては途中で別の道を目指す。 進む道は、人それぞれだ。

今回お話を伺ったのは、竹内忍さん。

(さらに…)

「システム開発で、世の中をもっと便利にしていきたい」

そんな熱い想いを持って就職したが、 いつの頃からか、開発の仕事はメンバーにお願いし、 自分はメンバーの仕事を進捗管理することになり、 「オレはこの先、このままでいいのか」と、ひとり悶々と悩む。 そんなエンジニアも多いのではないでしょうか。

今回お話を伺ったのは、花輪恒平さん。

(さらに…)
いつかは独立開業したい。今のまま会社勤めでいいのか不安。もっと社会貢献したい。好きな仕事で生きていきたい。定年退職後が心配。 独自のアイデアで独立開業を検討されている方、成功ノウハウを持ったフランチャイズへの加盟に興味のある方、会社勤めをしながら副業をしたいと思っている方など、“独立・開業を真剣に検討されている方”は、是非、アントレフェアへお越しください。アントレが主催する“アントレフェア”は、約80社が出展する年に一度のイベントです。フランチャイズ企業や専門家による無料相談コーナーだけでなく、ここでしか聞けない著名人・専門家による講演も! (さらに…)

2019年9月6日

次の20件を表示 
1 2
税理士ドットコム
税理士ドットコム
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ