dokuritsu_bodytop.htm
common_top.htm
独立、開業、フランチャイズTOP 代理店 便利屋・修理(リペア)・クリーニング 代理店×靴、革製品修理・メンテナンスの独立・開業情報一覧
dokuritsu_top.htm

代理店×靴、革製品修理・メンテナンスに関する独立、開業、フランチャイズ情報を探す

エリアの選択・変更
業種を選択
該当0
条件クリア
業種の選択・変更
エリアを選択
  • 小売・コンビニ
  • 飲食店・デリバリー・テイクアウト
  • 塾・スクール
  • 便利屋・修理(リペア)・クリーニング
  • 介護・福祉・就労支援
  • 美容サロン・ボディメイク
  • IT関連・通信・情報・スマホ
  • 買取・リサイクル
  • 各種サービス
該当0
条件クリア
エリア
指定なし
業種
契約タイプ
年収例
最低自己資金
キーワード
仕事
事業
収益
ライフスタイル
「独立スタイル」から選ぶ
その他
該当0
詳しい条件を指定する
list_main_top.htm
      
  • 株式会社TSUKUBITO
  • 買取大吉 / 株式会社エンパワー
  • 株式会社シルバーライフ/高齢者向け宅配弁当 まごころ弁当・配食のふれ愛・宅食ライフ

<PR>

アントレに掲載する「契約時に支払う費用」はあくまで目安であり、実際と異なる場合がございます。事前に各企業にお確かめください。

dokuritsu_main_top.htm
  • <PR>
    フランチャイズ便利屋・修理(リペア)・クリーニングの独立開業案件

    ★継続売上で安定して稼げる★がっちりマンデーでも特集された掃除ビジネス

    株式会社カバーオールジャパンのフランチャイズ・独立開業 株式会社カバーオールジャパンのフランチャイズ・独立開業 株式会社カバーオールジャパンのフランチャイズ・独立開業

    全1017名の平均月収60万円(2024年)!
    仕事は本部が紹介!営業不要!研修充実!

    ★月平均1000万円の新規受注発生中!★全国1017名のFCオーナー平均月収60万円(2024年)!★仕事は本部が紹介!未経験でも安心!★事業継続率、満足度、最高レベルの信頼!★店舗不要!自宅・1人で開業OK!

    • 好きを仕事にする
    • 無店舗で開業
    • 集客力に自信あり
    • 夫婦で独立
    対象地域
    北海道、関東、東海、関西、中国、九州・沖縄
6件該当しました 1~6件の独立開業情報を表示
前へ 1 次へ
前へ 1 次へ
dokuritsu_main_bottom.htm
list_main_bottom.htm
開業資金総額とは?

アントレ広告における開業資金総額とは、加盟金・研修費・保証金などの費用に加え、物件取得費、各種工事費、広告宣伝費、備品・仕入などを合計した、「事業のスタート時点までに必要な資金の目安額」を指します。開業場所や物価などによって価格が変動するため、あくまで参考金額としてご活用ください。
※開業資金総額には、独立後発生する運転資金やロイヤリティ等の費用は含まれておりません
※募集企業の契約内容が変更された場合、記載している金額も変わる可能性があります。
※価格変動によって、記載している額よりも安くなる可能性も、高くなる可能性もあります。また、広告表記と実際の契約金額が異ならないか、ご自身でも慎重にチェックをしてください

最低自己資金の目安とは?

最低自己資金の目安とは、融資などの借入金を除く「独立開業のために自分で用意する資金の目安額」のことを指します。掲載企業が融資などのサポートを行うために、最低でも用意しておきたい目安の金額とも言えます。
※最低自己資金の目安はあくまで参考金額であり、独立開業できることを保証するものではありません。
※実際に独立される際は、不測の事態を考慮し、余裕を持った資金計画を立てられることをお勧めします。

実際の開業例とは?

実際の開業例とは、既に独立しているオーナー or 直営店の、実際の収益実績や開業時の資金などの一例を指します。独立する業態、開業エリアや年数、従業員数によっても収益は変わってきます。あくまで参考値としてご覧ください。

まずは無料会員登録!
お気に入り登録・まとめて資料請求など便利な機能が使えます

よく利用されている検索条件

dokuritsu_word_M30.htm

修理業界で独立開業をするには

修理業界とは

修理業界とは、自動車や家具・家電から住宅まで、さまざまな物の修理事業を行う業界のことです。最近では特にスマホ修理を行う事業者が増えています。

いわゆる「何でも屋」として幅広いカテゴリで修理を請け負う業者もいますが、このような業者は「壁紙や障子の張替え」「お掃除代行」など、簡単な作業を広く行うことが多いです。

自動車の整備や住宅の構造部分の修理などには専門的な知識と経験が求められますが、サッシ修理や障子張替え、スマホ修理などは研修を受ければすぐにできるようになるでしょう。そのため、修理事業をフランチャイズ展開するチェーンも増えてきています。

修理関連のフランチャイズを選ぶポイントは?

修理関連のフランチャイズを選ぶ際、まずは何を修理するのかを決めましょう。スマホ修理は昨今の時流に乗りやすく、自宅で開業・作業をすることもできます。

住宅系の修理チェーンは、高齢者が多い地域での開業に向いています。障子や畳の張替えなど「和室を維持するために必要な作業」に加え、家事やお墓掃除などの代行もできると、集客しやすいでしょう。

このような条件から加盟候補をいくつかピックアップしたら、ロイヤリティやサポート内容、加盟店数と撤退率などもチェックしていきます。

特に気になるチェーンについては、修理技術の習得における研修制度などについても具体的に確認してみましょう。未経験でも開業できるか、競合と差別化できるポイントはどこかなど疑問点はしっかり確認しておくと安心です。

修理事業の需要や将来性

修理事業への需要は今後も高まっていくでしょう。その背景には「スマホの普及率増」と「少子高齢化」があります。

スマホ修理事業への需要はスマホや格安SIMの普及率に左右されます。今まではスマホの修理や乗り換えは携帯ショップでしてもらうのが一般的でしたが、最近は格安SIMが普及し、これらを自分で行う人も増えました。

また、特に三大キャリアの携帯ショップには「新しいスマホへの乗り換えで、今使っているスマホの残債がなくなる」というキャンペーンがありました。

しかし、格安SIMに乗り換えることでこのようなキャンペーンを利用せず、残債を払い切る人も増えています。修理内容にもよりますが、修理代は数千~1万円強で済むことが多く、スマホの買い替えよりも安価で済むことが多いです。

少子高齢化が進み、核家族世帯が増えたことは、住宅関連の修理事業にとって追い風になっています。

親世代はこれまで自分たちでしていた住宅の軽微な修理ができなくなり、子どもに頼もうにも、住まいが遠く離れていれば困難でしょう。このような世帯にとって、修理業者は強い味方といえます。

修理事業のフランチャイズ案件に関してよくある質問

修理事業のフランチャイズ案件に関してよくある質問をまとめて紹介します。フランチャイズでの開業に不安のある方は、参考にしてみてください。

Q1.どんな人が加盟し、オーナーになっているの?
A1.何らかの経験を活かして独立するというよりは、未経験からフランチャイズに加盟する人が多いです。「手先が器用」「子どもの頃に家の手伝いをするのが好きだった」など、得意や好きを活かすために開業する人もいます。

Q2.開業資金はどのくらい必要?
A2.加盟するフランチャイズや開業する業態により異なりますが、安くて数十万円、高くて数百万円ほどを考えておくといいでしょう。店舗なしのチェーンなら、開業資金やリスクも抑えやすいです。

Q3.開業までにどのくらいの期間がかかるの?
A3.店舗の有無や加盟チェーンにより異なりますが、研修にも時間がかかります。未経験の場合は特に焦らずじっくりと検討した方がいいでしょう。修理事業と一口に言ってもさまざまな種類があります。社会の流れや開業する地域の特性を踏まえた戦略が必要であり、加盟店選びや準備は慎重に進めたいです。

修理業界の市場動向

グラフは格安SIM(MVNO)の普及率を示すものです。楽天モバイル・ワイモバイル・UQmobileも格安SIMにあたり、普及率は全体で34%にも上ります。

先述の通り、スマホ修理へのニーズは格安SIMの普及率と密接にかかわっています。格安SIMの社会への浸透は、スマホ修理事業にとっては追い風といえるでしょう。

住宅系の修理事業へのニーズは「核家族化」「少子高齢化」が大きくかかわっています。厚生労働省の公表したこのグラフは世帯構造別の世帯数の構成割合を示しており、核家族世帯が増え続けていることを示しています。

修理を依頼する身内がいない場合は、業者に依頼するしかなく、スマホ修理・住宅修理ともに、ニーズが高まり続けている状態といえるでしょう。

修理事業での開業は社会のニーズや地域特性を捉えることが大切

フランチャイズで開業できる修理事業は、大きくスマホ系と住宅系に分けられます。チェーン選びでは何を修理するのか、どんな付帯サービスがあるのかをチェックすること、開業する地域に合った事業を選ぶことが大切です。

フランチャイズでの開業を考えているなら、気になるチェーンに資料請求をして、説明会には積極的に行ってみましょう。説明会で詳しい話を聞くことで、自身がどのような修理ビジネスを開始したいのか、収益シミュレーションや地域特性を理解してフランチャイズ開業を目指してみてください。

※23年10月時点の情報です

dokuritsu_word_M30.htm

メンテナンス業界で独立開業をするには

メンテナンス業界とは

メンテナンス業界とは、住宅やビルなどのメンテナンスを行う業界のことです。清掃や修理、退去時の原状回復などのサービスを、個人・法人向けに提供しています。

個人向けのサービスでは、ハウスクリーニングや家事代行、便利屋などをイメージするとわかりやすいでしょう。特に台所や水回りの手ごわい汚れを落としたり、畳や障子を張り替えたり、住宅のメンテナンスを行います。

法人向けのサービスでは、ビルメンテナンスやオフィスの原状回復などが主な業務です。こちらは単なる清掃だけでなく、オフィスを骨組みだけ(スケルトン)の状態に戻すこともあります。

これらの事業をフランチャイズ展開しているチェーンもあります。フランチャイズに加盟することで、そのチェーンのブランド力や営業力を使って集客したり、ノウハウやサポートを提供してもらったりできるでしょう。

メンテナンスのフランチャイズを選ぶポイントは?

メンテナンスのフランチャイズを選ぶ際、まずは個人と法人のどちらをターゲットにするかを考えましょう。

先述の通り、個人向けと法人向けでは、同じメンテナンス業でもやることが大きく異なります。

個人向けは特別なスキルや経験がなくてもはじめやすく、案件(仕事)数も多い代わりに、1案件あたりの単価が低い傾向にあります。法人向けは1案件あたりの単価は高いものの、作業が大掛かりになることが多く、従業員が必要になることもあるでしょう。

自分のやりたいことや働き方のスタイル、事業規模などから個人向けか法人向けかを決めたら、ほかの条件をチェックします。ロイヤリティやサポート内容、加盟店数と撤退率などから、加盟するフランチャイズチェーンの候補をピックアップしていきましょう。

メンテナンス事業の需要や将来性

衣食住の「住」を扱うメンテナンス事業には安定した需要があります。社会の流れからその需要は今後も高まっていくと予測でき、将来性も高いでしょう。

個人向けのハウスクリーニングや便利屋などは、「少子高齢化」「核家族世帯や共働き世帯の増加」などの要因から需要が高まっていくと考えられます。

年齢から足腰が弱くなり、身の回りのことを自分でできなくなった高齢者世帯からの需要は、現時点でかなり高くなっています。子ども世帯が遠方に住んでいる、忙しいなどの理由から、子ども世帯ではなく業者に自宅のメンテナンスを頼む世帯は、今後も増えるでしょう。

共働き世帯の増加も、メンテナンス業への需要を高めています。時間に余裕がない共働き世帯は、家族の時間や趣味の時間を確保するために、ハウスクリーニングや家事代行などのサービスを利用することが多いです。

法人向けのサービスでは、「リモートワークを導入しオフィスの規模を縮小したり、そもそもオフィスを持たなかったりする企業の増加」「バーチャルオフィス(オフィスの住所だけを借りられるサービス)の普及」などの要因から、多少は需要が減るかもしれません。

ただ、その分コワーキングスペースやサテライトオフィスは増えました。オフィスビルだけでなく、商業施設からの需要もあります。法人との契約となるため、定期的な需要が発生する可能性も高いです。

このような背景からも顧客のニーズやメンテナンスの対象となる建物は変わっても、需要が大きく減ることは考えづらいでしょう。

メンテナンスのフランチャイズ案件に関してよくある質問

メンテナンスのフランチャイズ案件に関してよくある質問をまとめて紹介します。フランチャイズでの開業に不安のある方は、参考にしてみてください。

Q1.どんな人が加盟し、オーナーになっているの?
A1.個人向けのサービスでは「家事は得意」「掃除が好き」などの特技・好きという気持ちを活かそうと加盟する人、副業として始める人がよく見られます。

法人向けのサービスでは建設・建築や設備管理などの経験を活かして開業する人もいますが、未経験からフランチャイズに加盟する人も少なくありません。フランチャイズなら知識や経験の不足を補えるためです。

Q2.開業資金はどのくらい必要?
A2.加盟するフランチャイズやサービス内容により異なりますが、500万円以内で開業できることが多いようです。初期費用を抑えてリスクヘッジがしたい人には、スモールスタートしやすい個人向けサービスがおすすめです。

Q3.開業までにどのくらいの期間がかかるの?
A3.加盟するフランチャイズやサービス内容により異なりますが、基本的に店舗を構える必要がないため、比較的短期間で開業できるでしょう。

メンテナンス業界の市場動向

個人向けの家事代行・ハウスクリーニング、法人向けのビルメンテナンスともに、市場規模は安定して成長しています。

グラフは個人向けの生活支援サービスの市場規模をまとめたものです。コロナ禍のあった2020年こそ市場規模は縮小していますが、その打撃は他業界に比べて小さく、翌年には回復しています。

法人向けのビル管理市場も、コロナ禍のあった2020年以外は安定して成長を続けています。

メンテナンス事業での開業は、ターゲットと地域の選定が大切

建物関連のメンテナンス事業には安定した需要があります。

個人向けサービスは生活に欠かせない衣食住の「住」を扱うものです。少子高齢化や核家族世帯・共働き世帯の増加も、メンテナンス業界にとっては追い風でしょう。

法人向けサービスの場合は、オフィスを持たなかったり、縮小したりする企業の増加が気になるかもしれませんが、オフィスビルや商業施設がなくなることはありません。

ただ、ターゲットと地域の選定は慎重に進めた方がいいでしょう。個人向けサービスなら高齢者のみの世帯、共働き世帯の多い地域ほど需要が見込めます。

法人向けサービスでは、ビルや商業施設の多さはもちろん、その状態もチェックしたいです。ひとつのビルにたくさんの企業が入っている施設ほど、事務所移転やテナントの撤退なども多く、メンテナンスの仕事も多いでしょう。築年数の割にきれいに保たれているビルは、定期的にメンテナンスしているのかもしれません。

フランチャイズでの開業を考えているなら、気になるチェーンの説明会には積極的に行ってみましょう。説明会で詳しい話を聞くことで、市場の成長性にも詳しくなれるかもしれません。

※23年12月時点の情報です

dokuritsu_bottom.htm
common_bottom.htm
common_footer_middle.htm
ページの先頭へ
業種から独立・開業・起業・フランチャイズを探す
エリアから独立・開業・起業・フランチャイズを探す
common_footer_bottom.htm
スマートフォン向け表示
dokuritsu_bodybottom.htm
src_common_bottom.htm
src_dokuritsu_bottom.htm