TOP

家庭と社会を幸せに。夫婦円満コンサルタント ・中村はるみさんが歩んだ10年間の軌跡。

5,800 View

メイン画像

「夫婦円満コンサルタントとして起業する前は、19年間専業主婦をしていたんです」

そう語るのは、起業してから10年、夫婦円満コンサルタントとして活躍する中村はるみさん。

「夫婦円満コンサルタントって?」

この記事を見たあなたは、まずそう思うでしょう。そして「専業主婦が起業なんてできるの?」と疑問に感じるのかもしれません。

そこで今回は、女性起業家として活躍する中村さんに、夫婦円満コンサルタントを始めたきっかけから、専業主婦から起業するに至った経緯、今後のビジョンまで語っていただきました。

家庭と社会を幸せに導く、それが夫婦円満コンサルタント

インタビュー画像

—「夫婦円満コンサルタント」という聞きなれない職業ですが、具体的にはどのようなことを行っているのでしょうか?

―中村
夫婦関係で悩む方に、関係を修復するためのコンサルタントとして電話や来訪などでアドバイスをしています。これまで夫婦関係のトラブルを1000件以上解決してきました。

ほかには、夫婦円満を保つ秘訣についての講演会を開いたり、雑誌やテレビなどのメディアに掲載・出演をしたりしています。そして、2015年には「夫婦円満コンサルタント」という名称を商標登録しました。

—1000組以上の夫婦を救ってきたんですね!女性だけでなく、男性からの依頼もあるとのことですが、どういった相談が寄せられますか?

―中村
女性からは、「夫への不満を解消したい」「夫と仲良く過ごすにはどうすればいいか」といったことを相談されることが多いです。男性からは、奥様の浮気相談が多くを占めます。

男性は、家庭において自分が必要とされることで、自信を持つ人が多いんです。だから夫婦円満で、奥様だけでなく子どもにも信頼されていると、仕事がうまくいったり家事や育児に協力的になったりするんですよ。

夫が家事や育児を手伝ってくれれば、妻も家庭への不満がなくなるので双方にとってメリットがあります。

起業のきっかけは家庭内離婚。夫に愛されリスペクトされたいという意思が全ての始まり

説明画像

—「長い間専業主婦をしていた人が起業できるの?」と思われる方は多いと思います。起業となるとそれなりのビジネス思考が必要ですし……。もともと起業の夢は若い頃から持っていたんですか?

―中村
私は、起業を夢見るタイプではありませんでした。専業主婦として、3人の子育てをする毎日だったので。

でも、普通の主婦とは違っていたかもしれません。子どもの幼稚園バッグを作る時は、まず裁縫の本を10冊読んでから最高のものを作り、料理にハマれば本を読みあさって知識をつけ、料理やパンのコンクールで優勝したこともあります。

いつも、やると決めたらとことんやっていたんです。

—裁縫ひとつで本を10冊も!そんなに主婦業を極める人は珍しいですよね。

―中村
そうですね。これには夫の考え方が影響していると思います。主婦業の中にも、夫から学んだビジネスの方法が反映されていたのかもしれません。

—そんな主婦一筋の中村さんが、起業を意識したのはいつ頃ですか?

―中村
50歳の頃です。実は当時、日常生活の中での夫へのイラ立ちがかなり溜まっていたんです。とはいっても人として尊敬している夫から学んだことはたくさんありましたし、末っ子はまだ小学生でしたから離婚もできなくて。

それなら、夫への不満をビジネスに昇華しようと思って。また、ビジネスマンとして尊敬している彼から学んだビジネス思考を社会で試してみたい。そこで、自分に投資することを決め、偶然テレビで見たコーチングの講座を受けることにしました。

けれど、最初は「コーチングを学んでも、それをビジネスで活用する場は限られる」と夫に否定されてしまって……。それでも私がコーチングの汎用性が高くないことを理解した上で勉強していることを知ると、夫も私の頑張りを認めてくれ、応援してくれるようになりました。

※コーチング…感情や思考のはたらきを行動の力に変えることで、目標達成や自己実現を促すコミュニケーション技術のこと。

まずは目標だった経営コンサルタントから入った起業。しかし男性社会の壁に阻まれ…

説明画像

—コーチングの勉強を終えた後、その知識を生かせる経営コンサルタントとして活動を始めた中村さんですが、当時の事業はどうだったのでしょうか?

―中村
当時、経営コンサルタントは男性中心。ですから、女性という理由で受け入れてもらえないことが多かったです。中には実力を認めてくれる経営者もいましたが、私をコンサルタントとして採用してくれることはありませんでした。

「男性中心の社会に女性はいらない」という考え方がまだ根強い時代だったので……。当時の企業は実力がある人間よりも、コンサルタントとして知名度が高い男性を採用する傾向があるように感じました。

—それは辛いですね……。しかし、そこそこ事業は成功していたと聞きました。当時は、どんな人をターゲットにビジネスを展開されていたんですか?

―中村
税理士・弁護士などの士業の女性をターゲットに経営コンサルタントをしていました。男性中心の組織だとなかなか実績をあげるのが難しかったですが、女性は実力だけをみて判断してくれる方が多かったからです。

しかし、事業が軌道に乗り始めた頃に東日本大震災が起こり、長年住んでいた仙台から東京へ引っ越すことになりました。それに伴い、仕事もいったん辞めてしまったんです。

自身の経験は絶対に世の中に必要!その思いで夫婦円満コンサルタントへ

説明画像

—東京への転居に伴い、一度は軌道に乗ったビジネスを手放した中村さんですが、ビジネスを再開するに至った経緯を教えてください。

―中村
東日本大震災が起きた頃は、仙台でのビジネスに限界を感じていた時期でもあったんです。この土地において、士業の女性へのコンサルタント業で上を目指すのは厳しいなと。だから、東京で再出発しようと思ったんです。

でも、東京には経営コンサルタントなんて星の数ほどいますし、実績や実力がものをいう社会で這い上がるには、何か一つの分野でトップを目指すのが一番だと思いました。そして、そのあとに自分がやりたい事業を展開していけばいいと。

そこで浮かんだのが、夫婦円満コンサルタントでした。

—夫婦円満コンサルタントは、考えてもなかなか浮かばないアイディアだと思いますが、どのようなプロセスで生まれたのですか?

―中村
まず、自分がやってきたことで、かつ世に出ていないビジネスがいいと思って。そこで「円満な夫婦関係をサポートするビジネスをしよう」と考えつきました。

実は自己投資で始めたコーチングの勉強から、だんだんと「どうしたら夫と快適に暮らすことができるか?」ということを考えて、実践していたんです。その結果、夫との仲も良くなり、今ではおしどり夫婦だねって言われるほどになりました。

この経験なら、需要もあるしビジネスとして成り立つと思ったんです。

夫婦と関わる機会のある業界の人にも、夫婦円満の秘訣を伝えて幸福な社会の一歩に

—最後に、夫婦円満コンサルタントとして業界を牽引してきた中村さんの次のビジョンを教えてください。

―中村
やりたいことはもう明確なんです。

まずひとつは、これから一緒になる夫婦へのアプローチ。近年、ブライダル事業やお見合い事業は著しい成長を見せていますが、どちらも夫婦関係の始まりに焦点を当てたビジネスにすぎません。しかし本当に大切なのは、スタートした後の夫婦関係を良好に築くこと。でも、その具体的な方法を教えてくれる人って誰もいませんよね。

そこで、こういった事業を展開する人たちに夫婦を円満に保つための秘訣を伝えるんです。そうして出会いから結婚、その後の結婚生活までサポートできる形を作り、1組でも長く円満に暮らせる夫婦が増えたらいいなと思っています。

―中村
そしてふたつ目は、退職後の生活を始める夫婦へのアプローチです。実は、退職後の第二の人生は、退職金の使いみちや加入保険のプラン設定など、夫婦の絆の強さが問われます。

「金の切れ目が縁の切れ目」ともいうように、金銭的な価値観の不一致が離婚原因になることも少なくありません。ですから、金融機関や保険会社の方たちに夫婦円満の秘訣を知ってもらい、彼らがそれらの知識を使いながら老後の金融プランを提案していけば、心穏やかに暮らせる夫婦が増えると思います。

3人の子どもを持つ50歳女性が教えてくれたのは、きっかけと行動力で人生は変わるということ

「コンサルティングの知識が全くなかった素人が?」

「19年間専業主婦だった人が?」

「小学生の子どもがいた、当時50歳のお母さんが?」

過去の中村さんは、一見、起業とは縁遠く見える女性でした。しかし今では一企業の代表を務める立派な起業家。ビジネスの知識がなくても、専業主婦でも、母親でも、きっかけと行動力があれば起業家としての道が歩めることを彼女は体現しました。

どんな境遇でも関係ない。年齢や性別、キャリアがネックとなって起業をためらう方の背中を押してくれる、中村さんはそんな存在でしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

IMG_6143_Fotor

パラレルキャリア。

古くは、かのドラッカーが提唱した考え方ですが、平均寿命も延びさらに加速する現代社会の生き方として近年話題となっているキーワードです。

今回お話を伺った矢萩邦彦さんは、そんなパラレルキャリアを20年以上も前から実践していました。矢萩さんは、塾での講師業、ジャーナリズム活動、音楽活動、まちづくりや企業研修などさまざまな領域で20年以上活躍されています。

矢萩さんは、さまざまな仕事を経験することよりも、一度関わった仕事を続けることがパラレルキャリアの価値を生むと考えています。そこには、20年という時間がもたらす説得力がありました。

プロフィール:矢萩邦彦さん
教育ジャーナリスト/知窓学舎塾長/株式会社スタディオアフタモード代表取締役CEO

教育・アート・ジャーナリズムの現場で活動し、1つの専門分野では得にくい視点と技術の越境統合を目指す日本初のアルスコンビネーター(松岡正剛より拝命)。

横浜に「受験指導×探究型学習」をコンセプトにした統合型学習塾『知窓学舎』を開校、プロデュース、講義の他、教育コンサルタントとして受験指南・講師研修・企業研修等も手がけている。

代表取締役を務める株式会社スタディオアフタモードでは、ジャーナリスト育成や大学との共同研究に従事、ロンドン・ソチパラリンピックには公式記者として派遣。

ネット媒体では、Yahoo!ニュースを中心にオーサーとして取材・撮影、記事・コメント等を執筆。主宰する教養の未来研究所では戦略PRコンサルタント・クリエイティブディレクターとして企業の未来戦略やブランディングを手がけている。

知窓学舎
http://chisou-gakusha.jp/

Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/byline/yahagikunihiko/

さまざまな分野・立場を行き来する「越境者」として歩んだ20年

IMG_6078_Fotor
―矢萩さんはずいぶん前からパラレルキャリアの道を歩んできたとお聞きしました。具体的にどんな仕事をされているのでしょうか?

IMG_6078_Fotor_Fotor
矢萩邦彦さん(以下、矢萩さん)
10代の頃から塾の講師業、ジャーナリズム活動、音楽活動をしているので、パラレルキャリアという道を選んでから、かれこれ20年ほどになります。

―そのうちのどれかが本業、というわけではないのでしょうか?

IMG_6078_Fotor_Fotor
矢萩さん
そうですね、どれかが本業になってしまわないようにバランスを取っていますね。活動の共通点を挙げるなら、人に何かを「伝える」ということが1つの根幹になっています。

会話であれ文章であれ、はたまた音楽であれ。人に伝えるためならあらゆる手段を使います。

―矢萩さんの活動をカテゴライズしようとするとなかなか難しいのですが、ひとことで言うと矢萩さんはどんな人なのでしょうか?

IMG_6078_Fotor_Fotor
矢萩さん
ひとことで言うと「職人的ジェネラリスト」ですね。

いろいろな立場でさまざまな現場に関わっています。多様な分野を「越境する」こと自体が価値になるように、知見やスキルを結合したり再編集したりしています。

また、越境するのは分野など横の関係だけではありません。

僕はプレイングマネージャーであることが大切だと思っているので、自分が現場で仕事をするプレーヤーでありながらマネージャーもやっている、すなわち縦の関係も越境するようにしています。そこが職業プロデューサーや編集者と大きく違うところです。

そうすることでさまざまな分野はもちろん、それぞれの立場を知っていることで、ヒト・モノ・コトを繋げやすくなるんです。

―お話を聞いていると、ますます矢萩さんが何者なのかよくわからなくなってきました(笑)。矢萩さんのように、多方面でプロとして活躍されている方って、あまり多くありませんよね。

IMG_6078_Fotor_Fotor
矢萩さん
そうですね。本業は1人1つといった、スペシャリストとしてのプロが一般的ですからね。

近代化の流れの中で分業による合理化が当たり前になり、そうした「プロフェッショナル=スペシャリスト」的な価値観が一般的になってしまいましたが、中には僕みたいにさまざまな現場や立場を知るジェネラリストもいたほうがいい。

ジェネラリストもプロフェッショナルに成り得るし、そういうスキルを持つ人もスペシャリストだという認識が広まって欲しいですね。

もちろん、どちらがいいとか悪いとかではなくて、偏りすぎるのはよくないと考えています。専門家には専門家の役割が、越境者には越境者の役割がありますので。

そうした多様性が認められる社会になればいいなと思っています。

お金のためだけに働くなら、パラレルキャリアなんていらない

IMG_6112_Fotor
―20年パラレルキャリアを実践する、越境者・矢萩さんから見て、パラレルキャリアのメリットとはなんでしょう。

IMG_6078_Fotor_Fotor
矢萩さん
パラレルキャリアのメリットはやっぱり自分がやりたいと思うことにチャレンジしやすいことですね。

自分が興味のあることがいくつかあったとして、そのどれかを選ぶのではなく、全部を選んでしまおうという考え方。それを自然にできるようになるのが、パラレルキャリアのいいところだと思うんです。

―自分の好きな生き方を選択できるから、好きなことを1つに絞る必要がないんですね。

IMG_6078_Fotor_Fotor
矢萩さん
はい。ですが今の社会の雰囲気というか圧力みたいなものがあって、なかなか複数のことを選択するという判断ができない人が多いように感じます。

例えば、僕はずっとロックバンドをやってきたのですが、メンバーが就職を理由にバンドをやめると言い出した時にまさにこの圧力を感じましたね。

「自分は音楽しかない、音楽が命だ」と言っていた割に、「就職するから音楽をやめます!」という感覚に強く違和感を覚えました。

命なんだったら就職しても音楽を続ければいいじゃないか、どうして両方取るという選択をしないのかなと疑問に思ったんです。

両方やっていくことの時間的・精神的・労力的なコストがかかるのはわかりますが、なんとかならないものではないはずです。音楽は、お金をかけずにやろうと思えばいくらでもやれるものですし。

1日5分、10分の練習時間でもいいし、ライブなんて1年に1回でもいい。とにかく音楽に関わり続けることならできるはずですよね。

―たしかにどちらか1つを選びなさい、みたいな雰囲気はありますね。

IMG_6078_Fotor_Fotor
矢萩さん
そうなんです。で、その理由は、みんな仕事や職業を「お金」ベースで考え過ぎているんじゃないか、と思ったんです。

音楽という仕事で食えないなら、他で食わなければいけない。だから音楽はやめる。つまり仕事や職業は、最初からお金を稼ぐためだけのものとして考えているんです。

今は稼げないけれど、未知のヒトやモノやコトに繋がっているかも知れないという感覚を持てていないんですね。財産はお金だけじゃないですから。

パラレルキャリアにも同じような問題点があります。お金のためだけにパラレルキャリアを選択するようじゃダメなんですよ。お金を稼ぐための仕事がしたいなら、パラレルキャリアではなく、仕事を1つに選んでその道でスペシャリストになったほうがいい。

だけど、やりたいことへのモチベーションがお金よりも上回るのであれば、パラレルキャリアを選択するべきだと思うんです。

たくさんの仕事を経験することよりも、たくさんの仕事を続けること。それがパラレルキャリアの価値につながる

IMG_6087_Fotor
―自分の好きなことへチャレンジしやすいというメリット以外では、どんなところにパラレルキャリアの利点があると思いますか?

IMG_6078_Fotor_Fotor
矢萩さん
さまざまな現場に行くことで得られる経験や知見を元に、越境してものごとを考えることができるので、他の仕事と他の仕事を結びつけたり、方法を転用し合ったりといった相互作用がありますね。

また、仕事や職業への参入障壁が低くなるので、出入りしやすくなります。おもしろそうだなと思ったら、とりあえず関わってみて、楽しくて続けられそうなら続ければいいし、ダメそうならやめるなり、他の関わり方を考えればいいんです。

1つの職業しかやっていないと、そういう判断は難しいかもしれませんね。仕事をやめるというのは、収入がなくなってしまうことはもちろん、社会的な居場所もなくなってしまいますから。

その点パラレルキャリアは、いろんなところに自分の居場所を作っておくことができるので、やってみて合わなかったらやめる、という判断がしやすくなります。

もっとも、パラレルキャリアは複数の仕事を「続ける」ことが一番大事なので、むやみやたらにやめるのはおすすめしません(笑)。

だからこそ「この仕事を続けよう!」と覚悟が決まるまでは、いろいろな仕事をしてみるのも大切です。現場に出なければ分からないことばかりですからね。

近年、新卒のサラリーマンを中心に「会社をやめたくてもやめられない」といった声をよく聞きますが、パラレルキャリア的な価値観を持てば、そういう悩みからも解放されるかもしれません。

―逆に、パラレルキャリアのデメリットみたいなものはありますか?

IMG_6078_Fotor_Fotor
矢萩さん
まだまだ日本においてパラレルキャリアは一般的ではないので、周りに認めてもらえるまでには時間がかかりますね。

普通の会社(スペシャリスト的職業)なら5年、10年でだんだん上司的な立場や管理職になっていって社会的信用を得るのが一般的ですが、パラレルキャリアだとそもそも特定の組織に属していないケースも多いですし、「結局、何をしている人なの?」と、疑問を持たれることも少なくないです。

でも逆にいえば、そうした周りからの目も気にせずに自分の信じた道を突き進めば、必ずその人なりの形で成功すると思いますし、何より時間をかけて築き上げてきたキャリアや人間関係はそう簡単には壊れないんです。

そういう意味では、パラレルキャリアこそ時間をかけて地道に作り上げていかなければいけないと思います。

もしパラレルキャリアとして駆け出しの人が、ぽっと出で有名になったとしたら多分辛い。なぜならその人はただ器用なだけで、キャリアと呼べるような時間を伴う経験がないから。

大切なのは、仕事をたくさん経験するのではなく、たくさんの仕事をやめないで続けること。それが、パラレルキャリアが本当の意味で評価される価値、ポイントだと思っています。

―ありがとうございました。後編では、「これからパラレルキャリアを具体的にどう動かしていくのか」、「パラレルキャリアに向く人・向かない人」、「パラレルキャリア初心者は何から始めるべきか」をお伺いします!

2017年5月22日

_AAA9326

複合的なアウトドアショップへの夢が広がった前回。社長と面識があるというカヤックメーカーへアウトドアショップ出店についての問い合わせを試みるなど、アクションを起こした林原さん。一方で、そもそも独立開業するうえで視野に入れていたカーリペアのフランチャイズにも再度問い合わせを行うなど、まだ自身の中でも進路を迷っている印象がありましたが、決定的な動きはあったのでしょうか。

林原雄大(仮名)さんプロフィール
大学卒業後、車・旅行ガイドなどを刊行する出版社に入社。現在57歳で、2年後に定年を迎えるが、2人のこどもがまだ中学生と高校生なので、現在勤務している会社の嘱託などを視野に入れつつも、起業を優先に検討している。自身の経歴と趣味を生かし、カーリペアのフランチャイズ加盟を検討していたが、お父さまが経営していた表装業や、趣味だったカヤックを取り扱うアウトドアショップも視野に、働きながら情報収集中。

――大阪のカヤックメーカーにショップ開業の問い合わせメールをしたと前回お話しされていましたが、どんな回答がありましたか?

まだ返信がありません。具体的な内容じゃなかったからかもしれません。

IMG_1074_yamagishi

――問い合わせをしてから、かなりの時間が経っていますが、催促した方がいいのではないでしょうか?
以前、接触していたカーリペアのフランチャイズにも再度問い合わせをしたと伺いましたが、こちらは反応がありましたか?

4月にフランチャイズの担当者にお会いして話を聞きました。「シートの張替えはB to Cのビジネスだが、カーリペアはB to B。個人を相手にするより需要があるので、がんばれば月商100万円くらいにはなる」と言われました。

IMG_1074_yamagishi

――その言葉に対して林原さんはどんな感想を持ちましたか?

需要はあるのかなと感じましたので、やってみたいという方向に気持ちは動いています。

IMG_1074_yamagishi

――ほかにも加盟を考えているフランチャイズの企業はありますか?

先日お話を伺ったカーリペアのフランチャイズ説明会では「技術を習得するのが難しいので、あまりオススメではない」と言われたのですが、ボディリペアを扱う別のフランチャイズも視野に入れています。

IMG_1074_yamagishi

――「オススメしない」と言われても気になっているのはなぜですか?

ボディのへこみを直す場合、板金を頼むとかなりの値段になってしまいます。ユーザーの視点から考えると、比較的コストが安いデントリペアの需要もあると思うのです。4月に説明を聞いたフランチャイズとボディリペアも扱うフランチャイズの2社を検討しています。

IMG_1074_yamagishi

――前回は完全にアウトドアショップでの開業に気持ちが傾いているように感じましたが、今回の話を聞いていると、またお気持ちが変わったようにも見えますね。

そうですね。現在、開業希望の1番目がカーリペア、2番目がアウトドアショップ、3番目は表装業ですね。

IMG_1074_yamagishi

――そういえば、表装業という選択肢もありましたね。なにか進捗はあったのですか?

今のところありません。

IMG_1074_yamagishi

――ほかに独立開業に関することでなにかアップデート情報はありますか?

特にないですね。ただ投資系の本には興味があるので、読んでみたいと思っています。

IMG_1074_yamagishi

――次回取材までにやりたいと思っていることを教えてください。

フランチャイズ企業が集まるイベントが5月にあることをFacebookで知ったので、出向いてほかのフランチャイズも比較検討してみたいと思っています。

IMG_1074_yamagishi

「-Season2-長期密着取材! 独立開業への道365日」シリーズ
次回の更新は、2017年5月26日(金)。
鎌倉市に理想の託児所を開業した菊地さん編(第6回)予定。
オープンから1カ月。運営は好調なのか!?お楽しみに!

更新日:2017/5/19
文:磯部正和 撮影:吉原朱美 撮影協力:STORY STORY




独立開業への道 365日 アンケート2

アンケートにご協力ください

以下の項目に当てはまるものにチェックを入れ、「送信する」ボタンをクリックしてください。







2017年5月19日

IMG_6546_Fotor

唯一無二の存在として多くのコアファンを持つ、高級イヤホン・ヘッドホンのブランド「final」。

その企画・制作から販売までの全ての工程を担うS’NEXTの代表取締役社長・細尾満氏は、もともと工務店の現場監督、フリーランス、コンサルティングなど、今の業界とはまったく異なる畑で仕事をされていました。

アントレnet Magazine編集部では、細尾氏を2回にわたってインタビュー。

前編では、過去を振り返りながら今の細尾さんが形作られたルーツを探索。

後編となる今回は、同社の設立当初から世界に注目されるブランドに至るまでのストーリーとともに、finalの技術が結集された45万円もするイヤホンはどのようにして完成し、なぜ多くの人が求めるのか、その秘密に迫ります。

プロフィール:細尾満
S'NEXT株式会社 代表取締役社長
大学卒業後、建築系上場企業に入社し、現場監督の責任者として勤務。

退職後、フリーランスとしてデザイン設計やコンサルティングなどを行う。紆余曲折しながら、S'NEXT設立のメンバーとして参加。前社長の故高井金盛氏の後任として同社代表取締役に就任。

やりがいを求めて、優秀な人材がfinalに集まるワケ

IMG_6504_Fotor
--- final前社長の高井さんから、S'NEXT設立のお話がきたときは、どのような心境でしたか?

IMG_6500_Fotor_Fotor
細尾さん
正直ビックリしましたね。S'NEXTは、もともとiPhoneのコネクターなどを製造するアメリカのメーカーで、その分野では世界で2番目に大きい会社でした。その子会社として設立されたのです。

しかし、一方で自社の新事業がうまくいかず、社内では苦労をされていたようです。

高井は親会社とは関わりなかったのですが、その新事業の立て直しに専門家として経営陣に加わりました。「デザイン経験」があって、「プロダクツの製造」を熟知し、なおかつ「コスト管理」に理解がある、その条件に当てはまるということで私が高井に呼ばれました(笑)。

---高井さんにとって、まさに細尾さんが理想の人物だったというわけですね。S'NEXTを日本で設立してから、最初はどのような事業をされていたのですか?

IMG_6500_Fotor_Fotor
細尾さん
最初はテレビのスピーカーを製造するビジネスを行っていました。

もともとその技術があったので、大手の家電メーカーに納品していたのですが、テレビ業界の不振や納品から支払いまでの期間が長いということから、別のビジネスを模索していたんです。

---そこでイヤホン・ヘッドホンビジネスに行き着くんですね。

IMG_6500_Fotor_Fotor
細尾さん
はい。最初は大手メーカーのイヤホンやヘッドホンの製作を受託する事業として始めました。しかし、この業界はスピーカー(テレビ)業界と比べてビジネス規模が小さく、単価も安いので苦労の連続だったんです。

そのとき「じゃあ自社で高品質・高価格のブランドをつくって、地位を築いたほうがいいんじゃないか」という話になり、その案が通って内製するようになりました。

---自社製造となると、設備や人材で苦労をされるイメージがありますが、中でも人材はどのように獲得していったのですか?

IMG_6500_Fotor_Fotor
細尾さん
独立独歩のやり方で進めていったら、自然と人材が集まるようになりました。

というのも、イヤホンやヘッドホンを制作する会社の多くは、中国などの海外へ製造を丸投げしてしまうことが多いのですが、我々はコアな部分を自分たちでつくります。このコアの部分というのは、技術的な面で一番やりがいのあるところです。

その独自の方向性が「S'NEXTという会社は、なにやらおもしろいことをやってるみたいだぞ」という噂が業界内で徐々に知れ渡って、大手企業の技術者がやりがいを求めて次々に弊社へ来るようになりました。

さらにイヤホン、ヘッドホン業界とは違う畑で仕事をされていた能力が高くかつ個性的な人が集まるようになりました。もっともつくりがいのあるコアな部分を自社で製造しようと舵をきったことで、優秀な人材に恵まれていったのだと思っています。

自分なりの論理的思考が、クリエイティビティを開花させる

IMG_6500_Fotor
---能力が高くて個性的な人を束ねて製品づくりを進めるにあたって、会社ではどのような風土をつくりあげたのでしょうか?

IMG_6500_Fotor_Fotor
細尾さん
基本的には社員の主体性に任せています。

社長である私もそうですが、自分自身で試行錯誤して、能動的に仕事をするようにしています。

成功した前例をそのまま再利用するのではなく、「これは前のものと同じでよいのか?」と常に自問自答を繰り返しています。

なので弊社では「前の担当の人がやっていたからその慣習に従ってやる」といったことはありません。

「行動の一つひとつに対して、自分なりの論理を持って動く」という風土づくりをしています。

---finalの製品はほかの製品とは一線を画す、圧倒的なライブ感のある音が特徴だと思うのですが、それらを生み出すクリエイティビティは自分なりの論理に沿った思考からきているのでしょうか。

IMG_6500_Fotor_Fotor
細尾さん
その通りです。さらにいえば、弊社でクリエイティビティが求められるのは、製作サイドだけではありません。

クリエイティビティというのは、膨大な量の情報を管理し、それを基に分析をして論理立てていけば、どんな製品や仕事でも生み出すことができると私は思っています。

たとえば、スーパーのレジ打ちでも、効率的にさばく方法を考えたり、ミスをしないように仕組みをつくったりなど、作業的な仕事にもクリエイティビティを取り入れることができる。全てのクリエイティビティは、そうした情報の分析によって生まれるのです。

だから我々は制作におけるクリエイティビティの向上はもちろんのこと、製造過程や営業など直接製作に関係ないと思われる現場にも、クリエイティビティの思考を求めています。

「そろばんをはじく前に、”おもしろい”かどうかが重要」。斬新なアイテム発想の真髄はここにあり!

IMG_6537_Fotor
---45万円のイヤホンという今までにない高価格帯の製品は、何がきっかけで誕生したのですか?

IMG_6500_Fotor_Fotor
細尾さん
弊社の商品は、原理的に正しいことを徹底的に追求することをコンセプトにしています。

それを前提に、さらに”おもしろい”ということが社員や協力者をひきつけるのに重要であると思っています。

---なぜおもしろさを求めるのでしょうか?

IMG_6500_Fotor_Fotor
細尾さん
せっかく仕事をしているのですから、おもしろいことをやりたいじゃないですか(笑)。

おもしろいことは、何もないところからつくっていくもの。苦労もともないますが、だからこそやりがいがあるんです。

例えば45万円のイヤホン『LAB Ⅱ』は、じつは3Dレーザーでカットしたり、表面の凹凸を削るのに少々危険な薬剤を使用したりと、かなり手間がかかる製造工程を経てつくられます。

そうやってできあがった製品のクオリティの高さに「これは素晴らしい! おもしろい!」と思ったわけですが、その製造を快く受け入れてくれる工場がありませんでした。

そりゃ危険なことはやりたくないですからね(笑)。逆にいえば、だからこそ他社では真似がしづらく、『LAB Ⅱ』は唯一無二の商品になり得たのです。

---なるほど。45万円となると、やはり富裕層がメインターゲットなんですか?

IMG_6500_Fotor_Fotor
細尾さん
よくいわれますが、日本では富裕層というよりイヤホン・ヘッドホンのマニアに好評です。ニッチな分野には必ずその分野にとても詳しいマニアが存在すると思うので、そこにうまく刺さったのだと感じています。

また感度の高い外国人からもご購入いただいています。特にフランスで受け入れられたことには驚きました。

---最後になりますが、今後はどのようなビジネスを展開したいですか?

IMG_6500_Fotor_Fotor
細尾さん
直営店を持ちたいですね。やはりブランド作りの一貫として店を運営することは大切だと思うので。

また、おもしろいコンテンツはあるけれど、きちんとしたバックヤードが整っていない会社が多いので、彼らを支える仕組みをパッケージとして提供することにも興味があります。

会社としては、私がいなくてもうまく機能して維持できるような組織にしたいですね。社員全員が自ら考えて自分たちで行動する、いわゆる今のドーナッツ型組織をより強固なものにしていきたい。

そのうえでfinalを確固たる世界基準のオーディオブランドに昇華させたいと思っています。

---壮大なビジョンがあるんですね。今回はありがとうございました!

2017年5月18日

ACCESS RANKING

2016年05月のアクセスランキング

ATTENTION TAGS

今、注目のタグ

CATEGORY

カテゴリー

アントレnet

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレnetは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレnet公式ページ