dokuritsu_bodytop.htm
common_top.htm
独立、開業、フランチャイズTOP フランチャイズ 便利屋・修理(リペア)・クリーニング ハウスクリーニング・家事代行 フランチャイズ×ハウスクリーニング・家事代行×集客力に自信ありの独立・開業情報一覧
dokuritsu_top.htm

フランチャイズ×ハウスクリーニング・家事代行×集客力に自信ありに関する独立、開業、フランチャイズ情報を探す

エリアの選択・変更
業種を選択
該当3
条件クリア
業種の選択・変更
エリアを選択
  • 小売・コンビニ
  • 飲食店・デリバリー・テイクアウト
  • 塾・スクール
  • 便利屋・修理(リペア)・クリーニング
  • 介護・福祉・就労支援
  • 美容サロン・ボディメイク
  • IT関連・通信・情報・スマホ
  • 買取・リサイクル
  • 各種サービス
該当3
条件クリア
エリア
指定なし
業種
契約タイプ
年収例
最低自己資金
キーワード
仕事
事業
収益
ライフスタイル
「独立スタイル」から選ぶ
その他
該当3
詳しい条件を指定する
list_main_top.htm
      
  • 株式会社TSUKUBITO
  • 買取大吉 / 株式会社エンパワー
  • 株式会社シルバーライフ/高齢者向け宅配弁当 まごころ弁当・配食のふれ愛・宅食ライフ

<PR>

アントレに掲載する「契約時に支払う費用」はあくまで目安であり、実際と異なる場合がございます。事前に各企業にお確かめください。

dokuritsu_main_top.htm
  • <PR>
    フランチャイズ買取・リサイクルの独立開業案件

    4年で200店舗超!3人に1人が多店舗を経営!自由度の高い経営ができる買取店

    買取店WAKABA(わかば) / 株式会社フォーナインのフランチャイズ・独立開業 買取店WAKABA(わかば) / 株式会社フォーナインのフランチャイズ・独立開業 買取店WAKABA(わかば) / 株式会社フォーナインのフランチャイズ・独立開業

    2年目&2店舗で年間粗利1.8億円の実績!
    上場企業のサポートで長く安定して稼ごう!

    「WAKABA(わかば)」の強みは、勝てる立地と集客戦略にあり!過去最高粗利を達成する店舗が続々!初月から高い収益性で投資回収は平均8ヵ月!低コストながら手厚いサポート体制で2等立地でも安定収益が可能に!

    • 1人で開業
    • 未経験からスタート
    • 副業からスタート
    • 法人新規事業向け
    対象地域
    北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国、四国、九州・沖縄
4件該当しました 1~4件の独立開業情報を表示
前へ 1 次へ
  • フランチャイズハウスクリーニング・家事代行の独立開業案件

    約99%がハウスクリーニング未経験!(2021年度実績)安心充実のサポート力!

    おそうじ本舗/HITOWAライフパートナー株式会社のフランチャイズ・独立開業 おそうじ本舗/HITOWAライフパートナー株式会社のフランチャイズ・独立開業 おそうじ本舗/HITOWAライフパートナー株式会社のフランチャイズ・独立開業

    店舗数業界No.1※の「おそうじ本舗」。
    圧倒的なブランド力が、成功への秘訣です。

    CMをはじめ様々な広告で集客を最大化する仕組みを確立!「ハウスクリーニングならおそうじ本舗」このブランド力が最大の魅力です。※2023年4月期_指定領域における市場調査 調査機関:日本マーケティングリサーチ機構

    • 集客力に自信あり
    • 未経験からスタート
    • 1人で開業
    • 定年のない働き方
    対象地域
    北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国、四国、九州・沖縄
    最低自己資金の目安

    100万円

    実際の開業例

    加盟店実績
    ●東京都 2017年3月開業(50代/男性)
    ●用意した自己資金:400.0万円
    ●年間所得額:1400.0万円
    ※開業1年目/従業員1名…他1件掲載中!

  • フランチャイズハウスクリーニング・家事代行の独立開業案件

    ハウスクリーニングのパイオニア!ダスキンプロのおそうじサービスマスター

    株式会社ダスキン プロのおそうじ サービスマスターのフランチャイズ・独立開業

    実績60年。1000社以上に選ばれています
    《案件紹介あり》の成長事業で安定収益を!

    • 集客力に自信あり
    • 未経験からスタート
    • 研修制度有り
    • 定年のない働き方
    対象地域
    北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国、四国、九州・沖縄
    最低自己資金の目安

    156万円

    実際の開業例

    加盟店実績
    ●大阪府 2020年4月開業(30代/男性)
    ●用意した自己資金:274.2万円
    ●年間所得額:432.0万円
    ※開業1年目/1店舗/オーナー1名

  • フランチャイズハウスクリーニング・家事代行の独立開業案件

    ◆案件紹介あり◆1店舗につき「月間お問合せ数40件」の便利屋ビジネス

    株式会社Ace-Group/便利屋お助けマスターのフランチャイズ・独立開業

    本部の「案件紹介」で安定収入を実現!
    営業利益60万1304円!※開業3ヵ月/23日稼働

    • 集客力に自信あり
    • 1人で開業
    • 無店舗で開業
    • 好きな時間に働ける
    対象地域
    北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国、四国、九州・沖縄
    最低自己資金の目安

    50万円

    実際の開業例

    加盟店実績
    ●奈良県 2022年7月開業(20代/男性)
    ●用意した自己資金:198.0万円
    ●年間所得額:720.0万円
    ※開業1年目/1店舗/オーナー1名

  • 掲載終了
    フランチャイズハウスクリーニング・家事代行の独立開業案件

    【1人開業★副業★未経験の方歓迎】ハウスクリーニング/日本おそうじ代行

    売上が上がらなければ《ロイヤリティ免除》
    だから、副業スタートでも安心♪

    • 集客力に自信あり
    • 1人で開業
    • 未経験からスタート
    • 高齢者向けビジネス
    対象地域
    北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国、四国、九州・沖縄
前へ 1 次へ
dokuritsu_main_bottom.htm
list_main_bottom.htm
開業資金総額とは?

アントレ広告における開業資金総額とは、加盟金・研修費・保証金などの費用に加え、物件取得費、各種工事費、広告宣伝費、備品・仕入などを合計した、「事業のスタート時点までに必要な資金の目安額」を指します。開業場所や物価などによって価格が変動するため、あくまで参考金額としてご活用ください。
※開業資金総額には、独立後発生する運転資金やロイヤリティ等の費用は含まれておりません
※募集企業の契約内容が変更された場合、記載している金額も変わる可能性があります。
※価格変動によって、記載している額よりも安くなる可能性も、高くなる可能性もあります。また、広告表記と実際の契約金額が異ならないか、ご自身でも慎重にチェックをしてください

最低自己資金の目安とは?

最低自己資金の目安とは、融資などの借入金を除く「独立開業のために自分で用意する資金の目安額」のことを指します。掲載企業が融資などのサポートを行うために、最低でも用意しておきたい目安の金額とも言えます。
※最低自己資金の目安はあくまで参考金額であり、独立開業できることを保証するものではありません。
※実際に独立される際は、不測の事態を考慮し、余裕を持った資金計画を立てられることをお勧めします。

実際の開業例とは?

実際の開業例とは、既に独立しているオーナー or 直営店の、実際の収益実績や開業時の資金などの一例を指します。独立する業態、開業エリアや年数、従業員数によっても収益は変わってきます。あくまで参考値としてご覧ください。

まずは無料会員登録!
お気に入り登録・まとめて資料請求など便利な機能が使えます

よく利用されている検索条件

dokuritsu_word_Y1100.htm
dokuritsu_word_M32.htm

ハウスクリーニングで独立開業をするには?

ハウスクリーニング業界とは

ハウスクリーニングとは、主に住居として用いられる家屋を清掃する事業です。顧客は「不動産会社」と「一般家庭」の2つに大別できます。
不動産会社を対象とする場合、その会社が取り扱う空室の家屋を清掃します。この場合、エアコンやレンジフードなどの特定設備に特化した「専門的清掃」が主となり、ある程度の知識や技術が求められます。
一般家庭が対象の場合でも、物件の売却と内見にともない清掃を行うこともありますが、家事代行としての利用も多いです。

ハウスクリーニングのフランチャイズを選ぶポイントは?

ハウスクリーニングにはフランチャイズ展開するチェーンもあります。加盟することで、業務に必要な知識・技術・道具を提供してもらえるのはもちろん、集客や営業を代行してもらえることも多いです。
このようなチェーンでは、フランチャイズ本部から各加盟店に案件が回ってくるため、清掃の仕事のみに集中できます。営業やマーケティングが苦手という人におすすめです。
ほかには、初期費用やロイヤリティと、提供してもらえるサポートは見合っているか。加盟店数や、そのチェーンのデメリットなどもチェックしましょう。
競合優位性はどこか、差別化できるポイントは何か、デメリットがあるとすればそれを解消できる方法はあるのか、など気になることがあれば本部に相談するのもおすすめです。真摯に対応してくれる、パートナーとして信頼できるフランチャイズを選ぶようにしましょう。

総務省統計局「労働⼒調査特別調査」では、1997年を境に共働き世帯が専業主婦世帯を上回り、2022年も右肩上がりで増えていることがわかります。これらの世帯は、そのままハウスクリーニングのメイン顧客といえます。
仕事のほか、家事や育児を両立するためには時間を有効に活用することが何よりも重要になります。世帯年収は高くても時間はあまりない共働き世帯には、ハウスクリーニングなど家事代行サービスを利用してでも、家族の時間を増やしたいと考えるところも多いです。

高齢者の一人暮らしでは、そもそも日常的な掃除が難しいでしょう。日常的な掃除はできても、年末の大掃除はなかなかできないはずです。今後も、ハウスクリーニングを必要とする世帯が増えていくのは明らかです。店舗を必要とせず、低コスト・低リスクで開業できることもあり、ハウスクリーニングは開業しやすく将来性も高い事業といえます。

ハウスクリーニングのフランチャイズ案件に関してよくある質問

ハウスクリーニングのフランチャイズ案件に関してよくある質問をまとめて紹介します。フランチャイズでの開業に不安のある方は、参考にしてみてください。

Q1.どんな人が加盟し、オーナーになっているの?
A1.ハウスクリーニングでは店舗を構える必要も、従業員を雇う必要もありません。開業資金もほかの業種と比べて低く、開業しやすい業種といえます。身軽・気軽に自分のビジネスを持ちたい人の加盟が多いです。

Q2.開業資金はどのくらい必要?
A2.加盟するフランチャイズにもよりますが、必要な自己資金は100万円ほどと安価な部類です。人件費やテナント料などのコストも少ないため、開業・継続はしやすいでしょう。

Q3.開業までにどのくらいの期間がかかるの?
A3.加盟するフランチャイズにもよりますが、意思決定から開業までの期間は、最短1ヵ月ほどと考えておくといいでしょう。

ハウスクリーニング業界の市場動向

共働き世帯や高齢者の増加などハウスクリーニングのニーズが高まり続けているのは先述の通りですが、「店舗も従業員も必要ない」「車やバイクと、本部が提供してくれる掃除道具だけで独立できる」という気軽さも、成長の大きな要因でしょう。
需要と供給の両方が増え続けていることが、「ハウスクリーニングを使ってみようかな」という消費者を増やし、事業者同士の適正な競争も起こしていると考えられます。
また、個人の方向けの家事代行型だけではなく、オフィスや倉庫などを清掃する専門技術型のサービスもあります。引っ越し業者と提携した清掃が得られたら定期的な仕事が入る可能性もあります。自身の営業によって顧客先を拡大させていくことも可能です。成長市場で活躍できるチャンスです。まずは自分に合うビジネスかを判断するために、資料請求や説明会に参加してみるのも良いでしょう。

※23年4月時点の情報です。

家事代行で独立開業をするには?

家事代行業界とは

家事代行とは依頼者の自宅を訪ね、掃除や洗濯、料理などの家事を代行するサービスのことです。 ハウスクリーニングとの違いは、サービス内容と掃除の質にあります。家事代行は掃除を含むさまざまな家事を請け負いますが、これらの作業は一般的な家事経験があればできる内容です。 一方のハウスクリーニングは掃除専門ですが、その分スキルが高く、汚れを徹底的に落としたりエアコンや洗濯機のような素人では難しい部分のクリーニングをしたりといったことも可能です。

家事代行のフランチャイズを選ぶポイントは?

家事代行にはフランチャイズ展開するチェーンもあります。加盟することで、業務に必要なノウハウや道具を提供してもらえるのはもちろん、集客や営業をチェーン本部に任せることもできます。営業活動に自信がない場合や実務に専念したい場合は、このようなチェーンがおすすめです。 初期費用や、ロイヤリティと提供してもらえるサポートは見合っているか、加盟店数などもチェックポイントです。自分に足りない能力を学べる本部はどこかをしっかり見極めましょう。 気になるチェーンを見つけたら、自分が信頼できると思えるまで本部に質問や相談をすると良いです。パートナーとなるフランチャイズ本部と出合うまで複数の本部を比較検討してみると安心です。

家事代行の事業の需要や将来性

家事代行の市場規模は右肩上がりが続いています。 現代の日本は「核家族化」「共働き世帯の増加」「お金よりも時間を重視する人の増加」など、家事代行にとって追い風の状況といえます。こういった社会情勢から考えても、家事代行事業の将来は明るいといえるでしょう。 大家族世帯なら祖父母に家事を任せられるかもしれませんが、夫婦(とその子ども)のみで暮らす核家族世帯では、共働きではまともに家事をする時間もありません。 共働き世帯にとって家族の時間は貴重であり、お金を出してでも、家事を人に任せて団欒の時間を確保したいと思うでしょう。独身世帯でも、趣味の時間を捻出するために家事代行サービスを利用する人が増えています。 加えて、少子高齢化や一人暮らしの高齢者の増加も追い風です。高齢者の一人暮らしでは細かな家事をするのが難しく、定期的に代行サービスを利用しているという人も多いでしょう。

家事代行業界のフランチャイズ案件に関してよくある質問

家事代行のフランチャイズ案件に関してよくある質問をまとめて紹介します。フランチャイズでの開業に不安のある方は、参考にしてみてください。

Q1.どんな人が加盟し、オーナーになっているの?
A1.先述の通り、家事代行は一般的な家事スキルがあればできる仕事です。店舗を構える必要もありません。低リスクでビジネスをはじめたい人、一人で働きたい人などから人気の事業といえます。

Q2.開業資金はどのくらい必要?
A2.加盟するフランチャイズにもよりますが、開業資金は200万円ほどと安価な部類です。経費も安価な部類で、人を雇わなければ人件費もかかりません。ロイヤリティが売上の一部を本部に納めるタイプなら、かなり低リスクで事業を始められるでしょう。

Q3.開業までにどのくらいの期間がかかるの?
加盟するフランチャイズにもよりますが、意思決定から開業までの期間は比較的短いでしょう。店舗を構える必要がないこと、研修にもあまり時間がかからないことから、短期間での開業を目指せます。

家事代行業界の市場動向

グラフは株式会社矢野経済研究所が調査した家事代行の市場規模です。やや古いデータですが、順調な右肩上がりであること、社会情勢が市場にとって追い風であることから、この流れは続いていると考えられます。

家事代行は始めやすく需要も高いからこそ加盟チェーンはしっかり選ぼう

社会情勢による追い風もあり、家事代行は将来の明るい事業といえます。そのうえ費用的にもスキル・経験的にも始めやすいため、数あるビジネスの中でも参入しやすい業界でしょう。 しかし、だからこそライバルも多いです。 フランチャイズに加盟する際、初期費用やロイヤリティなどの費用面も大切ですが、収益を安定させるには本部のサポート体制も重要です。研修やマニュアルがしっかりしていること、集客の仕組みがあること、ブランド力が高いことなど、チェックすべきポイントはたくさんあります。 これらについて深く知るためには、加盟店募集のWebページや資料を見るだけでは足りません。気になるチェーンを見つけたら資料請求をしたうえで、説明会に参加して直接疑問を解消することが大切です。自分のスキルを最大限に生かせる本部を見つけるために複数の本部と話をしてみましょう。

※23年4月時点の情報です。

dokuritsu_bottom.htm
common_bottom.htm
common_footer_middle.htm
ページの先頭へ
業種から独立・開業・起業・フランチャイズを探す
エリアから独立・開業・起業・フランチャイズを探す
common_footer_bottom.htm
スマートフォン向け表示
dokuritsu_bodybottom.htm
src_common_bottom.htm
src_dokuritsu_bottom.htm