カテゴリー

Line

「このままでいいのかな?」と思っているすべての人へ。自分のやりたい仕事の見つけ方、教えます。【後編】

現在3社で副業ならぬ「複業」をしているという、サイボウズ株式会社の中村龍太さん。前編では、3社で複業をするようになった経緯や、複業を成立させるうえで必要なスキルやコツをお伺いしました。

龍太さんは「やりたいことをすべてやっていたら、今の環境に至った」と語っています。後編では、そんな龍太さんに「自分のやりたいことの見つけ方」、複業に向く人と向かない人の違いをお聞きしました。

現状のままでいることに疑問があるのに、なかなか1歩が踏み出せない人へ。アナタが求める答えが、ここにあるかもしれません。

”憧れ”と”感謝される経験”が、アナタの「やりたい仕事」を見つけてくれる

shutterstock_590235203
―3社で複業をしている龍太さんですが、そもそもこの3つの仕事は「自分のやりたい仕事」なのでしょうか?

IMG_5222_Fotor
中村龍太さん(以下、龍太さん)
そうですね。前編でお話したとおり、最初は収入を減らしたくないから同時転職をしたんですが(笑)。

ただ、今は複数の会社に所属することで起こせるシナジーであったり、環境に応じた「自分のやりたい仕事」を見つけられていますね。

また、サイボウズでは副業が盛んなので副業をする同僚がたくさんいます。彼らを見ていると、自分がやりたいことを副業にしている人が多いように感じます。

自分が始めた副業がやりたい仕事になるのか、自分がやりたい仕事を副業として始めるのか、両方ともあるんじゃないかなと私は思いますね

―なるほど。しかし、世の中にはその「自分のやりたい仕事」を見つけることが難しい、という人も多いです。そんな人が「やりたい仕事」を見つけるにはどうしたらいいのでしょうか?

IMG_5222_Fotor
龍太さん
なかなか難しい質問ですね(笑)。私は2つのやり方があると思います。

1つ目は、自分のロールモデルを見つけること。いわば自分の好きな人に”憧れ”を抱くことだと思います。「あの人みたいになりたい」という感情が芽生えれば自然と「あの人みたいになるにはどうしたらいいのか、あの人みたいなパフォーマンスをするにはどうしたらいいか?」という思考になります。

そこから自分なりに実践してみて、自分のやりたいことを見つけていくというのが、有効な方法の1つだと思います。

―大人になっても「この人みたいになりたい!」と思って行動できるかどうか。意外と盲点かもしれません。もう1つの方法はなんでしょうか?

IMG_5222_Fotor
龍太さん
「自分ができることを実践してみて、人から感謝される経験をする」こと。人間って、誰かから感謝されたい気持ちや貢献したいという気持ちを少なからず持っているものだと思うんです。

とはいえ、いきなり自分のできないようなことで人に貢献するのも難しいので、自分のできる範囲のことで誰かの役に立てる経験をしてみましょう。

そうした経験をすることで、自分のできることとやりたいことが自分の中で整理でき、次のステップ(自分のやりたいことの自覚→実行)に進むことができるのではないかと思います。

大企業の「鳥かご」の中で焦っている人へ。寿命100年時代を、どう生きる?

shutterstock_590250620
―副業が社会に浸透しつつある昨今でも、まだまだ日本には1つの会社で働く文化が一般的なように思えます。「このままでいいのかな?」と疑問が頭によぎりながらも、現状を変えようと行動を起こすことができない人って、龍太さんの周りにはいますか?

IMG_5222_Fotor
龍太さん
いますよ。前の前にいた会社の同僚はそんな感じの人が多かったですね。

給与もそこそこあるし、かといって他のことをする余裕もあんまりないし、先程話したように自分のできることや得意なことで世の中に貢献できるような場所もない。そんな理由が重なって、大企業という1つの「鳥かご」から出られなくなっているなあと感じます。

―龍太さんからみれば、そうした人はある意味で対極の存在だといえますが、何か思うことはありますか?

IMG_5222_Fotor
龍太さん
『LIFE SHIFT』(www.amazon.co.jp/dp/B01LYGI45Q)という本の序章にも書いてあるのですが、2014年に生まれた人は平均でおよそ107歳まで生きるそうです。

でも現状の一般的な働き方を見ると、およそ65歳くらいには定年ですよね。まだ平均寿命の半分ちょっとなんですよ。

65〜70歳くらいになって定年して、退職金をもらってあと10何年生きて80代で死にますっていう人生設計ならいいですが、もし100歳前後まで生きるとしたら、さらに増えた寿命の分をどうやって生きて行けばいいのでしょうか?

―たしかに、長生きしていくには何かと必要なものがたくさんありますよね。

IMG_5222_Fotor
龍太さん
そうなんです。もちろん、莫大な退職金がもらえてそのお金で残りの人生を暮らせるなら別ですが、今までと同じやり方、つまり1つの会社で勤め続けるだけでは、どこかで無理が生じてしまう可能性が出てきます。

生き続けるためには、お金も知識も信用もどんどん育んでいかないといけません。だとすれば今のうちから自分ができることの棚卸しも含め、会社や社会にどういう風に自分の価値を発揮できるのかを常に考えていく必要があります。

―1つの会社に勤め続けるだけじゃ、逆にリスクになってしまう可能性が高いんですね。では、自分の価値を発揮するには具体的にどうしたらよいのでしょうか?

IMG_5222_Fotor
龍太さん
いろいろな人たちと徹底的に対話することだと思います。家族や友人、会社の人たちといった自分の周りにいる人との対話はもちろんのこと、普段まったく関わらないような人との対話をする機会があるといいですね。

たとえば、今自分が勤めてる会社があるなら、そことまったく関係のない場所に顔を出してみたり。そうした場所との接点をたくさん持つことで「あ、ここは居心地がいいな」とか「ここは自分のいる場所じゃないな」とか、いろんな思いが出てくると思うんですよ。

先程お話した「やりたい仕事の見つけ方」に通じることですが、自分がいろいろな場所に顔を出した経験から、自分の仕事って決まってくると思うんですよね。

その仕事の形が最終的に独立とか起業になるかもしれないし、はたまた複業のパラレルワークになるかもしれないし。

―今いる場所でじっとしているのではなく、あらゆる自分の可能性を探るべきだと。

IMG_5222_Fotor
龍太さん
いろいろな場所に自分の可能性を広げておく時代になりつつあるなと感じてますね。当然、失敗してもいいと思います。大切なのはとりあえずやってみて経験を積むこと。

あちこちに行って動いているうちに、だんだん自分の動きや強みを活かせるポジションが見えてくるんじゃないかなと思います。

そのためのインフラも整いつつあると思います。たとえばFacebookとかまさにそう。自分の考えを発信して、共感を呼んでどんどんコミュニティがつながっていく。

ひと昔前までは講演会とか飲み会とか、人と出会うのは良くも悪くもフェイス・トゥ・フェイスが必須だったので時間もお金もかかりましたけど、今はスマホ1台あればいくらでもつながれます。

そういう意味では、寿命100年時代を考えたときにネガティブな要素ばかりではないと思うんですよ。100年を楽しく生きるツールもかなり発達しているので。

複業に向き・不向きはない。1歩を踏み出す勇気と、失敗を恐れずに経験を積めば必ず複業はうまくいく!

shutterstock_589638707
―最後に、3社で複業をする龍太さんから見て、複業に向く人はどんな人だと思いますか?また、向かない人との違いを教えてください。

IMG_5222_Fotor
龍太さん
そもそも複業に向き・不向きもないと、私は思っています。

というのも複業とは、究極的には「お金をもらう・もらわない」という点に関わらずにもっと大きな意味を持っていると私は考えているからです。

たとえば、子育てや介護。仕事と両立しながら子育てや介護はたくさんいますが、その時点でそれは大きな意味で複業をしていると、私は考えています。

「分人主義」という言葉がありますが、そもそも人間は、”個人”ではなくて”分人”だという発想に近いと思うんですよ。複業もそれと同じイメージです。

家族と接する私、友人と接する私といったように、子育て介護をする私、A社で働く私とB社で働く私…と、自分を知らず知らずのうちに使い分けているのだと思っています。

―向き・不向きはなく、普段自分が何気なくやっている「自分の使い分け」が必要なんですね。

IMG_5222_Fotor
龍太さん
そのうえで、複業を上手にこなしている人の特徴を挙げるとするならば、仕事や家庭など、自分の身の回りのすべてのことを包括的に考えることのできる、バランス感覚のある人ではないかなと思います。

そのバランス感覚を養うためにはとにかく経験が必要です。会社の仕事に限らず、子育てや介護などもそうですが、ある程度の回し方や捌き方を自分で体得していると、自分の使い分けが上手になります。

もし複業をやりたいという人がいるなら、まずは1歩を踏み出すこと。そして失敗してもいいから経験をたくさん積むことが重要だと私は思います。その先に、自分のやりたい仕事やこれからの時代を生き抜くヒントが待っているのではないでしょうか。

副業を探したい!という方はコチラから!
https://entrenet.jp/fukugyo/index.htm

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

おすすめの最新記事

9月14日(金)・15日(土)の2日間にわたり、東京ドームシティ内のプリズムホールにて「アントレフェア2018」が開催されました。

「アントレフェア」とは多くのフランチャイズ本部や代理店本部がブースを出展し、加盟についての詳細を直接会話することができる年に1度のイベント。さまざまな業界のブースがあるので、1度に多くの情報を集めることができます。

さらに、資金調達や会社設立、起業の税務相談など、各分野に特化した専門家ブースもあるので、その場で相談することも可能。自分で探してあちこち足を運ぶことなく、業界市場や最新トレンド、経営に必要な知識についても効率よく収集できるイベントなのです。

今回は、そんな2日間の「アントレフェア」を体験取材! 本気で独立・起業を考える人で大盛況だったイベントの様子をお届けします。

「知らなかった」「残念ながら参加することができなかった」という方は、次回の予習も兼ねてご一読ください。

アントレ編集長が会場のまわり方を教えてくれる!? 企業ブースを訪問する「比較ツアー」に密着

受付では、講演のタイムスケジュールや会場マップが入ったバックを受け取ります。

講演は何時から? どんな企業がブースを出しているの? と迷っていると、会場の回り方やコツを説明してくれる入口スタッフが来場者を誘導してくれました。

どのようにフェアを回るかは個人の自由ですが、このような説明があるだけで、会場内で行われている各種イベントをある程度把握することができます。

会場に入って最初に目に留まったのは、「比較ツアータイムスケジュール」の看板。

「比較ツアー」とは、「副業」や「自宅で開業」など、参加者の希望のテーマに沿った企業をツアー形式で周り、比較しながら検討できるというもの。
複数人のグループを作って出展ブース(3〜5社)を回る、予約制のイベントです。

1時間ほどで効率的に情報収集することができるので「どの企業に話を聞けばいいのか分からない」「広い会場内を探し回るのは大変」という方にはおすすめのツアーです。

今回は、ツアーテーマの1つにある「編集長と行く!アントレフェア」に参加してみることにしました!

こちらがアントレ編集長・菊池保人さん。

菊地編集長が各企業ブースに直接案内してくれるので、初めての参加で右も左も分からない方にとっては心強いですよね。また、3人程度のグループでまわるので、「1人で話を聞くのは不安」という方にとっても安心です。

それでは菊地編集長、よろしくお願いします!

ブースに着くと、各フランチャイズ本部の担当者から開業資金や業界、市場について、分かりやすく丁寧に教えていただけます。

説明を聞いている途中で少しでも疑問に思ったことがあれば、「これ、どういうことですか?」と気軽に質問・相談することも可能。何か不明な点があればその場で確かめ、疑問を解消することができました。

もちろん、「自分のペースでゆっくりと話を聞きたい」「お目当ての企業の話のみを聞きたい」という方は個別で企業ブースを訪問できるので、積極的に会場内を回ることをオススメします。

素敵な笑顔で丁寧に案内してくださった菊地編集長、ありがとうございました!

魅力たっぷりの企業ブースを紹介!

ここではツアーで回った企業ブースをご紹介します!

まずは、今年で80周年を迎える工具の高級ブランド「マックツールズ」の日本国内事業を展開するマックメカニクスツールズ株式会社。

企業ブースに着いた時は、大きな車が乗り入れてあってビックリしました(笑)。

株式会社サンライズのフランチャイズ加盟店である、完全テイクアウト型メロンパン専門店「Melon de melon(メロン・デ・メロン)」のブースでは、メロンパンの陳列もありました。

車からメロンパンまで、様々な企業がブース出展しているのも「アントレフェア」の魅力のひとつです。

また企業ブースの中には、こうして商品を購入して試食・試飲できたり、その企業ならではのさまざまサービスを体験することができるので、全てのブースを回ってみたくなりますね!

開業資金の融資ノウハウを、専門家に無料で相談できる!【独立開業無料相談コーナー】

会場の奥には、「独立開業無料相談コーナー」があります。

ここでは日本政策金融公庫など、融資や会社設立の専門家から直接アドバイスを受けることができます。
名前の通り、いくら話を聞いても無料なので、資金調達、会社設立、税務相談について少しでも疑問に思っていること、悩みがあれば気軽にどんどん聞いてみましょう!

【企業・ゲスト講演】日替わりで杉村太蔵氏や、藤原和博氏ら豪華ゲストが登壇! 開業時に取り組むべき重要課題を学ぶ

講演スペースでは、2日間で合計10社の企業公演と、8名の方々による豪華なゲスト講演のコーナーも設けられています。

その中でも特に大盛況だったのが、9月14日(金)に行われた、元衆議院議員で、現在はタレントとしてもご活躍されている杉村太蔵氏によるスペシャル講演です。

「バカは活きる」をテーマに、プライドを捨てた男の人生から学ぶ自分らしさが活きるキャリア論を熱弁。杉村氏の実体験を元にした貴重なお話を語ってくださいました。

企業講演では、会場にブースを出展している各企業担当者が、各々掲げる経営理念やビジネス戦略、開業資金などを、画像や映像を使ってわかりやすく説明してくれました。

また、9月15日(土)には、藤原和博氏のスペシャル講演が大盛況!『戦略的「モードチェンジ」のすすめ』をテーマに、ホワイトボードを使って「100万人に1人の人材」になるためのキャリアアップ論を解説。ご自身の経験もふまえ、迷える世代に向けてアドバイスを送ってくれました。

こうした講演は、普段ならなかなか聞く機会のない著名人の実体験に基づく話を聞ける貴重なチャンスでもあります。

加えて、独立開業の専門家からお金の借り方、副業のはじめ方、フランチャイズの開業資金といった起業ノウハウを一気に聞くことができるので、独立・開業を考える方にはぜひ参加していただきたいイベントですね!

シールを集めて豪華プレゼントをゲット!

この「アントレフェア」は、講演を聞いたり、企業ブースを回るだけではありません。参加者なら誰でもチャレンジできる「シールラリー」というものが常時開催されているのです。

こちらは、来場時にもらえる上記画像のカードに、企業を1社訪問する、もしくは企業講演に参加するごとにシールが1つもらえます。

最終的にこのカードに3つ以上のシールを集めることができれば、会場出口にある特典ブースで豪華なプレゼントをもらうことができます。

シール3〜4枚で「独立関連書籍」、シール5枚で「クオカード500円+独立関連書籍」がゲットできちゃいます!

こちらがシールを3枚以上集めると貰える独立関連書籍一覧です。

講演した方の書籍も用意しているので、ぜひいろいろな企業を訪問したり講演を視聴してシール集めにもチャレンジしてみてください。このような本を読むだけでも、これからの独立準備に向けて大いに前進することができそうですね。

独立・開業を考える人は必見! 起業家マインドとノウハウを得て、新たな1歩を踏み出そう!

各企業ブースや相談コーナーでは「開業に必要なノウハウ」、起業家や著名な方々の講演では「起業家マインド」を学んだ2日間。これから独立・開業といった新たなビジネスの世界に挑戦するにあたって、欠かせない要素が全て集まったイベントでした。

「独立・開業について考え始めたばかり」「起業するにはどんな知識が必要で、どんなスキルを磨くべきなのか分からない」という方でも基礎からしっかりと教えてくれるので、今回参加できなかった人は、次回の「アントレフェア」へぜひお越しください!

アントレ公式キャラクターの「アントラ」くんも待ってますよ!

また、メルマガ会員になれば常に有益な情報がもらえるので、登録しておくと便利です。LINE公式アカウントもあるので、そちらもチェックしてみてくださいね!

※また「アントレフェア」の小規模バージョンの「アントレアカデミー」も随時開催しています。

10/23(土)@大阪
10/27(土)@東京
11/10(土)@愛知

お電話での受付はコチラから
0120-854-080

2018年10月19日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ