スタイルのある生き方へシフトしたいビジネスパーソンのためのニュース・コラムサイト。
検索
独立ノウハウ・お役立ち

クリーニングのフランチャイズに加盟するメリット・デメリットまとめ

クリーニングのフランチャイズに加盟するメリット・デメリットまとめ

自分でクリーニング店を開業しようと思い立ったとき、フランチャイズへの加盟を視野に入れる方は少なくありません。フランチャイズに加盟してクリーニング店を経営すれば、経営が初心者であっても経営ノウハウをフランチャイズ本部から学べるなど、相談などサポートを受けることができます。また、取り引きなどもフランチャイズ本部が加盟店分もまとめて一括して取り引きすることなどで割安に抑えられるなどのメリットが多くあります。フランチャイズに加盟してクリーニング店を開業する際のメリットやデメリットと合わせて、主なフランチャイズも紹介していきます。

クリーニング店のフランチャイズで独立・開業

クリーニング店をフランチャイズで開業するための初期費用は150万円〜300万円ほどが目安と言われています。
また、毎月支払う運営費用は50万円ほどと言われています。「そんな高額な支払いをしていけるわけがない」と感じてしまう方もいるかもしれません。しかし、クリーニング店は個人で運営しようとすると初期費用で1,000万円ほどかかるだけでなく、運営費用も上乗せでかかります。

その理由は、クリーニング店を開業するためには洗濯機、乾燥機、ドライ機などの大型機械が初期投資として必要になるからです。
このような業務用の機械は一台100万円以上のものがほとんどです。そのためクリーニング店は、個人で開業するよりも工場などで一括してクリーニングを行うフランチャイズの方が圧倒的に初期費用を抑えられるのです。

フランチャイズ本部へ支払う初期費用には、フランチャイズ本部に寄りますが、加盟金、研修費、広告費、備品購入代などがあります。

ほかにもフランチャイズに加盟すると毎月の運営資金の他にロイヤリティが発生するフランチャイズもあります。ロイヤリティは「売上歩合方式」「定額方式」「粗利分配方式」と様々です。これもフランチャイズ本部によって異なるので、どんな条件が自分に合っているのか十分な検討が必要になるでしょう。

クリーニングのフランチャイズに加盟するメリット

どのようなメリットがあるのかは、フランチャイズによって様々です。しかし、ほとんどのクリーニングのフランチャイズに共通しているメリットがあるので、それぞれ解説していきます。

メリット1:ネームバリューを活用できる

自分の大事にしている洋服を名も知らないクリーニング店に預けるのには抵抗があるという人は少なくありません。そのため、個人でクリーニング店を開業したところで、集客は簡単ではないでしょう。地道に顧客を集め、リピートを狙い、さらには口コミで広めてもらうにも時間がかかるといえます。

既に知名度があるフランチャイズに加盟すると、開業当初から信頼を得て集客することができます。フランチャイズのブランディングのためのテレビCM、WEB広告などは基本的にフランチャイズ本部が行います。そのため、ブランディングのための広告宣伝費・時間がかかりません。加盟店は時間を業務に費やせるため売り上げを上げることに専念できます。

メリット2:初期費用を抑えられる

クリーニング店のフランチャイズの多くは店舗でクリーニングをせず、工場で一貫してクリーニングをしているケースが多いです。このような形態であれば高額な機械を店舗ごとで購入する必要がないため、初期費用をグッと抑えることができます。

メリット3:高度な専門技術が不要

個人でクリーニング店を開業する場合、クリーニング業法により店舗に1人以上「クリーニング師」という専門資格を保持しているスペシャリストを置く必要があります。洗濯、染み抜き、仕上げの一連の業務はクリーニング師が行うものとされています。

それに対してフランチャイズのクリーニング店であれば、工場で洗濯などの業務を行ってくれます。そのため、店舗にはクリーニング師を置く必要がないため、比較的簡単にクリーニング店を開業できるのです。

※クリーニング業法第4条より(◆昭和25年05月27日法律第207号) (厚生労働省) https://www.mhlw.go.jp/web/t_doc?dataId=79094000&dataType=0&pageNo=1

クリーニングのフランチャイズに加盟するデメリット

メリットを見ていると、クリーニング店を開業したいのであればフランチャイズへの加盟に飛びつきたくなってしまう方もいるかも知れません。
しかし、何事にもメリットがあればデメリットもあり、クリーニング店のフランチャイズ加盟についても例外ではありません。フランチャイズに加盟してクリーニング店を開業する際のデメリットを紹介します。

デメリット1:自由な経営ができない

フランチャイズに加盟してしまうと接客方法や営業時間などは、本部の指示に従わなくてはいけない場合もあります。どこのフランチャイズに加盟するのかでルールやマニュアルの内容も異なるため、自分に合っているかどうか検討しましょう。

加盟前に必ず規定やマニュアルを熟読し、「この内容であれば共感できる」というフランチャイズを見つけましょう。

デメリット2:ロイヤリティの支払いがある

フランチャイズに加盟すると毎月のロイヤリティが必要になるフランチャイズもあります。ロイヤリティは経営ノウハウのサポートやフランチャイズの看板を使わせてもらっている代わりに払うものです。

支払い方法は「売上歩合方式」「定額方式」「粗利分配方式」の3つがあり、どの方式を採用しているのかはフランチャイズによって異なります。

中には、ロイヤリティがないフランチャイズもあるので、事前によく確認しましょう。ロイヤリティはあくまで、サポートへの対価という位置づけです。自分が必要とするサポートは何か、サポート内容に対して支払うロイヤリティの額が妥当か、という点で検討するのがおすすめです。

フランチャイズビジネスがよく分からない方はこちら!
こちらの記事では、フランチャイズビジネスとは何かについて紹介しています。
あわせて読んでみてください。

ロイヤリティとは何か?フランチャイズを始めるなら必ず知っておこう
https://entrenet.jp/magazine/25146/

デメリット3:ブランドイメージの影響を受けやすい

フランチャイズへ加盟すると、ブランドを借りているため顧客への影響力や信頼を勝ち取るのに有利です。その反面、悪いことも影響を受けやすいリスクがあることを念頭に置いておきましょう。

例えば、加盟しているフランチャイズ本部やほかの加盟店で不祥事があった場合、自分の店舗は関係なくても、その不祥事によるイメージダウンで売上に影響が出ることは少なくありません。看板を使わせてもらっている以上、覚悟は必要になるでしょう。

クリーニングのフランチャイズ3選

クリーニングのフランチャイズに加盟するメリット・デメリットまとめ
次に、主要なクリーニングのフランチャイズを3つ紹介していきます。

A社

大阪、奈良、兵庫、京都で約240店舗を展開するフランチャイズ。フォロー体制が整っているので、専門知識がなくても安心して経営の第一歩を歩めます。顧客管理や販売促進のためのツールも提供してもらえるため、ノウハウがなくても安心です。

B社

東京と埼玉の一部エリアで宅配クリーニングを行っているフランチャイズです。顧客のところまで洗濯物を引き取りに行き、クリーニングが完了したらお届けをするサービスを提供しています。

共働き世帯や、外出が難しい年配層より絶大な信頼を得ています。

C社

全国5,300店舗ほどあり業界トップクラスの大型フランチャイズです。ネット宅配クリーニングや保管までしてくれるクリーニングなどのサービスも行っています。

これからのクリーニング店のフランチャイズ

在宅勤務の増加により、家事需要は増えているものの、クリーニングの需要は減少傾向にあります。そのため、クリーニング店として生き残っていくためには、「痒いところまで手が届く」というサービスが必要不可欠です。

普段着ない衣類や季節外れの布団のお預かりサービスや、スーツと合わせて使う革製品のクリーニングのような「どこに依頼すれば良いかわからない」を解決できると、クリーニング店として生き残っていけるのではないでしょうか。

熟成市場のクリーニング店で生き残るには新しい発想が必要

需要はありつつも、すでに成熟しているクリーニングの市場で生き残っていくためには、業界を知り尽くしているフランチャイズに加盟し、本部から成功ノウハウを学ぶ方法は有効な開業方法ではないでしょうか。

アントレでは、コインランドリーのフランチャイズも紹介していますので、是非一度みてみてください。
https://entrenet.jp/dokuritsu/C02/M04/

PROFILE

ちはる

大手IT商社でプロダクトプロモーション担当を経て、 WEBコンテンツ制作会社に転職し、ライターとして所属。その後、独立し、現在はビジネス・不動産関連の記事を主に執筆。

RELATION あわせて読みたい関連記事

アントレ 独立、開業、起業をご検討のみなさまへ

アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。