スタイルのある生き方へシフトしたいビジネスパーソンのためのニュース・コラムサイト。
検索
独立ノウハウ・お役立ち

スタートアップにおすすめの資金調達5選・ケースごとに紹介

スタートアップにおすすめの資金調達5選・ケースごとに紹介

スタートアップにとって、「資金調達」は大きな関心事です。資金調達に成功することが、そのままビジネスの成功につながると考えている起業家もいるでしょう。しかし、資金調達の方法を間違えると、自由な経営ができなくなったり、それまでの苦労が水の泡になったりすることもあります。本記事ではスタートアップにおすすめの5つの資金調達について、それぞれのメリット・デメリットや向いているケースを紹介します。

資金調達には3つの種類がある

資金調達にはさまざまな方法がありますが、基本的には3種類に分類できます。どんな手段、代償によって資金を調達するかにより、大きく3種類に分類できます。それぞれどんな方法で、スタートアップではどう使えるのか、確認していきましょう。

アセットファイナンス(資産による資金調達)

アセットファイナンスは資産による資金調達で、次のような方法があります。

【アセットファイナンスの方法】
・機器や社用車などの、不要な資産の売却
・ゴルフの会員権や有価証券など動産の売却
・社員寮や土地など不動産の売却
・売掛債権の売却

動産や不動産をあまり持たないスタートアップの場合は、「売掛債権の売却」が主な選択肢となるでしょう。売掛債権の売却とは、簡単にいえば「支払期日前の請求書を売却し、その入金で資金を早めに調達する」ことです。これはファクタリングと呼ばれ、記事後半で詳しく解説します。

デットファイナンス(負債による資金調達)

デッドファイナンスは負債による資金調達で、次のような方法があります。

【デッドファイナンスの方法】
・金融機関や公庫からの融資
・知人や友人からの借り入れ
・社債の発行

スタートアップの場合は、金融機関や公庫からの融資が中心となるでしょう。知人や友人からの借り入れも選択肢ではあるものの、調達額が限られることや人間関係にヒビが入るリスクを考えると、あまりおすすめとはいえません。

エクイティファイナンス(資本による資金調達)

エクイティファイナンスは資本による資金調達で、主に株式を発行することで資金を増やします。新たに株式を発行し、それを購入(出資)してくれる人を募ることで、資金調達をする方法です。

ただ、株式を新たに発行すれば、社債の保有比率が変わります。スタートアップの場合は、自社保有株の比率が下がりすぎたために誰かに経営権を握られてしまうということが起きないように気を付けましょう。

22種類の資金調達の方法を種類ごとにご紹介
ここまで紹介した3種類の資金調達について、それぞれの詳しい方法は以前の記事でも解説しています。より詳細なことが知りたい方はぜひお読みください。

【資金調達・22選】目的・企業規模ごとのおすすめの方法を紹介
https://entrenet.jp/magazine/30853/

次からは、スタートアップにおすすめの資金調達を、具体的に5つ紹介します。

スタートアップにおすすめの資金調達1.補助金・助成金

スタートアップにおすすめの資金調達5選・ケースごとに紹介

スタートアップにおすすめの資金調達の1つ目は、「補助金・助成金」です。これらは国や自治体が企業を支援するための制度で、さまざまな種類のものが、定期・不定期に公募されます。

補助金・助成金のメリットとデメリット

補助金・助成金による資金調達には、次のようなメリット・デメリットがあります。

【補助金・助成金のメリット】
・返済不要
・公的な制度であり安心
・支給された資金の用途は基本的に自由
・基本的に消費税の対象外
・支給されたことが社会的信頼につながり、ほかの融資も受けやすくなる

補助金・助成金は公的なものであり、返済不要な資金調達のため安心です。申請が通り支給されたことにより、ほかでの融資も受けやすくなるなどのメリットがあります。社会的信頼の面で不利なスタートアップにとっては、まず最初に検討したい方法といえます。

【補助金・助成金のデメリット】
・手続きに時間と労力がかかる
・受給要件があり、常に活用できるとは限らない
・補助金には予算があり、要件を満たしても受給できないことがある

一方で、補助金・助成金を受給(申請)するのには時間と労力がかかります。すぐに、確実に資金調達できるものではない点は、スピード感の重要なスタートアップにとって難点です。

補助金・助成金が向いているケース

補助金・助成金は、法人を設立したり事業を拡大したりする際、まず検討したい方法です。返済不要なため、その後の経営への影響がほぼなく、支給されれば、ほかでの融資も受けやすくなるため、先の見えにくいスタートアップにおすすめです。

ただ、申請から資金調達までには時間がかかります。申請するなら早めに行動を起こしましょう。

スタートアップにおすすめの資金調達2.融資を受ける

スタートアップにおすすめの資金調達の2つ目が、「融資を受ける」方法です。金融機関や公庫などから融資を受け、元本と利息を少しずつ返済していきます。

融資を受けるメリット・デメリット

融資を受けることには、次のようなメリット・デメリットがあります。

【融資を受けるメリット】
・まとまった金額を調達できる
・調達額の調整がしやすい

融資なら、まとまった金額の資金を、比較的スピーディーに調達できます。調達額やスピード感から見て、本記事で紹介する方法の中でも、最も利用しやすい方法でしょう。

【融資を受けるデメリット】
・負債が増える
・返済が必要
・利息がかかる
・審査があり、そのための準備に時間と労力がかかる

一方、融資を受ければ利息がかかり、元本と併せて返済していかなければなりません。その後の経営が思うようにいかないと、返済の負担は重くのしかかるでしょう。負債も増えるため、自己資本比率も低くなり、社会的信用も得にくくなります。

元々、社会的信用の低いスタートアップにとっては、慎重に検討すべき方法です。大企業やそれなりに歴史のある企業に比べると審査も通りにくいため、そのための準備にも時間と労力がかかります。

融資が向いているケース

融資はなるべく早く、まとまった資金を調達したい場合に利用するのが良いでしょう。融資には審査があり、審査に通るにはきちんとした事業計画書を作らなければなりません。審査に向けた準備は大変ですが、ほかの方法に比べると、かかる時間や労力は少ないといえます。

調達できる金額も大きいので、ここぞという場面では有力な選択肢となるでしょう。

スタートアップにおすすめの資金調達3.出資を受ける

スタートアップにおすすめの資金調達5選・ケースごとに紹介

スタートアップにおすすめしたい資金調達の3つ目が、「出資を受ける」方法です。企業として出資を行うベンチャーキャピタル(VC)や、個人として出資を行うエンジェル投資家を探し、彼らに出資(投資)をしてもらいます。

出資を受けるメリット・デメリット

出資を受けることには、次のようなメリット・デメリットがあります。

【出資を受けるメリット】
・返済不要
・資金だけでなく、事業や経営に関するアドバイスを受けられる
・出資やアドバイスを受けたり、出資者を探したりする過程で人脈が広がる

出資は「株式を購入する」という形式で行われます。出資者たちの目的は、「成長しそうな企業の株式を早い段階で買い、価値が高くなってから売る」ことで、その差額から利益を得ます。

そのため、企業や事業を成長させるためのアドバイスも受けられるでしょう。彼らはいくつもの企業を成長させてきたプロなので、アドバイスも役立つものばかりです。

出資者を探したり、アドバイスを受けたりする過程で、このような「有力者」との人脈が広がるのもメリットです。

【出資を受けるデメリット】
・出資者を探すのに時間と労力がかかる
・経営方針を自由に決められなくなることも

もちろん、出資者たちは善意で資金提供してくれるわけではありません。彼らの目的は将来の株式売却による利益であり、価値の上がらなさそうな企業、成長の見込みが低い事業には出資をしてくれないでしょう。出資者を探し、彼らに自分たちのビジネスをプロモーションするのは大変なことです。

また、出資してもらっている以上、経営に口を出されることは覚悟しなければなりません。「経営に関するアドバイスを受けられる」といえば聞こえはいいですが、経営方針を自由に決められなくなる恐れもあります。

小回りの利く経営が強みのスタートアップにとって、これらは大きなリスクです。出資による資金調達は、ほかの方法以上に慎重に考えなくてはなりません。

出資が向いているケース

出資を受けることに向いているケースは、「革新的なビジネスを起こす場合」や「自社と相性の良さそうな投資家が見つかった場合」などです。

投資家たちは大きな成長を遂げるであろうビジネスを常に探しています。自分たちのビジネスがなぜ成長するといえるのか、ハッキリと根拠を示せるなら、出資者を探してみるのもいいでしょう。

スタートアップにとって「経営に口を出される」のは大きなリスクですが、相性の良さそうな投資家がいるなら別です。いくつものスタートアップを成功に導いてきた投資家のアドバイスは、調達する資金と同じか、それ以上の価値があるでしょう。

スタートアップにおすすめの資金調達4.クラウドファンディング

スタートアップにおすすめの資金調達の4つ目は、「クラウドファンディング」です。インターネットで自分たちのビジネスについて発信し、出資してくれる「個人」を集めます。近年、注目されている資金調達の方法で、スタートアップだけでなく、個人の成功例も増えつつあります。

クラウドファンディングのメリット・デメリット

クラウドファンディングには、次のようなメリット・デメリットがあります。

【クラウドファンディングのメリット】
・資金調達の目的や金額に制限がない
・ビジネスや会社のプロモーションにもなる
・専門家の支援を受けながら進められる

クラウドファンディングをする際は、それを専門とする会社と契約を結びます。彼らはいくつものクラウドファンディングを成功させてきたプロであり、出資を募るページも、彼らの用意したWebメディアに掲載されます。実績のあるWebメディアで、ノウハウを教わりながら出資者を募れるのです。

クラウドファンディングでは、自社やビジネスの魅力を伝え、応援してくれる人や共感してくれる人から出資を募ります。資金調達と同時にプロモーションやブランディングもできる方法であり、資金面以外のメリットも少なくありません。

【クラウドファンディングのデメリット】
・返済不要だが、お礼の品やサービスの提供が必要
・時間と労力がかかり、プロモーションやブランディングのスキルも必要
・目標額に届かないと集まった資金を受け取れないことも

クラウドファンディングは出資であるため、基本的に返済不要です。しかし、出資者たちへの見返りは必要であり、お礼の品やサービス、権利などを提供しなければなりません。

自分たちのビジネスの魅力をうまく伝えられなければ出資者は集まらないため、ブランディングやプロモーションのスキルも求められます。打ち合わせや宣伝活動など、かなりの時間と労力がかかるでしょう。

また、利用するクラウドファンディングによっては設定した金額に1円でも届かないと、それまで集まった資金を受け取れないこともあります。仮に100万円を目標にし、99万9,999円が集まっていても、募集期限が切れてしまうと、すべてが水の泡になります。

クラウドファンディングが向いているケース

クラウドファンディングは「D2C(Direct to Consumer)ビジネス」や「目新しいビジネスを興す場合」に向いています。

出資してくれるのは個人であり、彼らはそのビジネスや企業に共感しているからこそお金を出してくれます。これはD2Cで顧客を集めるのと全く同じ流れであり、クラウドファンディングがそのまま初期の集客活動になるでしょう。

注目を集めたり「このビジネスに関わってみたい!」という気持ちを呼び起こしたりするのも重要なため、何か目新しいビジネスを興す場合にも向いています。

うまく活用できるのであれば、本記事で紹介する中で最も「スタートアップと相性の良い方法」といえるでしょう。

スタートアップにおすすめの資金調達5.ファクタリング

スタートアップにおすすめの資金調達5選・ケースごとに紹介

スタートアップにおすすめの資金調達の5つ目は、「ファクタリング」です。売掛債権(請求書)をファクタリング会社に売却し、請求書の支払期日よりも早く、その金額を受け取ります。

ファクタリングのメリット・デメリット

ファクタリングには、次のようなメリット・デメリットがあります。

【ファクタリングのメリット】
・借り入れではないため、自社ではなく取引先の信用度で審査される
・長期にわたる返済がなく、一括で、ほぼ確実に返済できる
・2社間ファクタリングなら、取引先に知られずに済む

ファクタリングは一見借り入れですが、あくまでも売掛債権を売却し、資金調達する方法です。売却により、ファクタリング会社から調達したお金は、本来の取引先からの入金でそのまま返します。ほぼ確実に入ってくるお金を先に受け取り、一括で返す方法なので、リスクは少ないです。

ファクタリングでは取引先の信用度や、これまでの取引(振込み)実績が参照されます。自社の信用度に自信がなくても、検討する価値はあるでしょう。

【ファクタリングのデメリット】
・借り入れなどと比較すると手数料が割高
・請求先や請求金額によっては利用できない
・3社間ファクタリングでは、取引先の承諾が必要

ファクタリングには手数料がかかり、借り入れと比べて割高な傾向にあります。手数料の割安な「3社間ファクタリング」もありますが、これは自社とファクタリング会社、取引先の3社で行う方法です。取引先の承諾が必要であり、ファクタリングの利用も知られます。

金額が少なかったり、請求先が個人だったりすると、ファクタリング自体を利用できないこともあります。

ファクタリングが向いているケース

ファクタリングが向いているのは、収支のタイミングがずれてしまい、一時的に早く資金が必要になったりした場合です。簡単にいえば「つなぎ資金」の調達に適した方法であり、それ以外にはおすすめできません。

特に、経営難での資金調達に使ってしまうと、「ファクタリングのループ」に陥りかねません。手数料も割高なので、この場合は借り入れを選んだ方がいいでしょう。

スタートアップは資金調達をすべき?方法を間違えると事業に悪影響も

スタートアップの中には、「資金調達=成功」と捉えている会社もあるようです。しかし、資金調達はあくまでも「事業を興したり拡大したりするための手段」であり、過程に過ぎません。調達した資金を活かし、それ以上の利益を上げてこそ、はじめて成功といえるのです。

何より、方法によっては「資金調達なんてしない方がよかった」となりかねません。例えば自社と相性の悪い投資家に出資してもらい、経営に口を出されるようになったらどうでしょうか。

せっかく「信頼できる仲間とビジネスを興そう」「このメンバーならすごい商品やサービスを作れる!」と思っていたのに、自由に経営できなくなっては台無しです。

資金調達をするときは、それが何のための資金なのか、ほかに方法はないのか、慎重に考えましょう。

PROFILE

赤塚元基

フリーライターとして独立した契機は、実は転職失敗。自身の(苦くもあった)経験を活かし、皆さまの心に寄り添いながら、お役立ち情報をお届けします!

RELATION あわせて読みたい関連記事

アントレ 独立、開業、起業をご検討のみなさまへ

アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。