dokuritsu_bodytop.htm
common_top.htm
独立、開業、フランチャイズTOP フランチャイズ 美容サロン・ボディメイク フランチャイズ×ネイル・まつエク・眉毛の独立・開業情報一覧
dokuritsu_top.htm

フランチャイズ×ネイル・まつエク・眉毛に関する独立、開業、フランチャイズ情報を探す

エリアの選択・変更
業種を選択
該当4
条件クリア
業種の選択・変更
エリアを選択
  • 小売・コンビニ
  • 飲食店・デリバリー・テイクアウト
  • 塾・スクール
  • 便利屋・修理(リペア)・クリーニング
  • 介護・福祉・就労支援
  • 美容サロン・ボディメイク
  • IT関連・通信・情報・スマホ
  • 買取・リサイクル
  • 各種サービス
該当4
条件クリア
エリア
指定なし
業種
契約タイプ
年収例
最低自己資金
キーワード
仕事
事業
収益
ライフスタイル
「独立スタイル」から選ぶ
その他
該当4
詳しい条件を指定する
list_main_top.htm
      
  • 株式会社TSUKUBITO
  • 買取大吉 / 株式会社エンパワー
  • 株式会社シルバーライフ/高齢者向け宅配弁当 まごころ弁当・配食のふれ愛・宅食ライフ

<PR>

アントレに掲載する「契約時に支払う費用」はあくまで目安であり、実際と異なる場合がございます。事前に各企業にお確かめください。

dokuritsu_main_top.htm
  • <PR>
    フランチャイズ買取・リサイクルの独立開業案件

    4年で200店舗超!3人に1人が多店舗を経営!自由度の高い経営ができる買取店

    買取店WAKABA(わかば) / 株式会社フォーナインのフランチャイズ・独立開業 買取店WAKABA(わかば) / 株式会社フォーナインのフランチャイズ・独立開業 買取店WAKABA(わかば) / 株式会社フォーナインのフランチャイズ・独立開業

    2年目&2店舗で年間粗利1.8億円の実績!
    上場企業のサポートで長く安定して稼ごう!

    「WAKABA(わかば)」の強みは、勝てる立地と集客戦略にあり!過去最高粗利を達成する店舗が続々!初月から高い収益性で投資回収は平均8ヵ月!低コストながら手厚いサポート体制で2等立地でも安定収益が可能に!

    • 1人で開業
    • 未経験からスタート
    • 副業からスタート
    • 法人新規事業向け
    対象地域
    北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国、四国、九州・沖縄
8件該当しました 1~8件の独立開業情報を表示
前へ 1 次へ
  • フランチャイズネイル・まつエク・眉毛の独立開業案件

    ★高収益★高単価★未経験OK★巨大ニーズ★スキマ時間OK【美容サロン経営】

    TotalBeauty cole(コレ)/株式会社ユウシュウグループのフランチャイズ・独立開業

    ★副業歓迎★開業6ヶ月間ロイヤリティ0円
    地方で<バズる>アイラッシュサロンの作り方

    • 未経験からスタート
    • 集客力に自信あり
    • 副業からスタート
    • 法人新規事業向け
    対象地域
    北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国、四国、九州・沖縄
    最低自己資金の目安

    200万円

    実際の開業例

    直営店実績
    ●愛知県 2021年10月オープン
    ●オープン費用:1085.0万円
    ※オーナーとして開業する場合、この他に加盟金等の本部に支払う費用が発生する場合があります。
    ●営業利益額(年額):624.0万円
    ※オープン2年目/1店舗/従業員3名

  • フランチャイズネイル・まつエク・眉毛の独立開業案件

    まつエク業界店舗数No.1の実績!まつげエクステと眉の専門店「Blanc」

    株式会社Blanc のフランチャイズ・独立開業

    開業4ヵ月以上経営中の全77 店舗全店黒字!
    「黒字店舗」引継ぎ案件あり☆/2023.9

    • 既存店舗を引き継げる
    • 複数店舗経営で稼ぐ
    対象地域
    北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国、四国、九州・沖縄
    最低自己資金の目安

    500万円

    実際の開業例

    加盟店実績
    ●愛知県 2015年12月開業(40代/男性)
    ●用意した自己資金:600.0万円
    ●年間所得額:720.0万円
    ※開業4年目/1店舗/従業員4名…他2件掲載中!

  • フランチャイズネイル・まつエク・眉毛の独立開業案件

    韓国で大人気のよもぎ蒸し☆日本では数少ない本格よもぎ蒸し専門サロン☆

    株式会社オータムヒルズ/夢みるよもぎ蒸しのフランチャイズ・独立開業

    技術不要で即開業できるエステサロン!
    サブスク安定売上で月収50万円(2年目/1人)

    • 1人で開業
    • 女性が活躍!
    対象地域
    北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国、四国、九州・沖縄
    最低自己資金の目安

    55万円

    実際の開業例

    直営店実績
    ●大阪府 2015年6月オープン
    ●オープン費用:100.0万円
    ※オーナーとして開業する場合、この他に加盟金等の本部に支払う費用が発生する場合があります。
    ●営業利益額(年額):1200.0万円
    ※オープン5年目/1店舗/従業員2名…他1件掲載中!

  • フランチャイズネイル・まつエク・眉毛の独立開業案件

    低コストでの開業が可能。ネイリストの独立支援。異業種からの参入歓迎!

    株式会社キャンアイドレッシーのフランチャイズ・独立開業

    150店舗を完全サポートした実績あり!!
    加盟金30万円で専属担当者のサポート付開業

    • 法人新規事業向け
    • 副業からスタート
    対象地域
    北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国、四国、九州・沖縄
    最低自己資金の目安

    150万円

    実際の開業例

    加盟店実績
    ●神奈川県 2021年6月開業(30代/女性)
    ●用意した自己資金:700.0万円
    ●年間所得額:840.0万円
    ※開業2年目/1店舗/従業員5名…他2件掲載中!

  • 掲載終了
    フランチャイズネイル・まつエク・眉毛の独立開業案件

    【日本初業態/副業に】芸能人ご用達/眉毛に特化した眉毛ケアサロン

    【メディアで話題】眉毛ケアが最新トレンド
    著名インフルエンサーが支持/集客力抜群!

    • 未経験からスタート
    • 商品に自信あり
    • 法人新規事業向け
    • 集客力に自信あり
    対象地域
    北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国、四国、九州・沖縄
  • 掲載終了
    フランチャイズネイル・まつエク・眉毛の独立開業案件

    【異業種から参入可能な、まつエク・アイブロウ事業】「DL・BEAUTY」

    事業投資利回り22.1%!(東京/3年目)
    人材の不安解消!本部出向制度あり!

    • 副業からスタート
    • 法人新規事業向け
    対象地域
    北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国、四国、九州・沖縄
  • 掲載終了
    フランチャイズネイル・まつエク・眉毛の独立開業案件

    【FC】低投資/高利益経営!某YouTubeで虎が絶賛した完全定額制ネイルサロン

    追随を許さない「仕組化」で業界を席巻中!
    週1副業/単価4000円で年収1584万円を実現!

    • 未経験からスタート
    • 副業からスタート
    • 1人で開業
    • 法人新規事業向け
    対象地域
    北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国、四国、九州・沖縄
  • 掲載終了
    フランチャイズネイル・まつエク・眉毛の独立開業案件

    副業歓迎!ネイリスト未経験でも始められるネイルサロン【ANNE】

    【遠隔経営】でネイルサロンオーナーに!
    2席~の小規模出店、既存店併設も可能です

    • 未経験からスタート
    • わずか数坪で開業
    • 集客力に自信あり
    • 1人で開業
    対象地域
    北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国、四国、九州・沖縄
前へ 1 次へ
dokuritsu_main_bottom.htm
list_main_bottom.htm
開業資金総額とは?

アントレ広告における開業資金総額とは、加盟金・研修費・保証金などの費用に加え、物件取得費、各種工事費、広告宣伝費、備品・仕入などを合計した、「事業のスタート時点までに必要な資金の目安額」を指します。開業場所や物価などによって価格が変動するため、あくまで参考金額としてご活用ください。
※開業資金総額には、独立後発生する運転資金やロイヤリティ等の費用は含まれておりません
※募集企業の契約内容が変更された場合、記載している金額も変わる可能性があります。
※価格変動によって、記載している額よりも安くなる可能性も、高くなる可能性もあります。また、広告表記と実際の契約金額が異ならないか、ご自身でも慎重にチェックをしてください

最低自己資金の目安とは?

最低自己資金の目安とは、融資などの借入金を除く「独立開業のために自分で用意する資金の目安額」のことを指します。掲載企業が融資などのサポートを行うために、最低でも用意しておきたい目安の金額とも言えます。
※最低自己資金の目安はあくまで参考金額であり、独立開業できることを保証するものではありません。
※実際に独立される際は、不測の事態を考慮し、余裕を持った資金計画を立てられることをお勧めします。

実際の開業例とは?

実際の開業例とは、既に独立しているオーナー or 直営店の、実際の収益実績や開業時の資金などの一例を指します。独立する業態、開業エリアや年数、従業員数によっても収益は変わってきます。あくまで参考値としてご覧ください。

まずは無料会員登録!
お気に入り登録・まとめて資料請求など便利な機能が使えます

よく利用されている検索条件

dokuritsu_word_Y1100.htm
dokuritsu_word_M43.htm

ネイル業界で独立開業をするには?

ネイル業界とは

ネイル業界とは、爪のお手入れやネイルアートをはじめとする指先のおしゃれを専門に行う「ネイルサロン」の業界のことです。小さな店舗でも開業できることから、個人宅やテナントでお店を開く人も多くいます。

ネイルサロンのフランチャイズを選ぶポイントは?

ネイルサロンの中には、フランチャイズ展開をしているチェーンもあります。フランチャイズに加盟すれば、そのチェーンのブランド力を活かして集客できるのはもちろん、立地選びや資格取得など開業時のサポートもしてもらえます。
ネイルサロンを個人宅やテナントなどでも開業できるのは先述の通りですが、フランチャイズの場合、店舗に関する条件が定められていることもあります。特に自宅で開業したい人は、それができるかどうかをまずは確認しておきましょう。
ほかにも開業資金やロイヤリティと、提供してもらえるサポートは見合っているか(リスクとリターン)、資格を取得しているスタッフの採用についてサポートがあるかについても確認すると安心です。
加盟候補をいくつかピックアップしたら、各本部のリスクやデメリットも聞いてみましょう。信頼できる本部と出合うために自分が気になっている点は事前に質問しておきましょう。

ネイル関連の事業の需要や将来性

ネイル関連のニーズは高まり続けており、サービスの種類も増えました。
以前は「キレイなネイルをするにはサロンにいくのが当たり前」でしたが、最近は自分でネイルを行う「セルフネイル」の人気も高まっています。これはネイルサロンにとって向かい風のように感じるかもしれませんが、勉強のためにサロンに行く人もいるでしょう。 ネイルのニーズはさらに高まっていくかもしれません。
リーズナブルなサロン、サロンを持たないネイリストも増え、消費者にとっては選択肢の幅が広がったといえます。どのようなニーズに応えていくのか、その地域にはどんな客層がいるのかを捉えることが、開業において重要でしょう。

ネイルサロンのフランチャイズ案件に関してよくある質問

ネイルサロンのフランチャイズ案件に関してよくある質問をまとめて紹介します。フランチャイズでの開業に不安のある方は、参考にしてみてください。

Q1.どんな人が加盟し、オーナーになっているの?
A1.美容関連の経験を活かして独立する人もいますが、自分は経営に集中し、店舗運営はスタッフに任せるというオーナーも多いです。このようなオーナーの中には多店舗展開をしている人も多く、手離れの良さを重視して加盟するチェーンを選ぶようです。

Q2.開業資金はどのくらい必要?
A2.加盟するフランチャイズにもよりますが、開業時には500万円前後の費用がかかると思った方がいいでしょう。店舗を新たに取得したり、自宅を改装したりする場合は、追加で200万円ほどの費用がかかります。
また、開業後の運転資金(人件費やロイヤリティなど)は半年分あると安心です。1ヵ月50万円として、300万円ほどは用意しておきたいです。

Q3.開業までにどのくらいの期間がかかるの?
A3.加盟するフランチャイズにもよりますが、開業前の研修には1ヵ月ほどかかるチェーンが多いです。立地や加盟チェーン選びも重要なので、余裕をもって準備を進めましょう。

ネイル業界の市場動向

グラフは日本ネイリスト協会発行の『ネイル白書2023』にあるネイル産業市場規模の推移を表すグラフです。ネイル業界の市場はコロナ禍による打撃を大きく受けましたが、2022年以降は回復が見込まれています。
三密回避や緊急事態宣言などにより業界は冷え込みましたが、ネイル好きたちの間では「外に出てもっとおしゃれを楽しみたい」「早くサロンでネイルをしたい」という欲求が高まったでしょう。不満がたまった分、市場の回復は早いかもしれません。

ネイル関連事業での開業は、緻密な戦略がものを言う

ネイル関連のニーズは増加し、消費者が求めるもの、事業者が提供するサービスの種類も増えました。ネイル関連の事業を起こすなら、どのようなサービスを提供したいか、どのようなターゲットを狙っていきたいかをしっかり考えましょう。
ただ、このような経営戦略を未経験から考えるのは難しいです。特に多店舗経営を目指すなら、フランチャイズに加盟し、本部からサポートを受けながら戦略を立てていくのもいいでしょう。
このようなベストパートナーともいえるチェーンを見つけるには、加盟店募集のWebページや資料を見るだけでは足りません。気になるチェーンを見つけたら資料請求すること、資料を見て興味が深まったら説明会に参加することが大切です。

※23年7月時点の情報です。

まつエク業界で独立開業をするには?

まつエク業界とは

まつエクとは「まつ毛エクステ」の略で、まつ毛1本1本に、人口まつ毛を1本ずつつけていくことです。人口まつ毛は専用の接着剤を使ってつけます。まつ毛を長く見せたり、ボリューミィに見せたりするための美容の一種です。
つけまつ毛との違いは人口まつ毛のつけ方にあります。つけまつ毛は完成した人口まつ毛を目元にそのまま貼り付けます。一方のまつ毛エクステは先述の通り、1本のまつ毛に1本の人口まつ毛をつけていくものです。
一般的にはまつエクのほうが仕上がりが自然で、持続力も高いです。
このまつエクをつけてくれるサロンが「まつエクサロン」で、フランチャイズ展開している店舗もたくさんあります。

まつエクのフランチャイズを選ぶポイントは?

フランチャイズに加盟すれば、そのチェーンのブランド力を活かして集客したり、サロン運営やサービス提供に必要なノウハウを共有してもらったり、まつエクに必要な仕入れ先を紹介してもらったりできます。
まつエクサロンのフランチャイズ選びでは、そのサロンの知名度や集客力はもちろん、サポートの充実度もチェックしましょう。開業前の研修やマニュアルはどのくらい充実しているか、開業後もSVや本部からアドバイスを受けられるかなどが主なチェックポイントです。
ほかにも加盟点数や撤退率、かかるコスト(初期費用・ロイヤリティ)などについてもきちんと確認しましょう。

まつエク事業の需要や将来性

まつエクサロンに限らず、エステ関連の事業はコロナ禍による打撃を受けました。エステやサロンでは対面が前提だからです。
しかし、詳しくは後述しますがエステ業界の市場規模は2023年から徐々に、回復の見込みが立っています。
加えて、目元のおしゃれであるまつエクは、美容に興味関心の高い層から継続的に支持されています。アイメイクの新しいトレンドが生まれたり、マスクで隠れない目元のおしゃれを楽しんだりする方もまだまだ多いので、今後も成長傾向は続くと言えるでしょう。

まつエクのフランチャイズ案件に関してよくある質問

まつエクのフランチャイズ案件に関してよくある質問をまとめて紹介します。フランチャイズでの開業に不安のある方は、参考にしてみてください。

Q1.どんな人が加盟し、オーナーになっているの?
A1.美容業界の経験を活かして独立する人もいますが、完全な未経験でフランチャイズ加盟するオーナーも多いです。エステ・サロン系のフランチャイズオーナーは自分では店舗に立たず、経営に専念する人が多いです。

Q2.開業資金はどのくらい必要?
A2.加盟するフランチャイズにもよりますが、開業費用は300万円ほどであることが多いです。

Q3.開業までにどのくらいの期間がかかるの?
A3.加盟するフランチャイズにもよりますが、開業までにかかる期間は比較的短いといえます。

まつエク業界の市場動向

グラフはまつエクを含むエステティックサロンの市場規模推移を示すものです。国内ではじめてコロナ感染者が確認された2019年から市場規模は縮小傾向でしたが、2023年度から少しずつ回復傾向にあると予測されています。
先述の通り、まつエクはマスクで顔が隠れていてもできるおしゃれです。長く続いた自粛生活で、外に出ておしゃれを目いっぱい楽しみたいという人も増えているでしょう。エステ関連の事業の中でも、まつエクサロンは追い風を受けているといえるかもしれません。

まつエクサロンの開業は、立地をはじめとした戦略が重要

まつエクサロンのメインターゲットは女性が多い傾向はありますが、実は、男性でも目元の印象を変えるために少ない本数でチャレンジする方も少しずつ増えているようです。 脱毛などの分野では男性向けのサロンも増え、ニーズも拡大しているので、このようなトレンドが続けば、まつエク業界にもニーズ拡大が見込めるでしょう。
ターゲット層に効率的にアプローチするためには、立地選びをはじめとする戦略は非常に重要です。フランチャイズを選ぶ際は、集客力と戦略面でのサポート力を重視するといいでしょう。
自分に合ったチェーンを見極めるには、加盟店募集のWebページや資料を見るだけでは足りません。気になるチェーンを見つけたら資料請求すること、資料を見て興味が深まったら説明会に参加することが大切です。実際に店舗に足を運んで試してみるのも後悔しない加盟のためには重要でしょう。

※23年7月時点の情報です。

眉毛サロン業界で独立開業をするには?

眉毛のサロンとは

美容サロンの一種として、近年、「眉毛のエステサロン」が注目を集めています。眉毛のお手入れや施術を提供するお店で、眉毛だけでなく、まつエクも扱うお店もあります。

このような美容系の事業は手離れもよく、自分のサロンを開きたい人だけでなく、経営に専念したい人からも人気です。

特別な資格や免許がなくても開業できる業態もありますが、美容免許をもつスタッフを効率よく採用して自分は経営に専念するために、フランチャイズで開業する人も増えています。

眉毛のフランチャイズを選ぶポイントは?

フランチャイズに加盟すれば、そのチェーンのブランド力を活かして集客したり、サロン運営やサービス提供に必要なノウハウを共有してもらったりできます。

眉毛のサロンをはじめとする美容系のフランチャイズ選びでは、チェーンのブランド力が、集客力に直結してきます。チェーンごとの特色や得意な客層をチェックし、開業エリアの地域特性とマッチしたフランチャイズを選びましょう。

もちろん、サポートの充実度や購入する機器なども大切です。特に経営が未経験の場合、本部のサポート力が事業存続に大きく影響します。

購入する美容機器が本部から指定されていることも多いため、その機器についてもよく調べましょう。

ほかにも加盟店数や撤退率、初期費用やロイヤリティといったコストも確認し、自分に合ったフランチャイズチェーンを総合的に判断しましょう。

眉毛・美容系の事業の需要や将来性

眉毛のサロンに限らず、対面が前提となる美容系の事業はコロナ禍による打撃を大きく受けました。

対面での接客サービスを自粛した方や、マスクをすれば顔の大部分が隠れてしまうため、美容への関心が低くなったという方もいたからでしょう。

しかし、眉毛やまつ毛はマスクをしても隠れません。マスクをするからこそ、目元のおしゃれに気合を入れるという人も多いです。

マスク不要となった今、マスクを外して思い切り美容とおしゃれを楽もうという人も少なくありません。

また、まつエクやコスメなどと比べて、眉毛のお手入れは男性からのニーズもあります。最近はお化粧や脱毛をする男性も増え、身だしなみとして眉毛を整えたいと思う男性も少なくありません。

これらのことから、眉毛のお手入れやおしゃれができるサロンへの需要は、今後高まっていくと考えられます。

眉毛・美容系のフランチャイズ案件に関してよくある質問

眉毛・美容系のフランチャイズ案件に関してよくある質問をまとめて紹介します。フランチャイズでの開業に不安のある方は、参考にしてみてください。

Q1.どんな人が加盟し、オーナーになっているの?
A1.美容業界の経験を活かして独立する人もいますが、未経験からフランチャイズに加盟する人も多いです。

特に美容系のフランチャイズでは、自分は店舗に立たず、経営に専念するオーナーもよく見られます。このようなオーナーは多店舗経営を目指し、店舗の手離れの良さを重視する人が多いです。

Q2.開業資金はどのくらい必要?
A2.加盟するフランチャイズや業態にもよりますが、開業費用は300万円ほどであることが多いです。

Q3.開業までにどのくらいの期間がかかるの?
A3.加盟するフランチャイズにもよりますが、開業までにかかる期間は半年~1年ほどと考えておくといいでしょう。

眉毛・美容業界の市場動向

グラフは眉毛に限らず、エステティックサロンの市場規模の推移をまとめたものです。美容業界はコロナ過の打撃が大きく、2020年以降の規模縮小が目に付きます。ただ、2023年以降は徐々に回復していくと予測されています。

先述の通り、眉毛やまつ毛などの目元のおしゃれはマスクで顔が隠れていてもできます。コロナ禍で外出やおしゃれに制限があったからこそ、その反動で美容への熱意を高めた人もいるでしょう。

眉毛・美容サロンの開業では、ターゲットや立地の選定が大切

眉毛のサロンをはじめとする美容系の業種では、ターゲット層を明確にし、それに合った開業エリアを選ぶことが大切です。

美容はもはや女性だけのものではありません。脱毛やお化粧をする男性は増えました。このような「美容に対する意識が高い男性」でなくとも、身だしなみとして、眉毛をきれいに整えたいと考える男性は多いでしょう。

眉毛のお手入れや美容は男女問わずニーズが高まっています。「ターゲットを女性に絞るのか」「男性でも入りやすいお店にするのか」など、ターゲット層は慎重に考えなくてはなりません。

ターゲット層を決めたら、その層が多い地域を探すこと。フランチャイズで開業するなら、ターゲット層からの認知度が高いチェーン、その層へのアプローチに力を入れているチェーンを選びましょう。

このように、美容サロンのフランチャイズチェーン選びではさまざまな要素を比較しなければなりません。気になるチェーンを見つけたら資料請求し、資料を見て興味が深まったら説明会に参加しましょう。各チェーンについて詳しく知ることが、事業成功の第一歩です。

※24年3月時点の情報です

dokuritsu_bottom.htm
common_bottom.htm
common_footer_middle.htm
ページの先頭へ
業種から独立・開業・起業・フランチャイズを探す
エリアから独立・開業・起業・フランチャイズを探す
common_footer_bottom.htm
スマートフォン向け表示
dokuritsu_bodybottom.htm
src_common_bottom.htm
src_dokuritsu_bottom.htm