カテゴリー

Line

高校生の頃から雑貨屋さんになると決めていた 全てはその夢に向かって!

2016年12月19日

小さい頃から新聞の折り込みチラシで絵本を包んで遊ぶような少女だったという。いつかは…と思い描いた夢を実現し、2014年6月に「雑貨とラッピングのお店アジト」をオープンしたオーナーの増田智枝美さんに開業までの道のりを伺いました。

http://ameblo.jp/ajito-jyunbishitu/

──いつ頃から雑貨やラッピングに興味があったのですか?

増田:雑貨は物心ついた頃からずっと好きでした。ラッピングは、小さい頃から絵を描いたり何かをつくったりすることが大好きで、新聞の折り込みチラシで絵本を包んで遊んだりしていました。今思えばそれが原点ですね。

──そうなんですね。社会に出てすぐに雑貨の道へ進んだのですか?

増田:工業高校のデザイン科を卒業後、カーテンショップを母体とするインテリア雑貨店で働き始めました。キッチン雑貨やタオル・バス用品など幅広く扱っているお店でした。店長は、「将来、自分のお店を持ちたいんです」と言う私に接客やディスプレーはもちろん、店の成り立ちや流通の仕組み、仕入れのノウハウまでいろいろ教えてくれました。

初めてギフトショーに連れて行ってもらったときは、世に出る前の雑貨がこんなにたくさん!と興奮したことを覚えています。あのときの店長との出会いがなければ、今の私はないかもしれません。

アジト店内全景

結婚・出産・離婚
人生の転機を乗り越え、再び雑貨の道へ

──出産で一度退職して、どれくらいで仕事へ復帰されたのですか?

増田:こどもが1歳半のときに離婚をしたので、生活のために働く必要がありました。
でも、できることなら雑貨屋さんで働きたい…。勤務可能エリアのインテリア雑貨店を調べて、片っ端から「スタッフ募集していませんか?」と電話を掛けました。

でも、そう簡単にはみつからず、ファミリーレストランで働いたりもしました。そうして何カ月後かに電話を掛けた先のお店から「まだお仕事を探していますか?」と連絡がきたんです。電話を切った後、履歴書を書いてその足ですぐ面接へ飛んで行きましたよ。

──これはもう縁としかいいようがありませんね。

増田:そうなんです。2店舗目に勤めたのはキッチン雑貨店だったのですが、店長のディスプレーのセンスが抜群で、毎日が勉強でした。その後、3店舗目となる勤め先はロングライフデザインをコンセプトとしたお店で、このお店では定番商品の販売が中心。

季節によって商品が入れ替わるわけではないので、どういう切り口で見せるか、あの手この手でディスプレーを変えて、いつも違った印象を持ってもらえるように工夫しました。

──今のご主人との出会いはそのころですか?

増田:知り合ったのは最初のお店で働いていた頃です。雑貨メーカーの営業マンでした。2店舗目で働いているときに再会して、まずは文通からスタートして(笑)お付き合いすることになりました。

154

ご主人の強力なサポートで
夢にまでみた雑貨店をオープン!

──ご主人は開業についてどう思っていらしたんでしょう?

増田:私が自分のお店をやりたいと言ったとき「雑貨のために生まれてきたような人だから絶対にやったほうがいいよ!」と、最初から応援してくれました。こどもが小学校へ入学するタイミングに合わせて自宅兼店舗を建てようと、逆算して開業までの計画を立て始めたんです。

商売をする立地と子育てをする住環境のバランスを考え、1年以上かけて土地を探しました。この場所は、初めて訪れたときに、それはもう直感としか言いようがないくらいパッとイメージが湧いて即決だったんですよ。

──開業準備は順調に進みましたか?

増田:建物の角を利用したユニークな形の看板は、インターネットで偶然見つけて一目惚れしたデザインです。その看板は北海道にあるレストランのものだったので、レストランに電話をして事情を話し、看板の制作会社を教えてもらいました。
お店の宣伝や日々の情報発信は、ブログで行っています。でも、パソコンを使わない世代には届かない。どうしようかと考え“アジト新聞”という手作り新聞を、月に1枚書いて店頭に置くことにしたんです。

すると地元の年配の方々にも「読んだわよ~」と声を掛けてもらえるようになったんです。毎号読んでくださるお客さまもいて本当に嬉しいです。

179

2カ月先まで予約がいっぱいという
大人気のラッピング教室

──アジトといえば、ラッピング教室も大人気ですよね?

増田:ありがとうございます。現役の雑貨屋スタッフが、マンツーマンで、長年の知識や経験を出し惜しみなく教えてくれるという部分が支持されているのかもしれません。生徒さんは、趣味の方から仕事でラッピングスキルが必要な方までさまざまです。

一緒に手を動かしながらコツやポイントを伝えています。可愛いラッピングでプレゼントをもらうと嬉しいですよね!

──最後に。これからのことを聞かせてください。

増田:まずはこの叶った夢を続けること。それがお世話になった人や、応援してくれる人への恩返しになると思っています。オープンして3年目、だんだんと次の目標も見えてきました。今はそのための準備をしているところです。

取材・文・撮影/堀家かよ 写真提供:増田智枝美

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

100万人に1人の人材になる方法を、皆さんは知っていますか?

2013年に発売され、ロングセラーとなっている『藤原和博の必ず食える1%の人になる方法』という本で紹介されている、この「100万人に1人の人材になる方法」。

100万人に1人とは、スポーツで言うとオリンピックのメダリスト級。この著書で勧められているのはまず「100人に1人の人材」になること。
(さらに…)

2019年6月25日

ベンチャー企業にとって事業資金調達は大きな課題です。

10年ほど前は、事業資金調達といえば金融機関の融資でしたが、最近では、ベンチャー企業が資金を得るためにベンチャーキャピタルを利用したとの情報をよく目にします。

ベンチャーキャピタルとはどのような仕組みでしょうか? また、同じようにファンドやインキュベーターという言葉もよく聞きますが、ベンチャーキャピタルとどのような関係があるのでしょうか?

本記事では、ベンチャー企業に関連するベンチャーキャピタルの役割と仕組み、ファンドとの違い、インキュベーターとの違いとは何かを解説します。

ベンチャーキャピタルとは

ベンチャーキャピタルとは、将来的に大きく成長しそうなベンチャー企業などの未上場企業に対して資金提供(株式投資)を行う、投資組合や個人投資家を指します。

彼らは、ベンチャー企業の上場後に株式や会社を売却することで、出資額の回収と同時に、利益を得ることを目的としています。

ベンチャーキャピタルの仕組み

ベンチャーキャピタルはベンチャー企業に投資する資金が必要です。

資金調達と運営の仕方により、2種類のタイプに分かれます。

1.自己資金で運営
個人投資家が自身の財産や銀行から借りた資金を元に、「成長しそうだな」という判断や、「事業に社会的な意義があるから応援したいな」という意思によりベンチャー企業投資を行うことで運営されています。

投資によるリターン(利益)は追及していますので、自らベンチャー企業に経営支援を行うこともあります。

エンジェル投資家と似ていますが、エンジェル投資家は個人の判断のみで出資します。

ベンチャーキャピタルは、自己資金ですが法人なので審査があり、出資した会社の経営にも携わります。

出資する資金額にも違いがあります。

エンジェル投資家が千~数千万円であるのに対し、ベンチャーキャピタルは1億~数億円あるのが一般的です。

2.ファンドを組織して運営
多くの投資家(金融機関・機関投資家など)に出資を募って事業運営する、投資事業組合(ファンド)を設立してベンチャー企業への投資を行う仕組みです。

ベンチャー企業に対する投資は、成功企業(上場企業)が1社でも出れば大きなリターンを得られますが、その成功率は高くありません。

投資家に出資を募っている以上、確実に投資回収を行い、還元しなければならないため、投資するべき企業をしっかりと見極めることが必要です。

投資後は、企業価値向上のためにさまざまな経営支援を行う場合もあります。

ベンチャーキャピタルとインキュベーターの違い

インキュベーターとは、本来は「生まれたばかりの乳児を育てる保育器」を意味しますが、そこから転じて「起業家の卵を育てる」人たちのことを指します。

一般的にインキュベーターは、経営アドバイスや資金調達のためのアクセスの提供、企業を運営するために必要なビジネス・技術サービスへの橋渡しなどをおこなう団体、組織に所属しています。

独自の創造性に富んだ技術・経営ノウハウと高い起業家意欲を持つベンチャー企業に着目し、起業家に対し、オフィスの貸出や経営アドバイス、事務・経理・リクルーティングなど、多岐にわたって支援します。

インキュベーターは、単なるレンタルスペースの賃貸ではありません。

ハードよりもソフトの部分の仕組みが特徴的で、一般的には、入居企業をアドバイスするインキュベーション・マネジャーが配置され、専門的アドバイスだけでなく、ビジネスプラン達成に必要な各種専門家のコーディネートを行うなど、支援体制を揃えています。

ベンチャーキャピタルは資金を投資してベンチャー企業を支援しますが、起業して間もない卵のような企業にはベンチャーキャピタルによる投資は難しいため、インキュベーターにより育て、ある程度成長したあとにベンチャーキャピタルが出資するようになります。

このように、ベンチャー企業の成長過程に沿って出資者に違いがあります。

ベンチャーキャピタルとファンドの違い

ファンドは、投資家(個人・機関)からお金を集めて、集めたお金を価値がある物(不動産・新事業・株式・証券など)に投資して、得た収益を出資者に分配する仕組みです。

ベンチャーキャピタルは、株式上場前のベンチャー企業やスタートアップを対象に出資する組織ですので、ファンドの一部にベンチャーキャピタルが含まれることにはなりますが、投資対象をより狭めているのがベンチャーキャピタルともいえます。

しかし、出資する資金は自己資金によって用意するケースもありますので、広く投資家から集める形式のファンドとはその点で異なります。

まとめ

ベンチャー企業にとって、ベンチャーキャピタルは資金調達の手段としてはありがたい存在のように思えます。

しかし、投資という形態である以上、審査が厳しく、審査が通ったあとも、リターンに対する圧力はベンチャー経営者にとって試練になるかもしれませんので、もろ刃のつるぎともいえる存在です。

PROFILE

善木 誠

岡山県岡山市在住でビジネスコンサルタント(株式会社スコーレメディア代表)として小規模事業者向けの経営コンサルタントをしています。
[資格]働き方改革マスター、個人情報保護審査員、経営士

2019年6月24日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ