カテゴリー

Line

高校生の頃から雑貨屋さんになると決めていた 全てはその夢に向かって!

2016年12月19日

小さい頃から新聞の折り込みチラシで絵本を包んで遊ぶような少女だったという。いつかは…と思い描いた夢を実現し、2014年6月に「雑貨とラッピングのお店アジト」をオープンしたオーナーの増田智枝美さんに開業までの道のりを伺いました。

http://ameblo.jp/ajito-jyunbishitu/

──いつ頃から雑貨やラッピングに興味があったのですか?

増田:雑貨は物心ついた頃からずっと好きでした。ラッピングは、小さい頃から絵を描いたり何かをつくったりすることが大好きで、新聞の折り込みチラシで絵本を包んで遊んだりしていました。今思えばそれが原点ですね。

──そうなんですね。社会に出てすぐに雑貨の道へ進んだのですか?

増田:工業高校のデザイン科を卒業後、カーテンショップを母体とするインテリア雑貨店で働き始めました。キッチン雑貨やタオル・バス用品など幅広く扱っているお店でした。店長は、「将来、自分のお店を持ちたいんです」と言う私に接客やディスプレーはもちろん、店の成り立ちや流通の仕組み、仕入れのノウハウまでいろいろ教えてくれました。

初めてギフトショーに連れて行ってもらったときは、世に出る前の雑貨がこんなにたくさん!と興奮したことを覚えています。あのときの店長との出会いがなければ、今の私はないかもしれません。

アジト店内全景

結婚・出産・離婚
人生の転機を乗り越え、再び雑貨の道へ

──出産で一度退職して、どれくらいで仕事へ復帰されたのですか?

増田:こどもが1歳半のときに離婚をしたので、生活のために働く必要がありました。
でも、できることなら雑貨屋さんで働きたい…。勤務可能エリアのインテリア雑貨店を調べて、片っ端から「スタッフ募集していませんか?」と電話を掛けました。

でも、そう簡単にはみつからず、ファミリーレストランで働いたりもしました。そうして何カ月後かに電話を掛けた先のお店から「まだお仕事を探していますか?」と連絡がきたんです。電話を切った後、履歴書を書いてその足ですぐ面接へ飛んで行きましたよ。

──これはもう縁としかいいようがありませんね。

増田:そうなんです。2店舗目に勤めたのはキッチン雑貨店だったのですが、店長のディスプレーのセンスが抜群で、毎日が勉強でした。その後、3店舗目となる勤め先はロングライフデザインをコンセプトとしたお店で、このお店では定番商品の販売が中心。

季節によって商品が入れ替わるわけではないので、どういう切り口で見せるか、あの手この手でディスプレーを変えて、いつも違った印象を持ってもらえるように工夫しました。

──今のご主人との出会いはそのころですか?

増田:知り合ったのは最初のお店で働いていた頃です。雑貨メーカーの営業マンでした。2店舗目で働いているときに再会して、まずは文通からスタートして(笑)お付き合いすることになりました。

154

ご主人の強力なサポートで
夢にまでみた雑貨店をオープン!

──ご主人は開業についてどう思っていらしたんでしょう?

増田:私が自分のお店をやりたいと言ったとき「雑貨のために生まれてきたような人だから絶対にやったほうがいいよ!」と、最初から応援してくれました。こどもが小学校へ入学するタイミングに合わせて自宅兼店舗を建てようと、逆算して開業までの計画を立て始めたんです。

商売をする立地と子育てをする住環境のバランスを考え、1年以上かけて土地を探しました。この場所は、初めて訪れたときに、それはもう直感としか言いようがないくらいパッとイメージが湧いて即決だったんですよ。

──開業準備は順調に進みましたか?

増田:建物の角を利用したユニークな形の看板は、インターネットで偶然見つけて一目惚れしたデザインです。その看板は北海道にあるレストランのものだったので、レストランに電話をして事情を話し、看板の制作会社を教えてもらいました。
お店の宣伝や日々の情報発信は、ブログで行っています。でも、パソコンを使わない世代には届かない。どうしようかと考え“アジト新聞”という手作り新聞を、月に1枚書いて店頭に置くことにしたんです。

すると地元の年配の方々にも「読んだわよ~」と声を掛けてもらえるようになったんです。毎号読んでくださるお客さまもいて本当に嬉しいです。

179

2カ月先まで予約がいっぱいという
大人気のラッピング教室

──アジトといえば、ラッピング教室も大人気ですよね?

増田:ありがとうございます。現役の雑貨屋スタッフが、マンツーマンで、長年の知識や経験を出し惜しみなく教えてくれるという部分が支持されているのかもしれません。生徒さんは、趣味の方から仕事でラッピングスキルが必要な方までさまざまです。

一緒に手を動かしながらコツやポイントを伝えています。可愛いラッピングでプレゼントをもらうと嬉しいですよね!

──最後に。これからのことを聞かせてください。

増田:まずはこの叶った夢を続けること。それがお世話になった人や、応援してくれる人への恩返しになると思っています。オープンして3年目、だんだんと次の目標も見えてきました。今はそのための準備をしているところです。

取材・文・撮影/堀家かよ 写真提供:増田智枝美

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

おすすめの最新記事

事業を始める上で必ず必要になる、お金。

特に融資を受けた「借金」ともなると、上手に付き合っていけるかどうか、不安ですよね。

今回お話を伺ったのは、税理士・公認会計士である、齋藤雄史さん。

齋藤さんは20代〜30代をはじめとする、多くの若手起業家をお金の管理・使い方という側面からサポートされています。

今回は、齋藤さんが税理士事務所を開業するに至るまでの経歴から、お金、中でも「借金」との付き合い方についてお聞きしました。

<プロフィール>
齋藤雄史さん
税理士/公認会計士

宮城県仙台市出身。

高校卒業後、進学資金を貯めるため、新聞販売店に勤務。その後、地元の簿記専門学校に進学、東日本大震災同年の2011年公認会計士試験合格。

合格後、新日本有限責任監査法人福島事務所勤務。
法律の世界に魅せられロースクールに進学し、同時期に板橋区にて会計事務所を開業。

ITやクラウド対応を武器に顧客開拓に成功し、20代〜30代をはじめとする多くの起業家から厚い信頼を得ている。

お金が足枷になって、挑戦できない人を減らしたい。税理士事務所を開業したワケ

―これまでの経緯を教えてください。

齋藤さん
高校時代はコンビニでアルバイトをしていました。
当時はコンビニの店長になりたいと思っていたので、簿記の勉強を始めたのがきっかけです。

ところが高校を卒業する時、家庭の事情で大学への進学が厳しくなってしまいました。

そこで一旦就職をしてお金を貯めてから大学へ行こうと思いました。

―どんなお仕事をされていたのですか?

齋藤さん
地元の仙台から上京して、新聞配達の仕事を始めました。

1年で100万円ほど貯金してそのお金を元手に、地元仙台の税理士・公認会計士の専門学校に入学しました。

―なぜ税理士・公認会計士の専門学校だったのですか?

齋藤さん
私はこれまで、お金によってキャリアの選択肢が狭められてきたからです。

お金をもっと自由に扱うことができたら、と思い勉強を始めました。

そして専門学校に入学して数年が経ち、公認会計士の試験に合格した年に東日本大震災が起こりました。

―仙台で震災に遭われたんですか、それはとても大変でしたね…。

齋藤さん
はい。地元仙台をはじめ、東北地方全体でとても大変な状況でした。その経験から「復興関係の仕事がしたい」と思うようになり、監査法人に就職し、3年ほど働きました。

―具体的にはどのようなお仕事をされていたんですか?

齋藤さん
主に国や地方公共団体、上場企業の監査を担当していました。

しかし、国や上場企業など、大きな組織を相手にするのではなく、お金に困っている人、特に若い起業家や、中小企業やベンチャー企業のサポートがしたいと思うようになりました。

―なぜでしょうか?

齋藤さん
自分自身が、お金に困った経験がありましたし、自分の親も小さな飲食店を経営し、お金に苦しんでいた様子を近くで見ていたからです。

だから、お金が原因で選択肢が狭められている人の助けになる仕事をしたかったのです。

よりお客さまに近い距離で仕事をするために監査法人を退職し、税理士・公認会計士の事務所を開くことにしました。

自分に自信をつける。税理士が語る、「借金」との上手な付き合い方

―税理士事務所を開業された齋藤さん。現在のお仕事について教えてください。

齋藤さん
仕事の内容は、税理士事務所と変わりません。

ですが私の事務所では、主に中小企業やベンチャー企業、個人事業主を中心にお取り引きさせて頂いております。

特に20代から30代の若い経営者の方と、一緒にお仕事をさせていただくことが多いですね。

最近は年に一度の確定申告や、話題の副業に関する税金のご相談も増えてきました。

―20代30代の方を中心に、お仕事をされている税理士の方は珍しいのではないですか?

齋藤さん
そうですね。業界的にも非常に珍しい立ち位置だと思います。

一般的に税金、税理士と聞くと「なんか相談しづらい」「ちょっと怖い」というイメージがあると思っています。

まだ僕自身が若いからこそ、若い人や起業に挑戦したい人が、気軽に相談できる環境を作ることができる。

そう信じて、お金が不安で1歩を踏み出せない人をサポートしています。

―そんな齋藤さんに伺いたいのですが、初めて起業をされる方は特に、お金との付き合い方について困ることが多いと思います。上手にお金と付き合っていくためにはどうすれば良いのでしょうか?

齋藤さん
お金、特に「借金は怖い」という認識は、多くの起業を志す方にとって共通する認識だと思います。

僕がこれまで見てきた、自分で会社を立ち上げて会社を大きくしていった人たちに共通するのは「借金を上手に使っている」ということです。

「どれくらい借金をして、どのタイミングでどう返済するか」をきちんと計画立てて、実行できている人は、事業を成功させているケースがとても多いです。

―事業を大きくするためには、借金や借金をすることのプレッシャーを、上手く飼いならす必要があるということですね。

齋藤さん
はい。

そしてそのスキルを身につけるためには、小さな成功体験を積み重ねることが極めて重要です。

例えば僕の場合、現在税理士と公認会計士の資格を持っていますが、それも簿記検定3級の受験から始まっています。

いきなり税理士や公認会計士の試験を受けたわけではありません。

簿記検定3級から始まり、2級、1級と段階を踏んで勉強してきました。

つまり全ては、小さなことの積み重ねなのです。

―それは事業やそれに伴う借金に関しても同じことが言える、ということでしょうか?

齋藤さん
全くその通りです。

いきなり何の経験もなく事業を立ち上げて、成功する人はごく一部でしょう。

例えば今会社員であるのならば、副業など経験を積み、事業がどのように動いていくのかを勉強しても良いのではないでしょうか。

できる限り小さいことから始めて、ある程度うまく回せるようになれば、自然と自分に自信がついていきます。

お金との付き合い方もまさに同じことで、これまでの事業の経験を活かして「何をするためにどれくらいお金が必要なのか」、そして「借りたお金をどうやって返済するのか」まできちんと見えていれば、自ずと自信が湧いてくると思います。

今の延長線上に、将来がある。お金で可能性を狭めない世界を創るために

―齋藤さんの今後の展望を教えてください。

齋藤さん
挑戦したい人が挑戦しやすい世の中、お金が挑戦の足枷にならない世界を創っていきたいです。

そのために、いま目の前にある仕事に一生懸命になることはもちろん、税理士・公認会計士の枠にとらわれず様々なことに挑戦していきたいと思っています。

具体的には現在ロースクールに通っており、弁護士免許を取得するための勉強をしています。

お金や法律といった様々な切り口から、はじめの1歩を踏み出す人のお手伝いができたらと思っています。

―最後に独立・起業を考えている方に対して何かメッセージをいただけますか?

齋藤さん
小さなことでもいいので、自分に自信をつけていくことが大切だと思っています。

先程お金との付き合い方でもお話しましたが、良い経営者は自分に自信があるケースが多いです。そしてその自信を裏付ける、数多くの経験をしています。

いきなり別世界に行くことは難しいかもしれませんが、小さなことからコツコツと経験を積み重ねることで、いつか必ず大きくジャンプすることができます。

結局、今の延長線上にしか将来はないのです。

自らの独立・起業に必要な経験を増やしていくことから、始めて見ると良いのではないでしょうか。

2018年8月14日

起業家、経営者にとって大事なのは、世の中を見抜く力です。1つの事象をどう捉えるかで、ものの見え方も、そこから得られる情報も大きく変わります。そうした「着眼点」、実はトレーニングによって鍛えることができるのです。累計20万部を超えるベストセラーとなった『戦略思考トレーニング』シリーズでおなじみの経営コンサルタント・鈴木貴博氏に解説してもらいましょう。 (さらに…)

2018年8月13日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレnet

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレnetは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレnet公式ページ