スタイルのある生き方へシフトしたいビジネスパーソンのためのニュース・コラムサイト。
検索
独立ノウハウ・お役立ち

独立の意味とは?似た言葉との違いや、独立前に考えたいことを解説!

独立の意味とは?似た言葉との違いや、独立前に考えたいことを解説!

「独立」の意味を、正しく理解できているでしょうか。

独立に似た言葉に「開業」「起業」などがあります。それぞれの言葉が示す意味を理解することで、自分が目指す将来のビジョンがより明確になります。

今回は、独立の意味や似た言葉との違いについて理解を深めたうえで、独立前に考えたいことについて解説していきます。

「独立」の意味

まずは、「独立」という言葉の意味から見ていきましょう。
独立には「他からの束縛や支配を受けないで、自分の意志で行動する」「自分の力で生計を営むこと」または「自分で事業を営むこと」などの意味があります。

独立を「独り立ち」という言葉に言い換えると、よりイメージしやすいかもしれません。「独立」は、他からの束縛や支配を受けず、自分の力だけで生活や仕事をしていくことを意味しています。

独立と似た言葉・類義語

独立と似た言葉や類義語に「自活」や「自立」などがあります。それぞれ、どんな意味の言葉なのでしょうか。

「自活」は、人の援助を受けず自分の力で生活するという意味であり、「親元を離れて自活することにした」のような使い方をします。

「自立」は、「他への従属から離れて独り立ちする」や「他の支配や助力を受けずに存在する」という意味を指します。「精神的な自立」といった使い方をします。また「支えるものがなく、それだけで立っている」といった状態の表現にもなり、「自立式パネル」のような使い方もする言葉です。

総じて「自分独りの力で立つ(生活する・事業を営む)、束縛や支配を受けていない状態」のことをいいます。

独立と逆の言葉・対義語

独立と逆の言葉・対義語に「依存」や「従属」という言葉があります。それぞれ、どんな意味の言葉なのでしょうか。

「依存」は、他に頼って存在する、または生活することを指します。「親に依存している」という使い方をします。

「従属」とは、権力や威力のあるのに依存して、つき従うことをいいます。また、主要な事柄に付随して支配される関係を指し「大国に従属する」「規約改正に従属する」などの使い方をします。

総じて「何かに頼って存在する(生活する)、他に束縛や支配を受けている状態」のことをいいます。

ビジネスとしての「独立」の意味

独立の意味とは?似た言葉との違いや、独立前に考えたいことを解説!

ビジネスにおける独立は「自分で事業を営むこと」を意味します。会社から「独り立ちする」という部分に重点が置かれるため、働いていなかった人が事業を始める際には「独立」という言葉は使いません。

独立する形態には、サラリーマンとして働いた経験を活かして同業種で独立する場合や、フリーランス、フランチャイズや代理店への加盟などが挙げられます。

独立と「開業」の意味の違い

開業とは「事業や商売をしていること」「新しく事業や商売を始めること」を意味します。「お店を開業する」「開業のための資金を調達した」のように使われます。

「開業」は既存のビジネスに対して用いることが多く、法人ではなく個人が新しく事業を始める場合に使う言葉です。主に、医師や弁護士、コンサルタントなど資格や技能を持った人が、自分の病院や事務所を開く場合に使われることが多いです。また、店舗を必要とする業種に対しても、主に開業を使います。

独立と開業の意味の違いは、資格や店舗の有無です。独立は開業と比べ、専門性や資金がなくてもスタートしやすいといえます。

独立と「起業」の意味の違い

起業とは、「新しく事業を始めること」を意味し、「会社を起業することになった」「起業家精神にあふれた人」のように使われます。近年では、「ベンチャービジネス」や「スタートアップ企業」などに対して、起業が使われる傾向が多いです。これまでにないサービスを考えて起業するような「新しいことや目的にチャレンジする」という意味合いでも使われます。

独立は会社を退職し、どこにも属していない状態を指します。起業は主に法人設立に対して使う言葉です。独立と起業の意味の違いは「法人の設立を伴うかどうか」です。

独立と「創業」の意味の違い

創業は「創業50周年記念」や「明治15年創業」といった使い方をされます。事業を始めるという意味では「起業」と同義です。ただし、創業は過去を対象にして使われるのが一般的です。対して起業は、過去でも未来でも使うことができる言葉です。同様に、独立は過去にも未来にも使える言葉です。

創業は、過去に行った独立・起業に対して使う言葉です。独立は、過去や未来にも使える言葉と考えると、わかりやすいでしょう。

ビジネスとして「独立」したい場合、その意味を考えよう

ここまで、それぞれの言葉の意味や、独立との違いについて述べてきました。

会社から独立し、自分でビジネスを立ち上げる場合、自分なりの「独立する意味」をしっかりと考えましょう。自分なりの「独立」の意味、目指すべきゴールがしっかり定まっている方が、目標の実現に近づくからです。

ここからは、「自分がしたいのは独立だ」という人に向けて、独立前に考えたいことを紹介していきます。

 独立したい理由を考える

「独立したい」と思ったきっかけは、どんなことでしょうか。

「やりたい仕事があるけど、今の会社ではできなかった」
「独立した方が稼げると思ったから」
「会社の人間関係に疲れたから」

正直なところ、きっかけは何でも構いません。独立への第一歩は、きっかけをただの「思いつき」や「気付き」で終わらせず、「理由」にできるかどうかです。

理由を明確にすることで、「自分は〇〇だから、独立するんだ!」という強い動機ができます。強い動機は、困難を乗り越えるための原動力になります。理由がはっきりしていれば、客観的な意見やアドバイスが欲しいときも、周りに相談しやすくなるでしょう。

 独立する目的を考える

独立したい「理由」が明確になったら、独立する「目的」を考えましょう。

「理由と目的って一緒じゃないの?」と感じるかもしれませんが、両者には違いがあります。「理由」は「物事がそうなった、あるいはそのように判断した根拠(ワケ)」で、「目的」は「実現したいと目指す事柄」です。

英会話教室に通うことにした男性を例に、考えてみましょう。

彼は「私は、海外の友人ができたから、彼とたくさん話せるようになりたくて、英会話教室に通っています」と話しています。彼にとっての理由は、「海外の友人ができたこと」、目的は「海外の友人とたくさん話せるようになること」です。

独立する目的を考えることは「独立を実現させるため、何をしたらいいのか?」を決めるための、とても大切なことです。

 独立したい分野を考える

独立したい「理由・目的」がわかると、独立したい分野もおのずと見えてくるでしょう。独立したい分野について考えると、独立がより現実味を帯びてきます。

一般的に「独立するなら、経験のある分野が良い」と思う人が多いです。たしかに「実務経験やスキル、さらに取引先もある」という場合は、独立もしやすいでしょう。現在と同じ、あるいは近い分野で独立する場合は、他社との差別化をしっかりと追及するのがポイントです。

また、就業経験や経験がなくても「好きという情熱」や「消費者の視点からみたアイデアを活かす」という方法で、事業を展開できる可能性もあります。未経験の分野なら、フランチャイズのシステムを活用するのもいいでしょう。

何より重要なのは「自分がずっと興味を持ち続け、楽しく働けるか?」という、自分自身の興味・希望に焦点を当てることです。そのうえで「自分の習得してきた知識・技術を活かせるか?」「今の人気だけでなく、今後も成長が見込める業種か?」「成功率はどうか?」など、いろいろなことを見極めていきましょう。

独立の意味を理解して、今後について考えよう

独立の意味とは?似た言葉との違いや、独立前に考えたいことを解説!

ビジネスにおける独立の意味は「会社などから独り立ちして、事業を営むこと」です。

どんな形態でも、ビジネスを立ち上げるなら、自分自身と向き合うことが大切です。まずは、独立したい理由・目的・分野を明確にしましょう。紙に書き出して整理するのもおすすめです。

独立にあたり、自分1人で頑張るべき事柄は多くあります。そのため、人に相談することや、フランチャイズを活用して自分の負担を抑えることも大切です。ノウハウを貯めるために、独立したい分野で短期アルバイトをしてみても良いでしょう。

せっかく独立をするならば、自分の理想や希望を実現できる方法をとことん探してください。そのためにも「どうして自分は独立したいのか?」をしっかりと考えてみてください。

独立する業界探しには、全国規模のフランチャイズのデータベース「アントレ」が役に立ちます。フランチャイズ経営を目指す人ならそのままフランチャイズ本部探しを行えるうえ、そうでない人にとっても、どんな業界にどのようなビジネスがあるか、参考になるでしょう。

【アントレ】独立、開業、フランチャイズ募集の情報サイト

https://entrenet.jp/

【PR】起業を考えている方におすすめ

開業資金を抑えて起業したいという方は『バーチャルオフィス』や開業書類作成ツールの利用も検討してみてはいかがでしょうか。

開業書類・確定申告自動化ツール

フリーエンジニアの求人・案件情報探しは

バーチャルオフィス探しは

バーチャルオフィスについてよくわからない、メリット・デメリットについてもっと知りたいという方、DMMバーチャルオフィスの登録方法が良く分からないという方はこちらの記事も読んでみてください。

バーチャルオフィスとは?メリット・デメリットや料金・選び方を徹底解説!
https://entrenet.jp/magazine/25077/
PROFILE

西川ちづる

新潟市在住のフリーライター。元ダンサー。
子育てや美容系などtoCから、IT・ビジネス系などtoBまで幅広いカテゴリの記事を執筆。

VIDEOS 動画で学ぶ!独立・開業

PICK UP この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

アントレ 独立、開業、起業をご検討のみなさまへ

アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。