カテゴリー

税理士ドットコム

組織業績を向上させるチームの作り方とは?

組織業績を向上させるチームの作り方とは?

独立開業して事業拡大していくためには、メンバーとのチーム作りが大きな鍵となります。

ただリーダーの中には、「メンバーが言った通りに動いてくれない」「どうして文句ばかりなんだ」といった思いをしている人も多いと聞きます。

ここでは、組織業績を向上させるチームを作るにはどうしたらよいか、ご紹介しましょう。

チームとは、協同で相乗効果を生み出す集合体

チームの作り方をご紹介する前に、「チームとは何か」を確認しておきたいと思います。

チームとは、一言でいえば「仲間が思いを一つにして、一つのゴールに向かって進んでいける組織」です。組織行動研究者のジョン・カッツェンバックは、「チームとは、ある特定の目的のために多様な人材が集まり、協同を通じて、相乗効果を生み出す少人数の集合体」と定義しています。

「少人数の集合体」という点では、チーム以外にグループがあります。グループとは人が単に集まった状態を指し、その成果はひとり一人の貢献を足し上げたものです。「組織行動のマネジメント」の著者であるスティーブン・ロビンスは、チームとグループは次の4点で違いがあると説明しています。

① 目標

グループでは、目標そのものが存在しない、あるいは目標を設定しても成果を強く意識することはしませんが、チームでは目標を掲げるだけでなく、メンバー同士で協力し合い、目標の達成を第一に考えます。

② 相互影響

グループでは各メンバーが個々の目標達成に向けて行動しますが、チームではそれぞれのチームメンバーには協力が求められ、相互に関わることで互いの欠点を補い合い、互いの長所を活かしながら目標の達成を目指します。

③ 説明責任

グループでは各メンバー個々が説明責任を負うのに対し、チームではメンバー全員で説明責任を負います。「ひとり一人ができるか」ではなく、「全員でできるか」がチームとして重要な観点なのです。

④ メンバーの能力

グループでは個々のメンバーの能力はバラバラですが、チームでは補完的な能力を持ったメンバーを集めます。個々のメンバーが互いに協力し合い、能力を補完し合いながら活動することで、よりチームとしての力を発揮できるのです。

メンバーとの「関係性」が鍵を握る

では、組織業績を向上させる「理想的なチーム」とはどのような状態を指すのでしょうか?
・オープンなコミュニケーションができる
・立場や意見の違いを超えて、協力し合える
・互いに尊重し、それぞれの強みを活かせる
・一体感がある
・前向きで活気がある
などが挙げられると思いますが、ここで注意しなければならないのは、理想のチームとは決して「仲良しクラブ」ではないことです。時にはメンバー同士、本音でぶつかり合いながら、共通の目的・ゴールに向かって、一体感をもって前に進んでいく必要があります。組織行動学でも、「全員が等しく声を出し」「対立を乗り越えることができ」「肯定性が高く」「まとまりがある」チームが高いパフォーマンスを出すことができると言われています。

しかし、上記のような理想のチームを構築するのは簡単ではありません。なぜなら、人はロボットではなく“感情”を持っているからです。

上手くいかないリーダーに限って、メンバーをロボットのように「指示すれば動いてくれる」と思っている人も多いようですが、メンバーに「このリーダーの言うことは聞きたくない」「この人のためには行動したくない」と思われてしまうと、チームとして機能しなくなってしまいます。

理想的なチームになるためには、“いかにしてチームのメンバーとの関係性を高めるか”が重要になるのです。

メンバーとの関係性を高める2つの姿勢

メンバーとの関係性を高めるためには、2つの姿勢が必要です。

ひとつは「感謝」の姿勢です。

メンバーの言動に対して、小さなことでもよいので「いつも助かっているよ。ありがとう」「本当に頑張ってくれているね」といった労いや思いやる言葉を、ひとり一人のメンバーにきちんと伝えましょう。また言葉もそうですが、行動などで「感謝の気持ち」を示すことも重要です。

もうひとつは「謝罪」の姿勢です。

リーダーでも、メンバーに指示を出したり仕事の依頼をしたりする中で、時には間違えることもあると思います。その際に、リーダーだから威張っていればいいという姿勢では、メンバーは誰もついてきてくれません。
「先日の打ち合わせで、言い過ぎてしまい申し訳ない」
「事前の説明が不足していて、済まなかった」
などと非を認め、きちんと謝罪する姿勢が大切です。するとメンバーも「私も気持ちを入れなおして頑張ります」という感情に変化し、関係性が高まると思います。

日頃から「感謝」と「謝罪」を伝え、メンバーとの関係性を高めよう

ここまで、組織業績を向上させるチーム作りについてご説明してきました。

人は感情の生き物です。メンバーをロボットのように扱っていては、誰も言うことを聞いてくれなくなりますし、誰もついてきてくれなくなります。

常日頃からメンバーとのコミュニケーションの中で「感謝」の姿勢を伝え、時には「謝罪」の姿勢も伝えることで、「このリーダーについていこう!」と思ってもらえるようになることが重要です。

メンバーとの関係性を高めることでチームを活性化し、組織業績を向上させるチームにしていきましょう。

PROFILE

HIDE

元大手広告会社で人事部長を経験。新卒・中途の採用から人事制度設計、労務管理まで人事業務全般を手がける。現在はその前職での経験を活かし、各種就職・転職セミナーの企画運営から企業の採用広報の企画設計等、幅広く活動中。

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

せどりとは、一口でいうと「転売」のことです。インターネット通販やリサイクルショップなどで安く仕入れた商品を販売し、仕入れ額と販売額の差額で利益を得ます。

従来、せどりは主に古本の転売を意味する言葉であり、利益を得るためには相場や売れ筋商品に関する知識が必要でした。

しかし、インターネットの普及により、せどりは手軽に始められるようになりました。インターネットを使って、相場や商品の情報を調べたり、通販サイトで商品を仕入れたりできるようになったからです。

本記事では、せどりのメリットやデメリット、せどりを始める前に知っておきたい基礎知識を解説します。
(さらに…)

2020年9月23日

オンラインで独立開業に役立つ情報や新しいはたらき方をお届けする、アントレまなびWeekを開催します!
新しい働き方についてオンラインで学ぶ5日間!1度の参加お申込みですべてのプログラムに参加できます。1日でも!毎日でも!気になるプログラムに是非ご参加ください。 (さらに…)

2020年9月18日

税理士ドットコム
税理士ドットコム
Line

月間アクセスランキング

注目先輩レポート一覧

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ