スタイルのある生き方へシフトしたいビジネスパーソンのためのニュース・コラムサイト。
検索
独立ノウハウ・お役立ち

元国税局職員芸人・さんきゅう倉田「あなたの知らない税務調査 後編 ー本当にあったこんな話ー」

元国税局職員芸人・さんきゅう倉田「あなたの知らない税務調査 後編 ー本当にあったこんな話ー」

よしもとクリエーティブエージェンシーに所属しているお笑い芸人で、元国税局職員のさんきゅう倉田です。楽しく正しく税を理解してもらうため様々な活動をしています。前編では、税務調査のいろはをお伝えしましたが、後編は100を超える税務調査に関わってきた経験則からみなさんの耳目を集めそうな事例や否認されやすい勘定科目を紹介していこうと思います。ポイントは、焦らずにまずは税理士に依頼することです。

現金商売に要注意な“内観調査”

飲食店やパチンコ、風俗など現金売上が主たる収入である場合、実地調査の前に“内観調査”が行われることがあります。税務署職員がお客のふりをして来店し、事業の様々な部分をチェックします。

昔、知り合いの洋食屋で内観調査が行われたことがありました。きっと、こんなことをチェックしたと思われます。

・客は何人くらい来ているか
・単価はどのくらいか
・従業員は何人いて何という名前か
・予約台帳はあるか、領収証は渡しているか
・支払い済みの会計伝票はどうしているか
・レジは打っているか
・お土産を販売した場合は、どのように処理しているか

税務調査に関係あることだけをメモし、翌日に統括官に報告したはずです。ちなみにデータ上残せないので紙とペンでメモすることが多い印象です。

ところで、どうしてこの洋食屋は内観調査が行われたと分かったのでしょうか。調査担当者と内観調査に来ていたのは異なる職員だったそうです。しかし、前年に税務署に行ったときに見たことがある職員が店に来ており、プライベートかなと推察したのですが、その後すぐに実地調査の連絡を受けたため内観調査に来ていたことが分かった、とシェフは言っていました。

もともと店主は、調査があっても問題が出ないように、日々正しい会計処理を心がけていたので、調査ではあまり指摘が出ませんでした。

今もっとも否認される勘定科目

調査の基本は、売上です。架空の経費を計上するのはエネルギーが必要ですが、売上を除外するのは書類を破棄したり現金をポケットに入れたりするだけなので、比較的簡単に行われます。特に、イレギュラーな収入は、売上を除外しようというインセンティブが働きやすいようですが、税務調査官も鋭い目を持っているのですぐに見抜かれるケースが多いです。

売上にはこのような不正もありますが、単純なミスによる計上漏れもあります。また、決算期末の売上は翌期に計上すべきものかどうかの判断が難しく、調査ではよく指摘されます。いわゆる“期ずれ”です。客観性のある正しい収益基準を採用していれば、問題となることはありません。

個人事業者の一般的な会計処理は“期中現金主義”です。基本的には、入金ベースで売上を立て、入金日が12月31日を超えるものは、入金がなくとも売掛金として売上を計上します。

経費では、個人的な使い込みが散見されます。私的な支払いを事業の経費として落としていると、調査でたやすく否認されてしまいます。例えば、家族と食事に出かけたときの支払い、愛人へのプレゼント、友人と旅行に行った際の交通費・宿泊代、趣味のゴルフに使った費用などです。事業と関係のない支払いは、経費にはできません。

収入が全然ないタレントへの調査

どうせ調査なんかないだろう、自分のところへは来ないだろうとみなさん考えるようです。特に「このくらいの売上なら来ないだろう」と高を括っている方がいらっしゃいます。2月になると、芸人さんたちが劇場で確定申告の話をしていますが、その中には過去に税務調査を受けた方もいます。

タレントとして売れていないので、確実にアルバイトをしている若手芸人さんです。多く見積もっても手取りで月に20万円。年収は240万円ほどでしょうか。事務所からの収入は年50万円にも満たないと推察されます。

しかし、税務調査を受け、所得税を追加で支払ったそうなのです。具体的な金額は分かりませんが、過少申告加算税や延滞税を払い、住民税や健康保険料の金額にも影響があったはずです。聞き耳を立てていたぼくは、この人の年収で調査が行われたことに驚きました。

税務調査では常に効率が求められます。結果が出ない調査先に行くことはありません。必然的に、収入の多い方に調査をすることが多くなります。この芸人さんくらいの収入では、大きな結果が出ることがありませんので、申告書が大きく誤っていたなどの理由があったのかもしれません。

もしかすると、調査担当者が家に来るようなものではなく、簡易な接触が行われただけかもしれません。それでも、税を納めることには代わりありませんから、若手芸人にとっては手痛い出費となったことでしょう。

副業のライティングを申告しなかった会社員

世の中には正しく確定申告をしている個人事業者もいれば、会社員として働きながら副業で稼いでいるにもかかわらず申告を怠る方もいます。とあるライターの男性は、上場企業に勤めながら、空き時間を利用してライティングの副業を行っていました。

イベントに行き、取材をして、そのイベントの記事を書く仕事です。平日の昼間から「取引先に行く」と偽ってイベントに出席し、週末も複数のイベントへ行き、年数百万円を稼ぐまでになりました。

どうせ調査などないだろうと、無申告のまま副業を続けて数年、ついにそのときがやってきました。税務署から、手紙が来たのです。書いてある内容はわからないけれど、とにかく電話をせよ、とのこと。

男性は焦りました。自分は脱税で逮捕されるのだろうか、預金や家を差し押さえられてしまうのだろうか。ああ、どうして自分は申告を怠ったんだ、神様、時間が戻せるなら副業を始めたばかりのころに戻してください、今度は正しく納税して、なんなら少し多く納めたってよいのです。そんなことを考えたそうです。

なぜ、無申告であることが分かったのか調査担当者は教えてくれませんでしたが、執筆にかかる報酬を受け取る際、源泉徴収が行われていました。もちろん、住所も伝えていますし、源泉徴収票ももらっています。税務署はそれらの情報を掴んでから、男性に接触したのです。

アイドルの高額な追徴課税

知人の中で、税務調査による追徴課税が最も大きかったのはアイドルの方でした。ぼくと知り合った数年前に調査を受け、3,000万円ほど追加納税したようです。年収は教えてもらえませんでしたが、衣装代として経費にしていたものを半分ほど否認され、そもそも領収証がないにもかかわらず赤字申告にしていたことで保管していた領収証とレシートを徹底的に確認されて、申告内容が嘘であることがバレてしまいました。

ただ、貯金も多額だったため、一括で納税し、それからは税理士さんと契約をして、完璧な帳簿をつけて備えているそうです。最初から税理士さんに頼み、調査にも立ち会ってもらっていれば、3,000万円も支払うことはなかったかもしれません。

専門性の必要な税務調査は1人では対抗できません。税理士がいないにも関わらず、調査で何もなかった人をぼくは知りませんし、事業を大きくするのなら税理士さんの協力は欠かせません。事業を始めたら、今は税理士にお願いしていなくとも、税務調査が来たら早期に税理士事務所のインターホンを押すと良いと思います。

税務調査のときも、freeeなら安心に

税務調査における税理士の紹介を無料で。その後の立会い費用を50万円まで補償出来るプランが新登場。

ebook_foundation_cover-smal

目次

  1. 1.会社の経理を始めるために
  2. 2.法人の決算に必要なものまとめ
  3. 3.貸借対照表で会社の資産状況を把握しよう
  4. 4.損益計算書で会社の利益を把握しよう
  5. 5.法人のための税申告・納付まとめ
  6. 6.法人にかかる税金は9種類もある
  7. 7.税金を滞納したら、どんな罰則がある?
  8. 8.法人のための節約のコツ

※公開は終了しました

5分でできる会社設立
https://www.freee.co.jp/launch

開業手続きが無料・簡単・最速
https://www.freee.co.jp/kaigyou

元記事はこちら
https://keiei.freee.co.jp/articles/p0100374

VIDEOS 動画で学ぶ!独立・開業

PICK UP この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

アントレ 独立、開業、起業をご検討のみなさまへ

アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。