スタイルのある生き方へシフトしたいビジネスパーソンのためのニュース・コラムサイト。
検索
独立ノウハウ・お役立ち

黒字倒産を回避する! 利益とキャッシュの違いを認識しよう

黒字倒産を回避する! 利益とキャッシュの違いを認識しよう

起業後、様々な苦労を経て、ようやく事業が軌道に乗ってきた頃、損益計算書上は黒字となっているのに、資金繰りは楽にならない。利益は出ているはずなのに、キャッシュがどこに行っているのかわからない。そんな経験はありませんか?
資金繰りを考える上で、利益とキャッシュの違いを認識することは非常に重要です。今回は、利益とキャッシュの違いはどこにあるのか、解説していきます。

利益=現金が増える、ということではない

黒字倒産という言葉をご存じでしょうか。簡単に言えば、損益計算書上では利益がでているにもかかわらず資金繰りなどが原因で会社が倒産してしまうことです。なぜこんなことが起こるのでしょうか。
それは、財務会計では利益が出る=現金が増えるということではないためです。家計簿のイメージでは、黒字=現金が残ると認識しがちですが、会計上の利益は概念的なものであり、必ずしも現金の増加を意味するわけではありません。
この違いはどこから発生するのでしょうか。主な要因として掛取引、在庫発生、設備投資、財務取引があげられます。以下、各項目を個別にみていきましょう。

掛取引や手形取引

一般消費者相手の小売業・サービス業などは別ですが、企業間取引では多くの場合、掛取引や手形取引が行われます。また、近年は約束手形などに代わるものとして、電子債権取引が普及してきています。
これらの取り引きの場合、売り上げとして損益計算書に計上されるタイミングと、売掛金が回収されてキャッシュになるタイミングにズレが生じます。
例えば売掛取引であれば、毎月の売り上げを月末にまとめて顧客に請求し、翌月末の顧客の支払日に代金を受け取るといった具合です。また、支払いが約束手形であれば、支払日に顧客から約束手形を受け取り、それを指定期日に金融機関に持ち込み、ようやくキャッシュとなります。
このように、掛取引や手形取引の場合、損益計算書上は売り上げが計上されていても、それがキャッシュとなるには一定期間が必要になります。
そのため売掛金管理を行い、売り上げが適正に回収されている、長期にわたって滞留している売掛金がないかを確認していくことは、資金繰りの上で非常に重要な作業となるのです。
なお、上記の締日・支払日・約束手形の期日などは、下請法で規制されているケースもありますが、基本的には取り引きを行う企業間で取り決めるものです。
顧客の社内ルールですでに決まっている場合も多いですが、新規の仕事を受ける際は価格だけでなく、売り上げがいつキャッシュとなるのかもしっかりと確認・交渉することが大事です。

在庫の発生

サービス業の場合は、あまり在庫は発生しませんが、ものを扱うビジネスであれば、在庫の発生は避けて通れません。サイクルとしては、仕入れ→売り上げ→売掛金回収→仕入れ→売り上げというように、ものを仕入れ、それを売り、代金を回収し、また仕入れを行うこととなります。
そのため、売り上げが計上されていても、回収したキャッシュはすぐに仕入れに使用され、在庫となってしまう場合が往々にしてあります。会計上は仕入れをしても利益が減少するわけではないため、在庫が増えても利益が減少することにはなりませんが、キャッシュは仕入れにより確実に減少します。
もちろん、売り上げの拡大に伴い在庫も増加していくことは自然なことであり、在庫の増加が一概に問題であるとは言えません。しかし、在庫が長期滞留し、キャッシュの回転に影響を及ぼすようになると、大きな問題となってしまいます。
常に在庫数に気を配り、不良在庫となっていないか、資金不足に陥らないか注意することは事業運営上、非常に重要なポイントとなります。

設備投資

ビジネスの形態や規模にもよりますが、大なり小なり企業は設備を保有しています。設備を購入した場合は、支払方法にもよりますが、その時点でキャッシュを支払うことになります。
しかし会計上は、支払った金額全てをその時点で費用とすることができるわけではありません。特別償却などの例外はありますが、基本的に一定額以上の設備を購入した場合、購入代金については、減価償却という方法により、一定の方法で期間按分することとなります。
そのため、購入時点では費用はあまり計上されていない一方で、キャッシュは大きく減少することになります。事業拡大のために設備投資を行ったが運転資金が足りなくなった、では目も当てられません。設備投資を実施する場合は、銀行からの借り入れなどでキャッシュを賄い、予想利益と減価償却費、ランニングコストなどを考慮しつつ、返済を行っていくのが一般的です。
設備投資は多額のキャッシュを必要とするため、資金繰りにはくれぐれも注意しましょう。

財務取引

財務取引というと分かりにくいかもしれませんが、銀行借入のような資金の調達・返済をイメージしてもらえば理解しやすいかと思います。
例えば銀行借入では、利息は損益計算書に費用として計上されますが、調達・返済は損益計算書には表れません。つまり、キャッシュとしては借入時に大きく増加し、返済すると減少していくことになりますが、利益としては調達・返済により増減するわけではありません。
結果として、損益計算書上の利益と実際のキャッシュは大きく乖離することになります。借り入れによる資金調達は運転資金や設備資金など様々な理由で行われますが、基本的には事業活動による利益を源泉として、返済を行っていくことになります。
ただし、今まで見てきたように損益計算書上の利益がそのままキャッシュとして返済に使えるわけではありません。返済計画を立てる際は、常に実際のキャッシュを念頭においておく必要があります。
事業運営にはキャッシュが不可欠です。数字上の利益に目を奪われて、実際のキャッシュが足りなくなったといったことにならないように、その違いを認識し、資金繰りをしていくことが大事です。

ebook_foundation_cover-smal

目次

  1. 1.会社の経理を始めるために
  2. 2.法人の決算に必要なものまとめ
  3. 3.貸借対照表で会社の資産状況を把握しよう
  4. 4.損益計算書で会社の利益を把握しよう
  5. 5.法人のための税申告・納付まとめ
  6. 6.法人にかかる税金は9種類もある
  7. 7.税金を滞納したら、どんな罰則がある?
  8. 8.法人のための節約のコツ

※公開は終了しました

5分でできる会社設立
https://www.freee.co.jp/launch

開業手続きが無料・簡単・最速
https://www.freee.co.jp/kaigyou

元記事はこちら
https://keiei.freee.co.jp/2017/01/06/cash_profit/

PICK UP この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

アントレ 独立、開業、起業をご検討のみなさまへ

アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。