dokuritsu_bodytop.htm
common_top.htm
独立、開業、フランチャイズTOP フランチャイズ 飲食店・デリバリー・テイクアウト フランチャイズ×カフェ・喫茶店・レストランの独立・開業情報一覧
dokuritsu_top.htm

フランチャイズ×カフェ・喫茶店・レストランに関する独立、開業、フランチャイズ情報を探す

エリアの選択・変更
業種を選択
該当3
条件クリア
業種の選択・変更
エリアを選択
  • 小売・コンビニ
  • 飲食店・デリバリー・テイクアウト
  • 塾・スクール
  • 便利屋・修理(リペア)・クリーニング
  • 介護・福祉・就労支援
  • 美容サロン・ボディメイク
  • IT関連・通信・情報・スマホ
  • 買取・リサイクル
  • 各種サービス
該当3
条件クリア
エリア
指定なし
業種
契約タイプ
年収例
最低自己資金
キーワード
仕事
事業
収益
ライフスタイル
「独立スタイル」から選ぶ
その他
該当3
詳しい条件を指定する
list_main_top.htm
      
  • 株式会社TSUKUBITO
  • 買取大吉 / 株式会社エンパワー

<PR>

アントレに掲載する「契約時に支払う費用」はあくまで目安であり、実際と異なる場合がございます。事前に各企業にお確かめください。

dokuritsu_main_top.htm
  • <PR>
    フランチャイズ買取・リサイクルの独立開業案件

    4年で200店舗超!3人に1人が多店舗を経営!自由度の高い経営ができる買取店

    買取店WAKABA(わかば) / 株式会社フォーナインのフランチャイズ・独立開業 買取店WAKABA(わかば) / 株式会社フォーナインのフランチャイズ・独立開業 買取店WAKABA(わかば) / 株式会社フォーナインのフランチャイズ・独立開業

    2年目&2店舗で年間粗利1.8億円!(関西)
    長く安定して稼げる理由、説明会で大公開!

    「WAKABA(わかば)」の強みは、勝てる立地と集客戦略にあり!過去最高粗利を達成する店舗が続々!初月から高い収益性で投資回収は平均8ヵ月!低コストながら手厚いサポート体制で2等立地でも安定収益が可能に!

    • 1人で開業
    • 未経験からスタート
    • 副業からスタート
    • 法人新規事業向け
    対象地域
    北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国、四国、九州・沖縄
9件該当しました 1~9件の独立開業情報を表示
前へ 1 次へ
前へ 1 次へ
dokuritsu_main_bottom.htm
list_main_bottom.htm
開業資金総額とは?

アントレ広告における開業資金総額とは、加盟金・研修費・保証金などの費用に加え、物件取得費、各種工事費、広告宣伝費、備品・仕入などを合計した、「事業のスタート時点までに必要な資金の目安額」を指します。開業場所や物価などによって価格が変動するため、あくまで参考金額としてご活用ください。
※開業資金総額には、独立後発生する運転資金やロイヤリティ等の費用は含まれておりません
※募集企業の契約内容が変更された場合、記載している金額も変わる可能性があります。
※価格変動によって、記載している額よりも安くなる可能性も、高くなる可能性もあります。また、広告表記と実際の契約金額が異ならないか、ご自身でも慎重にチェックをしてください

最低自己資金の目安とは?

最低自己資金の目安とは、融資などの借入金を除く「独立開業のために自分で用意する資金の目安額」のことを指します。掲載企業が融資などのサポートを行うために、最低でも用意しておきたい目安の金額とも言えます。
※最低自己資金の目安はあくまで参考金額であり、独立開業できることを保証するものではありません。
※実際に独立される際は、不測の事態を考慮し、余裕を持った資金計画を立てられることをお勧めします。

実際の開業例とは?

実際の開業例とは、既に独立しているオーナー or 直営店の、実際の収益実績や開業時の資金などの一例を指します。独立する業態、開業エリアや年数、従業員数によっても収益は変わってきます。あくまで参考値としてご覧ください。

まずは無料会員登録!
お気に入り登録・まとめて資料請求など便利な機能が使えます

よく利用されている検索条件

dokuritsu_word_Y1100.htm
dokuritsu_word_M16.htm

カフェ・喫茶店で独立開業をするには

カフェ業界とは

カフェや喫茶店はコーヒーやお茶などのドリンクと、サンドイッチやパスタなどの軽食を提供する飲食店です。ドリンクや食事にこだわる喫茶店も多いですが、食事目的というよりは、待ち合わせやちょっとした休息などを目的に来店する人が多いです。
カフェと喫茶店の違いは、規模や雰囲気などが挙げられます。カフェは明るい雰囲気で、大型の店舗もよく見かけるのに対し、喫茶店はレトロな雰囲気で店内も比較的狭いです。
必要な営業許可や提供できるメニューも異なります。カフェは「飲食店営業許可」を取得しており、アルコールや加熱調理以外のメニューも提供できます。
喫茶店は「喫茶店営業許可」を取得しており、アルコールの提供が不可、提供できるメニューも加熱調理できるもののみです。ただし、喫茶店営業許可は飲食店営業許可よりも取得しやすいです。
なお、飲食店営業許可を取得していても喫茶店と名乗る店舗もあります。

カフェのフランチャイズを選ぶポイントは?

フランチャイズに加盟すれば、そのチェーンのブランド力を活かして集客したり、店舗経営に必要なノウハウ・システム・レシピを提供してもらったりできます。
カフェや喫茶店のフランチャイズに加盟する際、まずはそのチェーンがカフェなのか喫茶店なのかをチェックしましょう。喫茶店営業許可を取得する喫茶店は提供できるメニューが限られるため、ターゲット層がカフェよりも狭まるかもしれません。
ほかには、初期費用やロイヤリティと本部からのサポートは見合っているか、加盟店数や撤退率はどのくらいかなどをチェックしたいです。

カフェの事業の需要や将来性

これからカフェを開業するなら、ちょっとした作業やミーティングなどがしやすい店舗づくりが大切かもしれません。リモートワークや副業をする人、フリーランスなどの増加により、「軽く仕事ができる場所」としてカフェへのニーズが高まっているためです。
各席に電源を設けること、座席を広めに取ること、居心地の良い雰囲気をつくるなど工夫があるチェーンを選ぶといいでしょう。もちろん、仕事での利用が増えれば回転率は落ちるため、客単価アップの対策は必要です。

カフェのフランチャイズ案件に関してよくある質問

カフェのフランチャイズ案件に関してよくある質問をまとめて紹介します。フランチャイズでの開業に不安のある方は、参考にしてみてください。

Q1.どんな人が加盟し、オーナーになっているの?
A1.未経験で開業する人も多いですが、まずは社員としてそのチェーンに勤め、経験を活かして同じチェーンで開業するオーナーもいます。

Q2.開業資金はどのくらい必要?
A2.加盟するフランチャイズや店舗の規模にもよりますが、開業時には100万~500万円ほどの資金が必要になることが多いです。店舗を構える業態としては、比較的安価に開業できることが多いです。もちろん、店舗取得に費用がかかる場合は初期費用が1000万円を超えることもあるので自分がどのようなお店を開きたいかはまず最初に検討しておくようにすると良いでしょう。

Q3.開業までにどのくらいの期間がかかるの?
A3.加盟するフランチャイズにもよりますが、「社員経験を経てから独立」「法人の加盟のみ募集」というチェーンも多いです。このようなチェーンは開業までにかかる期間も長くなりやすいです。

カフェ業界の市場動向

カフェの業界規模は緩やかな増加傾向にありましたが、コロナ禍による大打撃を受けました。ただ、2021年には市場規模も大きく回復し、将来を悲観する必要はないでしょう。
リモートワークが浸透したり、コロナ禍で危機感を持った人が副業をはじめたりといった状況は、カフェ業界にとってはむしろ追い風かもしれません。カフェで仕事やミーティングをする人が増えるためです。選ばれる店づくりや回転率を下げない提供方法など、フランチャイズ本部の取り組みを比較すると良いでしょう。比較するときにおすすめなのが、資料請求や説明会への参加です。上手に活用して、カフェ開業を叶えてみてください。

※23年4月時点の情報です。

レストランで独立開業をするには

レストラン業界とは

レストランとは西洋料理店のことですが、和食や中華など、最近ではさまざまな料理を提供するレストランがあります。ラーメン屋やカフェと比べて客層が広く、弁当屋をはじめとする中食産業と比べて客単価が高くなりやすいのがレストランの特徴でしょう。

レストランのフランチャイズを選ぶポイントは?

レストランの中には、フランチャイズ展開をしているチェーンもあります。フランチャイズに加盟すれば、そのチェーンのブランド力を活かして集客できるのはもちろん、レシピや設備なども提供してもらえます。
レストランのフランチャイズを選ぶ際、初期費用やロイヤリティと提供してもらえるサポートは見合っているか(リスクとリターン)、加盟店数、撤退店数は最初にチェックしたい項目です。
これらに加え、店舗運営がどのくらい仕組み化されているかにも注目しましょう。たとえばセントラルキッチンからレトルト・冷凍食品が届くなら、店舗運営はアルバイトだけでも十分かもしれません。
特に多店舗展開を目指しているなら、自分やフランチャイズ本部の社員が常駐していなくても回る仕組みのあるチェーンを選びたいです。

レストランの事業の需要や将来性

レストランをはじめとする外食業界は、衣食住の食にかかわる業界です。需要が激減することはまずなく、この意味では将来は安泰といえます。
ただ、外食業界はただでさえ競合が多いうえ、コロナ禍や価値観の多様化により消費者からのニーズも大きく変わりました。最近ではデリバリー専門店や中食(弁当や惣菜)への人気も高まっており、レストランが生き残るには出店エリアに合った戦略や工夫が必要でしょう。

レストランのフランチャイズ案件に関してよくある質問

レストランのフランチャイズ案件に関してよくある質問をまとめて紹介します。フランチャイズでの開業に不安のある方は、参考にしてみてください。

Q1.どんな人が加盟し、オーナーになっているの?
A1.飲食業での経験を活かして独立する人もいますが、未経験からオーナーになる人も多いです。レシピや接客などのノウハウ部分のサポートが充実した本部を選ぶことが、未経験から独立するうえで大切なことです。

Q2.開業資金はどのくらい必要?
A2.加盟するフランチャイズにもよりますが、開業時には2,000万~3,000万円ほどの費用がかかると思った方がいいでしょう。フランチャイズ本部側で店舗を用意する場合、開業資金を抑えやすいです。

Q3.開業までにどのくらいの期間がかかるの?
A3.レストランに限らず、飲食業での開業では立地選びが重要です。地域の特性やターゲット層についてよく調べ、それに合った業態やチェーンを選びましょう。
焦らないことが大切ですが、少しでも早く開業したいなら居抜き物件を活用するのがおすすめです。

レストラン業界の市場動向

グラフは外食市場の規模推移をまとめたものです。外食業界はコロナ禍による打撃が大きかった業界ですが、2021年から少しずつ回復しています。
今後は新しい生活様式により浸透したテイクアウトやデリバリーに対応すること、オーガニックやこだわりの食材などのコンセプトをハッキリさせることが、外食業界で生き残っていくうえで重要でしょう。
レストランのフランチャイズに加盟する場合も、これらの点を意識して各チェーンの話を聞くことが大切です。

レストランへのニーズはなくならないが、生き残るには工夫が必要

外食業界はレストラン以外にも様々な業態があるため競合も多いです。最近ではデリバリー専門店やキッチンカーなどへの注目も高まり、レストランが生き残るにはより緻密な戦略が必要になりました。
戦略や集客などの部分でサポートを受けられるフランチャイズに加盟することは、未経験からレストランを開きたい人にとって有効な選択肢といえます。
レストランのフランチャイズでの開業を考えているなら、気になるチェーンの説明会には積極的に行ってみましょう。説明会で詳しい話を聞くことで、社会の流れを踏まえた戦略や工夫も見えてきます。出店エリアやターゲットについても考えやすくなるでしょう。

※23年7月時点の情報です。

dokuritsu_bottom.htm
common_bottom.htm
common_footer_middle.htm
ページの先頭へ
業種から独立・開業・起業・フランチャイズを探す
エリアから独立・開業・起業・フランチャイズを探す
common_footer_bottom.htm
スマートフォン向け表示
dokuritsu_bodybottom.htm
src_common_bottom.htm
src_dokuritsu_bottom.htm