dokuritsu_bodytop.htm
common_top.htm
独立、開業、フランチャイズTOP 商材&事業支援 美容サロン・ボディメイク 商材&事業支援×フィットネスの独立・開業情報一覧
dokuritsu_top.htm

商材&事業支援×フィットネスに関する独立、開業、フランチャイズ情報を探す

エリアの選択・変更
業種を選択
該当1
条件クリア
業種の選択・変更
エリアを選択
  • 小売・コンビニ
  • 飲食店・デリバリー・テイクアウト
  • 塾・スクール
  • 便利屋・修理(リペア)・クリーニング
  • 介護・福祉・就労支援
  • 美容サロン・ボディメイク
  • IT関連・通信・情報・スマホ
  • 買取・リサイクル
  • 各種サービス
該当1
条件クリア
エリア
指定なし
業種
契約タイプ
年収例
最低自己資金
キーワード
仕事
事業
収益
ライフスタイル
「独立スタイル」から選ぶ
その他
該当1
詳しい条件を指定する
list_main_top.htm
      
  • 株式会社TSUKUBITO
  • 買取大吉 / 株式会社エンパワー
  • 株式会社シルバーライフ/高齢者向け宅配弁当 まごころ弁当・配食のふれ愛・宅食ライフ
  • Goo-it! /株式会社LHS

<PR>

アントレに掲載する「契約時に支払う費用」はあくまで目安であり、実際と異なる場合がございます。事前に各企業にお確かめください。

dokuritsu_main_top.htm
  • <PR>
    フランチャイズ便利屋・修理(リペア)・クリーニングの独立開業案件

    ★継続売上で安定して稼げる★がっちりマンデーでも特集された掃除ビジネス

    株式会社カバーオールジャパンのフランチャイズ・独立開業 株式会社カバーオールジャパンのフランチャイズ・独立開業 株式会社カバーオールジャパンのフランチャイズ・独立開業

    全1017名の平均月収60万円(2024年)!
    仕事は本部が紹介!営業不要!研修充実!

    ★月平均1000万円の新規受注発生中!★全国1017名のFCオーナー平均月収60万円(2024年)!★仕事は本部が紹介!未経験でも安心!★事業継続率、満足度、最高レベルの信頼!★店舗不要!自宅・1人で開業OK!

    • 好きを仕事にする
    • 無店舗で開業
    • 集客力に自信あり
    • 夫婦で独立
    対象地域
    北海道、関東、東海、関西、中国、九州・沖縄
1件該当しました 1~1件の独立開業情報を表示
前へ 1 次へ
  • 商材&事業支援フィットネスの独立開業案件

    無人店舗・プロジェクションマッピングを使った室内で様々なサービスを提供

    株式会社GIANT SWING PRODUCTIONSのフランチャイズ・独立開業

    自己資金0円!完全無人
    デジタルアートジム×ヘッドスパ事業

    • 法人新規事業向け
    • 1人で開業
    • 副業からスタート
    • フリーランス
    対象地域
    北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国、四国、九州・沖縄
    最低自己資金の目安

    50万円

    実際の開業例

前へ 1 次へ
dokuritsu_main_bottom.htm
list_main_bottom.htm
開業資金総額とは?

アントレ広告における開業資金総額とは、加盟金・研修費・保証金などの費用に加え、物件取得費、各種工事費、広告宣伝費、備品・仕入などを合計した、「事業のスタート時点までに必要な資金の目安額」を指します。開業場所や物価などによって価格が変動するため、あくまで参考金額としてご活用ください。
※開業資金総額には、独立後発生する運転資金やロイヤリティ等の費用は含まれておりません
※募集企業の契約内容が変更された場合、記載している金額も変わる可能性があります。
※価格変動によって、記載している額よりも安くなる可能性も、高くなる可能性もあります。また、広告表記と実際の契約金額が異ならないか、ご自身でも慎重にチェックをしてください

最低自己資金の目安とは?

最低自己資金の目安とは、融資などの借入金を除く「独立開業のために自分で用意する資金の目安額」のことを指します。掲載企業が融資などのサポートを行うために、最低でも用意しておきたい目安の金額とも言えます。
※最低自己資金の目安はあくまで参考金額であり、独立開業できることを保証するものではありません。
※実際に独立される際は、不測の事態を考慮し、余裕を持った資金計画を立てられることをお勧めします。

実際の開業例とは?

実際の開業例とは、既に独立しているオーナー or 直営店の、実際の収益実績や開業時の資金などの一例を指します。独立する業態、開業エリアや年数、従業員数によっても収益は変わってきます。あくまで参考値としてご覧ください。

まずは無料会員登録!
お気に入り登録・まとめて資料請求など便利な機能が使えます

よく利用されている検索条件

dokuritsu_word_M41.htm

フィットネス業界業界で独立開業をするには?

フィットネス業界とは

フィットネス業界とは、主にフィットネスクラブを運営する業界を指します。フィットネスは健康に意識を置いた活動のことで、ヘルスケアや予防介護、リラクゼーションなどもこの業界に含まれるとされています。
本記事ではこれらの健康増進のための施設や、身体をとことん鍛えることを目的とするジムではなく、主にフィットネスクラブの運営について解説します。

フィットネスのフランチャイズを選ぶポイントは?

フィットネスクラブの中にはフランチャイズ展開をするチェーンもあります。フランチャイズに加盟すれば、そのチェーンのブランド力を活かして集客したり、クラブ運営に必要なノウハウや設備を提供してもらったりできます。
フィットネスクラブの集客では、特に知名度が重要です。全国展開するチェーンも多く、看板の名前で通うクラブを選ぶ人も少なくありません。「24時間営業」「低価格」「指導がしっかりしている」など、チェーンごとの特色は抑えておきましょう。
ほかには、初期費用やロイヤリティとサポート内容のバランスが取れているか、加盟店数や撤退率などについて確認したいです。

フィットネス事業の需要や将来性

フィットネスクラブはもちろん、健康増進を目指す、広い意味でのフィットネス業界も将来性は高いといえます。
詳しくは後述しますが、フィットネスクラブはコロナ禍による打撃が大きかった業界でした。
しかし、社会全体での健康意識の高まり、リモートワークや自粛生活による運動不足など、フィットネスクラブにとって追い風となる要素も多く、21年時点でコロナ前の8割に回復しています。
若年層から中高年層まで、自分に合ったペースで運動をしたいと考える人は増えています。
特に働き盛りの層は、趣味で運動をするというよりは、効率重視で身体を作りたいと考える人も多いです。「健康のため」「お腹回りを絞りたい」などの目的がハッキリしており、目的に向かって効率よくトレーニングできるフィットネスクラブを選ぶ人は今後も増えていくでしょう。スキマ時間を活用したトレーニングなど、新しいビジネスモデルも登場し、業界全体が伸長していくと予想できます。

フィットネスのフランチャイズ案件に関してよくある質問

フィットネスクラブのフランチャイズ案件に関してよくある質問をまとめて紹介します。フランチャイズでの開業に不安のある方は、参考にしてみてください。

Q1.どんな人が加盟し、オーナーになっているの?
A1.自らの経験や趣味を活かして独立する人もいますが、未経験からフランチャイズに加盟する人も多いです。フィットネスクラブやパーソナルジムは拡大市場であり、ビジネスとして注目する人が増えているためです。多店舗経営を前提に、手離れのよさを重視してチェーンを選ぶフランチャイズオーナーも多いです。

Q2.開業資金はどのくらい必要?
A2.加盟するフランチャイズにもよりますが、開業時には数百万~3,000万円ほどの資金が必要になるでしょう。フィットネスクラブはそれなりに大きな店舗と専門の設備、チェーンによってはシャワーなども必要になります。開業資金・運転資金ともに、比較的大きな費用がかかるでしょう。

Q3.開業までにどのくらいの期間がかかるの?
A3.加盟するフランチャイズにもよりますが、意思決定から開業まで数ヵ月はかかると思っておきましょう。開業資金・運転資金ともに大きな費用がかかる業界であるため、余裕をもって検討・準備を進めていきたいです。

フィットネス業界の市場動向

グラフはフィットネス業界の市場動向を示すものです。対面や密が前提のフィットネスクラブの市場規模は、コロナ禍により大きな打撃を受けました。
しかし、打撃からの回復も早く、2021年にはコロナ禍以前の8割ほどにまで市場規模が回復しています。
先述の通り、「健康意識の高まり」「効率的にトレーニングしたい人の増加」など、フィットネス業界にとって追い風となる要素は多いです。
これらに加え、コロナ禍や新しい生活様式による運動不足も追い風といえるかもしれません。

フィットネスはチェーンごとの特色を知り、戦略に合ったものを選ぼう

フィットネスクラブには24時間営業や安価な料金、本格的なトレーニングメニューなど、チェーンごとにさまざまな特色があります。どんな層をターゲットにするのか、地域特性はどうなのかなど、戦略的に加盟チェーンを選ばなければなりません。
まずは、どんなフランチャイズがあるのかを把握し、自分の戦略に合った候補をピックアップすることが大切です。
そのためには、加盟店募集のWebページや資料を見るだけでは足りません。気になるチェーンを見つけたら資料請求すること。資料を見て興味が深まったら説明会に参加することが大切です。

※23年10月時点の情報です

dokuritsu_bottom.htm
common_bottom.htm
common_footer_middle.htm
ページの先頭へ
業種から独立・開業・起業・フランチャイズを探す
エリアから独立・開業・起業・フランチャイズを探す
common_footer_bottom.htm
スマートフォン向け表示
dokuritsu_bodybottom.htm
src_common_bottom.htm
src_dokuritsu_bottom.htm