dokuritsu_bodytop.htm
common_top.htm
独立、開業、フランチャイズTOP 商材&事業支援 IT関連・通信・情報・スマホ ネットショップ運営 商材&事業支援×ネットショップ運営×低資金開業の独立・開業情報一覧
dokuritsu_top.htm

商材&事業支援×ネットショップ運営×低資金開業に関する独立、開業、フランチャイズ情報を探す

エリアの選択・変更
業種を選択
該当1
条件クリア
業種の選択・変更
エリアを選択
  • 小売・コンビニ
  • 飲食店・デリバリー・テイクアウト
  • 塾・スクール
  • 便利屋・修理(リペア)・クリーニング
  • 介護・福祉・就労支援
  • 美容サロン・ボディメイク
  • IT関連・通信・情報・スマホ
  • 買取・リサイクル
  • 各種サービス
該当1
条件クリア
エリア
指定なし
業種
契約タイプ
年収例
最低自己資金
キーワード
仕事
事業
収益
ライフスタイル
「独立スタイル」から選ぶ
その他
該当1
詳しい条件を指定する
list_main_top.htm
      
  • 株式会社TSUKUBITO
  • 買取大吉 / 株式会社エンパワー
  • 株式会社シルバーライフ/高齢者向け宅配弁当 まごころ弁当・配食のふれ愛・宅食ライフ

<PR>

アントレに掲載する「契約時に支払う費用」はあくまで目安であり、実際と異なる場合がございます。事前に各企業にお確かめください。

dokuritsu_main_top.htm
  • <PR>
    フランチャイズ買取・リサイクルの独立開業案件

    4年で200店舗超!3人に1人が多店舗を経営!自由度の高い経営ができる買取店

    買取店WAKABA(わかば) / 株式会社フォーナインのフランチャイズ・独立開業 買取店WAKABA(わかば) / 株式会社フォーナインのフランチャイズ・独立開業 買取店WAKABA(わかば) / 株式会社フォーナインのフランチャイズ・独立開業

    2年目&2店舗で年間粗利1.8億円の実績!
    上場企業のサポートで長く安定して稼ごう!

    「WAKABA(わかば)」の強みは、勝てる立地と集客戦略にあり!過去最高粗利を達成する店舗が続々!初月から高い収益性で投資回収は平均8ヵ月!低コストながら手厚いサポート体制で2等立地でも安定収益が可能に!

    • 1人で開業
    • 未経験からスタート
    • 副業からスタート
    • 法人新規事業向け
    対象地域
    北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国、四国、九州・沖縄
1件該当しました 1~1件の独立開業情報を表示
前へ 1 次へ
  • 商材&事業支援ネットショップ運営の独立開業案件

    ★自宅開業!★副業最適!【中国輸入商品を活用したECショップの開業支援】

    株式会社archiのフランチャイズ・独立開業

    Amazon全面支援で稼げるECショップを!
    仕入れ、輸送手続き、SEOも本部にお任せ!

    • 低資金開業
    • 未経験からスタート
    • 商品に自信あり
    • 空き時間で稼ぐ
    対象地域
    北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国、四国、九州・沖縄
    最低自己資金の目安

    50万円

    実際の開業例

前へ 1 次へ
dokuritsu_main_bottom.htm
list_main_bottom.htm
開業資金総額とは?

アントレ広告における開業資金総額とは、加盟金・研修費・保証金などの費用に加え、物件取得費、各種工事費、広告宣伝費、備品・仕入などを合計した、「事業のスタート時点までに必要な資金の目安額」を指します。開業場所や物価などによって価格が変動するため、あくまで参考金額としてご活用ください。
※開業資金総額には、独立後発生する運転資金やロイヤリティ等の費用は含まれておりません
※募集企業の契約内容が変更された場合、記載している金額も変わる可能性があります。
※価格変動によって、記載している額よりも安くなる可能性も、高くなる可能性もあります。また、広告表記と実際の契約金額が異ならないか、ご自身でも慎重にチェックをしてください

最低自己資金の目安とは?

最低自己資金の目安とは、融資などの借入金を除く「独立開業のために自分で用意する資金の目安額」のことを指します。掲載企業が融資などのサポートを行うために、最低でも用意しておきたい目安の金額とも言えます。
※最低自己資金の目安はあくまで参考金額であり、独立開業できることを保証するものではありません。
※実際に独立される際は、不測の事態を考慮し、余裕を持った資金計画を立てられることをお勧めします。

実際の開業例とは?

実際の開業例とは、既に独立しているオーナー or 直営店の、実際の収益実績や開業時の資金などの一例を指します。独立する業態、開業エリアや年数、従業員数によっても収益は変わってきます。あくまで参考値としてご覧ください。

まずは無料会員登録!
お気に入り登録・まとめて資料請求など便利な機能が使えます

よく利用されている検索条件

dokuritsu_word_M50.htm

ネットショップ業界で独立開業をするには?

ネットショップ業界とは

ネットショップ業界とは、インターネットを介して通販事業を行う業界です。EC業界とも呼ばれます。

スマートフォンの普及により、ネットショップの利用が幅広い年代に広がっています。「よくわからないから使わない」とネットショップを敬遠する人は減り、利用頻度も高くなりました。

ネットショップを始める方法は、Amazonや楽天市場などの「ECモール」に出店する方法と、オリジナルのショップを開く「自社EC」の2つに分かれます。

ECモールは手軽に出店ができモールの集客力をそのまま活用できるメリットがある反面、自由度は低めで販売手数料もかかります。

自社ECはショップ(サイト)構築・保守の手間がかかる、集客が難しいなどのデメリットはあるものの、手数料がかからず利益率が高くなりやすいです。

ネットショップ事業のフランチャイズを選ぶポイントは?

ネットショップ事業を行う会社の中には、フランチャイズ・代理店を募っているところもあります。

フランチャイズや代理店に加盟することで、その企業(本部)のノウハウや仕入れルートなどを提供してもらえます。個人では取り扱えない商品を扱うことができたり、仕入れの単価が安いといったスケールメリットを得られやすかったりするため、未経験の人でも、比較的手軽にネットショップ事業にチャレンジできるでしょう。

ネットショップのフランチャイズ・代理店を選ぶ際は、扱う商材や本部の実績、提供されるサポートなどを俯瞰して比較しましょう。

社会のトレンドやニーズも考えなければなりませんが、自分の好きな商材や知識のある商材を扱う方が、成功しやすく事業を楽しみながら進めていけるでしょう。

これらの条件から加盟候補をピックアップしたら、ロイヤリティ(費用)やサポート内容、加盟店数と撤退率などもチェックしていきます。

ネットショップの需要や将来性

ネットショップが幅広い層に普及しているのは先述の通りです。コロナ禍により、この流れに拍車がかかったといえます。

グラフはコロナ禍前後のAmazonの利用頻度を比較したものです。コロナ禍前は2~3ヵ月に1回が最多でしたが、コロナ禍後は月に1回が最多となりました。月に2~3ヵ月という高頻度で利用する人も急増しています。

コロナ禍は半ば収束しましたが、利用頻度が急激に下がることはないでしょう。コロナ禍をきっかけに、ネットショップの便利さに気がついたからです。

何より、今後はネットショップをはじめとするデジタル・インターネットサービスに抵抗のないZ世代(1980年~1990年代半ば頃に生まれ、物心ついた頃からデジタル・インターネットが身近だった世代)が経済の中心となっていきます。

社会の流れを見ると、ネットショップへのニーズは今後ますます高まっていくといえるでしょう。

ネットショップのフランチャイズ案件に関してよくある質問

Q1.どんな人が加盟し、オーナーになっているの?

A1.未経験で加盟する人、副業からはじめる人が多いです。

マーケティングの経験がある人は、フランチャイズや代理店ではなく、自分でショップを開くことが多いでしょう。

ネットショップはPC一台ではじめられること、スキマ時間に作業を進めていけることから、副業としても人気です。

Q2.開業資金はどのくらい必要?

A2.加盟するフランチャイズや扱う商材にもよりますが、開業資金は30万円未満で済むことも多いようです。ネットショップは実店舗と異なり、店舗用の土地と建物が必要ないからです。

Q3.開業までにどのくらいの期間がかかるの?

A3.加盟するフランチャイズや扱う商材にもよりますが、実店舗が必要ないため比較的短期間で開業できるでしょう。

ネットショップ業界の市場動向

グラフはEC事業の市場規模を分野別にまとめたものです。このうち、一般的なネットショップは青色の「物販系分野BtoC-EC」にあたります。2013年以来、着実に成長していることがわかるでしょう。

先述の通り、コロナ禍を機にネットショップへの需要は急増しました。Z世代の台頭もあり、今後もネットショップ市場は加速度的に成長していくでしょう。

ネットショップ事業での開業は社会の流れを捉え、スモールスタートすることが大切

ネットショップへのニーズは今後も高まっていくでしょう。ニーズが高まるということはチャンスでもありますが、ライバルが増えることも予測されます。社会の流れを捉えること、分析と改善をくり返すことで、ライバルからリードしていけるでしょう。

ただ、焦りは禁物です。はじめから在庫を大量仕入れしたり、お金をかけてリッチなECサイトを開いたりすると、失敗したときの損害が甚大になります。

特にネットショップやマーケティングに慣れていないなら、スモールスタートし、試行錯誤しながらショップを拡大していきましょう。

フランチャイズや代理店を活用するのもひとつの手です。実績のある本部からサポートを受けることで、経験不足を補えるでしょう。

フランチャイズでの開業を考えているなら、気になるチェーンの資料を取り寄せ、複数の企業の説明会には積極的に行ってみることです。初期費用やサポートの内容など、まずは小さくはじめられること、効率よく知識を身につけていけることを確認しましょう。

※23年11月時点の情報です

dokuritsu_bottom.htm
common_bottom.htm
common_footer_middle.htm
ページの先頭へ
業種から独立・開業・起業・フランチャイズを探す
エリアから独立・開業・起業・フランチャイズを探す
common_footer_bottom.htm
スマートフォン向け表示
dokuritsu_bodybottom.htm
src_common_bottom.htm
src_dokuritsu_bottom.htm