dokuritsu_bodytop.htm
common_top.htm
独立、開業、フランチャイズTOP フランチャイズ 美容サロン・ボディメイク リラクゼーションサロン・エステ フランチャイズ×リラクゼーションサロン・エステ×田舎暮らしの独立・開業情報一覧
dokuritsu_top.htm

フランチャイズ×リラクゼーションサロン・エステ×田舎暮らしに関する独立、開業、フランチャイズ情報を探す

エリアの選択・変更
業種を選択
該当1
条件クリア
業種の選択・変更
エリアを選択
  • 小売・コンビニ
  • 飲食店・デリバリー・テイクアウト
  • 塾・スクール
  • 便利屋・修理(リペア)・クリーニング
  • 介護・福祉・就労支援
  • 美容サロン・ボディメイク
  • IT関連・通信・情報・スマホ
  • 買取・リサイクル
  • 各種サービス
該当1
条件クリア
エリア
指定なし
業種
契約タイプ
年収例
最低自己資金
キーワード
仕事
事業
収益
ライフスタイル
「独立スタイル」から選ぶ
その他
該当1
詳しい条件を指定する
list_main_top.htm
      
  • 株式会社TSUKUBITO
  • 買取大吉 / 株式会社エンパワー
  • 株式会社シルバーライフ/高齢者向け宅配弁当 まごころ弁当・配食のふれ愛・宅食ライフ
  • Goo-it! /株式会社LHS

<PR>

アントレに掲載する「契約時に支払う費用」はあくまで目安であり、実際と異なる場合がございます。事前に各企業にお確かめください。

dokuritsu_main_top.htm
  • <PR>
    フランチャイズ買取・リサイクルの独立開業案件

    4年で200店舗超!3人に1人が多店舗を経営!自由度の高い経営ができる買取店

    買取店WAKABA(わかば) / 株式会社フォーナインのフランチャイズ・独立開業 買取店WAKABA(わかば) / 株式会社フォーナインのフランチャイズ・独立開業 買取店WAKABA(わかば) / 株式会社フォーナインのフランチャイズ・独立開業

    2年目&2店舗で年間粗利1.8億円!(関西)
    長く安定して稼げる理由、説明会で大公開!

    「WAKABA(わかば)」の強みは、勝てる立地と集客戦略にあり!過去最高粗利を達成する店舗が続々!初月から高い収益性で投資回収は平均8ヵ月!低コストながら手厚いサポート体制で2等立地でも安定収益が可能に!

    • 1人で開業
    • 未経験からスタート
    • 副業からスタート
    • 法人新規事業向け
    対象地域
    北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国、四国、九州・沖縄
1件該当しました 1~1件の独立開業情報を表示
前へ 1 次へ
  • フランチャイズリラクゼーションサロン・エステの独立開業案件

    収益性の高さでわずか7年で全国250店舗に/リラクゼーションサロン ヴィラ

    株式会社ヴィラのフランチャイズ・独立開業 株式会社ヴィラのフランチャイズ・独立開業 株式会社ヴィラのフランチャイズ・独立開業

    今の年収+1300万円も!(※愛知県/路面店)
    8割が副業開業!うち3割が法人会社設立!

    8割のオーナー様が副業で活躍する、アジアンリラクゼーションサロンの経営です。日々の店舗運営はスタッフが行います。オーナー様は週に1、2回ほどお店に出向いて経営する程度なので、副業でも十分活躍できます。

    • 田舎暮らし
    • 未経験からスタート
    • 副業からスタート
    • 複数店舗経営で稼ぐ
    対象地域
    北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国、四国、九州・沖縄
    最低自己資金の目安

    300万円

    実際の開業例

前へ 1 次へ
dokuritsu_main_bottom.htm
list_main_bottom.htm
開業資金総額とは?

アントレ広告における開業資金総額とは、加盟金・研修費・保証金などの費用に加え、物件取得費、各種工事費、広告宣伝費、備品・仕入などを合計した、「事業のスタート時点までに必要な資金の目安額」を指します。開業場所や物価などによって価格が変動するため、あくまで参考金額としてご活用ください。
※開業資金総額には、独立後発生する運転資金やロイヤリティ等の費用は含まれておりません
※募集企業の契約内容が変更された場合、記載している金額も変わる可能性があります。
※価格変動によって、記載している額よりも安くなる可能性も、高くなる可能性もあります。また、広告表記と実際の契約金額が異ならないか、ご自身でも慎重にチェックをしてください

最低自己資金の目安とは?

最低自己資金の目安とは、融資などの借入金を除く「独立開業のために自分で用意する資金の目安額」のことを指します。掲載企業が融資などのサポートを行うために、最低でも用意しておきたい目安の金額とも言えます。
※最低自己資金の目安はあくまで参考金額であり、独立開業できることを保証するものではありません。
※実際に独立される際は、不測の事態を考慮し、余裕を持った資金計画を立てられることをお勧めします。

実際の開業例とは?

実際の開業例とは、既に独立しているオーナー or 直営店の、実際の収益実績や開業時の資金などの一例を指します。独立する業態、開業エリアや年数、従業員数によっても収益は変わってきます。あくまで参考値としてご覧ください。

まずは無料会員登録!
お気に入り登録・まとめて資料請求など便利な機能が使えます

よく利用されている検索条件

dokuritsu_word_Y1100.htm
dokuritsu_word_M46.htm

リラクゼーションサロン業界で独立開業をするには?

リラクゼーションサロン業界とは

リラクゼーションサロンとは、心身の緊張をほぐし、リフレッシュすることを目的としたサロンです。ストレッチや指圧などの施術を、落ち着いた雰囲気の部屋で受けることで心身をリラックスさせます。そのため、心地よい音楽や香りなどの雰囲気づくりが重要です。
リラクゼーションのための施術はサロンごとにさまざまで、スタッフの手で施術する店舗もあれば、マシンや設備を顧客に使用させる店舗もあります。酸素カプセルや岩盤浴などが、設備メインのサロンです。

リラクゼーションサロンのフランチャイズを選ぶポイントは?

リラクゼーションサロンの中には、フランチャイズ展開をしているチェーンも多いです。フランチャイズに加盟すれば、そのチェーンのブランド力を活かして集客したり、サロン運営に必要なノウハウや設備・道具を提供してもらったりできます。
リラクゼーションサロンのフランチャイズを選ぶ際、まずはどんなサロンを開きたいかを考えましょう。先述の通り、リラクゼーションサロンには指圧・ストレッチ・酸素カプセル・岩盤浴などさまざまな種類があります。どんなサロンを開くかにより、かかる費用も必要な資格・人材も変わってくるでしょう。
ほかには費用とサポートのバランス、加盟店数と撤退率、チェーンの評判などが重要です。特に評判は重要で、顧客にとってサロン選びの大きな指標となります。

リラクゼーションサロンの事業の需要や将来性

詳しくは後述しますが、リラクゼーション事業はコロナ禍により大きな打撃を受けました。対面・密が前提のサービスだからです。
しかし、2021年からは回復が予測され、2023年からは本格的な回復が見込まれるでしょう。
自粛生活でたまったストレスを癒すために、リモートワークで運動時間が減り、不調をきたした身体を癒すために、リラクゼーションを求める人は増えていくと考えられます。心身の健康への関心の高まりもあり、リラクゼーションサロンの将来は明るいかもしれません。

リラクゼーションサロンのフランチャイズ案件に関してよくある質問

リラクゼーションサロンのフランチャイズ案件に関してよくある質問をまとめて紹介します。フランチャイズでの開業に不安のある方は、参考にしてみてください。
Q1.どんな人が加盟し、オーナーになっているの?
A1.経験を活かして独立する人もいますが、フランチャイズ加盟では未経験の人も多いです。エステ・サロン系のフランチャイズオーナが店舗に立たず、経営に専念する人も多く、多店舗に成功するケースも少なくありません。

Q2.開業資金はどのくらい必要?
A2.加盟するフランチャイズにもよりますが、開業費用は500万~1,000万円ほどといわれています。

Q3.開業までにどのくらいの期間がかかるの?
A3.加盟するフランチャイズにもよりますが、意思決定から開業までの期間は比較的短いといわれています。ただし、サロンの種類によっては物件選定、人材確保や設備の準備に時間がかかるでしょう。

リラクゼーションサロン業界の市場動向

グラフはリラクゼーション・温浴ビジネスの市場規模の推移と予測を示したものです。コロナ感染者が国内ではじめて確認された2019年から2020年にかけてはかなりの打撃を受けましたが、翌2021年には回復が予測されています。
先述の通り、新しい生活様式により人々は心身ともに疲れがたまっています。健康やオーガニックへの関心の高まりもあり、リラクゼーションに興味をもつ人は今後ますます増えていくでしょう。

リラクゼーションサロンの開業は業態選びが重要

リラクゼーションサロンと一口に言っても、指圧のようなスタッフによる施術メインのものもあれば、岩盤浴のような設備メインのものもあります。
どんなリラクゼーションが求められているのかは、地域ごとに異なります。リラクゼーションサロンを開く際は立地や業態選び、戦略などをしっかり考えなくてはなりません。
まずはどんな業態で開業するのか、社会情勢や地域特性も踏まえてしっかりと考えましょう。フランチャイズに加盟するなら、いろいろなチェーンの説明会に行ってみることで、業界への理解も深まっていくはずです。

※23年10月時点の情報です

エステ業界で独立開業をするには?

エステ業界とは

エステティック業とは、「手技または化粧品・機器等を用いて、人の皮膚を美化し、体型を整えるなどの指導又は施術」を行う業種です。これを提供する業界をエステ業界といいます。
エステ業界はコロナ禍により業界規模が縮小してしまいましたが、新しいサービスの登場やM&Aなどが盛んになり、業界全体が盛り返しつつあります。
加盟するフランチャイズによりますが、エステ業界でのフランチャイズ開業は比較的コストを抑えやすいです。店舗物件を本部が用意してくれる場合もあり、この場合は開業コストをかなり抑えられます。

エステのフランチャイズを選ぶポイントは?

フランチャイズに加盟すれば、そのチェーンのブランド力を活かして集客したり、サロン運営やサービス提供に必要なノウハウを共有してもらったりできます。
エステのフランチャイズを選ぶ際は知名度やサポートの充実度、そのチェーンの集客力などをチェックしましょう。顧客にとってチェーンの口コミや評判は重要であり、集客にも大きく影響します。
また、加盟チェーンによっては本部が指定するマシンを購入しなければならないこともあります。このようなマシンの中には高額な割に安全性や機能性が低いものもあり、マシンについてもしっかり調べなくてはなりません。
ほかにも、加盟店数や撤退率、かかるコストなどについてもきちんと確認しましょう。

エステの事業の需要や将来性

エステ事業はコロナ禍による打撃はありましたが、しかし、詳しくは後述しますがエステ業界の市場規模は2023年から徐々に回復していく見込みです。
また、これまでエステサロンのメイン顧客は女性であったのに対し、近年では男性からの需要も増えてきました。特に20代、30代男性の脱毛サロンへの関心は急速に高まっており、新たな客層が開拓されている状態です。
メンズエステへの関心の高まり、客層の若年化など、将来の見通しを明るくする材料も多いです。

エステのフランチャイズ案件に関してよくある質問

エステ事業のフランチャイズ案件に関してよくある質問をまとめて紹介します。フランチャイズでの開業に不安のある方は、参考にしてみてください。

Q1.どんな人が加盟し、オーナーになっているの?
A1.業界未経験で加盟する人もいますが、前職の経験を活かして独立する人も多いです。未経験でもフランチャイズであれば比較的開業しやすいこと、開業資金を抑えやすいことから人気の業種といえます。

Q2.開業資金はどのくらい必要?
A2.加盟するフランチャイズにもよりますが、開業時には数百万~1,000万円ほどの資金が必要になることが多いです。

Q3.開業までにどのくらいの期間がかかるの?
A3.加盟するフランチャイズにもよりますが、意思決定から開業までの期間は、最短1カ月ほどと考えておくといいでしょう。

エステ業界の市場動向

グラフは株式会社矢野経済研究所画調査したエステ業界の市場規模の推移です。新型コロナウイルスの国内感染がはじめて確認された2019年から、緊急事態宣言の発令や新しい生活様式の浸透によりエステ業界の市場規模は縮小規模にありました。
しかし、2023年には微増ではあるものの回復が見込まれています。収束が見えたこともそうですが、先述の通り、男性や若年層の関心の高まりやセルフエステなど新しいサービス展開が増え始めたことが大きく影響しているのでしょう。
このような状況から今後も回復傾向は続くと見込まれます。ぜひ、自分がオーナーとして活躍したいエステ業界を見極めるためにもフランチャイズ本部を比較検討することをおすすめします。実際にエステを体験してみるのも良いでしょう。

※23年7月時点の情報です。

dokuritsu_bottom.htm
common_bottom.htm
common_footer_middle.htm
ページの先頭へ
業種から独立・開業・起業・フランチャイズを探す
エリアから独立・開業・起業・フランチャイズを探す
common_footer_bottom.htm
スマートフォン向け表示
dokuritsu_bodybottom.htm
src_common_bottom.htm
src_dokuritsu_bottom.htm