dokuritsu_bodytop.htm
common_top.htm
独立、開業、フランチャイズTOP フランチャイズ 飲食店・デリバリー・テイクアウト テイクアウト・デリバリー フランチャイズ×テイクアウト・デリバリー×地域密着の仕事の独立・開業情報一覧
dokuritsu_top.htm

フランチャイズ×テイクアウト・デリバリー×地域密着の仕事に関する独立、開業、フランチャイズ情報を探す

エリアの選択・変更
業種を選択
該当1
条件クリア
業種の選択・変更
エリアを選択
  • 小売・コンビニ
  • 飲食店・デリバリー・テイクアウト
  • 塾・スクール
  • 便利屋・修理(リペア)・クリーニング
  • 介護・福祉・就労支援
  • 美容サロン・ボディメイク
  • IT関連・通信・情報・スマホ
  • 買取・リサイクル
  • 各種サービス
該当1
条件クリア
エリア
指定なし
業種
契約タイプ
年収例
最低自己資金
キーワード
仕事
事業
収益
ライフスタイル
「独立スタイル」から選ぶ
その他
該当1
詳しい条件を指定する
list_main_top.htm
      
  • 株式会社TSUKUBITO
  • 買取大吉 / 株式会社エンパワー
  • 株式会社シルバーライフ/高齢者向け宅配弁当 まごころ弁当・配食のふれ愛・宅食ライフ

<PR>

アントレに掲載する「契約時に支払う費用」はあくまで目安であり、実際と異なる場合がございます。事前に各企業にお確かめください。

dokuritsu_main_top.htm
  • <PR>
    フランチャイズ便利屋・修理(リペア)・クリーニングの独立開業案件

    ★継続売上で安定して稼げる★がっちりマンデーでも特集された掃除ビジネス

    株式会社カバーオールジャパンのフランチャイズ・独立開業 株式会社カバーオールジャパンのフランチャイズ・独立開業 株式会社カバーオールジャパンのフランチャイズ・独立開業

    全1017名の平均月収60万円(2024年)!
    仕事は本部が紹介!営業不要!研修充実!

    ★月平均1000万円の新規受注発生中!★全国1017名のFCオーナー平均月収60万円(2024年)!★仕事は本部が紹介!未経験でも安心!★事業継続率、満足度、最高レベルの信頼!★店舗不要!自宅・1人で開業OK!

    • 好きを仕事にする
    • 無店舗で開業
    • 集客力に自信あり
    • 夫婦で独立
    対象地域
    北海道、関東、東海、関西、中国、九州・沖縄
3件該当しました 1~3件の独立開業情報を表示
前へ 1 次へ
  • フランチャイズテイクアウト・デリバリーの独立開業案件

    全店舗行列を作る「甲賀米粉たい焼き」!来店1万人/月の実績(初月・高松)

    株式会社ジョインネクストのフランチャイズ・独立開業 株式会社ジョインネクストのフランチャイズ・独立開業 株式会社ジョインネクストのフランチャイズ・独立開業

    グルテンフリーで低カロリーの米粉たい焼き
    「みんなが安心のスイーツ」で社会貢献を!

    もちもちの食感で美味しい米粉たい焼きは、小麦アレルギーの方やダイエット中でも食べられる、他にはないスイーツ♪みんなを笑顔にできるから、社会貢献に繋がる!それがまた、売上となり収入になる!好循環です◎

    • 地域密着の仕事
    • 未経験からスタート
    • 法人新規事業向け
    • 商品に自信あり
    対象地域
    北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国、四国、九州・沖縄
    最低自己資金の目安

    110万円

    実際の開業例

    直営店実績
    ●滋賀県 2020年6月オープン
    ●オープン費用:500.0万円
    ※オーナーとして開業する場合、この他に加盟金等の本部に支払う費用が発生する場合があります。
    ●営業利益額(年額):620.0万円
    ※オープン1年目/1店舗/従業員5名

  • 掲載終了
    フランチャイズテイクアウト・デリバリーの独立開業案件

    アメリカで多くのマスコミにも取り上げられたサンドイッチチェーン/FC募集

    開業資金を大幅に抑えた新プラン登場!
    ホットサンドカフェ「バンクサンドイッチ」

    • 地域密着の仕事
    • 未経験からスタート
    • 法人新規事業向け
    • 一国一城の主になる
    対象地域
    北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国、四国、九州・沖縄
  • 掲載終了
    フランチャイズテイクアウト・デリバリーの独立開業案件

    22年のノウハウと実績!職人いらずのデリバリー専門寿司店「すし海道」

    地方都市でも1年で年収1080万円が可能に!
    「低コスト×高収益」の独自システムとは?

    • 地域密着の仕事
    • 未経験からスタート
    • 商品に自信あり
    • 40歳からの独立
    対象地域
    北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国、四国、九州・沖縄
前へ 1 次へ
dokuritsu_main_bottom.htm
list_main_bottom.htm
開業資金総額とは?

アントレ広告における開業資金総額とは、加盟金・研修費・保証金などの費用に加え、物件取得費、各種工事費、広告宣伝費、備品・仕入などを合計した、「事業のスタート時点までに必要な資金の目安額」を指します。開業場所や物価などによって価格が変動するため、あくまで参考金額としてご活用ください。
※開業資金総額には、独立後発生する運転資金やロイヤリティ等の費用は含まれておりません
※募集企業の契約内容が変更された場合、記載している金額も変わる可能性があります。
※価格変動によって、記載している額よりも安くなる可能性も、高くなる可能性もあります。また、広告表記と実際の契約金額が異ならないか、ご自身でも慎重にチェックをしてください

最低自己資金の目安とは?

最低自己資金の目安とは、融資などの借入金を除く「独立開業のために自分で用意する資金の目安額」のことを指します。掲載企業が融資などのサポートを行うために、最低でも用意しておきたい目安の金額とも言えます。
※最低自己資金の目安はあくまで参考金額であり、独立開業できることを保証するものではありません。
※実際に独立される際は、不測の事態を考慮し、余裕を持った資金計画を立てられることをお勧めします。

実際の開業例とは?

実際の開業例とは、既に独立しているオーナー or 直営店の、実際の収益実績や開業時の資金などの一例を指します。独立する業態、開業エリアや年数、従業員数によっても収益は変わってきます。あくまで参考値としてご覧ください。

まずは無料会員登録!
お気に入り登録・まとめて資料請求など便利な機能が使えます

よく利用されている検索条件

dokuritsu_word_Y1100.htm
dokuritsu_word_M41.htm

デリバリー業界で独立開業をするには?

デリバリー業界とは

フードデリバリーとは、飲食店の料理を配達するサービスのことです。コロナ禍により日本でも一気に普及が進みました。普通免許で対応できることがほとんどなので多くの人が開業しやすい業界と言えます。
フードデリバリーは飲食物を届けるビジネスではありますが、飲食物を提供するビジネスではありません。自社で店舗やメニューを持つことなく、飲食店とユーザーの間に立ってサービスを提供しています。

フードデリバリーのフランチャイズを選ぶポイントは?

フランチャイズに加盟すれば、そのチェーンのブランド力を活かして集客したり、店舗経営に必要なノウハウやシステムを提供してもらったりできます。
フードデリバリーのフランチャイズ選びにおいては、特に集客力が大切です。運んでいるのは自社以外の飲食店の商品であるため、自社で差別化できる部分は限られています。まずは配達対象である飲食店や、消費者にサービスを利用してもらう必要があるので、知名度はもちろん重要です。ほかには価格やUI(ユーザーインターフェース。アプリなどの操作画面のこと)などにもこだわり、加盟チェーンを選びたいです。
ほかには、初期費用やロイヤリティと本部からのサポートは見合っているか、配達エリアはどこか、競合はどのくらいかなどをチェックしましょう。

キッチンカーの事業の需要や将来性

フードデリバリーにとってなくてはならない飲食業界は、コロナ禍による打撃を大きく受けました。ただ、そこから新しく生まれたニーズを捉えるために、デリバリーに対応したお店は多いでしょう。
デリバリーを利用する人は増え、その利便性から「自分も使ってみようかな」と試してみる人が増え…、という好循環の末、フードデリバリーは今や広く浸透したといえます。

フードデリバリーを利用したことがある人は今や32%以上になりました。「普及率13.5%を超えたサービスは一気に浸透していく」というイノベーター理論に従うと、フードデリバリーは一般化し、利用するのが当たり前という社会になったといえます。
ミニマリストが増え、物よりも自分の時間を大切にする人が増えた現代の消費傾向は、タイムパフォーマンスが良いか(かけた時間に対する満足度の高さ)が重要視されます。今後もタイムパフォーマンス重視へとどんどん傾いていくでしょう 。
フードデリバリーは社会のニーズにマッチしたサービスであり、それゆえ将来性も高いといえます。

フードデリバリーのフランチャイズ案件に関してよくある質問

フードデリバリーのフランチャイズ案件に関してよくある質問をまとめて紹介します。フランチャイズでの開業に不安のある方は、参考にしてみてください。

Q1.どんな人が加盟し、オーナーになっているの?
A1.未経験で開業する人や副業として取り組む人が多いです。加盟するチェーンや利用するプラットフォームにもよりますが、自分のスケジュールに合わせて仕事を入れやすく、サイドビジネスとして取り組みやすいためです。

Q2.開業資金はどのくらい必要?
A2.加盟するフランチャイズにもよりますが、他業種と比べて必要コストは低いです。最低自己資金0円で加盟できるフランチャイズも見られます。

Q3.開業までにどのくらいの期間がかかるの?
A3.加盟するフランチャイズにもよりますが、他業種と比べてもかなり時間がかからない業種といえます。

デリバリー業界の市場動向

日本で新型コロナウイルスの感染がはじめて確認された2019年から、フードデリバリーの市場規模は大きく拡大しました。特に2020年から2021年にかけての成長が著しいです。
先述のイノベーター理論の通り、フードデリバリーは今や広く一般に浸透したサービスといえます。今後もサービスは定着し、安定市場であることはたしかでしょう。

フードデリバリーでフランチャイズ開業するなら、ユーザビリティと知名度が大切

フードデリバリーは「飲食物を届ける」という無形のサービスを提供しています。そのため、商品自体の差別化が難しく、ユーザビリティ(利用者にとっての使いやすさ)が大切です。
アプリや公式HPは見やすく操作しやすいか、利用料は適切かなど、ユーザーが気軽に利用できるかどうかをまずはチェックしましょう。もちろん、サービスの知名度も大切です。
フランチャイズでの開業を考えているなら、まずは有名チェーンの資料を取り寄せ、説明会に一通り参加してみましょう。説明会で詳しい話を聞くことで、そのサービスの特色や将来性についての理解が深まるはずです。自身がそのサービスを消費者として利用するのもおすすめです。何を重視したいかを明確にしながらフランチャイズの加盟先を検討しましょう。

※23年10月時点の情報です。

テイクアウト業界で独立開業をするには?

テイクアウト業界とは

テイクアウトとは飲食店の持ち帰りサービスのことですが、中にはテイクアウト専門のお店もあります。業態としてはファストフードやキッチンカーなどに近いでしょう。
テイクアウト専門店では客席が必要ないため、店舗の規模、言い換えると開業費・運営費を抑えられます。コロナ禍でニーズが拡大した業界でもあり、街中でテイクアウト専門店を見かける機会も増えたでしょう。
飲食はコロナ禍による打撃を大きく受けました。しかし、密を避けて運営できること、商品を自宅やオフィスなど好きな場所に持っていけることなどから、テイクアウト業界への影響は少なかったといわれています。

テイクアウト業界のフランチャイズを選ぶポイントは?

フランチャイズに加盟すれば、そのチェーンのブランド力を活かして集客したり、店舗経営に必要なノウハウ・システム・レシピを提供してもらったりできます。
テイクアウト専門店のフランチャイズ選びにおいては、お店の業態や特色を理解し、地域のニーズにマッチしたものを選ぶことが大切です。
たとえば同じオフィス街のお店でも、女性客が多いならテイクアウトのサンドイッチ専門店などが流行りやすいでしょう。しかし、男性客メインならテイクアウト専門店よりも、テイクアウト対応の牛丼屋の方がいいかもしれません。
ほかにも、初期費用やロイヤリティと本部からのサポートは見合っているか、加盟店数や撤退率はどのくらいかなどをチェックしましょう。

テイクアウトの事業の需要や将来性

コロナ禍への打撃が少なかったと言えるテイクアウト専門店ですが、社会が落ち着きを取り戻した後でもニーズが拡大していくと考えられます。
コロナ禍により飲食店でテイクアウトを利用する人も、テイクアウト対応の飲食店も増えました。テイクアウト専門店も普及し、利用するハードルは下がったといえます。
以前の社会では「ランチをみんなで食べに行く」「ときどきは会社で飲み会したい」という考え方が一般的でしたが、コロナ禍を経て人々の考え方は変わりました。
「テイクアウトでおいしいものを手軽に食べたい」「仕事終わりは好きなメニューをテイクアウトして、家で好きな動画でも観ながらゆっくり食べたい」という人も増えています。
テイクアウト専門店はこれらのニーズにマッチした業態です。客席がない分コストも抑えやすく、価格競争においては通常の飲食店よりも有利と言えるかもしれません。

テイクアウトのフランチャイズ案件に関してよくある質問

テイクアウト事業のフランチャイズ案件に関してよくある質問をまとめて紹介します。フランチャイズでの開業に不安のある方は、参考にしてみてください。

Q1.どんな人が加盟し、オーナーになっているの?
A1.飲食業での経験を活かして開業する人も多いですが、未経験で開業する人もいます。他の飲食業にコストを抑えやすいためリスクも低く、開業しやすいからかもしれません。

Q2.開業資金はどのくらい必要?
A2.加盟するフランチャイズにもよりますが、取得する物件や立地の変動はあるものの、開業時には数十万~数百万円の資金が必要になることが多いです。最低自己資金0円で加盟できるチェーンも見られます。

Q3.開業までにどのくらいの期間がかかるの?
A3.加盟するフランチャイズにもよりますが、通常の飲食店よりも早く開業できることが多いです。必要な土地面積が少なく、物件選びの幅が広がるためです。

テイクアウト業界の市場動向

グラフは外食業態におけるテイクアウトの市場規模を表したものです。国内ではじめて新型コロナウイルスの感染が確認された2019年以降、イートインの利用は減少していますが、テイクアウトは上昇しています。
2021年にはイートインの利用減によるダメージを、テイクアウトとデリバリーがカバーし、全体で見ると市場規模が微増しています。2023年からはイートインの需要も高まることが想定されているため市場自体は今後も堅調と言えます。
開業時はテイクアウト専門店か、テイクアウトにも力を入れたお店かは慎重に選ばなければなりませんが、今後もテイクアウトへの安定した需要があると考え、業態を選ぶべきでしょう。

テイクアウト専門店でフランチャイズ開業するなら、地域のニーズを捉えることが大切

テイクアウト専門店は客席がない分、店舗の規模も人員も抑えやすいです。コスト(≒リスク)を抑えて開業できるのが魅力ですが、立地と業態は慎重に選ばなくてはなりません。
地域のニーズとお店のコンセプトがマッチしていないと、お客さんはなかなか確保できないでしょう。
フランチャイズでの開業を考えているなら、まずは幅広い業態のチェーンの資料を請求してみてください。比較検討のうえ説明会に一通り参加してみるのもおすすめです。説明会で詳しい話を聞くことで、そのチェーンの特色や、どんな地域にどんな業態がマッチするのかが見えてくるはずです。自分が叶えたいテイクアウトのお店を確定させるためにも自らの情報収集・比較検討が肝心です。

※23年10月時点の情報です。

dokuritsu_bottom.htm
common_bottom.htm
common_footer_middle.htm
ページの先頭へ
業種から独立・開業・起業・フランチャイズを探す
エリアから独立・開業・起業・フランチャイズを探す
common_footer_bottom.htm
スマートフォン向け表示
dokuritsu_bodybottom.htm
src_common_bottom.htm
src_dokuritsu_bottom.htm