dokuritsu_bodytop.htm
common_top.htm
独立、開業、フランチャイズTOP フランチャイズ 飲食店・デリバリー・テイクアウト カレー フランチャイズ×カレー×1人で開業の独立・開業情報一覧
dokuritsu_top.htm

フランチャイズ×カレー×1人で開業に関する独立、開業、フランチャイズ情報を探す

エリアの選択・変更
業種を選択
該当1
条件クリア
業種の選択・変更
エリアを選択
  • 小売・コンビニ
  • 飲食店・デリバリー・テイクアウト
  • 塾・スクール
  • 便利屋・修理(リペア)・クリーニング
  • 介護・福祉・就労支援
  • 美容サロン・ボディメイク
  • IT関連・通信・情報・スマホ
  • 買取・リサイクル
  • 各種サービス
該当1
条件クリア
エリア
指定なし
業種
契約タイプ
年収例
最低自己資金
キーワード
仕事
事業
収益
ライフスタイル
「独立スタイル」から選ぶ
その他
該当1
詳しい条件を指定する
list_main_top.htm
      
  • 株式会社TSUKUBITO
  • 買取大吉 / 株式会社エンパワー
  • 株式会社シルバーライフ/高齢者向け宅配弁当 まごころ弁当・配食のふれ愛・宅食ライフ
  • Goo-it! /株式会社LHS

<PR>

アントレに掲載する「契約時に支払う費用」はあくまで目安であり、実際と異なる場合がございます。事前に各企業にお確かめください。

dokuritsu_main_top.htm
  • <PR>
    フランチャイズ各種サービスの独立開業案件

    2023年「不動産売買仲介部門FC店舗数」No.1の成功ノウハウを伝授

    株式会社ハウスドゥ住宅販売のフランチャイズ・独立開業 株式会社ハウスドゥ住宅販売のフランチャイズ・独立開業 株式会社ハウスドゥ住宅販売のフランチャイズ・独立開業

    脱サラ未経験&法人新規に最適です!
    不動産ビジネス -ハウスドゥ-

    総合不動産業を全国展開する東証プライム市場上場の本部です。業界の不透明性に徹底した情報開示で風穴を開け、業界を先駆けたハウス・リースバックで急拡大を実現。直営店で培った立証済みノウハウを伝授します。

    • 在庫を持たない
    • 未経験からスタート
    • 一国一城の主になる
    • 複数店舗経営で稼ぐ
    対象地域
    北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国、四国、九州・沖縄
2件該当しました 1~2件の独立開業情報を表示
前へ 1 次へ
  • フランチャイズカレーの独立開業案件

    神田カレーGPにて史上初の殿堂入り!メディアも注目!「日乃屋カレー」

    有限会社ノアランド/日乃屋カレーのフランチャイズ・独立開業

    この時期でも黒字店舗・新規出店続々!
    低資金開業/月収100万円超!(東京/11坪)

    • 1人で開業
    • わずか数坪で開業
    対象地域
    北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国、四国、九州・沖縄
    最低自己資金の目安

    300万円

    実際の開業例

    加盟店実績
    ●東京都 2015年7月開業(40代/男性)
    ●用意した自己資金:300.0万円
    ●年間所得額:1020.0万円
    ※開業3年目/1店舗/従業員8名…他1件掲載中!

  • 掲載終了
    フランチャイズカレーの独立開業案件

    本格カレー専門店【SPICE DREAM】バーチャルレストラン/既存店併設も歓迎!

    ★大人気カレー店の味を今すぐ提供できる★
    仕込10分&盛付1分で月収60万円(単価590円)

    • 1人で開業
    • 法人新規事業向け
    対象地域
    北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国、四国、九州・沖縄
前へ 1 次へ
dokuritsu_main_bottom.htm
list_main_bottom.htm
開業資金総額とは?

アントレ広告における開業資金総額とは、加盟金・研修費・保証金などの費用に加え、物件取得費、各種工事費、広告宣伝費、備品・仕入などを合計した、「事業のスタート時点までに必要な資金の目安額」を指します。開業場所や物価などによって価格が変動するため、あくまで参考金額としてご活用ください。
※開業資金総額には、独立後発生する運転資金やロイヤリティ等の費用は含まれておりません
※募集企業の契約内容が変更された場合、記載している金額も変わる可能性があります。
※価格変動によって、記載している額よりも安くなる可能性も、高くなる可能性もあります。また、広告表記と実際の契約金額が異ならないか、ご自身でも慎重にチェックをしてください

最低自己資金の目安とは?

最低自己資金の目安とは、融資などの借入金を除く「独立開業のために自分で用意する資金の目安額」のことを指します。掲載企業が融資などのサポートを行うために、最低でも用意しておきたい目安の金額とも言えます。
※最低自己資金の目安はあくまで参考金額であり、独立開業できることを保証するものではありません。
※実際に独立される際は、不測の事態を考慮し、余裕を持った資金計画を立てられることをお勧めします。

実際の開業例とは?

実際の開業例とは、既に独立しているオーナー or 直営店の、実際の収益実績や開業時の資金などの一例を指します。独立する業態、開業エリアや年数、従業員数によっても収益は変わってきます。あくまで参考値としてご覧ください。

まずは無料会員登録!
お気に入り登録・まとめて資料請求など便利な機能が使えます

よく利用されている検索条件

dokuritsu_word_Y1100.htm
dokuritsu_word_M19.htm

カレーで独立開業をするには?

カレー業界とは

飲食業界には、ラーメン屋や鮨屋、弁当屋などさまざまな業態があります。
そんな中、スパイスをふんだんに使って作るカレーは、昨今のオーガニックブームや健康ブームにマッチする料理といえます。スパイスたっぷりのカレーを食べることで体の内側から温まり、汗をかくことで老廃物が排出され心も体もスッキリすると感じる方もいることでしょう。
健康意識が高まる現代において、カレーにあらためて注目する人、本格的なカレーが食べたいと感じる人が増えているのです。

カレー屋のフランチャイズを選ぶポイントは?

カレー屋の中には、フランチャイズ展開をしているチェーンもあります。フランチャイズに加盟すれば、そのチェーンのブランド力を活かして集客できるのはもちろん、レシピや店舗運営のノウハウも提供してもらえます。チェーンによっては、セントラルキッチンで調理された食材やルーなども提供してもらえるでしょう。
カレー屋のフランチャイズに加盟するなら、これらのサポートの充実度と自由度をまずはチェックしたいです。未経験から開業するならサポート重視、経験を活かしたいなら自由度重視がいいでしょう。
加盟候補をいくつかピックアップしたら、各本部に、そのチェーンのリスクやデメリットについても聞いてみましょう。加盟する前にどのようなリスクがあるかを想定しておくのは重要です。リスクに対してどのようなサポートがあるのかを事前に知ることで信頼できるパートナー選びの助けになることでしょう。

カレー屋の事業の需要や将来性

先述の通り、健康意識の高まりやオーガニックブームなど、カレー屋にとって追い風となる要素は多いです。カレーは家庭料理の代表格ともいえる料理で、万人にとって親しみ深いものであるのも大きいでしょう。
何より、飲食事業には普遍的なニーズがあります。普遍的なニーズがある飲食業界の中の、現代社会のニーズにマッチしたカレー屋は安定業界といえるでしょう。
もちろん、飲食業界には新規参入者が多く、ライバル店との競争も激しいです。ただ、カレーの場合、テイクアウトニーズに応えられるため、その点は幅広い層に受け入れられやすいと言えるでしょう。
社会の動きや消費者のニーズ、地域特性などをよく調べ、それに合った戦略を立てることが大切です。

カレー屋のフランチャイズ案件に関してよくある質問

カレー屋のフランチャイズ案件に関してよくある質問をまとめて紹介します。フランチャイズでの開業に不安のある方は、参考にしてみてください。

Q1.どんな人が加盟し、オーナーになっているの?
A1.飲食業の経験を活かして開業する人もいますが、飲食業の就労経験がなくてもフランチャイズ加盟する人もいます。飲食業は比較的独立しやすく、フランチャイズの募集も多いです。
店舗運営をスタッフに任せ、自分は経営に集中するオーナーもいれば、一国一条の主として店に立つオーナーもいます。加盟チェーンを選ぶ際は、自分はどのタイプのオーナーになりたいのかを考えることも重要です。

Q2.開業資金はどのくらい必要?
A2.加盟するフランチャイズや店舗の規模・立地にもよりますが、開業資金は店舗関連の費用を含め、数千万円ほどになるでしょう。費用を抑えたい場合は、店舗の規模や立地を工夫することになりますが、集客しやすさとのバランスも考えなければなりません。

Q3.開業までにどのくらいの期間がかかるの?
A3.加盟するフランチャイズにもよりますが、店舗を構える必要があるため数ヵ月~半年以上の準備期間が必要でしょう。物件取得時にカレーの匂いを気にする店舗もあるため、余裕を持った物件取得期間を持つと安心です。

カレー業界の市場動向

グラフは飲食業界の市場規模の推移をまとめたものです。飲食業界全体としてはコロナ禍により大きな打撃を受けましたが、2021年から少しずつ回復しています。
では、カレー屋はどうでしょうか。

上のグラフは家庭において消費されるカレーの種類を示したものです。ルーよりもお店に近い味、本格的な味を楽しめるレトルトがじわじわと伸びてきているのがわかります。
また、下のグラフはカレー屋の利用状況と潜在需要についてまとめたものです。

カレー屋をよく利用しているという層は少ないですが、潜在的な需要を持つ層は多いです。潜在層にいかにアプローチできるかが、カレー屋運営の肝となるでしょう。
本部がマーケティングにどのくらい力を入れているのか、潜在層の目に付きやすい場所かなどを重視し、チェーンや立地を選ぶと良いです。

カレー屋のフランチャイズ加盟では、集客・リピーター獲得を重視しよう

外食業界は業態の種類が豊富なため競合も多いです。最近ではデリバリー専門店やキッチンカーなどへの注目も高まり、飲食店の多角化が進みました。
そんな中にあって注目を集めるのが、家庭料理の代表格ともいうべきカレーです。お店で食べる本格カレーは家庭のものと全く異なるため、興味を持っている人も多いでしょう。健康・オーガニックブームにも、スパイスをふんだんに使うカレーはマッチしています。
カレー屋の運営を成功させるには、潜在層にいかにアプローチするかが大切です。潜在層の食指を刺激する工夫はあるのか、新規客をリピーターに育てるための仕組みはあるのかなどを軸に、加盟チェーンを選びましょう。
気になるチェーンを見つけたら、まずは説明会に行ってみましょう。説明会で詳しい話を聞くことで、社会の流れや地域特性を踏まえた戦略を考えやすくなります。どんなチェーンにどんな仕組みがあるのか、なるべく多くの説明会に参加してみましょう。

※23年6月時点の情報です。

dokuritsu_bottom.htm
common_bottom.htm
common_footer_middle.htm
ページの先頭へ
業種から独立・開業・起業・フランチャイズを探す
エリアから独立・開業・起業・フランチャイズを探す
common_footer_bottom.htm
スマートフォン向け表示
dokuritsu_bodybottom.htm
src_common_bottom.htm
src_dokuritsu_bottom.htm