独立・開業・起業に必要なサービスやツール情報ページです。
※ フランチャイズや代理店の募集情報ではありません

シェアオフィス・コワーキングスペース・バーチャルオフィス コラム

サービス詳細

シェアオフィスは、一般に、入居する企業がビルオーナーとは直接契約をせず、シェアオフィスを企画した企業がビルを借り受け、入居企業はシェアオフィス企画企業とオフィス使用に関する契約締結をおこないます。また、特徴としては、コワーキングスペースも同様ですが、入居者にそれぞれ、共有のオフィススペースが提供されます。

ポイント

起業家にとってのメリットとして、シェアオフィス等を利用した起業は一般のオフィス物件を借りる場合と比較して、なんといってもコスト削減と立派な設備やインフラの両立であり、特に、高単価商材を扱う士業・コンサルティング業やエージェント業等ではスタートアップ期ではメリットが大きいと言えます。これらのメリットは単に設備の充実(会議室・備品類等)だけでなく登記を含むアドレスの使用や電話の転送等も可能にし、スタートアップ期の最大の懸念である信用を補うものとなります。

相場観

シェアオフィスの賃料は、一般のオフィスの物件契約と比較して初期費用が大幅に削減できる可能性が高いことです。最近では多様なコンセプトやグレード等が異なったシェアオフィスが登場しているため様々ですが、概ね賃料の1~2ヶ月程度の初期費用で契約が可能なケースが多いです。これは、一般に実務を行う場所が個室ではなくオープンスペースとなっているコワーキングスペースや、実際にオフィスを借りることなく住所や会議室を利用できるバーチャルオフィスだとさらに安価に始めることができる場合もあります。

失敗を防ぐには

これらシェアオフィス等を選定するかどうかの着眼点ですが、まずはどのような目的で使用するかを検討すべきです。起業家の多くはごく限られた予算内で継続投資をしなければいけませんから、例えば店舗型のビジネスでの開業やオフィス立地が事業に影響を受けない場合はあえてこのようなオフィス契約をせず自宅での作業も十分可能です。また、傾向として特に都心部立地で高価なシェアオフィスに憧れて入居するのはいいのですが、かなりのコスト高になり開業当初から損益分岐点を高くし過ぎて苦労した、等のお話もよく耳にするので注意が必要です。