独立・開業・起業に必要なサービスやツール情報ページです。
※ フランチャイズや代理店の募集情報ではありません

土地・物件(居抜き物件)コラム

サービス詳細

居抜き物件とは、前の入居者が使用していた内装や設備を引き継いでそのままもしくは一部工事をおこない使用する物件です。例えばラーメン店や美容室が閉店してしばらくしてまた別のラーメン店や美容室が入って、お店の名前(屋号)は違うのに店舗の中はほとんど変わってない、のような実例が少なくありません。これは居抜き物件を使って入居者が変わったことによります。

ポイント

居抜き物件のメリットは多く、何と言っても開業費用のコストダウンが期待できます。また、内外装工事の工数も短縮できる可能性もあり、物件契約後にいわゆる空家賃を支払い過ぎることがなく迅速に開業まで進められる可能性もあります。一方で、既存の機器や設備の変更が難しく、店舗レイアウトの変更が困難であったり、老朽化した設備の使用が免れず責任区分も不明瞭である等が原因で、結局修理や買い足したことで居抜のコストメリットがなくなった、などの話も聞きますので注意が必要です。

相場観

居抜きで流通している業態は例えば、飲食業であればラーメン店、居酒屋、カフェ等が典型的です。その他、美容室やエステサロン、カラオケ店などもあります。業種によりさまざまですが、居抜き物件のコストイメージは内装工事や備品等の購入費用の削減が期待できることから、スケルトン(床・壁・天井がコンクリートの状態)と比較して半分~3分の2のコストカットは見込めるでしょう。

失敗を防ぐには

居抜き物件の探し方としては、店舗物件同様希少な情報となります。また、一生懸命物件を探している時に「きれいな居抜き物件」が目に留まり「きれいだから即決」みたいなことはしてはいけません。店舗物件の探し方と同様ですが、ほとんどの店舗物件は(もちろん居抜きも)閉店店舗です。不動産業者へは閉店理由を確認し、自身のビジネス(の特徴や勝ちパターン)にフィットした物件かどうかを冷静に判定できることが大切です。