独立・開業・起業に必要なサービスやツール情報ページです。
※ フランチャイズや代理店の募集情報ではありません

商材の仕入れ コラム

サービス詳細

物販店ならば商品そのもの、そして、包装材など。 飲食店やサービス業の店舗ならば材料や道具など。 仕入先の確保と質の担保は店舗ビジネスには欠かせない根幹作業と言えます。

ポイント

小売店、サービス業の仕入れはどうコストをかけずに入手するかがポイントになります。業種によって、オーソドックスな流通ルートはまったく異なってきます。自分の開業する分野の「常識」はまず理解しておきましょう。その上で新しい仕入先を開発したり、既存ルートの隙間をかいくぐったりして、低コスト・低リスクの仕入れを目指しましょう。 飲食店の仕入れ先に関しては、一般的には卸売業者になります。数ある業者の中からどうやって取引先を決めるのかは、価格、店舗からの距離、配達サービスの有無などももちろん大事ですが、それ以上に大事なポイントは安定的に食材を供給してくれるかということになります。

相場観

BtoB向けの卸業者からの仕入れが基本となりますが、近年ではネット上で仕入れ可能な商材も多くなっています。決まった商材を一定の期間で発注する必要があるものなどはネット上で購入したほうが安くなる場合もあります。また、送料も忘れてはいけないポイントです。一度に大量に購入することで、無駄のない仕入れが可能になります。一方で、仕入れは在庫管理とセットで考えることで適切な量の発注をすることも大事になります。無駄のない、効率的な発注方法を常に探し続けることで、コスト削減の努力をし続けていくのが重要になります。

失敗を防ぐには

商品・サービスを提供する上で必要な商材を安定的に確保できることが重要です。 仕入先は相見積りを取り、比較検討した上で選定をしましょう。 また、商材は常に新しいものが世に出てきますので、仕入先の開拓と情報収集は継続的に行っていくのがよいでしょう。