dplan_bodytop.htm
common_top.htm
dplan_top.htm

株式会社バーチャルレストランの独立開業プランフランチャイズ

Uber Eatsと提携/オンライン上で出店/話題の「バーチャルレストラン」

店舗いらず/1人で/副業に/既存店の副商材に
Uber Eatsの広告運用など強力サポート!

実店舗なし。オンライン上で出店し、デリバリーサービスを利用する新世代サービス「バーチャルレストラン」。トレンドを捉えたメニュー展開。調理時間は15秒~3分以下とオペレーションも簡単。初期費用も最小限!

掲載しきれなかった情報を知りたい方は

資料ダウンロード

仕事の魅力・やりがい

自粛の影響で赤字店が導入後【月商880%UP!】必要なのは飲食店営業許可書1枚だけ!

自粛の影響で赤字店が導入後【月商880%UP!】必要なのは飲食店営業許可書1枚だけ!

【オンライン上のお店だからできること】

◆初期費用が安い
店舗・設備投資不要、人件費も最小限でOK。

◆豊富な商材
サラダチキン、韓国ワッフル、生タピオカ 、プロテイン専門店、
コッペパン、油そば、餃子など、時代のニーズに合ったメニューがズラリ。

◆手厚いサポート
SEO対策、キャンペーン、マーケティングなど本部にお任せ。
加盟者様は入った注文を作るだけ!

◆高い利益率
25%~35%の高利益率を実現!

★詳細は資料ダウンロード

ビジネスプランの特徴

ビジネス情報

食材は完成形に近い状態で来るので、温めるだけ、乗せるだけなど簡単調理でOK。
食材は完成形に近い状態で来るので、温めるだけ、乗せるだけなど簡単調理でOK。
扱う商品・サービスの概要
実店舗を持たず デリバリーサービスを利用し、
オンライン上で別のお店を出店する新世代サービス「バーチャルレストラン」。
例えば、ラーメン屋がUber Eatsなどのデリバリーサービス上では
ワッフル専門店など専門店としての出店が可能となります。
顧客の特徴・市場性
ニューノーマルの時代において、多数のデリバリーサービスが普及し、
自宅に居ながら好みのグルメを味わうことがスタンダードになってきています。
若者・ファミリーを中心に広がってきたフードデリバリーですが、
今後さらに幅広い年齢層に普及していくことが予測され、
大きな可能性が広がっているマーケットです。
このビジネスの強み
■デリバリーサービスのノウハウ、デリバリーに特化した商材を提供
■SEO対策やキャンペーン・マーケティングなどは本部が行います。
■加盟店は入った注文を作るだけ。
■必要な設備・材料を用意するだけで、
 デリバリーサービスのウェブサイト・アプリ上で加盟店として営業することが可能。

受けられるサポート

込み合っているUber Eatsの広告掲載も、提携しているため最短1ヵ月~3ヵ月で可能に。
込み合っているUber Eatsの広告掲載も、提携しているため最短1ヵ月~3ヵ月で可能に。
開業前のサポート
■オープン前研修の流れ
・食材の納品確認
・レシピ説明
・オペレーション動画での説明
・納品後の備品の確認、点検
・担当指導員が調理レクチャー
・オーナー様実演
・配置場所、収納スペースのチェックを行い、経路を確定
・オペレーション確認
・開店準備
・メニューやバナーの作成
・研修内容を全体周知し、内容を振り返り最終確認
開業後のフォロー
Uber Eatsの広告運用
メニューの最適化(同エリアで売上のいいメニューを提案、など)
バナーの最適化
分析レポート
キャンペーン運用
Web広告運用代行
お客様アンケート回収分析
実店舗コンサル
FCサポート体制
※プランにより異なる

収益モデルと必要な資金

アントレに掲載する「開業資金総額」や「契約時に支払う費用」はあくまで目安であり、実際と異なる場合がございます。事前に各企業にお確かめください。

収益モデル
【首都圏・オーナー1名・従業員1名・開業3ヵ月】
月売上:100万円
営業利益:35万円
契約タイプ
フランチャイズ
契約期間
2年間※更新あり
契約時に支払う費用
38万5000円~115万5000円(税込)
内訳
加盟金33万円~110万円
研修費0円
初回商品仕入れ5万5000円
※すべて税込
ロイヤリティ
売上の5%~20%
勤務地
全国

対象・開業までの流れ

対象となる方・地域

対象となる方
★年齢、性別、個人・法人など一切不問★1人で気軽に始められる副業をお探しの方★飲食店を経営されている方の新規事業として★店舗を持たずに低コスト・低リスクで事業を始めたい方★飲食業の経験がない方
独立・開業が可能な地域
  • 北海道
  • 東北
  • 関東
  • 北信越
  • 東海
  • 関西
  • 中国
  • 四国
  • 九州・沖縄
  • 海外
※開業エリアの詳細はお問い合せください。

開業までの流れ

STEP-1 ★まずは資料ダウンロード!
◆当社ビジネスに興味をお持ちになった方はまずは資料をダウンロードください。
資料には当社独自のノウハウの秘密を掲載しています。
STEP-2 ★個別にご説明します! 電話・Webでも対応OK!
◆疑問や不安に思ったことなど何でもご質問ください。
あなたの良きビジネスパートナーとなれるように私たちも誠意をもってお話しさせていただきます。
STEP-3 ★審査&加盟本契約
◆開業場所などの審査や必要事項の記入、代表者様の本人確認書類を提出して審査完了。その後本契約となります。
STEP-4 ★研修&開店準備
研修では、すぐに事業をスタートできるような綿密なカリキュラムをご用意。広告掲載のためのバナーやメニューの作成も行います。あとは注文者からのオーダーを待つだけ。
STEP-5 ★あなたのバーチャルレストランオープン
開店後は、売上、リピーター、配達地区、決済方法などのレポートを毎月、 担当者よりお送りします。 データを基にした戦略が立てられます。
この独立の特徴
自宅で開業 | わずか数坪で開業
自宅で開業
【店舗不要】実店舗を持たず、オンライン上で出店する「バーチャルレストラン」。1人で、自宅で、副業にぴったり。人件費かからず調理も簡単!
わずか数坪で開業
【既存店の副商材に】すでに飲食店を経営している店舗様にデリバリーサービスのノウハウ、商材を提供。新たにスペースを確保する必要はありません。
説明を見る

似ているプランを比較・検討しよう

dplan_main_bottom.htm
開業資金総額とは?

アントレ広告における開業資金総額とは、加盟金・研修費・保証金などの費用に加え、物件取得費、各種工事費、広告宣伝費、備品・仕入などを合計した、「事業のスタート時点までに必要な資金の目安額」を指します。開業場所や物価などによって価格が変動するため、あくまで参考金額としてご活用ください。
※開業資金総額には、独立後発生する運転資金やロイヤリティ等の費用は含まれておりません
※募集企業の契約内容が変更された場合、記載している金額も変わる可能性があります。
※価格変動によって、記載している額よりも安くなる可能性も、高くなる可能性もあります。また、広告表記と実際の契約金額が異ならないか、ご自身でも慎重にチェックをしてください

最低自己資金の目安とは?

最低自己資金の目安とは、融資などの借入金を除く「独立開業のために自分で用意する資金の目安額」のことを指します。掲載企業が融資などのサポートを行うために、最低でも用意しておきたい目安の金額とも言えます。
※最低自己資金の目安はあくまで参考金額であり、独立開業できることを保証するものではありません。
※実際に独立される際は、不測の事態を考慮し、余裕を持った資金計画を立てられることをお勧めします。

実際の開業例とは?

実際の開業例とは、既に独立しているオーナー or 直営店の、実際の収益実績や開業時の資金などの一例を指します。独立する業態、開業エリアや年数、従業員数によっても収益は変わってきます。あくまで参考値としてご覧ください。

契約タイプとは

アントレでは、以下5つのタイプ別で独立開業プランをご紹介しています。
■フランチャイズ(FC)
運営実績のあるブランドやノウハウをパッケージにして提供するFC本部に加盟する独立開業プラン。
■代理店
企業と代理店契約等を結び、企業から提供された商品の販売などを請け負う独立開業プラン。
■商材&事業支援
商材やノウハウのみを提供する独立開業プラン。
■業務委託
企業に社員として雇用されることなく対等の立場で依頼を受け契約を会社と個別で結ぶ独立開業プラン。
■社員to独立
一定期間後に独立することを目的として企業と雇用契約を結ぶ独立開業プラン。

その他の独立開業プラン

dplan_bottom.htm
common_bottom.htm
common_footer_middle.htm
ページの先頭へ
common_footer_bottom.htm
スマートフォン向け表示
dplan_bodybottom.htm
src_common_bottom.htm
src_dplan_bottom.htm
recommend_keisaigaisha.htm