一般社団法人日本障がい福祉事業団の独立開業プラン

商材&事業支援

障がい者グループホーム(共同生活援助)で社会貢献とビジネスを両立!

国の障がい者福祉関連予算は10年で2倍!
低資金で手堅く始める社会貢献ビジネスです

◆障がい者グループホームは、障がいのある方が地域で安心して暮らせるようサポートする施設です◆全国に数万人規模の利用待機者がおり、空き室リスクはほぼゼロ!◆国の施策により長期に渡る安定経営が見込めます

一般社団法人日本障がい福祉事業団|商材&事業支援

この情報は2019/12/19時点でアントレに掲載されていた情報です

この企業に興味を持った人は、こんな企業も比較検討しています
  • 独立開業プラン

ページ内の情報へジャンプ

仕事の魅力・やりがい

社会貢献とビジネスの成功を同時に叶える!!福祉系ビジネス未経験でも始められます

◆入居者は集まりますか?
 →全国に数万人規模の利用待機者がいます

◆福祉サービスの知識がありません
 →事前マーケティング・物件調査も私たちが行います
 研修・開業後のフォロー体制も万全なのでご安心下さい

◆介護スタッフの採用が心配です
 →日常生活に支障の無い軽〜中度の障がいをお持ちの方が対象のサービスです
 「外部サービス利用型」での開業なら、スタッフの介護資格は必須ではありません

※詳細は個別説明会にて

ビジネスプランの特徴

ビジネス情報

扱う商品・サービスの概要
障がい者グループホーム(共同生活援助)とは、地域の中で少人数の共同生活を支援するサービスです。
障がいのある方に対し主に夜間において、共同生活を営む住居での相談・入浴・食事などの日常生活上の援助を行います。
日中は就労されている方も多く、自立のための向上的な支援の場です。
顧客の特徴・市場性
障がい者の総数は936.6万人で、これは人口の7.4%に相当します。(2018年厚生労働省発表)
障がい者福祉関連予算が10年で2倍になるなど行政主導で対策がとられていますが、まだまだ全国的に支援するための施設が足りていません。

今後も国が継続的に障がい者支援を行うため、ビジネスとして長期的な安定感を得られます!
このビジネスの強み
◆国からの補助があり、大きなリスクなく確かな利益を得ることができます
◆全国に数万人規模の利用待機者がいるため、空き室のリスクがほぼゼロ!
◆マンションの1室や空き家など、賃貸を活用した低コストスタートが可能
◆「外部サービス利用型」での開業なら、スタッフの介護資格がなくてもOKです
食事は朝食のみ家で作り、夜は外部サービスを利用することも可能です

この独立の特徴

  • 社会に貢献  | 
  • 複数店舗経営で稼ぐ  | 
  • 集客力に自信あり  | 
  • 法人新規事業向け

説明を見る

社会に貢献
障がい者の総数は936.6万人、人口の7.4%です。障がいのある方が地域で安心して暮らせるようサポートする、社会貢献度の高いビジネスです!
複数店舗経営で稼ぐ
賃貸物件から始められるため、低投資で開業できます。1箇所2〜3人の小規模グループホームでも、複数経営で高収益をあげることが可能です
集客力に自信あり
全国にグループホームへの入所を待つ方がたくさんおられます。まだ白地が多いため、地域の信頼と商圏を同時に獲得するチャンスです!
法人新規事業向け
グループホーム開設には法人格が必要です。低投資で新規導入することで、季節や社会情勢に左右されない収益の安定した柱を確保できます
  • 独立開業プラン

ページの先頭へ

この原稿に対しての問い合わせはこちら

その他の独立開業プラン

この独立開業プランと近い条件でもっと探す

業種
介護・デイサービス・訪問介護
契約タイプ
商材&事業支援
独立スタイル