dplan_bodytop.htm
common_top.htm
dplan_top.htm
common_parts_caution.htm

アントレに掲載する開業資金は開業時に掲載企業に支払う初期費用です。物件取得費などの変動費は開業資金に含まれない等、その内訳は各社毎に異なります。事前に各企業にお確かめください。

山崎製パン株式会社の独立開業プランフランチャイズ

未経験OK!固定客8割!パン業界No1山崎製パングループのコンビニ

店舗は本部がご用意!設備投資を抑えて
焼き立てパンも作れるお店が持てるなんて!

店内で焼き立てのパンを製造!パン業界売上No.1ヤマザキパンのノウハウがあなたのものに!★土地や店舗は本部がご用意!「パン屋×コンビニ」が低資金で!盛業中の直営店の引継ぎも!★まずは資料請求&お問合せを!

仕事の魅力・やりがい

自分が作った焼き立てパンでお客様が笑顔に!お店を持つ夢が低資金で叶いました!

独立の決め手は店内調理ができるお店を無料で用意してもらえたこと。
それに運営研修や調理研修も受けられたので
自分でお店を開くより、はるかに低資金で安心して開業できました。

開業後も様々なバックアップ制度もあり、
本部の担当者さんがお店に顔を出してフォローしてくれるので
運営の不安もほとんどありません。

私の手作りの商品がお客様に喜んでもらえて充実した毎日。
直営店引継ぎもできるようなので2店舗目も考えています。

ビジネスプランの特徴

ビジネス情報


新たな業態として、ニューヤマザキデイリーストアもオープン。
扱う商品・サービスの概要
■店内で調理・出来たてを提供できる当社独自の業態
●店内調理店舗は2種類●
・「デイリーホット店」/焼き立てパン、お弁当、おにぎり、サンドイッチやお惣菜まで幅広く調理が可能
・「HBP店」/焼き立てパンに特化して調理

■ヤマザキパン製品はもちろん、不二家、東ハトといったグループ会社の製品も豊富に展開。
顧客の特徴・市場性
■味へのこだわり、食の安全への意識の高まりに応え、地域に愛されるお店へ
「身近なお店だからこそ、おいしくて安全なものを」。
そうした要望に応えられるのが、手作りの店内調理品。
お客様がデイリーヤマザキに足を運ぶ理由になっており、固定客は約8割。
競合にはない独自の強みが、あなたのお店を地域に根付かせます。
このビジネスの強み
■店内調理品が生み出す高利益
パンや弁当などの店内調理品は、一般商品に比べ利益率が高く、
チャンスロスも調整しやすいため、安定収益が可能です。

★パン業界売上No.1の山崎製パン株式会社のグループ力を活かし、
仕入や物流、商品企画などを強化してまいります。

◎地域によっては盛業中の直営店引継ぎも!お問合せを!

受けられるサポート


ヤマザキパンの技術を活かした店内厨房は手作りならではの楽しさを日々感じられる場所
開業前のサポート
●本部研修と直営店実習(計約1か月)
マネジメントやオペレーションなど、研修で学んだ知識を
自店オープン前に直営店舗で実践できます。

●店内調理をマスター!デイリーホット・HBP研修(約14日間)
店内調理に特化した研修で、未経験でもパン・弁当調理が可能に!

●引越し負担金あり
20万円を上限に転居費用を本部が負担
開業後のフォロー
●開店時ロス販促制度
店舗開店月を含む4ヶ月間、月間20万円を超える部分で
50万円までの商品ロス額30万円を本部が負担。

●担当者店舗巡回フォロー(月6回~8回)
オーナー様との密なコミュニケーションで店舗を支援。
厨房のフォローも充実。経営に関わる全てに対し伴走・サポートします。

●最低保証金制度あり(年間1680万円)

収益モデルと必要な資金

契約タイプ
フランチャイズ(本部が物件用意)
【1】2名専従(ご夫婦またはご家族2名で専従)
【2】1人専従(単身可)
契約期間
【1】【2】ともに5年
開業資金総額

354万円 〜 645.2万円

開業資金の項目詳細はこちら

※上記の金額はあくまで目安であり、実際の開業資金とは異なる場合がございます。
※消費税転嫁対策特別措置法における総額表示義務の特例に基づき開業資金、ロイヤリティなど、契約時に発生する金額の表記を税抜に統一しています。取り扱い商材・商品、サービスの価格に、一部、消費税を含む金額が表記されるケースがございます。詳しくは各企業にお問い合わせください。

プラン詳細
①2人専従(ご夫婦またはご家族)の場合: 研修費90万円、                                                             ②1人専従(単身可)の場合: 研修費50万円 
※ いずれのタイプも開店時商品代金として150万円以上のご用意が必要です。なお、150万円を超える部分については開店時商品ローン制度があります。
OPEN時の求人広告費、広告宣伝費は開業準備手数料に含まれます。
また土地や店舗は本部がご用意致します。
特典・支援と適用条件
①商品代金の本部融資制度
 開店時商品代金のうち、150万円を超える代金が対象
②引越し代金の一部本部負担
 転居を伴う場合、20万円を上限に引越し代金を本部で負担
③開店時ロス販促
 店舗の開店月を含む4ヵ月間は、月間20万円を超える部分で50万円まで
 の30万円の商品ロス額を本部が負担
④最低粗利保証
 加盟者が営業活動を続けているにも関わらず、粗利(売上総利益からロイヤリテイ―を
 控除した金額)が年間1,680万円に満たない場合、その差額を月毎に本部が補填

 
最低自己資金の目安

150万円

実際の開業例

ケース①

加盟店実績
●神奈川県 2017年4月開業(50代/男性)
●開業資金総額:600万円
●用意した自己資金:200万円
●年間所得額:601.9万円
※開業2年目/従業員15名

ロイヤリティ
売上総利益の40%~ ※契約タイプ・商品による
※デイリーホット店のデイリーホット商品は27%
勤務地
東北、関東、北信越、東海、関西、中国、四国、九州
各地で説明会開催!
◎「焼き立てパンが試食できる」説明会開催!
デイリーヤマザキ自慢の焼き立てパンを食べながら、
開業について詳しい話が聞ける説明会を全国で開催!
(※一部エリア除く)
まずは「資料ダウンロード」へ!

対象・開業までの流れ

対象となる方・地域

対象となる方
●ご夫婦またはご家族など2名で独立可能な方(※1人専従は単身可) ●開店後店舗の近くに居住できる方 ●パン屋の開業に興味がある・検討されている方 ●自分が作ったものでお客様に喜ばれたい方
独立・開業が可能な地域
  • 北海道
  • 東北
  • 関東
  • 北信越
  • 東海
  • 関西
  • 中国
  • 四国
  • 九州・沖縄
  • 海外
※開業エリアの詳細はお問い合せください。

開業までの流れ

STEP-1 まずは資料をダウンロード ◎説明会の案内をさせていただきます。
●興味を持っていただけた方はぜひ説明会にご参加ください。店内調理などデイリーヤマザキの強みや開業プランについて、詳しくご説明します。
●興味をお持ちの方は「資料ダウンロード」よりお願いします。
STEP-2 説明会へのご参加 ◎焼き立てパンが試食できます!
●物件情報のご紹介や個別のご相談なども行います。疑問や質問にもしっかりお答えします。お気軽にどうぞ。
●焼き立てパンの味もぜひご確認いただき、デイリーヤマザキの強みを知っていただきたいと思っています。
STEP-3 面談などを経て、ご契約
●開業をご希望の方と物件や開業タイプ等についてしっかりとお話させていただき、面談等を経た後にフランチャイズ契約を結びます。
●オープン、継続的な成功に向けて本部が全力で支援します。
STEP-4 開店前研修を行います ◎本部研修・直営店実習・店内調理研修など
●約1か月間で、コンビニ開業の基礎知識やオペレーション、経営管理や調理技術などを学びます。
●直営店での実践もあり、トレーナーが伴走指導。不安ない状態で開業を迎えていただくためのプログラムをご用意。
STEP-5 いよいよオープン! ◎オープン直後から定期フォローを行います
●オープン時は本部からも店舗応援にうかがい、軌道に乗るまでフォロー。
●その後も担当者が週2~3回店舗を巡回。経営面や人材面のアドバイスでオーナー様と伴走し、支援いたします。
この独立の特徴
既存店舗を引き継げる | 1人で開業
既存店舗を引き継げる
既に収益を上げている直営店舗をそのまま引き継げる物件もご用意。また、ビルインタイプはじめ好立地物件を積極開拓中。詳しくは資料ダウンロードで!
1人で開業
一人で開業できる契約タイプもあり!実際に40歳を超えて一人で独立したオーナーを資料ダウンロードでご紹介しています。ぜひご覧ください!
説明を見る
dplan_main_bottom.htm
開業資金総額とは?

アントレ広告における開業資金総額とは、加盟金・研修費・保証金などの費用に加え、物件取得費、各種工事費、広告宣伝費、備品・仕入などを合計した、「事業のスタート時点までに必要な資金の目安額」を指します。開業場所や物価などによって価格が変動するため、あくまで参考金額としてご活用ください。
※開業資金総額には、独立後発生する運転資金やロイヤリティ等の費用は含まれておりません
※募集企業の契約内容が変更された場合、記載している金額も変わる可能性があります。
※価格変動によって、記載している額よりも安くなる可能性も、高くなる可能性もあります。また、広告表記と実際の契約金額が異ならないか、ご自身でも慎重にチェックをしてください

最低自己資金の目安とは?

最低自己資金の目安とは、融資などの借入金を除く「独立開業のために自分で用意する資金の目安額」のことを指します。掲載企業が融資などのサポートを行うために、最低でも用意しておきたい目安の金額とも言えます。
※最低自己資金の目安はあくまで参考金額であり、独立開業できることを保証するものではありません。
※実際に独立される際は、不測の事態を考慮し、余裕を持った資金計画を立てられることをお勧めします。

実際の開業例とは?

実際の開業例とは、既に独立しているオーナー or 直営店の、実際の収益実績や開業時の資金などの一例を指します。独立する業態、開業エリアや年数、従業員数によっても収益は変わってきます。あくまで参考値としてご覧ください。

契約タイプとは

アントレでは、以下5つのタイプ別で独立開業プランをご紹介しています。
■フランチャイズ(FC)
運営実績のあるブランドやノウハウをパッケージにして提供するFC本部に加盟する独立開業プラン。
■代理店
企業と代理店契約等を結び、企業から提供された商品の販売などを請け負う独立開業プラン。
■商材&事業支援
商材やノウハウのみを提供する独立開業プラン。
■業務委託
企業に社員として雇用されることなく対等の立場で依頼を受け契約を会社と個別で結ぶ独立開業プラン。
■社員to独立
一定期間後に独立することを目的として企業と雇用契約を結ぶ独立開業プラン。

もしこのプランが気になったら…

気軽にしてみよう!!

  • より詳しい情報
    がもらえる
  • 独立について
    相談ができる
  • 新着情報
    がもらえる

まだ「やる」と決めていなくても、
詳しい情報がもらえ条件整理に活用できる

いますぐする

今後、このポップアップを表示しない

その他の独立開業プラン

この独立開業プランと近い条件でもっと探す

dplan_bottom.htm
common_bottom.htm
common_footer.htm
ページの先頭へ
スマートフォン向け表示
dplan_bodybottom.htm
src_common_bottom.htm
src_dplan_bottom.htm
recommend_keisaigaisha.htm