dokuritsu_bodytop.htm
common_top.htm
独立、開業、フランチャイズTOP 代理店 小売・コンビニ 小売・販売 代理店×小売・販売×低資金開業の独立・開業情報一覧
dokuritsu_top.htm

代理店×小売・販売×低資金開業に関する独立、開業、フランチャイズ情報を探す

エリアの選択・変更
業種を選択
該当1
条件クリア
業種の選択・変更
エリアを選択
  • 小売・コンビニ
  • 飲食店・デリバリー・テイクアウト
  • 塾・スクール
  • 便利屋・修理(リペア)・クリーニング
  • 介護・福祉・就労支援
  • 美容サロン・ボディメイク
  • IT関連・通信・情報・スマホ
  • 買取・リサイクル
  • 各種サービス
該当1
条件クリア
エリア
指定なし
業種
契約タイプ
年収例
最低自己資金
キーワード
仕事
事業
収益
ライフスタイル
「独立スタイル」から選ぶ
その他
該当1
詳しい条件を指定する
list_main_top.htm
      
  • 株式会社TSUKUBITO
  • 買取大吉 / 株式会社エンパワー
  • 株式会社シルバーライフ/高齢者向け宅配弁当 まごころ弁当・配食のふれ愛・宅食ライフ
  • Goo-it! /株式会社LHS

<PR>

アントレに掲載する「契約時に支払う費用」はあくまで目安であり、実際と異なる場合がございます。事前に各企業にお確かめください。

dokuritsu_main_top.htm
  • <PR>
    フランチャイズ買取・リサイクルの独立開業案件

    4年で200店舗超!3人に1人が多店舗を経営!自由度の高い経営ができる買取店

    買取店WAKABA(わかば) / 株式会社フォーナインのフランチャイズ・独立開業 買取店WAKABA(わかば) / 株式会社フォーナインのフランチャイズ・独立開業 買取店WAKABA(わかば) / 株式会社フォーナインのフランチャイズ・独立開業

    ★2年目&2店舗で年間粗利1.8億円(関西)
    長く安定して稼げる理由、説明会で大公開★

    「WAKABA(わかば)」の強みは、勝てる立地と集客戦略にあり!過去最高粗利を達成する店舗が続々!初月から高い収益性で投資回収は平均8ヵ月!低コストながら手厚いサポート体制で2等立地でも安定収益が可能に!

    • 1人で開業
    • 未経験からスタート
    • 副業からスタート
    • 法人新規事業向け
    対象地域
    北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国、四国、九州・沖縄
4件該当しました 1~4件の独立開業情報を表示
前へ 1 次へ
  • 代理店小売・販売の独立開業案件

    実績40年以上!大麦若葉エキス末青汁をはじめとした【健康食品販売】

    シャイン株式会社のフランチャイズ・独立開業

    加盟金・ロイヤリティ・研修費0円!
    40年以上続くストックビジネスで収入確保!

    • 低資金開業
    • 空き時間で稼ぐ
    対象地域
    北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国、四国、九州・沖縄
    最低自己資金の目安

    6.2万円

    実際の開業例

  • 掲載終了
    代理店小売・販売の独立開業案件

    加盟金・研修費0円!産業用ボルト締結工具の世界的外資メーカー代理店募集

    世界シェア約70%!国際特許取得!!
    【愛知県】で、代理店強化中!

    • 低資金開業
    • 1人で開業
    対象地域
    北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国、四国、九州・沖縄
  • 掲載終了
    代理店小売・販売の独立開業案件

    【副業OK】国内工場で職人が作り上げる、高品質オーダーメイドスーツ

    エグゼクティブ層を顧客に持つあなたへ
    最高級スーツが追加商材に向いています

    • 低資金開業
    • 無店舗で開業
    対象地域
    北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国、四国、九州・沖縄
  • 掲載終了
    代理店小売・販売の独立開業案件

    ◎業界未経験歓迎◎在庫リスクなし◎ 国内製造の高品質オーダースーツ販売

    ★いつもの営業商材に加えて収益UP★
    週1日稼働で今の月収に+30万円!(1人運営)

    • 低資金開業
    • 無店舗で開業
    対象地域
    北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国、四国、九州・沖縄
前へ 1 次へ
dokuritsu_main_bottom.htm
list_main_bottom.htm
開業資金総額とは?

アントレ広告における開業資金総額とは、加盟金・研修費・保証金などの費用に加え、物件取得費、各種工事費、広告宣伝費、備品・仕入などを合計した、「事業のスタート時点までに必要な資金の目安額」を指します。開業場所や物価などによって価格が変動するため、あくまで参考金額としてご活用ください。
※開業資金総額には、独立後発生する運転資金やロイヤリティ等の費用は含まれておりません
※募集企業の契約内容が変更された場合、記載している金額も変わる可能性があります。
※価格変動によって、記載している額よりも安くなる可能性も、高くなる可能性もあります。また、広告表記と実際の契約金額が異ならないか、ご自身でも慎重にチェックをしてください

最低自己資金の目安とは?

最低自己資金の目安とは、融資などの借入金を除く「独立開業のために自分で用意する資金の目安額」のことを指します。掲載企業が融資などのサポートを行うために、最低でも用意しておきたい目安の金額とも言えます。
※最低自己資金の目安はあくまで参考金額であり、独立開業できることを保証するものではありません。
※実際に独立される際は、不測の事態を考慮し、余裕を持った資金計画を立てられることをお勧めします。

実際の開業例とは?

実際の開業例とは、既に独立しているオーナー or 直営店の、実際の収益実績や開業時の資金などの一例を指します。独立する業態、開業エリアや年数、従業員数によっても収益は変わってきます。あくまで参考値としてご覧ください。

まずは無料会員登録!
お気に入り登録・まとめて資料請求など便利な機能が使えます

よく利用されている検索条件

dokuritsu_word_M37.htm

小売業界で独立開業をするには?

小売業界とは

小売業界とは、製造業者(メーカー)が製造した商品を仕入れ、一般消費者に販売する業界です。仕入れ価格よりも商品を高く販売することで、その差額分を利益として得ています。

小売業界と一口に言っても、スーパーマーケットやドラッグストアなどの食品・日用品を広く扱うお店、アパレルや家電など特定の商品を専門に扱う専門店などさまざまです。最近は実店舗を構えずインターネットで販売をする「EC」「ネットショップ」の小売業も増えました。

小売業のフランチャイズを選ぶポイントは?

小売業の中には、フランチャイズ展開をしているチェーンもあります。フランチャイズに加盟すれば、そのチェーンのブランド力を活かして集客できるのはもちろん、仕入れルートやオリジナル商品、独自のシステムなども提供してもらえます。

小売業のフランチャイズチェーンはとにかく数が多く業態もさまざまなので、自分のやりたい事業や適正、社会情勢などを踏まえて総合的に判断することが大切です。

加盟候補をいくつかピックアップしたら、ロイヤリティやサポート内容、加盟店数と撤退率などもチェックしていきます。

特に気になるフランチャイズチェーンについては、各本部に「そのチェーンのリスクやデメリット」についても聞いてみましょう。信頼できるパートナーを選定するために事前に確認事項をまとめておくと良いでしょう。

小売業の事業の需要や将来性

小売業は食品や日用品から家具家電、趣味のアイテムまで、さまざまな商品を扱う事業です。人々の生活と密接に結びついたビジネスであり、将来にわたって安定した需要が見込まれるでしょう。

ただ、どんな商材を扱うか、それをどこで売るかは慎重に考えなくてはなりません。

グラフは小売業販売額の伸び率と、どんな商品の販売が多かったのかという推移を示したものです。2020年はコロナ禍の影響を受け、販売額に占める商品種別の割合が大きく変動しています。

こちらはコロナ禍前後の「Amazonでの購入頻度」を調査したものです。コロナ禍を境にネットショップの利用頻度は増え、その便利さに気付いた人々は、自由に外出できるようになっても利用をやめることはないでしょう。

小売業では業態や商品、立地選びがとても大切です。社会の動きや消費者のニーズ、地域特性などをよく調べ、それに合った事業展開をしていかなければなりません。

小売業のフランチャイズ案件に関してよくある質問

小売業のフランチャイズ案件に関してよくある質問をまとめて紹介します。フランチャイズでの開業に不安のある方は、参考にしてみてください。

Q1.どんな人が加盟し、オーナーになっているの?
A1.販売の経験を活かして開業する人もいますが、未経験からフランチャイズオーナーになる人も多いです。「自分のお店を持ちたい」という夢を持つ人は少なくなく、最近は少額から加盟できるEC系のフランチャイズも増えているため、開業のハードルが下がっています。

Q2.開業資金はどのくらい必要?
A2.加盟するフランチャイズや開業する業態により大きく異なり、高くて数千万円、安くて数十万円ほどとバラつきがあります。コストを抑えたいならEC系の、仕入れ量のコントロールがしやすいチェーンがいいでしょう。

Q3.開業までにどのくらいの期間がかかるの?
A3.店舗を持たないEC系は比較的早く開業でき、実店舗を構える場合は半年以上を考えておくといいでしょう。

小売業界の市場動向

小売業は安定成長の推移を辿ってきました。2020年にはコロナ禍により打撃を受けましたが、2021年には回復し、前々年を上回る規模になっています。

小売業では生活に欠かせない品々を扱っているため、そもそも市場規模が安定しやすい傾向にあります。先述のとおり、EC系の小売業は今後も拡大が想定されています。

小売業界の市場規模は今後も安定した成長が期待できそうですが、やはり社会や地域のニーズを捉えた業態選びが重要です。

小売業での開業は社会のニーズを捉えることが大切

小売業界は比較的安定した市場ですが、「どんな商品が売れるか」「どんなお店が流行るのか」の変動は激しいです。社会や地域のニーズを捉え、それを踏まえたお店づくりをすることが大切です。

これから小売店を開くなら、まずは社会情勢や出店したい地域の特性についてよく調べましょう。大まかな戦略を立て、それに合った業態や商品を選ぶのです。フランチャイズを活用し、これらの情報提供を含むサポートを受けながらお店づくりをするのもいいでしょう。

フランチャイズでの開業を考えているなら、気になるチェーンの説明会には積極的に行ってみましょう。説明会で詳しい話を聞くことで、社会の流れや地域特性を踏まえた戦略を考えやすくなるはずです。

※23年10月時点の情報です

dokuritsu_word_M37.htm

販売業界で独立開業をするには?

販売業界とは

販売とは、商品を顧客に売ることです。大手百貨店や個人経営の専門店などの小売店からECサイトまで、販売にはさまざまな形態があります。

特に最近は実店舗を構えずインターネットで販売をする「ECサイト」「ネットショップ」での販売が増えました。このような事業をフランチャイズ展開しているチェーンもあります。

フランチャイズに加盟すれば、そのチェーンのブランド力を活かして集客できるのはもちろん、仕入れルートやオリジナル商品、独自のシステムなども提供してもらえます。

販売関連のフランチャイズを選ぶ際、まずは「実店舗」か「EC」かを考えましょう。

実店舗には店舗用の土地や建物が必要なためコストがかかり、集客できる範囲も限られています。ECは土地・建物にかかるコストを抑えられる、全国から集客できるというメリットもありますが、Webマーケティングのスキルが求められます。

実店舗かECかを決めたら、どんな商品を扱いたいのか、どんなコンセプトのお店をつくりたいのかを考えましょう。

販売関連のフランチャイズは数が多く業態もさまざまです。自分のやりたいことや扱いたい商品も大切ですが、社会情勢や地域特性なども踏まえた総合的な判断が必要です。

これらの条件から加盟候補をいくつかピックアップしたら、ロイヤリティやサポート内容、加盟店数と撤退率なども比較しながら、加盟するフランチャイズ本部を絞り込んでいきましょう。

販売関連の事業の需要や将来性

販売は人々の生活との結びつきが強く、安定したニーズのある事業です。ただ、その分ライバルも多いです。どんな商材をどこで売るのかは慎重に考えましょう。

グラフは小売業販売額の伸び率、商品種別ごとの売上の推移を示しています。2020年はコロナ禍の影響を受け、販売額に占める商品種別の割合が大きく変動しました。

コロナ禍による生活の変化も重要です。グラフはコロナ禍前後の「Amazonでの購入頻度」を調査したもので、コロナ禍を境にネットショップの利用頻度が増えていることがわかります。

今後の社会では「実店舗かECか」を、より慎重に考えなくてはならないでしょう。実店舗なら開業前に立地選びもしなくてはなりません。

いずれにしても、開業前に社会の動きや地域特性、マーケティングのトレンドなどについてよく調べること、事業の方向性や戦略を立てておくことが大切です。

販売関連のフランチャイズ案件に関してよくある質問

販売関連のフランチャイズ案件に関してよくある質問をまとめて紹介します。フランチャイズでの開業に不安のある方は、参考にしてみてください。

Q1.どんな人が加盟し、オーナーになっているの?

A1.販売経験を活かして開業する人もいますが、未経験からフランチャイズに加盟する人も多いです。フランチャイズは本部からのサポートがあるため、「自分のお店を持ちたい」「でも、経験がなくて不安」という人から人気です。

Q2.開業資金はどのくらい必要?

A2.加盟するフランチャイズや開業する業態により大きく異なり、高くて数千万円、安くて数十万円ほどと幅があります。コストを抑えたいならEC系のチェーンがいいでしょう。

Q3.開業までにどのくらいの期間がかかるの?

A3.店舗不要のEC系は比較的早く開業できるでしょう。実店舗を構える場合、立地選びも含めて半年以上は見ておきたいです。

販売業界の市場動向

グラフは小売業界の市場規模を示しています。小売業界は安定して成長を続けてきた業界です。2020年にはコロナ禍の打撃もありましたが、翌年には回復し、さらなる成長を遂げています。

ただ、先述のとおり販売のあり方は時代とともに変わってきました。実店舗かECか、商品だけでなくお店でできる顧客体験なども含め、社会の動きに注目したうえで加盟するフランチャイズチェーンを選びたいです。

販売関連での開業は社会の動きと地域特性を捉えることが大切

販売関連の事業には安定したニーズがありますが、どんなお店をどこに開くのかは、慎重に考えなくてはなりません。

最近は商品そのものだけでなく、お店でできる一連の顧客体験を重視する人も増えました。

実店舗でもECサイトでもお店の雰囲気や利用しやすさ、商品の見せ方など、考えるべきことはたくさんあります。フランチャイズを活用し、アドバイスやサポートを受けながらお店づくりをするのもいいでしょう。

フランチャイズでの開業を考えているなら、さまざまな業態の説明会に行ってみることが大切です。説明会で詳しい話を聞くことで、社会の流れや地域特性を踏まえた戦略を考えやすくなるでしょう。

※24年1月時点の情報です

dokuritsu_bottom.htm
common_bottom.htm
common_footer_middle.htm
ページの先頭へ
業種から独立・開業・起業・フランチャイズを探す
エリアから独立・開業・起業・フランチャイズを探す
common_footer_bottom.htm
スマートフォン向け表示
dokuritsu_bodybottom.htm
src_common_bottom.htm
src_dokuritsu_bottom.htm