dokuritsu_bodytop.htm
common_top.htm
独立、開業、フランチャイズTOP フランチャイズ 買取・リサイクル 中古車・自動車・自転車 フランチャイズ×中古車・自動車・自転車×未経験からスタートの独立・開業情報一覧
dokuritsu_top.htm

フランチャイズ×中古車・自動車・自転車×未経験からスタートに関する独立、開業、フランチャイズ情報を探す

エリアの選択・変更
業種を選択
該当1
条件クリア
業種の選択・変更
エリアを選択
  • 小売・コンビニ
  • 飲食店・デリバリー・テイクアウト
  • 塾・スクール
  • 便利屋・修理(リペア)・クリーニング
  • 介護・福祉・就労支援
  • 美容サロン・ボディメイク
  • IT関連・通信・情報・スマホ
  • 買取・リサイクル
  • 各種サービス
該当1
条件クリア
エリア
指定なし
業種
契約タイプ
年収例
最低自己資金
キーワード
仕事
事業
収益
ライフスタイル
「独立スタイル」から選ぶ
その他
該当1
詳しい条件を指定する
list_main_top.htm
      
  • 株式会社TSUKUBITO
  • 買取大吉 / 株式会社エンパワー
  • 株式会社シルバーライフ/高齢者向け宅配弁当 まごころ弁当・配食のふれ愛・宅食ライフ

<PR>

アントレに掲載する「契約時に支払う費用」はあくまで目安であり、実際と異なる場合がございます。事前に各企業にお確かめください。

dokuritsu_main_top.htm
  • <PR>
    フランチャイズ買取・リサイクルの独立開業案件

    4年で200店舗超!3人に1人が多店舗を経営!自由度の高い経営ができる買取店

    買取店WAKABA(わかば) / 株式会社フォーナインのフランチャイズ・独立開業 買取店WAKABA(わかば) / 株式会社フォーナインのフランチャイズ・独立開業 買取店WAKABA(わかば) / 株式会社フォーナインのフランチャイズ・独立開業

    40ヵ月連続で月粗利750万円!(関東/1名)
    上場企業のサポートで長く安定して稼ごう!

    「WAKABA(わかば)」の強みは、勝てる立地と集客戦略にあり!過去最高粗利を達成する店舗が続々!初月から高い収益性で投資回収は平均8ヵ月!低コストながら手厚いサポート体制で2等立地でも安定収益が可能に!

    • 1人で開業
    • 未経験からスタート
    • 副業からスタート
    • 法人新規事業向け
    対象地域
    北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国、四国、九州・沖縄
3件該当しました 1~3件の独立開業情報を表示
前へ 1 次へ
  • フランチャイズ中古車・自動車・自転車の独立開業案件

    未経験でも安心の【出張車買取ビジネス】最低限の売り先保証/1週間で現金化

    株式会社ハッピーカーズのフランチャイズ・独立開業

    「好き」を仕事にして、人生を変えよう。
    車好きの代表も、現役で事業を経営中です。

    • 未経験からスタート
    • 1人で開業
    • 自宅で開業
    • 40歳からの独立
    対象地域
    北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国、四国、九州・沖縄
    最低自己資金の目安

    55万円

    実際の開業例

    加盟店実績
    ●神奈川県 2019年8月開業(40代/男性)
    ●用意した自己資金:150.0万円
    ●年間所得額:1200.0万円
    ※開業2年目/1店舗/従業員1名

  • 掲載終了
    フランチャイズ中古車・自動車・自転車の独立開業案件

    副業・兼業OK!自宅開業も可能!「中古車オークション代行 UMV Japan」

    働き方は自由!低コストで高収益が可能に!
    1人開業でも週2日の副業で月収80万円以上!

    • 未経験からスタート
    • 1人で開業
    対象地域
    北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国、四国、九州・沖縄
  • 掲載終了
    フランチャイズ中古車・自動車・自転車の独立開業案件

    ★低資金!高収益!巨大市場!経験不要!★ <車買取ビジネス>

    投資回収1ヶ月未満のオーナー続出!
    週2日だけ働いて稼げる副業をお探しの方へ

    • 未経験からスタート
    • 1人で開業
    • 自宅で開業
    • 集客力に自信あり
    対象地域
    北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国、四国、九州・沖縄
前へ 1 次へ
dokuritsu_main_bottom.htm
list_main_bottom.htm
開業資金総額とは?

アントレ広告における開業資金総額とは、加盟金・研修費・保証金などの費用に加え、物件取得費、各種工事費、広告宣伝費、備品・仕入などを合計した、「事業のスタート時点までに必要な資金の目安額」を指します。開業場所や物価などによって価格が変動するため、あくまで参考金額としてご活用ください。
※開業資金総額には、独立後発生する運転資金やロイヤリティ等の費用は含まれておりません
※募集企業の契約内容が変更された場合、記載している金額も変わる可能性があります。
※価格変動によって、記載している額よりも安くなる可能性も、高くなる可能性もあります。また、広告表記と実際の契約金額が異ならないか、ご自身でも慎重にチェックをしてください

最低自己資金の目安とは?

最低自己資金の目安とは、融資などの借入金を除く「独立開業のために自分で用意する資金の目安額」のことを指します。掲載企業が融資などのサポートを行うために、最低でも用意しておきたい目安の金額とも言えます。
※最低自己資金の目安はあくまで参考金額であり、独立開業できることを保証するものではありません。
※実際に独立される際は、不測の事態を考慮し、余裕を持った資金計画を立てられることをお勧めします。

実際の開業例とは?

実際の開業例とは、既に独立しているオーナー or 直営店の、実際の収益実績や開業時の資金などの一例を指します。独立する業態、開業エリアや年数、従業員数によっても収益は変わってきます。あくまで参考値としてご覧ください。

まずは無料会員登録!
お気に入り登録・まとめて資料請求など便利な機能が使えます

よく利用されている検索条件

dokuritsu_word_Y1100.htm
dokuritsu_word_M35.htm

中古車業界で独立開業をするには?

中古車業界とは

中古車業界とは、中古車の買取・販売などを行う業界です。最近はメーカーやディーラーによる中古車の買取・販売も活発になり、中古車のメンテナンスやレンタル・リースなど事業の幅も広がっています。

中古車のフランチャイズを選ぶポイントは?

中古車関連の会社の中には、フランチャイズ展開をしているチェーンもあります。

フランチャイズに加盟すれば、そのチェーンのブランド力を活かして集客できるのはもちろん、ノウハウやシステムなども提供してもらえます。業態・フランチャイズによっては、営業代行までしてもらえるものもあります。

中古車関連のフランチャイズを選ぶ際、まずは業態について考えることが大切です。中古車の買取・販売がしたいのか、レンタル・リースやメンテナンスがしたいのかなど、やりたいことや戦略により選ぶべきチェーンも大きく変わります。

中古車の買取・販売でも、ターゲットは個人なのか法人なのか、一般的な中古車を扱うのか高級中古車専門なのかなど、さまざまなビジネスモデルがあります。

業態を決めたら、次は加盟チェーン選びです。初期費用やロイヤリティと提供してもらえるサポートは見合っているか、加盟店数や撤退率などは最初にチェックしましょう。

加盟候補をいくつかピックアップしたら、各本部のリスクやデメリットについても聞いてみてください。経営パートナーとなるフランチャイズ本部は自分自身で信頼できるか判断するようにしましょう。

中古車関連の事業の需要や将来性

中古車業界はコロナ禍でも堅調だった業界といえます。コロナ禍による「密回避」はマイカー通勤の促進につながりました。先行きが見えない状況で高額な新車を買いたいと考える人は減り、中古車へのニーズも高まりました。

世界的な半導体不足により今までのように新車を製造するのは難しくなりました。前述のように車を求める人にとっては中古車業界に注目が集まります。

「新車が欲しいけど、社会情勢的に今は買えないから、とりあえず中古車を買っておこう」という人もいるでしょう。このような人は新車を買えない理由がお金ではありません。また、コロナ禍による貿易のストップにより相場が下がったのもあり、高級中古車にも人気が集まりました。

「何かあったときのために車を持っておこう」「中古車でも十分だな」などと考える人は増えたため、中古車需要が激減することは考えにくいでしょう。

中古車のフランチャイズ案件に関してよくある質問

中古車関連のフランチャイズ案件に関してよくある質問をまとめて紹介します。フランチャイズでの開業に不安のある方は、参考にしてみてください。

Q1.どんな人が加盟し、オーナーになっているの?
A1.自動車関連の経験を活かして独立する人もいますが、未経験からフランチャイズオーナーになる人も多いです。中古車関連のビジネスでは車の知識よりも、マーケティングや営業力などが重視されるでしょう。これらの経験を活かして開業する人もいます。

Q2.開業資金はどのくらい必要?
A2.加盟するフランチャイズや開業する業態にもよりますが、開業資金は数百万円ほど必要になるでしょう。

Q3.開業までにどのくらいの期間がかかるの?
A3.加盟するフランチャイズや開業する業態にもよりますが、店舗を構えるのか、Web主体のビジネスなのかで準備期間は変わってきます。店舗を抱える場合は物件、立地等を検討するため開業までの時間は長くなります。

中古車業界の市場動向

グラフは自動車アフターマーケットについてまとめたもので、数値は中古車事業や自動車賃貸、ロードサービスなどの合算値です。中古車関連の事業は整備や部品に関する事業とも結びつきが強く、グラフを見る限り中古車業界は好調であることが伺えます。

中古車の買取・販売は社会情勢の変化が好調を生む結果となりました。中古車の購入単価・市場規模ともに、2021年は大きく上昇しています。

中古車関連でフランチャイズ開業するなら、社会や地域のニーズを踏まえた事業選びを

中古車関連の事業には買取・販売をはじめ、レンタル・リースやメンテナンスなど、さまざまな種類があります。メインターゲットが個人なのか法人なのかにより、業態はさらに細分化されます。

フランチャイズでの開業を考えているなら、事業内容を限定せず、さまざまなチェーンの資料を取り寄せたり、説明会に行ったりしてみましょう。説明会で詳しい話を聞くことで、社会情勢や地域特性を踏まえた戦略を考えやすくなるはずです。

※23年10月時点の情報です

自動車業界で独立開業をするには?

フランチャイズにおける自動車業界とは

自動車業界には自動車本体の販売や自動車に利用する部品の製造、レンタル・リース、ロードサービス・修理、中古車の買取・販売など、さまざまな事業があります。フランチャイズにおいては、主に自動車のレンタル・リース、中古車の買取・販売などが主となるでしょう。
本記事では自動車のレンタル・リース、ロードサービスなどのフランチャイズについて解説します。

自動車のフランチャイズを選ぶポイントは?

自動車関連の会社の中には、フランチャイズ展開をしているチェーンもあります。
フランチャイズに加盟すれば、そのチェーンのブランド力を活かして集客できるのはもちろん、ノウハウやシステムなども提供してもらえます。業態・フランチャイズによっては、販路の紹介や、営業代行までしてもらえるものもあります。
自動車関連のフランチャイズを選ぶ際、まずは業態について考えることが大切です。自動車関連と一口に言っても、レンタル・リースから修理系まで、さまざまな事業があります。自分のやりたいことやスキル、経験などにより、適したビジネスは異なります。
業態を決めたら、次は加盟チェーン選びです。初期費用やロイヤリティと提供してもらえるサポートは見合っているか、加盟店数や撤退率などは最初にチェックしましょう。
加盟候補をいくつかピックアップしたら、各フランチャイズ本部のリスクやデメリットについて聞いてみるのも良いです。妥協せずサポート体制と自身のスキルがマッチする本部を探しましょう。

自動車関連の事業の需要や将来性

今や自動車は生活必需品とすらいえます。特に公共の交通機関が十分ではない地方では、自動車がなければまともに生活できないということもあるでしょう。
「自動車製造」に限ってみれば、我が国は電気自動車や自動運転車などの開発が遅れており、自動車先進国といえないかもしれません。特に電気自動車に関しては、ガソリン車主流の日本では充電できる場所が少なく、内需を獲得しづらいでしょう。
ただ、これはあくまでも自動車製造の話です。フランチャイズではレンタル・リースやロードサービスなどが主であり、これらのニーズは普遍的にあるため、安定性は高いといえます。
これらの事業の将来は明るいと予測できます。日本は都市集中の限界を迎えており、国も地方分散を促進しています。
これらの事情から自動車のレンタル・リース、ロードサービスなどの地方需要は今後ますます拡大すると予測できます。

自動車のフランチャイズ案件に関してよくある質問

自動車関連のフランチャイズ案件に関してよくある質問をまとめて紹介します。フランチャイズでの開業に不安のある方は、参考にしてみてください。
Q1.どんな人が加盟し、オーナーになっているの?
A1.自動車関連の経験を活かして独立する人もいますが、未経験からフランチャイズオーナーになる人も多いです。レンタル・リースでは特別な経験が不要、ロードサービスも簡単な作業のみのものが多く、開業前の研修で必要なスキルや資格を取得できるチェーンが多いです。

Q2.開業資金はどのくらい必要?
A2.加盟するフランチャイズや開業する業態にもよりますが、開業資金は数十万~数百万円ほど必要になるでしょう。レンタル・リース系は開業資金が高め、ロードサービス系は低めなことが多いです。

Q3.開業までにどのくらいの期間がかかるの?
A3.加盟するフランチャイズや開業する業態にもよりますが、ロードサービス系は最短でも2ヵ月ほどかかると考えた方がいいでしょう。レンタル・リース系は立地や店舗形態により、開業までの期間が変わってきます。

自動車業界の市場動向

グラフは自動車賃貸業の売上高の推移を示したものです。個人向け需要は比較的変動がありますが、リースと法人向けレンタルは安定した推移で、全体としても安定した市場といえます。

こちらは自動車アフターマーケットについてまとめたグラフです。数値は中古車事業や自動車賃貸、ロードサービスなどの合算値です。
新車を購入しない、できないユーザーも増えており、これらのアフターマーケットには追い風の状況がしばらく続くでしょう。

自動車関連でフランチャイズ開業するなら、社会や地域のニーズを踏まえた事業選びを

自動車関連の事業はレンタル・リースやロードサービス、中古車の買取・販売などさまざまです。社会情勢や開業したい地域のニーズを捉え、それにマッチする事業を選ぶことが大切です。
地方と都市の違い、メインターゲットは個人なのか法人なのかなどについても良く考えなくてはなりません。
フランチャイズでの開業を考えているなら、事業内容を限定せず、さまざまなチェーンの資料を取り寄せたり、説明会に行ったりしてみましょう。説明会で詳しい話を聞くことで、社会情勢や地域特性を踏まえた戦略を考えやすくなるはずです。

※23年10月時点の情報です

dokuritsu_word_M35.htm

自転車業界で独立開業をするには?

自転車業界とは

自転車業界とは、自転車の販売やレンタルなどの事業を行う業界です。販売だけでなく修理を請け負う店舗も多いです。

自転車は交通手段としてはもちろん、運動としても人気があります。最近は健康志向の人や地球環境を気にかける人も増え、自転車人気も高まっています。自転車の販売・修理店をフランチャイズ展開するチェーンも多いです。

自転車屋のフランチャイズを選ぶ際、どのような自転車を扱えるのか、安定した仕入れができるのかなどをチェックしていきましょう。自転車の販売のみを行うのか、修理にも対応できるのかも重要です。

これらの条件をしっかりチェックし、開業する地域に合ったチェーンを選ぶことが大切です。たとえば子どもが多い地域なら子ども向けの自転車の取り扱いが豊富で、軽微な修理にすぐに対応できるようなチェーンが好ましいでしょう。

加盟候補をいくつかピックアップしたら、ロイヤリティやサポート内容、加盟店数と撤退率などもチェックしていきます。

特に気になるチェーンについては、各本部の説明会に参加したり、実際の店舗を見学させてもらったりするのもおすすめです。

自転車屋の需要や将来性

「サステナブル」「SDGs」などの考え方が注目されていること、健康志向の人が増えたことなどから、自転車への注目が高まっています。コロナ禍での密回避のために自転車で移動するようになり、自転車にハマったという人も多いでしょう。

エコ・健康の両面で、自転車はメリットのある乗り物です。アパレルショップやスポーツショップでも、自転車での通勤・通学を想定したグッズやリュックサックなどを見かけることが増えました。

コロナ禍により業界の常識が変わったといえます。たとえば飲食業界では今でもデリバリーやテイクアウトが当たり前であり、自転車業界にも同じことがいえるでしょう。自転車移動をする人は増え、彼らを見て自転車に興味を持つ人が増え…、というように、自転車ブームは今後も続くと考えられます。

自転車屋のフランチャイズ案件に関してよくある質問

自転車屋のフランチャイズ案件に関してよくある質問をまとめて紹介します。フランチャイズでの開業に不安のある方は、参考にしてみてください。

Q1.どんな人が加盟し、オーナーになっているの?

A1.販売や小売業の経験を活かして開業する人もいますが、未経験から自転車屋のフランチャイズに加盟する人も多いです。自転車関連の法律が改正されることもあり、法改正への対応などの煩雑な業務をサポートしてもらいたいと、フランチャイズを選ぶ人もいます。

Q2.開業資金はどのくらい必要?

A2.加盟するフランチャイズや立地・店舗規模などにより異なりますが、数百万~1,000万円ほどはかかると思っておきましょう。

Q3.開業までにどのくらいの期間がかかるの?

A3.加盟するフランチャイズや仕入れにもよりますが、店舗を構えたり在庫をそろえたりする必要があるため、開業までの期間は比較的長いといえます。

自転車業界の市場動向

グラフは自転車出荷金額の推移をまとめたものです。自転車の出荷金額は1992年にピークを迎え、以降減少傾向にありましたが、2006年を境に再び増加傾向へと転じました。

こちらはどのような自転車がよく売れているのか、コロナ禍での自転車市場の動きを示したものです。

自転車屋を開業するなら、地域のニーズを捉えることが大切

自転車は私たちの生活に根ざした、身近な移動手段です。販売や修理など、自転車屋には今後もニーズがあるでしょう。

自転車屋を開業するなら、開業する地域の人口構成や特性について調べることが大切です。どんな人が住んでいるのか、誰が何のために自転車を使っているのかを把握することで、事業運営の方向性が見えてきます。町中を実際に歩いてみて、地域の自転車事情を観察してみるのもいいでしょう。

フランチャイズでの開業を考えているなら、できるだけたくさんの資料を取り寄せ、説明会に行ってみることをおすすめします。説明会で詳しい話を聞くことでチェーンごとの特色が見えてくるのはもちろん、社会の流れや地域特性を踏まえた戦略を考えやすくなるはずです。

※23年11月時点の情報です

dokuritsu_bottom.htm
common_bottom.htm
common_footer_middle.htm
ページの先頭へ
業種から独立・開業・起業・フランチャイズを探す
エリアから独立・開業・起業・フランチャイズを探す
common_footer_bottom.htm
スマートフォン向け表示
dokuritsu_bodybottom.htm
src_common_bottom.htm
src_dokuritsu_bottom.htm