スタイルのある生き方へシフトしたいビジネスパーソンのためのニュース・コラムサイト。
検索
独立ノウハウ・お役立ち

結婚相談所のフランチャイズに加盟するメリット・デメリットまとめ!

結婚相談所のフランチャイズに加盟するメリット・デメリットまとめ!

人と円滑にコミュニケーションをとることが得意だったり、人が幸せになるのをサポートしたりするのが好きな方は、独立や開業を考えた際に結婚相談所を検討することもあるでしょう。開業資金があまりなくても手軽に始めたい、副業からでも挑戦したいという方は是非フランチャイズを検討してみてください。コミュニケーション能力を活かし、手軽に始めたいという方は是非フランチャイズを検討してみてください。結婚相談所のフランチャイズに加盟するメリットやデメリットを紹介していきます。

フランチャイズ開業に興味を持ったら、まずはココに無料登録!

フランチャイズメディア26年の信頼と実績があり、業界最大数の会員数36万人以上が登録しているアントレの会員になって、フランチャイズをさらに深ぼってみませんか?

  1. ほぼ毎日起業、フランチャイズの情報が届く
  2. 144本以上の動画をはじめ、会員限定の無料コンテンツが豊富
  3. もし迷ったり、悩んだときにはプロに相談可能

250を超える独立プランの紹介や、先輩オーナーの声、実際の年収例等を紹介しています。フランチャイズに精通した資金、法律、キャリアのプロ相談員が実際にあなたの疑問・相談にも乗っています。

まずは会員特典内容をご覧ください。

全て無料の特典付会員になる

結婚相談所のフランチャイズでの独立・開業とは

婚活のスタイルは昔と比べるととても多様化しています。合コン、マッチングアプリ、街コンなど、出会い方は様々です。

婚活の中でも、本気で結婚相手を探している人に特におすすめなのが「結婚相談所」です。

結婚相談所とは、結婚相手を探している人が会員登録をし、会員の中から自分にあったパートナー候補を見つけたり、結婚相談所が自分に合いそうな人を推薦してくれたりするサービスのことです。結婚相談所は、パートナー候補を紹介してくれるのがエージェントというだけで、お見合いのような形式となります。

また、結婚相談所は結婚に前向きな方や、真剣にパートナーを見つけたいという人が登録するものです。結婚に対して真剣度の高い方が利用しているので、「結婚の意思が感じられなかった」などのトラブルは起きにくいと考えられます。

結婚相談所で独立や開業をすると言っても、開業準備に何をするべきか分からない方も多いでしょう。そんな方はイチから事業を始めるのではなく、フランチャイズへの加盟を検討してみても良いでしょう。

結婚相談所のフランチャイズの仕組み

様々なタイプのフランチャイズがありますが、一般的には結婚を希望している人に会員となってもらい、会員同士のお見合いをセッティングして成婚をサポートするのが結婚相談所です。

恋活、婚活をして成婚を目指す会員を集め、会員の入会金や、デートやお見合いのセッティング料、結婚が決定したときの成婚料などが主な収入源となります。一度、会員になってもらえれば、成婚まで定期的にサポートし続けることで一定の収入を得ることができます。

結婚相談所の場合、大きく分けて以下の2つの紹介システムがあります。
・仲介型
・データマッチング型

仲介型は従来からある仲人の仕組みで、仲介人を通して会員同士が出会う方法です。データマッチング型はマッチングアプリなどのシステムを活用してオンライン上で条件にマッチする結婚相手を探す方法です。

会員によって適切な紹介方法が変わるため、より最適な相手を探しあてるには本部のサポートや研修なども活用するとよいでしょう。他社より成婚率が高ければ、その実績から会員の集客もスムーズにいくので、成婚率の高さやサポートの手厚さなど、自分が求める条件にマッチした本部を慎重に選ぶようにしましょう。

結婚相談所のフランチャイズに加盟するメリット

フランチャイズに加盟して結婚相談所を開業する場合、5つのメリットがありますので、まとめてお伝えしていきます。

メリット1:低コストで開業できる

フランチャイズに加盟する際は様々な費用がかかります。一般的に、店舗型のフランチャイズに加盟する場合は、事務所や店舗の物件取得費用が発生したり、大きな什器や設備の購入費用がかかったりすることもありますが、結婚相談所は自宅でも開業が可能です。相談はオンラインのケースも増えてきているので、PCがあれば自宅でも十分対応ができます。その点では開業時の費用を安く抑えることができるといえます。

低コストで開業できるので、副業から開始する方も多い業態です。さらにリスクを下げるなら副業として開業するのもよいでしょう。

さらに、結婚相談所のフランチャイズはロイヤリティが少ないケースが多いです。売り上げが伸びれば、収入も増えます。仕事をした分が自分にかえってくれば、仕事もより頑張れます。中にはロイヤリティがないフランチャイズもあります。フランチャイズによって異なるので、この点についても、どれほどの額を支払わなくてはいけないのか、きちんと事前に調べておくことをおすすめします。

メリット2:安定した収入が得られる

結婚相談所のビジネスモデルから、会員に入会金とは別で月額の利用料金ももらっています。

毎月安定して収入を得られます。会員数が増えれば月額の利用料金も増えるため、わかりやすく収入を増やすことができます。

メリット3:成婚したら追加で収入が得られる

結婚相談所が得られる収入は登録時の入会金と月額の利用料金だけではありません。婚活をサポートするためのサポート料、企画した婚活パーティーやお見合いへの参加費用やセッティング費など、様々なサービスを提供しているため、会員からはサービス利用料をもらえます。

さらに、パートナーが見つかった会員からは、成婚料ももらえます。成婚料とは、それぞれの会員にパートナーが見つかり、結婚までたどり着いた時に得られます。成婚料をいくらに設定しているのかはフランチャイズによって異なりますが、より多くの会員を成婚へと導くことができれば、その分収入も上がります。

メリット4:本部の会員名簿を活用できる

結婚相談所のフランチャイズを始める最大のメリットとも言えるのが、フランチャイズ本部の保有する会員名簿を活用できる点にあります。結婚相談所でそれぞれの会員を成婚へと導くことをミッションとしているとは言え、自分の店舗に相談しにきた人の中だけでマッチングさせるのは難しいでしょう。

しかし、フランチャイズであれば、本部が持っている会員名簿の中から合いそうな人をマッチングできます。そのため、紹介できる方の幅を広げられるので、より成婚率を高められるというわけです。自分の店舗に会員が少なくても、本部の会員名簿が使えれば自分の店舗の会員に合う相手を見つけやすくなるでしょう。

メリット5:結婚相談所同士で情報共有ができる

自分の店舗で会員を集められないと「月額料金があまり入ってこない」「会員に合うパートナーが紹介できない」と不安を感じてしまうでしょう。

しかし、フランチャイズであれば別の店舗とも情報共有ができるため、自分の店舗の会員にぴったりなお相手を見つけられる可能性が広がります。幅広くパートナー探しをできるため、会員の方も、より理想的な相手を見つけられる可能性が高くなるでしょう。

結婚相談所のフランチャイズに加盟するデメリット

このように、結婚相談所のフランチャイズに加盟すると、様々なメリットがあります。しかし、他業種でフランチャイズに加盟する場合と同様にデメリットもあります。どのようなデメリットがあるのか4つ紹介します。

デメリット1:ブランド力があるフランチャイズならではのリスクもある

ブランド力のあるフランチャイズへの加盟は、一見そのブランド力を武器にできるように見えます。しかし、ブランド力や知名度があるからこそ、本部や別の店舗で何かしらのトラブルがあって、フランチャイズにネガティブなイメージがついてしまうと、その被害は全く関係のない自分の店舗にも影響してくることがあります。良い影響が受けられるのと同じくらい、批判も受けやすいリスクがあることを理解しておきましょう。

デメリット2:運営の自由度が低い

結婚相談所に限らず、フランチャイズに加盟するデメリットに、運営や経営の自由度の低さがあげられます。一般的にフランチャイズでは、そのブランド力やブランドイメージを守るために、マニュアルなどが用意されています。

効率的な運営をするためにも必要なマニュアルであり、より売り上げを伸ばしていくためのサポートとなるマニュアルですが、それと引き換えに運営の自由度については多くを望めません。何か強いこだわりがあるのであれば、加盟を検討するフランチャイズに直接問い合わせるようにしましょう。

デメリット3:ロイヤリティで赤字になることもある

さらに、少ないとは言え、フランチャイズに加盟している以上、ロイヤリティは発生します。どんなに売上が低くても、ロイヤリティの支払いはきちんとしなくてはいけません。

売り上げが立っていないのにロイヤリティを払わなくてはいけないため、赤字経営になってしまうということもあるようです。フランチャイズの中にも、ロイヤリティが不要な企業もあります。こちらも事前に確認するようにしましょう。

デメリット4:契約期間がある

フランチャイズの中には契約期間を設けているものもあります。自身ではやめたくなくても契約終了とされてしまうこともあります。加盟前に契約内容を確認して納得したうえで加盟しましょう。

結婚相談所のフランチャイズチェーン3選

結婚相談所のフランチャイズに加盟するメリット・デメリットまとめ!

ここからは、結婚相談所のフランチャイズ本部にはどのようなものがあるのか3つ紹介します。

A社

利用者が、7種のサービスから自分にぴったりなものを選べる結婚相談所です。パートナーに求める条件がある方の婚活も専属のアドバイザーがサポートしてくれるので安心です。1年以内の交際で80%以上の成婚率を誇っています(2023年1月時点)。

B社

2021年の成婚数No.1(日本マーケティングリサーチ機構調べ 成婚数:2021年実績、会員数:2021年12月末時点、大手結婚相談所・連盟を対象)の、B社です。全国に3,653社(2022年12月時点)もの加盟相談所を設けているので、日本中どこに住んでいても会員登録しやすい結婚相談所です。成婚した方のインタビューもホームページで紹介されているので、登録前に読んでイメージを膨らませやすいのではないでしょうか。

C社

公務員との婚活に導いてくれる結婚相談所です。スマートフォンから気軽にお見合いの申し込みができるシステムであるため、忙しい人でも比較的活用しやすいと言われています。

店舗は会員が来店しやすいよう駅前にあることがほとんどなので、アクセスもよくより多い会員数の獲得が見込めます。

これからの結婚相談所のフランチャイズ

結婚相談所に登録するためには、入会金、月会費、お見合い費、パーティー参加費、活動サポート費、成婚費など様々な費用が発生します。これらの費用は会員ひとりあたり、年間数十万円ほどかかると言われています。それに対して近年「出会いの場」として一般的になりつつある出会い系アプリは月額数千円程度で使えることもあり、ユーザーが増えてきているのが事実です。

さらに、近年では生涯未婚率が増加しています。生涯未婚率が増加するということは、どのような原因なのかは明確にはなっていませんが、結婚を望む人が減っている可能性もあります。

婚活市場の浮き沈みをよく観察して結婚相談所を開業しよう

結婚相談所は年々増加している生涯未婚率を理由に縮小傾向にあります。しかし、結婚から離れている理由は人それぞれです。生涯未婚率が高くなっている傾向があるとはいえ、結婚するカップルがいなくなるというわけではありません。追加しました結婚の高年齢化や、再婚希望者がいるほか、出会いの機会が少なかったり、条件が多様化する人からのニーズもあります。「草食」という言葉がすっかり定着しているほど、恋愛に奥手な人・苦手意識を持っている人も少なくありません。恋活や婚活によって出会いを求める人たちをフォローし、未婚率が下げ少子化を食い止める一助となればやりがいが大きいでしょう。結婚相談所を運営することで社会貢献できるというのは魅力のひとつといえます。「草食」という言葉がすっかり定着しているほど、恋愛に奥手な人・苦手意識を持っている人も少なくありません。そういう方のフォローもできる可能性があります。

アントレでは結婚相談所のフランチャイズに加盟するための事例をいくつも紹介しています。結婚相談所で独立したい、開業したい、フランチャイズに加盟したいという方は、ぜひ一度チェックしてみてください。

独立開業・フランチャイズ・代理店ならアントレ<毎週金曜更新"> 結婚相談所に関する案件をチェックする

アントレ 独立、開業、起業をご検討のみなさまへ

アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。