カテゴリー

税理士ドットコム

事業譲渡

経済のグローバル化やIT化の進展などの影響で経営環境変化のスピードが速まるなか、生き残りを図るために“事業の選択と資源の集中”を模索する企業が多く存在します。 そして、事業の選択と資源の集中の一環として「営業権譲渡による事業譲渡」を実施する事例が増加しているのです。 今回は営業権の譲渡について、メリット・デメリットのほか、譲渡金額の決定方法などについて解説します。 (さらに…)
M&A(企業を合併したり買収したりすること)にはいくつかの手法があり、そのひとつが会社分割です。 会社分割とは、会社が事業に関して持っている権利義務(資産・負債・契約関係など)の全部または一部をほかの会社に包括継承させる行為のことで、その方法はさらに2通りあります。 1つ目は、会社がもつ事業の権利義務の全部あるいは一部を、新しく設立した会社に承継させる“新設分割”、2つ目が“吸収分割”です。 今回はM&Aのなかでも吸収分割について、その意味だけではなく事業譲渡との違い、吸収分割を行うメリットやデメリットについてわかりやすく解説します。 (さらに…)
最近は事業譲渡によって、経済のグローバル化や消費構造の変化などの経営環境変化に対応する企業が増えています。 既存事業の一部をM&Aなどにより他社に譲渡することで“事業の選択と資源の集中”を行い、生き残りを図っているのです。 この事業譲渡の過程で注意が必要なのは、利益相反が生じないようにする点です。では、利益相反についてみていきましょう。 (さらに…)
近年、待機児童が社会問題化していることから保育園(保育所)について関心を持っている方は多いのではないでしょうか。 実は、後継者不足や保育士の人手不足で経営が苦しく、事業譲渡を考えている保育園は多くみられます。 今回は、保育園の事業譲渡について詳しく解説していきます。 (さらに…)
不透明な経済情勢のなか、企業を取りまく環境は変化し続けています。 会社で扱う事業すべて、あるいは一部だけでも手を引きたいと考える経営者も少なくはないでしょう。 このような状況で有効な手段の一つに、事業譲渡があります。 事業譲渡とは、会社が手がける事業を外部の者に譲る、つまり売ってしまうことを指します。 (さらに…)
最近では企業の買収(M&A)や合併が一般的になりました。 事業を継続していくなかで、“会社を他社に売却”したり“他社と合併”したりするのです。 では、売却や合併をした際、それまで繰り越されてきた従業員の有給休暇などはどうなってしまうのでしょうか。 ここでは、事業譲渡や合併した際の、有給休暇の取り扱いについて解説していきます。 (さらに…)
現在、企業の成長戦略・事業再編の一環としてM&Aや事業譲渡が活発に行われています。 では、M&Aや事業譲渡が行われた際、働く人の労働契約や労働条件はどのような扱いになるのでしょうか。 出向と事業譲渡による転籍の違い、労働契約承継法が適用される場合を含めて解説していきます。 (さらに…)
近年、事業譲渡という言葉を聞く機会が増えてきました。 この事業譲渡は、社会状況の変化により要望が高まり、国も後押しをする形で推進されています。 会社拡張の結果による不採算部門の切り離しや、後継者不足が主な理由です。 不採算部門の切り離しの例はニュースにもなっているように、大手電機メーカーが不採算部門を切り離して売却し、再建をはかっているケースが挙げられます。 (さらに…)
組織再編を行う場合や広義の意味でのM&Aを行う場合にとられる手法として存在する事業譲渡。 これは事業の一部や全部を売買することにより、自社の強みをさらに伸ばしたり、逆に弱みをカバーしたりと、効率よく経営を行うための戦略の1つとなります。 今回は、事業譲渡にスポットを当てて説明を行います。 (さらに…)
会社はさまざまな理由で事業を第三者に譲りたい場合があります。しかし、例えば会社と無関係の第三者に承継される場合(M&A)、会社にお金を貸している人(債権者)にとっては不測の事態になることもあり得ます。 債権者は相手を信用してお金を貸していたはずが、相手が別の人になってしまう場合があるということです。 (さらに…)
事業譲渡はM&Aの枠組みのひとつで、会社の事業を第三者に譲渡(売却)することです。その際には、当然ですがそこで働く従業員の待遇や労働条件にも、さまざまな変化が起こります。事業譲渡が行われたとき、従業員の待遇にどのような影響があるのかをみていきましょう。 (さらに…)
長い期間会社を経営していると、景気の変動や技術の変化などで事業の今後を見直す必要があります。自力で再建などができればよいのですが、場合によっては一部事業の切り離しを行うことを考えなければならないことも。また、拡大した事業の中で、事業内容が部門間で重複したり、関連が薄くなったりする場合もあります。 (さらに…)
最近は会社のM&Aや合併・提携など、会社間での再編のニュースが増え、事業撤退やほかの事業への拡大を目的に、M&Aの中でも“事業譲渡”を検討する会社が多くなっています。 事業譲渡を行えば、長年の事業運営のノウハウや従業員、取引先との関係も含めて相手企業へ譲り渡すことになります。 (さらに…)
税理士ドットコム
税理士ドットコム
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ