スタイルのある生き方へシフトしたいビジネスパーソンのためのニュース・コラムサイト。
検索
独立ノウハウ・お役立ち

テイクアウトがメインの飲食店フランチャイズに加盟するメリット・デメリットとは?

テイクアウトがメインの飲食店フランチャイズに加盟するメリット・デメリットとは?

感染症の流行に伴い、新しい生活様式に生活が変わり、内食の増加などからテイクアウトの需要がかなり高まったといえます。そのため、テイクアウト店で独立・開業を考え始める方が増えてきました。そんなテイクアウトがメインの飲食店の開業は、自力で創業する方法とフランチャイズに加盟して経営を行う方法の主に二つに分類されます。今回は、フランチャイズに加盟することのメリット・デメリットを詳しくご紹介します。

テイクアウトがメインの飲食店フランチャイズでの独立・開業とは

テイクアウトとは、お客さまが飲食店で商品を購入し、店内で食事をせずに自身で持ち帰ることを指します。

同じように自宅でお店の商品を楽しむという意味で「デリバリー」が浮かびますが、デリバリーはお店や配達業者がお客さま側に商品を配達するのに対し、「テイクアウト」はお客さま自身が店舗から持ち帰ることが一般的です。

そんなテイクアウトがメインの飲食店は、新型コロナウイルスが流行し、人々が外食を控える傾向が増え、需要がグッと増加したといわれています。

テイクアウトがメインの飲食店のフランチャイズに加盟するメリット

テイクアウトがメインの飲食店で独立・開業する際には、自力で創業する方法とフランチャイズに加盟して開店するという方法がありますが、フランチャイズに加盟するメリットはどのようなところにあるのでしょうか。

そもそも、フランチャイズ全体として、業界・業種や経営の経験が浅くても独立・開業しやすいことがメリットとしてあげられます。もともとフランチャイズは運営マニュアルなどが充実していることから未経験でも開業しやすいビジネスモデルのひとつです。テイクアウトならば店舗で飲食をする形態よりもオペレーションが複雑ではないので、より未経験でも開始しやすいといえます。

自力で創業しようと思うと、実際に店舗を運営した経験や業界の深い理解が必要不可欠です。しかし、フランチャイズであれば本部から知識やノウハウを提供してもらえるので、未経験からでも参入しやすいといえるでしょう。以下では、テイクアウトならではのメリットについて紹介していきます。

メリット1:店舗運営の負担が少ない

そもそもフランチャイズに加盟せず、自力で創業する場合は、店舗の選定からオリジナルメニュー、店舗内の配置や仕入れ先の決定、スタッフ募集や教育などをすべてゼロから自分で行わなくてはなりません。

フランチャイズに加盟する場合は、メニューや仕入れ先、スタッフ教育など基本的なマニュアルやルールが作られており、そのノウハウも提供してもらえることが多いので、比較すると負担が少なくなります。

また、テイクアウトの場合は飲食スペースを用意する必要がないので、大きな店舗や大勢のスタッフを雇う必要がなく、負担は最小限にスタートできることも大きなメリットであるといえるでしょう。

メリット2:ブランド名を活用できる

テイクアウト用の小さい店舗では、飲食スペースがあるような店舗に比べて大きな看板などを持つことが難しいため、店舗自体は集客力のある外観となりにくく、自力で開業すると集客は難しいものです。

その点、フランチャイズに加盟してテイクアウトがフランチャイズに加盟してテイクアウトがメインの飲食店を開業するということは、そのフランチャイズの培ってきたブランドの力、看板を借りて店舗運営をするということです。つまり、そのブランドに元々ついているファンなど顧客を獲得できるというわけです。

そもそものブランド力があるため、集客のために名前を売る活動をする必要がありません。

ブランドに対して、お客さまからの信頼もあるので、店舗運営がしやすいといえるでしょう。

メリット3:テイクアウトの需要が高まっている

新しい生活様式となり、飲食店の食事をテイクアウトする需要が高まったこと、テイクアウトできるお店が増え、テイクアウトというサービスが浸透したこともメリットのひとつといえます。

「何かしらの形で独立・開業をしたい」と考えている方は、この時代の流れに乗ることで、成功を掴みやすくなることでしょう。

テイクアウトがメインの飲食店のフランチャイズに加盟するデメリット

もちろん、メリットもあればデメリットも存在します。続いては、テイクアウトがメインの飲食店のフランチャイズに加盟するデメリットをご紹介しますので、どちらも把握したうえで決断することをおすすめします。

デメリット1:ロイヤリティの支払いが発生する

どのフランチャイズにも言えることですが、本部のルールやマニュアルに沿った運営になります。ルールやマニュアルがあることを「自由度が低い」と窮屈に感じる方もいるでしょう。しかし、本部が培った、これまでの成功パターンを基に作成しているものであり、企業としてのブランドイメージを保つためでもあります。逆の発想で行くと、何かトラブルなどがあったときには心強いパートナーとなるでしょう。

これらの対価としてフランチャイズにはロイヤリティが発生しますが、支払いがあるということがデメリットともいえます。

ロイヤルティの金額は月額で固定だったり、売り上げの何%だったり、0円だったりと、フランチャイズ本部によって異なるので必ず確認するようにしましょう。

ロイヤリティを支払うことで本部からノウハウを提供してもらったり、店舗運営のサポートを受けたりすることができるので、その対価として検討してみて高いと感じるのか安いと感じるのか判断するとよいでしょう。

デメリット2:販売数を確保する必要がある

商品の料金は、店舗代がかからないため店内で飲食するよりも安価だろうというお客さまの認識もあり、高い値段設定が難しい業種になります。ただし、商品を入れる容器は意外とコストがかかりますし、原材料費は店舗を持つ場合と変わりはありません。そのため、「売り上げが上がる程度の数」を販売する必要があります。

販売数を増やすためには、集客に力を入れるなど工夫が必要になります。広告宣伝をプロに依頼すると、お客さまを確保しやすくはなりますが、委託料が発生しますので、収支を常に計算して判断する必要があります。

フランチャイズ本部によっては、社内でチラシやサイト作成などを安価もしくは無料で請け負っていたり、加盟店全店の販売を分析してコストパフォーマンスの良い商品ラインナップを敷いたりするなどして、売り上げを確保できるような仕組みをもっているので、加盟時には確認してみましょう。

デメリット3:流行り廃りがある

テイクアウトはお客さまが気軽に購入できることもあり、流行している商品が売れやすいなど、流行り廃りがあります。

フランチャイズによっては、いくつか違うラインナップの商品を扱っていて、世間の流行に合わせて、販売する商品を変えていけるようになっていることもあります。また、1つのフランチャイズ企業が複数の異なるブランドを持ち、ブランドごとに種類の異なる商品を提供している場合は、店舗内でブランド変更することも可能です。

どうしてもこの商品が売りたい、というこだわりがなければ、そのようなフランチャイズを検討してみてはいかがでしょうか。

テイクアウトがメインの飲食店フランチャイズ

テイクアウトがメインの飲食店フランチャイズに加盟するメリット・デメリットとは?

続いて、テイクアウトがメインの飲食店フランチャイズをご紹介します。

A社

果物のフレッシュジュース専門店。砂糖不使用で賞味期限は十数分という、果物と牛乳のみで作るヘルシーでおいしいジュースを提供しています。

集客に困らない商業施設内に開店するスタイルのため、安定的な売り上げの確保を見込めることがポイントです。

バイトでも可能な簡単なオペレーションであること、広告デザインやチラシも本部が担当してくれるため、飲食未経験者でも始められます。

B社

焼きたて食パン専門店のため、商品が複雑ではありません。食パンのみなので、製造技術を素早く習得でき、スピーディーな開業を目指せることが特徴のひとつです。また、設備も必要最小限で始められます。

食パンは日常食として根強いニーズがあり、リピーターを確保しやすいでしょう。

C社

唐揚げ専門店のチェーン店になります。季節変動がない商品なので年間を通して売り上げが安定しているところが魅力のひとつといえます。

3坪程度の店舗で開業でき、ひとりで運営が可能なテイクアウト店なので、人件費や採用コストを抑えて利益率をアップさせられます。

また、店舗の立地調査をはじめ、鶏肉の仕入れ交渉などもサポートしてもらえます。

D社

飲食店の口コミサイトで「バーガー百名店」にも選ばれる味に定評のあるハンバーガーショップです。契約農家から直送の野菜を利用するなど、こだわりの食材でつくる高単価なグルメバーガーのフランチャイズになります。

テイクアウト専門店の場合は4坪からの開業も可能ですし、飲食可能な店舗の形態にすることも可能です。

テイクアウトがメインの飲食店フランチャイズのこれから

最後に、今後テイクアウト店フランチャイズがどのように変化していくのかをお伝えします。

テイクアウトのサービス需要

近年、テイクアウトのサービスを取り入れる企業が増えてきているといわれています。その背景には、新型コロナウイルス流行による外食控えです。

コロナ禍でなかなか集客が思うようにできなかったり、時短営業を余儀なくされた外食産業でしたが、新しい生活様式となり、テイクアウトのサービス需要が増え、テイクアウト方式活用されるようになったのです。
コロナ禍を経て、テイクアウトのサービスは定着しました。今後、新型コロナウイルスが終息しても、新しい生活様式とともに活用され続けることでしょう。

つまり、テイクアウト店のフランチャイズは、独立・開業を検討している人にとっておすすめの業界であるというわけです。

情報収集して比較検討するのがおすすめ

テイクアウトがメインの飲食店は実際にお客さまが入店して飲食する店舗に比べて店の広さやスタッフ数が少なく運営できるため、固定費がかさみにくい傾向にあります。しかし、完全にひとりで独立・開業することは簡単ではありません。

テイクアウトがメインの飲食店に挑戦したい方は、まずは自力で創業するのかフランチャイズに加盟するのかという部分から考え始めるといいでしょう。

そのうえで、フランチャイズに加盟するのであれば、どのような分野にするのかを決める必要があります。各フランチャイズによって取り扱っている商品やサポート体制などが異なるので、きちんと情報収集をして比較検討することをおすすめします。

アントレでは記事で紹介した会社のほかにも、テイクアウトがメインの飲食店フランチャイズ情報を掲載しています。どのようなフランチャイズがあるのか、開業時には実際にどの程度の開業資金が必要になるのかなどをチェックし、納得のいく独立・開業を進めてくださいね。

気になるフランチャイズがあれば、説明会に参加して詳しく情報収集するのもおすすめです。

テイクアウト・デリバリーに関する独立、開業、フランチャイズ情報|アントレ
https://entrenet.jp/dokuritsu/Y1100/C03/M41/

PROFILE

ameri

コスメメディアの編集部を経て独立し、美容からビジネスで幅広く執筆中。女性向けライフスタイル、エンタメ分野が得意。普段はインタビュー記事をメインに執筆。

RELATION あわせて読みたい関連記事

アントレ 独立、開業、起業をご検討のみなさまへ

アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。