株式会社新進の独立開業プラン

商材&事業支援

●既存の書店様も続々と加盟●屋号自由の書店経営

小さいのに元気な町の書店には、
ある「カラクリ」が隠されています。

本の業界は特殊です。書店の売上高などに応じて、本の仕入れ数が決められるのです。そのため小規模店でベストセラーを仕入れることは非常に困難を極めます。しかしそれを解決するのが、新進の書店なのです。

株式会社新進|商材&事業支援


再掲載時に企業からの連絡を希望する場合は、お気に入りに登録ください

この情報は2016/9/15時点でアントレnetに掲載されていた情報です

  • 独立開業プラン

ページ内の情報へジャンプ

仕事の魅力・やりがい

「本を本屋だけで売ってはいけない」こと、ご存知ですか。

大型書店の存在が、町の小さな書店を脅かしている。
そんなニュースを聞いた方も多いと思います。
一方で、元気に経営をつづける町の小さな書店を見かけませんか?

そんな小型書店は、店頭販売以外の収入源を持つ場合が多いのです。
銀行や病院、また喫茶店や美容室など待合室のあるところには
必ず雑誌や書籍が並んでいます。
そこへの配達こそが収入源になっているのです。

配達先は本部が開拓いたします。
詳細は資料をご覧ください。

ビジネスプランの特徴

ビジネス情報

扱う商品・サービスの概要
●屋号や店舗設計はすべて自由
●本は売れなければ返品可能の低リスク開業
●加盟店様は小規模書店でもベストセラーの仕入れが可能
個人が書店を開業する場合、簡単には本を仕入れることができない特殊な書店業界。
しかしどんな小規模書店にもベストセラーを卸せる新進グループに、
既存の書店様も続々と参入しています。
顧客の特徴・市場性
大型書店の販売方法を、ネット書店は効率的に実現しました。
そのため大型書店の顧客はネット書店に流れましたが、
大型書店にもネット書店にもできないビジネスが存在します。
地域に密着したお店との連携です。
銀行、病院、美容室、喫茶店などには常に一定のニーズがあり、
そこに大手が踏込めないニッチな市場があるのです。
このビジネスの強み
全国の書店数は約1万5千店。一般的な初版の部数よりも多いのです。
そのため小規模書店にはベストセラーが入ってこない。
しかし当社には常にベストセラーを扱える秘訣があります。
売れる本があれば小規模書店でもつぶれない。
新進がベストセラーを取引きできる秘訣は説明会でお伝えします。
屋号は自由です。好きな屋号で、個性を活かした書店を自由に経営することができます。

この独立の特徴

  • 1人で開業  | 
  • 未経験からスタート

説明を見る

1人で開業
当社では、お一人で経営されているオーナー様も多数おられます。開業後も、本部が定期的にサポートしますので、一人で悩むことはございません。
未経験からスタート
まったくの未経験から活躍されているオーナー様もおられます。充実した研修制度と手厚いサポート体制が、未経験での書店開業を成功へと導きます。
  • 独立開業プラン

ページの先頭へ