dplan_bodytop.htm
common_top.htm
dplan_top.htm

nctコーポレーション株式会社の独立開業プラン商材&事業支援

【新規事業で介護ビジネスを検討中の法人様に最適】保険適用の介護ビジネス

新規事業として弊社が選ばれる理由とは?
介護コンサルとしてのフルサポート体制に有

当社は福祉用具レンタル事業や訪問介護サービスなど、利用者負担の少ない介護保険を使った様々なビジネスの独立支援をしています。多様な高齢者ビジネスを手掛けられるため、ビジョンに合わせた独立支援が可能です。

仕事の魅力・やりがい

市場が急速に拡大中!介護コンサルの私たちが、収益化まで徹底的にサポートします。

超高齢社会に突入し、今後は4人に1人が高齢者に。
この右肩上がりの市場で大きな割合を占めているのが
デイサービズや福祉用具レンタルです。

介護ビジネスのコンサルティング会社である弊社が
収益化に向けて徹底サポート!
オーナー様のご意向に合った事業をご案内します。

●訪問介護事業
低資金で開業可能!
●福祉用具レンタル事業
異業種の方が最も始めやすいビジネス!
●通所介護事業
初期投資が大きい分、リターンが一番大きい!

ビジネスプランの特徴

ビジネス情報


玄関やお風呂、トイレ等で必要となる手すりも福祉用品の1つで高いニーズがあります。
扱う商品・サービスの概要
<訪問介護や福祉用具レンタルをケアマネージャーや介護事業所に提案いただく仕事です>
訪問介護事業や福祉用具レンタル事業、通所介護事業など、
介護保険が適用されるビジネスを幅広く手掛けられます。

福祉用具はレンタルだけでなく、
販売や、手すりなどを付ける住宅改修なども扱っていただけます。
顧客の特徴・市場性
<介護事業所やケアマネ―ジャーがお客さまです>
◆超高齢社会において高齢者向けサービス市場は拡大傾向にあります
◆介護保険点数の減少で在宅介護が増えるとニーズはさらに高まります
◆ケアマネージャーがいる介護事業所との信頼関係ができれば、
  幅広い介護事業の展開も望めます
このビジネスの強み
<国が進める在宅介護が、ビジネスの追い風になっています!>
◆訪問介護事業、福祉用具レンタル事業、通所介護事業を手掛けて事業拡大を狙えます
◆福祉用具レンタル事業で扱う用具はすべて本部がご紹介します
◆本部が会社経営に関するコンサルティングも行います
◆初期の段階で福祉用具の在庫を持つ必要はありません

受けられるサポート


多様な介護ビジネスから自分にあったものを選べるので、未経験の方も安心です。
開業前のサポート
<福祉用具レンタル事業>
○実施研修○
利用者さまの心身の状況や希望、また生活環境などをふまえ、
適切な福祉用具を選ぶための研修をご用意しています。
開業後のフォロー
<経理・財務支援>
経理・労務のベースとなる資料を送って頂ければ全て本部が処理します。
(※プランによります)
面倒な事務仕事を本部に任せることで営業に専念して頂けます。

<仕入先の斡旋>
福祉用具をレンタルする仕入先は本部の提携企業を斡旋いたします。
どの都道府県でもお近くの提携企業を斡旋することができます。

収益モデルと必要な資金

アントレに掲載する「開業資金総額」や「契約時に支払う費用」はあくまで目安であり、実際と異なる場合がございます。事前に各企業にお確かめください。

収益モデル
【開業2年、営業2名、事務1名の月収モデル】
<福祉用具レンタル事業>
◎月収170万円

<訪問介護事業>
◎月収200万円
契約タイプ
商材&事業支援
契約期間
3~5年間/以降、自動更新
開業資金総額

35万円 〜 2863.6万円

開業資金の項目詳細はこちら

※上記の金額はあくまで目安であり、実際の開業資金とは異なる場合がございます。
※消費税転嫁対策特別措置法における総額表示義務の特例に基づき開業資金、ロイヤリティなど、契約時に発生する金額の表記を税抜に統一しています。取り扱い商材・商品、サービスの価格に、一部、消費税を含む金額が表記されるケースがございます。詳しくは各企業にお問い合わせください。

プラン詳細
●3つのプランをご用意●
開業資金詳細は3つのプランの中から最低金額と最高金額を記載しています。
プランにより開業資金総額は異なります。
プラン別の開業資金総額目安は以下になります。

・訪問介護事業
開業資金総額目安:35万円~570万円
加盟金30万円(税抜)
事務所は任意。

・福祉用具レンタル
開業資金総額の目安:55万円~590万円
加盟金50万円(税抜)
事務所は任意。

・通所介護事業(デイサービス)
開業資金総額の目安:460万円~2860万円
加盟金50万円(税抜)
事務所は必須。

上記に加えて、運転資金(生活費)をご準備頂くことを推奨します。
目安:200万円~250万円。

※事務所・店舗取得の費用が0円~の理由としては
福祉用具レンタル・訪問介護事業に関しては、店舗取得が任意の為。
※0円~と記載している項目について
PCや車両など、既に所有している場合は費用はかかりません。
特典・支援と適用条件
少ないロイヤリティーで開業から運営の支援が可能。
弊社にて無料研修あり(福祉用具貸与の場合)
定期的にアドバイザーが訪問します。
最低自己資金の目安

100万円

実際の開業例

ケース①

加盟店実績
●大分県 2008年1月開業(40代/女性)
●開業資金総額:1000万円
●用意した自己資金:200万円
●年間所得額:244万円
※開業3年目/1店舗/従業員10名

ロイヤリティ
基本5万円(税抜)定額制
事務委託を行う場合20万円(税抜)(定額分込)を上限に
売上の10%を受領いたします ※1
勤務地
全国
※1
個人事業主として加盟される場合、
月額の社労士・税理士顧問料・経理・財務事務委託費用を含みます。

対象・開業までの流れ

対象となる方・地域

対象となる方
介護ビジネスにご興味のある方なら未経験でも大丈夫。年齢・性別・経験は一切問いません。福祉用具レンタル事業は、「営業」と「設置説明」がメインとなるお仕事なので、介護業界未経験の方も活躍しやすい事業です。
独立・開業が可能な地域
  • 北海道
  • 東北
  • 関東
  • 北信越
  • 東海
  • 関西
  • 中国
  • 四国
  • 九州・沖縄
  • 海外
※開業エリアの詳細はお問い合せください。

開業までの流れ

STEP-1 ◆資料ダウンロード◆ まずは資料をダウンロードしてください。
当社のビジネスにご興味をお持ちいただけましたら「資料ダウンロード」ボタンから資料をダウンロードしてください。他FCでは明かさない運転資金の実態など、介護業界検討者にとってお得な情報を掲載しています。
STEP-2 ◆説明会に参加◆ 全国の主要都市で説明会を開催しています。
説明会へのご参加はご予約制となっています。説明会は全国の主要都市で随時開催しています。説明会参加のお申込み後はお電話にて説明会の詳細をお伝えいたします。その際もどんな些細な点でもご質問ください。
STEP-3 ◆契約の締結◆ 契約を締結させていただきます。
双方の同意のもとで契約を締結させていただきます。その後、速やかに各種サービスや支援をスタートさせていただきます。本部による開業地の市場調査なども合わせて進めていきます。
STEP-4 ◆開業準備◆ 開業に必要となる準備をすべて整えます。
申請書類を作成し、法人設立のサポートもいたします。開業に必要な研修を当社にて受講していただきます。この際に実地研修もいたします。
STEP-5 ◆開業スタート◆ いよいよ開業がスタートします!
利用者様を獲得する営業方法やチラシのテンプレートなどをご提供いたします。定期的に経営などの指導を兼ねて、本部スーパーバイザーが加盟者様のところに巡回いたします。
この独立の特徴
高齢者向けビジネス | 法人新規事業向け
高齢者向けビジネス
超高齢社会を迎え、高齢者向けサービスの市場は年々拡大しています。市場拡大に伴い、高齢者向けビジネスのチャンスは確実に増えています。
法人新規事業向け
拡大し続ける巨大市場でビジネスチャンスを求める法人様の新規事業として選ばれています。既存事業とのシナジー効果も期待できるビジネスです。
説明を見る
dplan_main_bottom.htm
開業資金総額とは?

アントレ広告における開業資金総額とは、加盟金・研修費・保証金などの費用に加え、物件取得費、各種工事費、広告宣伝費、備品・仕入などを合計した、「事業のスタート時点までに必要な資金の目安額」を指します。開業場所や物価などによって価格が変動するため、あくまで参考金額としてご活用ください。
※開業資金総額には、独立後発生する運転資金やロイヤリティ等の費用は含まれておりません
※募集企業の契約内容が変更された場合、記載している金額も変わる可能性があります。
※価格変動によって、記載している額よりも安くなる可能性も、高くなる可能性もあります。また、広告表記と実際の契約金額が異ならないか、ご自身でも慎重にチェックをしてください

最低自己資金の目安とは?

最低自己資金の目安とは、融資などの借入金を除く「独立開業のために自分で用意する資金の目安額」のことを指します。掲載企業が融資などのサポートを行うために、最低でも用意しておきたい目安の金額とも言えます。
※最低自己資金の目安はあくまで参考金額であり、独立開業できることを保証するものではありません。
※実際に独立される際は、不測の事態を考慮し、余裕を持った資金計画を立てられることをお勧めします。

実際の開業例とは?

実際の開業例とは、既に独立しているオーナー or 直営店の、実際の収益実績や開業時の資金などの一例を指します。独立する業態、開業エリアや年数、従業員数によっても収益は変わってきます。あくまで参考値としてご覧ください。

契約タイプとは

アントレでは、以下5つのタイプ別で独立開業プランをご紹介しています。
■フランチャイズ(FC)
運営実績のあるブランドやノウハウをパッケージにして提供するFC本部に加盟する独立開業プラン。
■代理店
企業と代理店契約等を結び、企業から提供された商品の販売などを請け負う独立開業プラン。
■商材&事業支援
商材やノウハウのみを提供する独立開業プラン。
■業務委託
企業に社員として雇用されることなく対等の立場で依頼を受け契約を会社と個別で結ぶ独立開業プラン。
■社員to独立
一定期間後に独立することを目的として企業と雇用契約を結ぶ独立開業プラン。

もしこのプランが気になったら…

気軽にしてみよう!!

  • より詳しい情報
    がもらえる
  • 独立について
    相談ができる
  • 新着情報
    がもらえる

まだ「やる」と決めていなくても、
詳しい情報がもらえ条件整理に活用できる

いますぐする

今後、このポップアップを表示しない

Webや資料に載っていないビジネスや収益のリアルがわかる

説明会に参加してみよう!

直近の説明会

今後、このポップアップを表示しない

日程のご相談承ります!少しでも気になったら、お気軽にお電話ください

電話予約
(無料) 電話受付時間:10時〜17時 平日のみ

電話予約この企業の説明会に参加する

日程のご相談承ります!お気軽にお電話ください。
電話受付時間:10時〜17時 平日のみ

(無料)

その他の独立開業プラン

この独立開業プランと近い条件でもっと探す

dplan_bottom.htm
common_bottom.htm
common_footer_middle.htm
ページの先頭へ
common_footer_bottom.htm
スマートフォン向け表示
dplan_bodybottom.htm
src_common_bottom.htm
src_dplan_bottom.htm
recommend_keisaigaisha.htm