アントレ  失敗しないためのフランチャイズ加盟基礎講座「1時間目:フランチャイズとは何か?」

失敗しないためのフランチャイズ加盟基礎講座

フランチャイズとは何か

フランチャイズは「成功のパッケージ」

フランチャイズシステムとは、「フランチャイザー(本部)と契約を結んだフランチャイジー(加盟店)が、加盟金やロイヤリティなどの対価を本部に支払うことで、商標やサービスマークなどの使用権および商品・サービスの販売権を取得するとともに、本部の指導を受けて短期間で事業をスタートし軌道に乗せることを目指すしくみ」のこと。

よく「成功のパッケージ」と呼ばれる。そこには、本部が直営店の経営を通じて試行錯誤しながら蓄積してきた「成功ノウハウ」が凝縮されており、加盟店はそのノウハウをまとめて活用できるしくみだからである。

つまり、加盟店はフランチャイズチェーン(FC)に加盟すれば、すぐに本部直営店と同一の店舗を構え、同一の商品・サービスを販売することが可能となるので、開業当初から一定の集客力は約束されたも同然。独自に開業するよりも成功の確率は高いといえる。

本部と加盟店の信頼関係の上に成立

パッケージには通常、開業に向けた教育研修やマニュアルの提供のほか、商品の供給、宣伝の支援、経営指導などが含まれる。このように、本部が的確なサポートを行うことにより、加盟者に専門的なノウハウがなくても事業運営ができることを前提にしているのがフランチャイズシステムの特徴だ。

なお、本部と加盟店はあくまでもビジネスパートナーとして対等の関係。店舗物件の取得や従業員の人件費、水道光熱費などの経費は独立事業者である加盟店が負担する。本部側から見れば、そういったコストをかけることなく多店舗化を実現できるメリットがある。

つまり、フランチャイズビジネスは、本部と加盟店の互恵関係の上に成立する。お互いの信頼関係が何よりも重要なのである。

フランチャイズ加盟の基本システム

  • フランチャイズについての研究
  • 自分に適した業種・業態の選定
  • フランチャイズ本部の情報収集と比較検討
  • フランチャイズ本部へのアプローチ
  • 面接・審査
  • 加盟店訪問
  • 立地調査、物件取得
  • 事業計画書作成
  • フランチャイズ加盟契約
  • 研修、店舗工事
  • 開業準備
  • 開業

類似のしくみとの違い

1代理店制度 本部が加盟代理店に一定の地域内における商品・サービスの販売権や商標の使用権を与えるもの。本部から代理店への継続的な指導は含まれない。
2ボランタリーチェーン 一店舗では弱い独立小売店が、経営の独自性を保ちながら仕入れや販促活動を共同で行うことで規模の利益や分業の効率性を得るしくみ。
3パッケージライセンスビジネス 自社で開発したビジネスモデルと商標の使用権を一定期間ほかの事業者に有償で貸与するしくみ。ただし継続的な指導は行われない。

今回のまとめ

フランチャイズとは、
本部の「成功ノウハウ」を利用する権利を買うしくみ

文/橋光ニ イラスト/栗生ゑゐこ

「今、独立を考えている」方も、「いつかは独立したい」方も、 アントレnetの会員限定サービスで情報収集! 今すぐ登録だけしておきましょう!

独立支援情報が手に入る
新着掲載情報、独立成功ノウハウ、独立経験者のインタビュー記事、お気に入り企業の情報などがメールで届きます。
独立に向けた活動がスムーズになる
一度会員登録をすると、資料請求や説明会への申込み時に、氏名や住所などを入力する手間が省けます。
企業からオファーが届く
会員登録をしておくと、登録内容を見た企業からオファーや説明会のお知らせが届きます。
・会員登録がまだの方
会員登録
・アントレnet会員の方
ログイン

ページの先頭へ