独立情報の探し方を選んでください
説明会情報を探す
アントレ主催イベントに参加する
ご希望の日程を選択してください
7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
8月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

独立・開業のための総合専門誌
アントレ夏号発売中!

アントレ夏号

2019年6月27日発売 500円(税込)

〜購入はこちらから!<送料無料>〜

今号の注目パーソン

リーダーの流儀vol.36
DaiGo氏

メンタリスト

人の心理を鋭く読み取り、自在に操る技術「メンタリズム」。国内唯一のメンタリストとして、華麗なる心理戦で見る者に驚きと高揚をもたらせてくれるDaiGo氏。想像もつかないほどの勉強や研究があってのパフォーマンスだろう。しかし、DaiGo氏は新しい知識と体験をするために全ての時間を使いたいと語る。目的達成のため、不要なものを徹底的に排除し、効率的な生活を楽しむDaiGo氏に話をお聞きした。

リーダーの流儀vol.36 DaiGo氏

今号の注目記事

スペシャルインタビュー
緒方恵美氏

声優・歌手

「逃げちゃダメだ…」.数々の名台詞とともに、社会現象となった大人気アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の主人公、碇シンジの声を演じるのが緒方恵美氏。『幽☆遊☆白書』の蔵馬、『セーラームーン』の天王はるかなど、数々の有名作品のキャラクターに命を吹き込んできた「声優界のレジェンド」だ。そんな緒方氏が今年の2月に自身の会社を立ち上げた。その目的とは? そして声優業界にかける思いとは?

スペシャルインタビュー 緒方恵美

Special1

猫、縄跳び、ハバネロ・・・それぞれの稼ぎ方
「好き」はカネなり

「好き」な気持ち1つで通せるほど、仕事は甘くない。お金が稼げなければ、続けられないからだ。それでも、好きなことと仕事を一致させたいと多くの人が願うのは、そこから闇雲なエネルギーやアイデアが溢れてくるからだ。他でもない、自分が望んだこの人生だと胸を張れるからだ。

猫、縄跳び、ハバネロ・・・それぞれの稼ぎ方 「好き」はカネなり

Special2

8つの質問でたたき起こす!
あなたが稼げる「軸」の見つけ方

「ぶれない軸」は、起業家にとって不可欠な存在。軸があれば、困難に直面した時に正しい判断を下せるし、周囲を巻き込みやすくもなるからだ。経験豊富なキャリアカウンセラーから「稼げる軸」の見つけ方と、目的を達成するための手法を学んで、理想の起業家像に近づこう。

8つの質問でたたき起こす!あなたが稼げる「軸」の見つけ方

Special3

好きな場所で好きに働く
How to? 稼げる移住ライフ

生まれ故郷や旅行で訪れる地方など、好きな場所で働くというのも稼ぐための有力なモチベーションリソースの1つ。しかし、「地方で家族が暮らしていけるだけ稼げるのか?」という不安もあるはず。そこで、好きな場所にUIターンした先輩の事例を紹介。ぜひ参考にしてほしい。

好きな場所で好きに働くHow to? 稼げる移住ライフ

Special4

始めれば道は開ける
趣味をマネーに7人のアイデア

「趣味や好きなことで稼げたら」と思っても、実現は難しいと考え、あきらめる人も多いだろう。しかし、SNSやITサービスが発達している今の時代、誰でもトライしやすい環境があるのだ。趣味を仕事に変えた7人の先輩たちの事例を参考に、あなたの中に眠る可能性を探してほしい。

始めれば道は開ける趣味をマネーに7人のアイデア

Special5

完全保存版 知っておくべき3つの約束
一生つき合えるフランチャイズ選び

フランチャイズは「成功のパッケージ」といわれているが、成功するかどうかは本部の選び方にかかっているといっても過言ではないだろう。長くつき合えるような信頼できる本部を見つけるためには、相性の見極めが肝心だ。本部選びで欠かしてはならない「3つの約束」を紹介する。

完全保存版 知っておくべき3つの約束一生つき合えるフランチャイズ選び

今号の社会起業家

【志こそが人を熱くする】
THE INNOVATION

増田 紀彦/NICe 代表理事

ネットコミュニケーション(SNSやWEBサイト)と、リアルコミュニケーション(「頭脳交換会」と呼ばれる勉強会、交流会など)の双方を展開し、新しい事業や市場の創出、地域社会の活性化を促す増田氏の挑戦を取材した。

【志こそが人を熱くする】THE INNOVATION
編集部からのコメント

私には息子と娘がいます。以前は子育てと仕事の両立に悩む時期もありましたが、『アントレ』編集部にきてからは、どちらも無理せず楽しめるようになりました。それは、取材を通じて出会った方々から働く目的や、人生における選択肢は無数だと教えてもらったからです。その『アントレ』本誌が、今号をもって休刊となります。働くモチベーションを与えてくださった読者の皆さま、取材に協力くださった起業家や識者の皆さま、編集・制作に関わってくださった皆さま、そして、癒しをもたらせてくれた最愛のこどもたちに一生、こころから感謝します。本当にありがとうございました(細井)

ページの
トップへ
表示:スマートフォンPC