senpai_bodytop.htm
common_top.htm
senpai_top.html

株式会社グランフーズ/高齢者配食サービス ライフデリのオーナーレポートフランチャイズ

senpai_main_top.htm

株式会社グランフーズ/高齢者配食サービス ライフデリのオーナーレポート

CASE 1
金子 章朝オーナー ライフデリ昭島・あきる野・福生店
ライフデリ昭島・あきる野・福生店

自由度が高いから、1DK(約35平米)の家賃5万5000円のアパートでスタートしました。

PROFILE

新卒で小売百貨店企業に入り、コンビニから不動産まで幅広い事業に携わる。その後、海外での生活も経験し、日本に戻りグランフーズに加盟。フランチャイズ業界を良く知っているからこそ、自由度が魅力だった。

独立のキーワード

  • 趣味や好きを仕事に
  • 経験を活かす
  • 高齢者を支える

Q1独立・起業を決めたきっかけは何でしたか?

独立し3つの事業で当時の借金は8000万円。

独立し3つの事業で当時の借金は8000万円。
好きな仕事で生きていく。

新卒で小売百貨店企業に入り、
コンビニエンスストアの運営経験から不動産系のフランチャイズまで
幅広い事業に携わらせてもらいました。
その後、脱サラしてコンビニエンスストアのオーナーとして12年間、
店舗経営を経験。
同時にビリヤード場の経営、ネットカフェのフランチャイズオーナーと、
今振り返ってもかなりチャレンジングな事をやってきました。
当時の借金は8000万円(笑)。
不安がなかったと言えば嘘になりますが、
好きな事業を自分でやるのはやはり楽しいですよ。
ある程度楽観的にやっていてどれも執着はしなかったので、
運よく売却のタイミングが巡ってきて、
40代の時には海外で仕事をしながら、半分遊んで生活をしていました。

Q2どのようなプロセスを経て、独立・起業されましたか?

腰を据えてもう一度、人生の再設計。

腰を据えてもう一度、人生の再設計。
50代から社会貢献をしようと思った。

日本に戻ってきたのは父の病気がきっかけです。
少しでも父の近くにいながら、もう一度腰を据えて働こうと思ったんです。
では次にどのような事業をやるか。
これまで自分の好きな事をやってきましたから、
50代になりここからは社会貢献性のある事業にしようと思いました。
とはいえビジネスとして成り立たなければ意味がない。
さらに数々のフランチャイズを見てきた自分としては
フランチャイズの非効率な部分も知っているので
「将来性と無駄のない経営」その点でグランフーズがピッタリでした。
色々調べると小川社長自身がFCの加盟店の経営があるということで
「今の時代はこんなフランチャイズがあるのか」そう驚きましたね。

今だから笑える話

1DKからスタートし、現在は2DKに移転。
以前の1DKはスタッフが住んでいます(笑)

1DKで3000食は配達していましたが、それ以上になるとさすがに手狭になったので、大家さんと交渉し下の階の2DKを貸していただけることになりました。そこで元々の1DKはスタッフが住むことに。そのスタッフは通勤がかなり楽になったと思います(笑)

Q3仕事の魅力・やりがいについて教えてください

まさか、アパートの一室で出来るなんて!

まさか、アパートの一室で出来るなんて!
生涯現役でこの事業をやりたい。

スタートはとにかく低投資で始めたかったので
1DK(約35平米)のアパートでスタートしました。
店舗の居ぬきなら保証金が掛かると思いますが、
アパートなら最低限の資金で済みます。
保健所の許可証を取るにしても難しいことはなく、
水回りなどの1日程度の簡単な工事を行えばスムーズに取得できます。
最初は1DK、1台の駐車場込みで5万5000円。
こんなに投資が抑えられるのも自由度の高いグランフーズならではですね。
現在は開業から2年で月間5000食、月商250万円と順調に運営できています。
正直、私は早期リタイアしたかったのですが、
この事業の面白さにと社会貢献性に気づいたら
動けるうちは生涯現役でこの事業をやりたいと心変わりしました!

私の ON・OFF

携帯のゲームは全て削除!
休みを増やしてゴルフを再開!

携帯のゲームは全て削除!

開業してから1年はやる事が多く、食事も車の中でとっていました。携帯のゲームもやっている時間がないので全て削除。仕事に全力投球でしたね。その甲斐あって、今の食数まで伸ばすことができ、休みも取れるようになりました。もう少し休みを増やしてゴルフを再開したいですね。

契約時の費用・経営情報

契約時の費用/本部への支払いは研修費10万円(税抜)とスタート時の食材仕入れ等で、他は店舗取得・内装費や車両代など総額300万円
※新規オープンの場合、(研修費・厨房機器費・容器備品等)+店舗取得費+工事費で100万円前後となるケースがほとんどです。
所在地/東京都

senpai_middle.htm

※開業費用などはオーナーが開業された当時の金額です。
 現在、契約時に支払う費用ならびに税率など契約内容は、変更となっている可能性がございます。
 詳細は必ず企業にご確認ください。

senpai_main_bottom.htm
senpai_bottom.htm
common_bottom.htm
common_footer_middle.htm
ページの先頭へ
common_footer_bottom.htm
スマートフォン向け表示
senpai_bodybottom.htm
src_common_bottom.htm
src_senpai_bottom.htm
recommend_keisaigaisha.htm