senpai_bodytop.htm
common_top.htm
senpai_top.html

株式会社ワオ・コーポレーション/「個別指導Axis」の先輩レポートフランチャイズ

senpai_main_top.htm

株式会社ワオ・コーポレーション/「個別指導Axis」の先輩レポート

CASE 3
赤澤 桂一郎さん 個別指導Axis 仙北校

書店と塾の相乗効果で、会社経営に弾みが付きました。

PROFILE

岩手県盛岡市で70年の歴史を持つ企業の経営者。社員114名を抱え、市内で11店舗の書店を経営する。閉鎖予定であった店舗の立地が塾経営に適していたため、2014年2月アクシスを開校。順調に経営を展開中。

独立のキーワード

  • 地域に貢献したい
  • 場所が決め手
  • 有名ブランド

Q1独立・起業を決めたきっかけは何でしたか?

子どもたちの通学路にあった書店は、
塾経営にも適していたことを知りました。

盛岡で長い間、書店を経営してきたのですが、売上の芳しくない店舗がひとつだけありました。その店に関して撤退の方向で考えている時、ちょうどアクシスの県本部の方と話をする機会を得たのです。「ここの場所で塾をやったらどうです?」。そう言われた時は目からうろこでしたね。周辺に学校も多く、立地的に塾経営に向いているのだそうです。最初は塾経営なんて全く思いつかなかったのですが、よくよく考えてみると同じ知識産業として書店とは相性がいい。それであれば書店と併設した店舗にして、新たなスタートを切ったほうがメリットがあると考えました。書店に勤務していた社員の中から教室長に適した人材を選び、2014年2月開校したのです。

Q2どのようなプロセスを経て、独立・起業されましたか?

3ヶ月目で生徒数20名を突破。
安心のブランドという信頼があった。

私は書店経営も見ないといけないので、基本的な運営は社員に任せることにしました。生徒の集客状況が連日入ってくるのですが、最初のほうはゆるやかなペースでしたね。ところが1ヶ月を過ぎたあたりから、徐々に問い合わせが増えていき、3ヶ月目には20名に達していたのです。運営して感じたことの一つは『能開センター』のブランド力が非常に効いているということ。『能開センター』はアクシスを運営するワオ・コーポレーションが展開する歴史あるクラス指導塾ですが、その知名度がアクシスの集客につながっているのです。すでに競合も多い中で後発で開校した私たちですが、順調に集客できたのは安心できるブランドの力も大きかったと思いますね。

今だから笑える話

気が付けば東大一直線。

転勤族のお子さんがいましてね。仙台に転勤が決まっているからと、地元で有名な難関高校への受験を志望していました。それでうちの教室に通っていたのですが、思った以上に学力が向上して、当初予定していなかった東大コースに受かったのです。うれしかったですね。最近話す機会があったのですが高校での勉強が大変らしい(笑)。でも彼なら問題なくやっていけると思います。

Q3仕事の魅力・やりがいについて教えてください

後発ながらすでに地域では上位の生徒数。
目指すのは10年後も生き残れる塾です。

現在、生徒数は約50名。経営は非常に順調です。開校して一年経ったくらいからはチラシやポスティングによる集客よりも、生徒からの紹介による集客の方が多くなってきました。周辺には大手を含め競合が8校あるのですが、そこから転塾してくるお子さんも多い。アクシスに移って成績を向上させた生徒が、まわりに口コミで伝えるという連鎖が起こっているのです。わずか2年でここまでの塾を経営できたことに驚いています。今の目標は10年後にも地域から支持される塾であり続けること。そのためにはより講師のスキルを上げ、生徒の成績が上がる塾にしていかなければならない。今以上の品質向上を目指すのです。

私の ON・OFF

休みの日も、
書店と塾のことを考えています。

書店も経営していますので忙しいのですが、状況を見て自由に休むようにしています。ただ、休みの日も経営のことを考えることが多いです。今は2校目を開校しようと計画中です。実はすでに候補の店がありましてね。そこも書店なのですが200坪あるので、20坪くらいを教室に変更して併設で経営しようと考えています。塾をはじめたことによる会社経営に波及するシナジー効果は大きいです。

契約時の費用・経営情報

開業資金■1000万円(加盟金、開校支援費、教室設備費、教室備品費、広告宣伝費、物件取得費、内装工事費)
教室所在地■ 岩手県盛岡市南仙北

senpai_middle.htm

※開業費用などは先輩が開業された当時の金額であり、現在は変更となっている可能性がございます。詳細は必ず企業にご確認ください。

senpai_main_bottom.htm
senpai_bottom.htm
common_bottom.htm
common_footer_middle.htm
ページの先頭へ
common_footer_bottom.htm
スマートフォン向け表示
senpai_bodybottom.htm
src_common_bottom.htm
src_senpai_bottom.htm
recommend_keisaigaisha.htm