「自宅で開業する」通勤時間ゼロ!好きな時間に働ける

独立開業を目指す方にとって「自宅で開業」はとても魅力的ではないでしょうか。物件取得の必要がなく開業資金が抑えられることはもちろん、職場の面倒な人間関係に巻き込まれることもありません。自宅にいる時間が長くなるので、家事・育児・介護との両立も可能です。一見、魅力が満載の「自宅で開業」ですが、自由であるがゆえの注意点も知っておきたいところ。今回は「自宅で開業」の具体的な内容をご紹介いたします。

自宅で開業できる仕事とは?

ひとえに「自宅で開業」と言っても、大きく分けて2つのパターンがあります。1つ目は自宅である程度の仕事が完結できる事業。そして、2つ目は自宅を拠点に移動が発生する事業。どちらも初期費用を抑えて開業でき、自分の意志で時間を自由にコントロールできるメリットがあります。事前の心構えとしては、お客様に柔軟に対応する気構えは必要でしょう。やはり臨機応変な対応が喜ばれます。また、仕事とプライベートの書類や備品の仕分けは先にルールを作っておいた方がよいでしょう。「自宅で開業」は一番落ち着く場所で仕事ができ、人間関係のストレスも軽減、さらに家事・育児・介護との両立も可能です。それではより具体的な魅力を見ていきましょう。

移動時間が少なく、毎日の通勤や満員電車とは無縁の生活!

自宅で開業する魅力の1つは移動時間が少ないこと。会社員の方であれば毎日決まった時間にオフィスに出勤しなければなりません。満員電車が非常につらいという方も多いかと思います。しかし、自宅で仕事ができれば移動時間は必要最小限。それまで通勤に掛かっていた時間を「家族団らん」「趣味」「育児」「介護」などに充てられます。満員電車のストレスは戦場以上という調査結果もあり、そこから解放されるだけでもストレスフリーな生活を送ることができます。毎日の通勤やオフィスの人混みを避けることで感染症を予防する意外な効果も!

開業費用はもとより、ランニングコストも抑えられる!

自宅で開業することで開業費用を大幅に抑えることができます。開業時の物件取得費が掛からず、現在すでに自宅にあるPCや机・椅子、さらには電話などの機材を使用することが可能です。また本来なら毎月必要とされる電気料金、水道料金、設備、電話回線などのランニングコストも自宅のものと併用することができ、日々の運営費を抑えることができます。固定費は一度確定してしまうと見直しや変更するのが面倒なもの。「年間で換算すると意外と掛かっていた」なんてこともあります。お金に余裕ができてから欲しいものを買い揃え、事務所開設を検討しても遅くはありません。費用をできるだけ抑えたい方にとって「自宅で開業」は最適なモデルではないでしょうか。

「自宅で開業する」プラン<PR>

いかがでしたか?最近では通信回線の高速化や会議や仕事の効率化に関するソフトウェアも革新的に進化し自宅にいても会社と遜色なく仕事ができるようになりました。「自宅で開業」の気になる企業を見つけたら資料を取り寄せ、説明会で詳しい話を聞いてみましょう。