探偵に浮気調査を依頼するメリットとは?調査内容・料金・オススメの探偵事務所を徹底解説!

浮気・不倫調査をする目的

パートナーに浮気や不倫の疑いがあっても、具体的にどうすればよいかわからないことがあるでしょう。

思いがけない出来ごとによるショックでパニックになってしまうかもしれません。不安な気持ちを抱えたままパートナーと生活するのは、想像以上に辛いことです。

浮気や不倫調査の調査では、浮気や不倫の事実を明らかにできます。浮気や不倫が証拠とともに事実として認められることで、これからご紹介するようなメリットが得られるでしょう。

※価格・料金はすべて2021年8月時点のものです。

事実関係を基に建設的な話し合いが行える

探偵に浮気調査を依頼すると、調査結果を証拠写真とともに作成された「調査報告書」として受け取れます。調査報告書によって、パートナーや浮気・不倫相手の行動を時系列に沿って把握できるのです。

浮気や不倫の証拠なしにパートナーを問い詰めても、はぐらかされる可能性があります。しかし、調査報告書があれば反論の余地はないでしょう。事実を元に、今後について建設的な話し合いが行えるはずです。

慰謝料を請求することができる

浮気や不倫の証拠があれば、慰謝料の請求が可能です。慰謝料は、ご自身のパートナーだけでなく浮気や不倫相手にも請求できます。

慰謝料の相場は、1回の不貞行為の場合は50万円〜200万円と言われています。浮気や不倫が繰り返さているとしたら、より多くの慰謝料を請求できるでしょう。

浮気をしている側からの離婚要求を拒否できる

浮気や不倫をしているパートナーが、相手にばれたことをきっかけに離婚を要求する可能性があります。

しかし、パートナーと婚姻関係にある場合は、探偵の調査結果を基に離婚要求を拒否することが可能です。浮気や不倫が発覚しても、離婚する意思がなければ探偵に依頼しておくと安心でしょう。

パートナーの浮気を疑ったら探偵事務所に調査を依頼するのが確実!


パートナーに浮気や不倫の疑いが浮上したら、どのように事実を突き止めればよいのでしょうか?

最もおすすめできる方法は、探偵事務所に調査を依頼することです。

コストがかかる探偵事務所への調査依頼をためらう方がいるかもしれません。しかし、実は自分で調査する方が結果としてコストや時間がかかる可能性が高いです。

ここからは、自分で浮気調査をするリスクについてご紹介します。

自分で行う浮気調査は難しい・・・

浮気調査を自分で行おうとすると、さまざまなリスクが伴います。

一つ目は、パートナーにばれる可能性があることです。浮気が勘違いだった場合、疑われた側が気を悪くして関係が悪化するかもしれません。

一方で、浮気が事実だった場合、証拠写真などを取られないように警戒を高める可能性があります。いずれにせよ、調査した本人が心身ともにストレスを感じる結果となるでしょう。

二つ目は、一般人だと法的に有効な証拠を集めにくいということです。裁判や慰謝料請求において、証拠写真やメッセージの記録は浮気の重要な証拠になります。

しかし、一般人では、どのような写真やメッセージの記録が法的な有効性を持つのか判断がつきません。せっかく証拠を抑えたつもりでも、役立たない可能性があります。

意外とやってしまう浮気を探る際の違法行為

自分で浮気調査を行う際、調査の内容によっては違法行為となる可能性があります。ここでは、主な違法行為を2つご紹介します。

浮気の疑いが浮上したらついやってしまいそうな行動なので、この機会に確認しておきましょう。

LINEの内容を無断チェック

パートナーがトイレやお風呂にスマートフォンを持って行ったり、メッセージが来てもすぐに確認しなかったりすると、浮気相手とLINEで連絡を取っているかもしれません。

「浮気相手かもしれない」と感じたら、LINEをチェックしたくなる方は多いでしょう。

しかし、たとえパートナーだとしても、他人のLINEを無断でチェックするのは違法行為にあたる可能性が高いです。偶然LINEの内容が見えてしまった場合は問題ないですが、故意にチェックすることはやめておいた方がよいでしょう。

  • プライバシーの侵害:刑事罰はないが損害賠償を請求される可能性あり
  • 不正アクセス禁止法:3年以下の懲役または100万円以下の罰金

彼氏・彼女の車にGPSをつける

パートナーや浮気相手の行動を監視するため、車にGPSをつけたくなるかもしれません。

パートナーと共有の車にGPSをつけるのは問題ないですが、パートナー個人の車や浮気相手の車にGPSをつけると、下記のような違法行為に当たる可能性があります。

  • プライバシーの侵害:刑事罰はなし・慰謝料請求される可能性あり
  • 住居侵入罪・建造物侵入罪:3年以下の懲役、または10万円以下の罰金(例:GPSをつけるために他人の敷地に入った場合)
  • 器物損壊罪:3年以下の懲役、または30万円以下の罰金もしくは科料(例:GPSをつける際に車を傷つけた場合)

探偵事務所に浮気調査を依頼するメリット

自分で行う浮気調査には、さまざまなリスクがあることがわかりました。コストがかかっても、探偵事務所に依頼することであらゆるリスクが回避できそうです。

ここでは、探偵事務所に浮気調査を依頼するメリットを4つご紹介します。

合法的な調査が可能

浮気調査の主な方法として、張り込みや尾行が挙げられます。

これらはパートナーや浮気相手の行動を把握するのに有効ですが「ストーカー規制法」に抵触したり、プライバシーの侵害となったりする可能性があります。そのため、一般人が自分で行うのは避けるのがベターです。

探偵事務所なら「探偵業法」に則り、合法的に調査を進めてくれます。

探偵業法は、2007年より施行された法律です。探偵事務所は調査にあたる際、都道府県の公安委員会に届出を提出し、証明書の交付を受けたうえで調査にあたります。

証明書があることで、張り込みや尾行、聞き込みなどを合法的に行うことが可能です。

法的有効性の高い証拠写真を抑えることができる

探偵事務所に依頼すれば、法的有効性の高い証拠写真を撮ることができます。一般人が撮影すると盗撮に当たったり、写真が撮れても裁判や慰謝料請求に役立たなかったりする可能性が高いです。

探偵事務所なら合法的に張り込みや尾行をする中で撮影するので、ホテルや家に入る決定的な瞬間も抑えられるでしょう。

専門の心理カウンセラーによるアフターケア

パートナーに浮気や不倫の疑いが浮上すると、された側は相当な心理的ストレスを抱えることになります。プライベートかつデリケートな問題だからこそ、身近な人に相談しづらい方も多そうです。

探偵事務所の中には、専門の心理カウンセラーが在籍しているところもあります。親身に話を聞いてもらえるので、一人で抱え込むよりも気持ちが楽になるかもしれません。

このように心理的なアフターケアを受けられるのも、探偵事務所に依頼するメリットでしょう。

弁護士と提携している事務所であれば調査後の法的措置でもスムーズに進む

調査の結果、浮気や不倫の事実が発覚したら裁判や慰謝料請求といった法的措置に進めます。この際、必要な手続きを一般人が行うのは専門知識が必要なため非常に難しいことです。

探偵事務所の中には、調査後に法的措置をとる場合、提携している弁護士を紹介してくれます。

弁護士は、相続関係や企業関係などそれぞれが得意分野を持っています。探偵事務所が提携しているのは、ほとんどの場合夫婦問題に強い弁護士なので、法的措置をスムーズに進められるでしょう。

探偵事務所の浮気調査料金プランと費用相場


浮気調査の料金プランは探偵事務所によって異なりますが、費用相場はどれくらいなのでしょうか?

ここでは、主な3つの料金プランとそれぞれの費用相場についてご説明します。ご自身の予算と照らし合わせ、費用に関して気になる点があれば契約前に確認しておきましょう。

項目詳細
料金プラン費用相場
成功報酬型プラン30万円~70万円程度
時間制プラン1名あたり7,500~10,000円/時間
パックプラン30万円~100万円程度

成功報酬型プラン

成功報酬型プランでは、調査が成功した場合のみ料金が発生します。有効な証拠が抑えられなかった場合は料金を支払う必要がありません。

そのため「証拠が掴めなかったのにコストだけかかった」というリスクを回避できます。

ただし、何をもって調査の成功とするか、明確に把握したうえで契約することが大切です。成功の定義は探偵事務所によってさまざまなので、調査後にトラブルとならないよう確認しておきましょう。

時間制プラン

時間制プランでは、調査員が稼働した時間に応じて料金が発生します。ある程度浮気現場や行動パターンが把握できている場合は、調査に必要な時間を見積もりやすく、ご自身の予算と照らし合わせやすいでしょう。

ただし、調査時間が長引けば長引くほど支払う料金が高額になる点は注意が必要です。

パック制プラン

パック制プランでは、調査時間や調査結果に関わらず一定の料金が発生します。探偵事務所におけるパックとは、調査の実行から報告書の作成にかかる費用がセットになっているイメージです。

成功報酬型や時間制に比べると、料金は高い傾向があります。しかし、調査が長期間に及んでも追加料金が発生しない点はメリットといえるでしょう。

浮気調査に掛かる費用目安は40万〜70万程度

浮気調査には、目安として40万~70万円程度が必要です。どの料金プランを選ぶかにもよりますが、まとまったお金を準備しなければなりません。

また、浮気調査後に離婚調停や裁判を行う場合は、調査費用とは別のお金がかかります。決して安い金額ではないからこそ、信頼できる探偵事務所に依頼することが大切です。

探偵が行う浮気調査の方法

調査対象のパートナーや浮気相手を、探偵はどのように調査するのでしょうか?ここでは、主な2つの調査方法についてご紹介します。

尾行

尾行とは、調査対象の後を追って行動パターンを把握したり、家やホテルに入るなどの決定的な瞬間を撮影したりする方法です。

繁華街や人混みで見失わないよう、多くの探偵事務所が調査員を複数配置して調査にあたります。人通りが少ない住宅街でも調査対象に気付かれないように尾行するのは、プロの探偵だからこそなせる技です。

張り込み

張り込みでは、パートナーや浮気相手の行動を見張り、会社や家から出るところや待ち合わせなどを証拠写真とともに抑えます。

終業時間に合わせて会社の近くに張り込み、そのまま尾行するというのが主な浮気調査のパターンです。

探偵は調査対象者と面識がないので「浮気調査をされている」とばれることはありません。また、プロの探偵なので「誰かに見張られている」と勘づかれる心配もないでしょう。

浮気調査を依頼する探偵・興信所を選ぶポイント


探偵事務所や興信所には、自分のプライベートを相談することになります。信頼できる探偵事務所や興信所を選ぶには、どうすればよいのでしょうか?

残念ながら、国民生活センターには、探偵とのトラブルについての相談が多数寄せられています。浮気調査の依頼先だからこそ、慎重に選びましょう。

1:調査中の進捗状況を随時報告してくれるか

場合によっては調査が長期間に渡ることもあるでしょう。その間、探偵から随時進捗を報告してもらえるかは確認しておきたいポイントです。

完了報告しかしない探偵事務所に依頼すれば、順調に調査が進んでいるか不安を抱える可能性があります。

中には、調査中にリアルタイムで連絡を取り合える探偵事務所もあります。LINEなどで気軽に連絡が取れるので、随時調査の進捗状況を把握できるでしょう。

2:事前面談にて十分な聞き取りを行ってくれるか

ほとんどの探偵事務所が無料相談や面談の機会を設けています。現状の悩みや希望する調査内容、調査後の流れについて親身に聞いてくれるかは大事なポイントです。

聞き取り時の姿勢から、真摯に調査にあたってくれる探偵事務所か見極めましょう。

探偵事務所の中には、事前面談の時間や回数制限を設けているところもあります。聞き取りを行うのに十分な時間と回数が確保されているかチェックしてください。

3:離婚調停・慰謝料請求などの際に必要になる調査報告書をしっかりと作成してくれるかどうか

調査報告書は、離婚調停や慰謝料請求のときに浮気の証拠となる重要な書類です。内容が簡易的なものだと、証拠として役立たない可能性があります。

調査対象が行った場所、会った人が具体的に書かれているか、時間が分単位で書かれているかもチェックしましょう。

浮気調査にオススメの探偵事務所

浮気調査を行っている探偵事務所は全国にたくさんあります。無料相談を申し込むにしても、どこに依頼するか迷う方は多いでしょう。

ここでは、オススメの探偵事務所を5つご紹介します。それぞれの特徴や強みをご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

帝国興信所

帝国興信所は、創業から71年という長い歴史を持つ興信所です。全国8つの主要都市(新潟、東京、愛知、京都、大阪、岡山、広島、福岡)に相談室を構え、豊富な調査実績と伝統を強みとしています。

また、調査歴30年以上のベテラン相談員や、顧問弁護士、税理士などの専門家も在籍しています。チーム一丸となって調査が行われるので、安心して依頼できるでしょう。

さくら幸子探偵事務所

さくら幸子探偵事務所は、これまでの累計相談数が15万件を超え、さまざまなメディアでも取り上げられるほど注目を集めている探偵事務所です。

無料相談窓口は24時間365日、年中無休で対応してくれます。女性相談員のみが対応する「女性専用ダイヤル」も設置しているため、女性に優しい探偵事務所といえるでしょう。

また、依頼者に専属のカウンセラーが就く点は、さくら幸子探偵事務所の魅力です。親身に話を聞いてもらえるうえ、冷静に問題の解決へと導いてくれます。

RCL探偵事務所

RCL探偵事務所は、とにかく早く調査を依頼したい方にオススメです。電話で相談し、最短で相談終了1時間後から調査にあたってもらえます。

さらに「完全成功報酬型プラン」を選んだ場合、浮気の証拠が抑えられなければ費用は一切かかりません。

相談は電話・メール・LINEで可能です。電話なら24時間対応してもらえるうえ、通話料もかからないので、一人で抱え込む前に相談してみましょう。

在籍している探偵学校の卒業生や女性相談員、警察OBなどが手厚くサポートしてくれます。

総合探偵社AMUSE

できるだけ浮気調査のコストを抑えたい方には、総合探偵社AMUSEがオススメです。調査員一人当たりの時間単価が3,980円(税込)/1時間で、これは業界最低水準と言われています。

調査にかかる費用は見積もりにすべて含まれるので、調査後に追加請求が来る心配もありません。

また、調査後のアフターケアに力を入れている点は、総合探偵社AMUSEの人気の秘訣でしょう。夫婦カウンセラーや弁護士が在籍しているため、離婚や慰謝料請求などの法的措置をについてスムーズに話を進められます。

響・Agent

響・Agent(エージェント)は、弁護士の西川研一氏が代表を務める探偵事務所です。西川氏はメディアへの露出経験が多く、フジテレビ「直撃LIVEグッディ!」「ノンストップ!」にも出演しました。

西川氏が代表を務める弁護士法人への相談数は12万件を超えており、かなり信頼度の高い探偵事務所といえるでしょう。

裁判や慰謝料請求に必要な調査報告書は、離婚裁判の経験が豊富な弁護士が監修しています。丁寧な報告書が受け取れるうえ、報告書の見方や使い方についてもアドバイスがもらえるので安心して依頼できるでしょう。

人気探偵事務所・興信所を徹底比較!優良な探偵事務所を選ぶポイント・調査料金も解説! https://entrenet.jp/tantei

探偵事務所に浮気調査・依頼をしてもらうまでの流れ


予期せぬ浮気や不倫が発覚し、初めて探偵事務所に依頼する方も多いでしょう。ここでは、調査を依頼する流れをご紹介します。

探偵事務所や料金プランによって異なる部分もありますが、おおまかな流れを知るためにぜひ参考にしてください。

1:電話やメールにて無料で相談

ほとんどの探偵事務所が電話やメールでの無料相談を受け付けています。浮気や不倫の疑いが浮上してパニックに陥る方もいるでしょう。

まずは、プロの相談員と話すことで気持ちを落ち着けることが大切です。実際に調査を依頼するかに関わらず、さまざまな不安や疑問をできる場なので、有効活用してください。

2:面談・打ち合わせ

面談や打ち合わせを行い、より具体的に話し合ったうえで調査を依頼するか決められます。依頼する側は、調査対象となるパートナーの見た目や行動範囲、行動パターンを伝らえられるようにしておきましょう。

思い当たる浮気相手がいる場合は、浮気相手についてもできる限りの情報を準備しておきます。体型や身長が把握できる写真があれば、調査に役立つかもしれません。

3:見積もり・支払い

面談・打ち合わせで調査対象や調査内容について話し合えたら、調査料金の見積もりを取りましょう。問題がなければそのまま支払いを完了させて調査に進みます。

料金に関して少しでも疑問や不安があれば、この時点で確認しておくことが大切です。

4:調査

調査プランに基づきいよいよ調査が実行されます。調査期間が長期に渡る場合でも、多くの探偵事務所が依頼者に進捗を伝えてくれるので安心してください。

中には調査期間中にLINEで連絡が取れる探偵事務所もあります。気軽に相談ができるので、気になることがあれば連絡してみましょう。

5:調査報告書の交付

調査結果は、証拠写真とともに調査報告書にまとめられます。依頼者が調査報告書を受け取ることで調査は完了です。必要に応じてカウンセリングや弁護士の紹介を受けられます。

まとめ

この記事では、探偵に浮気調査を依頼するメリットや、依頼できる調査内容、料金プランについて解説しました。

オススメの探偵事務所もご紹介しましたが、大切なのは依頼者本人が心から信頼できるかどうかです。実際に無料相談をしてみて、ぜひ信頼できる探偵事務所を選びましょう。



参考

よかったらシェアしてね!

PAGE TOP