自分に合った探偵事務所の選び方!探偵事務所の見分け方・依頼前にチェックすべきことなどを紹介します!

数多くある探偵事務所(興信所)から依頼するところを選ぶ方法


探偵事務所(興信所)は、全国各地に数多く、お住まいの地域に関わらず調査を依頼することは可能です。しかし、数が多いからこそ、どの探偵事務所に依頼するか迷う方は多いでしょう。ここからは、依頼する探偵事務所を選ぶ方法をご紹介します。

※価格・料金はすべて2021年9月時点のものです。

調査料金から選ぶ

探偵事務所に依頼すると、人件費や各種経費を含めた調査料金がかかります。料金はピンキリで、安ければ数万円、高ければ100万円を超えるほどです。調査内容にもよりますが、数十万円はかかると見積もってよいでしょう。

相場よりも格安だったり、反対に高額すぎたりするところは悪徳業者である可能性があります。料金に見合った調査をしてもらえるか、よく見極めてから契約しましょう。

料金プランや参考料金は、探偵事務所のホームページに記載されていることが多いです。ただし、あくまで参考料金なので、実際に相談をして見積もりを取り、ご自身の予算と照らし合わせましょう。

見積もりに至るまで、無料で相談を受け付けている探偵事務所は多いので、気軽に問い合わせてみてください。

人気探偵事務所・興信所を徹底比較!優良な探偵事務所を選ぶポイント・調査料金も解説! https://entrenet.jp/tantei

調査項目から専門の探偵事務所を選ぶ

一口に探偵事務所といっても、調査できる内容は探偵事務所によって異なります。

浮気調査が得意なところもあれば、素行調査が得意なところもあります。探偵事務所は、それぞれ得意分野を持っており、その分野に詳しい相談員が在籍しているため、プロの視点からアドバイスを受けることが可能です。

対応可能な調査項目や専門分野については、探偵事務所のホームページでご確認ください。

【探偵事務所が対応可能な調査の例】
浮気・不倫調査/素行調査/身元調査/信用調査/家出調査/ストーカー対策など

口コミ・評判から選ぶ

探偵事務所の口コミや評判をホームページやSNSで見てみましょう。インターネットで検索すれば、探偵事務所を利用した経験がある方の口コミを簡単に見つけられます。

身近に利用経験のある方がいなかったり、プライベートな相談がしづらかったりする方は、ぜひインターネットを活用してください。

口コミや評判からは、実際に利用した方のリアルな声を知ることができます。調査内容は人によって異なりますが、相談員の対応や調査後のサポートについても詳しい情報を得られるでしょう。ぜひ、ポジティブな口コミも、ネガティブな口コミも、両方を参考にしてご検討ください。

安心・信頼できる探偵事務所を見分ける方法・ポイント


国民生活センターには、探偵に関する相談が毎年1,000件以上も寄せられています。相談内容としては、調査後に高額な料金を請求されたり、調査の内容が不十分だったりすることが多いようです。

残念ながら、悪徳な探偵事務所が存在することは事実でしょう。しかし、依頼者に寄り添い、安心して依頼できる探偵事務所もたくさんあります。

重要なポイントは、依頼者自身が安心かつ信頼できる探偵事務所を見分けることです。ここでは、安心・信頼できる探偵事務所を見分ける方法やポイントをご紹介します。

依頼を検討している探偵事務所が当てはまっているか、ぜひご確認ください。

探偵業届出証明書の有無

探偵業届出証明書とは、探偵事務所・興信所を営業するために必要な書類です。営業を始めるときに、各都道府県に申請し、営業許可の証として受け取ります。

探偵業届出証明書は、事務所内で目に入りやすいところに掲示しなければなりません。打ち合わせや面談で事務所へ入ったときには、探偵業届出証明書があるかどうかを確認しましょう。

どれだけ見渡しても見つからない場合は、各都道府県への申請を怠っている可能性があります。事務所以外で面談や契約をする場合も、探偵業届出証明書について質問してください。

探偵行届出証明書の有無について明確な回答が得られない探偵事務所・興信所は、避けておくのがよいでしょう。

行政処分の有無

探偵事務所や興信所が違法な調査を行ったり、探偵業法のルールを破ったりすると警察から行政処分を受けることとなります。

証拠が抑えられたとしても、違法な調査方法で獲得したものだと判明すると、法的有効性を失う可能性があります。

せっかく撮影できた写真や動画が法的措置の場で役立たなければ、調査料金を支払った意味がありません。

そのため、過去に行政処分を受けていない探偵事務所かを確認しておくことは大切です。行政処分を受けていなければ、合法的に調査を行っているところと信用してよいでしょう。

過去3年間に行政処分を受けた探偵事務所・興信所は、各都道府県警のホームページを見れば、ご自身で調べることが可能です。

各都道府県警のホームページには、過去3年間に行政処分を受けた探偵事務所・興信所の「探偵業届出証明書番号」が記載されています。

過去3年より前の情報について調べようがないのは難点ですが、証明書番号がわかったら調べてみるとよいでしょう。

事前面談での細かい聞き取り

ほとんどの探偵事務所が無料相談や面談の機会を設けています。とくに、無料相談は24時間365日対応可能なところが多いため、1人で抱え込まずにコンタクトを取ってみるのがおすすめです。

無料相談や面談は、探偵事務所の相談員が対応してくれます。ここで、現状の悩みや希望する調査内容、調査後の流れについて親身に聞いてくれるかは大事なポイントです。

聞き取り時の姿勢から、真摯に調査にあたってくれる探偵事務所か見極めましょう。

探偵事務所の中には、事前面談の時間や回数制限を設けているところもあります。聞き取りを行うのに十分な時間と回数が確保されているかチェックしてください。

弁護士事務所との提携・連携があるか


調査の結果によっては、裁判などの法的措置を視野に入れている方もいらっしゃるでしょう。

たとえば、浮気調査の場合、浮気が事実であれば離婚調停や慰謝料請求といった法的措置をとることができます。

しかし、法的措置を依頼者自身が進めることは困難で、専門的なサポートが必要です。

探偵事務所や興信所にとっても、法的措置のサポートをすることは、専門的な知識や経験が必要なため極めて困難です。

そのため、弁護士事務所と提携しているところであれば、弁護士の紹介を受けてスムーズに法的措置の準備を進められます。

弁護士なら法的措置に精通しているんで、優秀な弁護士の紹介を受けられるか確認しておきましょう。

警察OBなどによる調査ノウハウ


探偵事務所の中には、警察OBを積極的に採用しているところもあります。

なぜなら、警察で培ったハイレベルな調査ノウハウを探偵の仕事に生かせるからです。探偵と同様に聞き取り、尾行、張り込みなどを行ってきた警察OBは、探偵事務所にとって即戦力でもあります。

また、警察OBは、悪質な探偵事務所を取り締まる立場でもありました。

そのため、警察OBであれば、違法行為にあたる調査方法についても詳しく知っています。警察OBが在籍している探偵事務所なら、怪しい調査方法はないと考えてよいでしょう。

契約・依頼前に必ずチェックすべき事


パートナーの浮気が発覚したり、家族が失踪したりしたら、とにかく早く探偵に依頼したくなるでしょう。

そのような依頼者の焦りや不安を逆手に取り、依頼者にとって不都合な契約内容を突きつける探偵事務所もあります。

そのため、探偵事務所と契約を結ぶ前に、必ずチェックすべき事を忘れてはいけません。契約後のトラブルを防ぐためにも、次の3つは必ずチェックしてください。

調査報告書のサンプル

依頼内容に関わらず、調査結果は調査報告書としてまとめられます。

調査報告書は、証拠となる写真や動画も添付されるので、法的措置を取るときにも必要となる大事な書類です。

そのため、中身が薄かったり、必要な情報が記載されていなかったりすると、裁判などで役立たない可能性があります。

優良な探偵事務所は、依頼者が事前に調査報告書について把握できるよう、サンプルを用意しているところが多いです。ホームページを確認したり、面談の際に確認したりするとよいでしょう。

探偵業法に則った契約書かどうか

依頼前の相談や見積もりの提示に関して問題がなければ、契約書の記入に進みます。

このとき、契約手続きにやひとりする書類が探偵業法に則っているかを確認しましょう。契約書の記述は一般人が理解しづらい内容であることが多いです。

重要なことが書かれているので、不明点や疑問点があれば、曖昧なまま契約しないよう気を付けましょう。

探偵事務所は、契約内容前に依頼者に対して、重要事項説明書を交付する必要があります。契約書に記入する前に、この書類を受け取っているか確認してください。

また、依頼者は、契約書とともに誓約書(調査目的の確認に関するもの)を提出しなければなりません。いずれの書類も法的に必要なものなので、必ずやり取りをするようにしましょう。

契約書にクーリングオフの説明が記載されているか

クーリングオフとは、契約してから一定期間内であれば、契約そのものを取り消せる制度のことです。

2008年の特定商取引法が改正されて以降、原則すべての業種においてクーリングオフが適用されています。そのため、探偵事務所においても例外ではありません。

ただし、契約内容によっては、クーリングオフが適用されない場合があります。契約を結んだ場所の違いなど、適用できるケースとできないケースがあるので、ご自身で確認しておくとよいでしょう。

また、探偵事務所は、依頼者にクーリングオフについて確実に説明しなければなりませんクーリングオフについて記載されている契約書を使う必要もあります。

万が一、契約書にクーリングオフの記載がなかったり、説明がなかったりしたら、そのまま契約に進むのはやめましょう。

質問したにもかかわらずうやむやにされたら、悪徳な探偵事務所な可能性があるのでご注意ください。

このような広告のある探偵事務所には注意!


探偵事務所は、自社の強みをアピールするためにさまざまな広告を打ち出しています。広告を見る限りは、魅力あふれる探偵事務所と感じるかもしれません。

しかし、広告の内容を鵜呑みにすることで、悪徳な探偵事務所に引っかかる可能性があります。ここから紹介する広告内容であれば、注意深く見極めるようにしてください。

「業界最安値」を謳う広告

「業界最安値」「格安」などというように、極端な低価格をアピールする広告には要注意です。

広告では低価格を打ち出していても、調査後に高額な料金を請求する探偵事務所があるからです。

低価格であることは、調査費用を抑えたい方にとっては魅力的なポイントですが、冷静に判断してください。

しっかりと調査を行うためには、人件費や交通費、諸経費など、コストは必ずかかります。「業界最安値」という文言に飛びつくことなく、見積もりの金額や内訳をよく確認してください。

とくに、料金内訳については、詳細に説明することが探偵業法で定められているので軽視しないようにしましょう。

「弁護士の紹介ができる」と記載のある広告

調査後に裁判や慰謝料請求などの法的措置を視野に入れている方は、弁護士の紹介をご希望かもしれません。

しかし、弁護士以外の者が弁護士を紹介することは「非弁提携」と呼ばれ、弁護士法に違反する可能性が高い行為です。

紹介を受けた後にトラブルに巻き込まれないよう、最初から避けておくのがよいでしょう。「弁護士の紹介ができる」という文言だけでなく、弁護士事務所と提携・連携している探偵事務所であるかを確認してください。

「お金を取り戻す」という趣旨の文言が記載されている広告

探偵事務所は、債権を発行したりお金を貸したりした場合でも、それらを取り戻すことはできません。

なぜなら、探偵事務所ができることは、調査対象者の資産状況を調べるまでだからです。具体的な金額を調べることや、お金を取り戻すための交渉ができないことを覚えておきましょう。

探偵事務所の調査料金プランの選び方


探偵事務所を選ぶときには、調査料金についても具体的に比較してみましょう。探偵事務所の主な調査料金プランは3つあります。

  • 時給型
  • パック型
  • 成功報酬型

それぞれのプランの概要とおすすめの方をご紹介しますので、ぜひご自身に合うプランを見つけてください。

時給型

時給型プランでは、調査員が稼働した時間に応じて料金が発生します。

ある程度浮気現場や行動パターンが把握できている場合は、調査に必要な時間を見積もりやすく、ご自身の予算と照らし合わせやすいでしょう。

ただし、調査時間が長引けば長引くほど支払う料金が高額になる点は注意が必要です。

時給型がおすすめの方

時給型は、調査日時や場所をピンポイントで指定できそうな方におすすめです。たとえば、浮気調査なら、浮気相手と会いそうな場所や会う日時が、ある程度掴めている場合が挙げられます。

調査日時や場所をピンポイントで指定できるということは、調査自体が短時間で終わる可能性が高いです。時給型ならかかった時間分の料金でよいので、他のプランに比べるとコストパフォーマンスが高いでしょう。

パック型

パック型プランでは、調査時間や調査結果に関わらず一定の料金が発生します。

探偵事務所におけるパックとは、調査の実行から報告書の作成にかかる費用がセットになっているイメージです。

成功報酬型や時給型に比べると、料金は高い傾向があります。しかし、調査が長期間に及んでも追加料金が発生しない点はメリットといえるでしょう。

パック型がおすすめの方

パック型は、調査に必要な情報が十分でなく、これから詳細を掴んでいきたい方におすすめです。たとえば、浮気調査なら、浮気の疑いはあるけれど確信が持てない場合が挙げられます。

パック型なら、数日間単位で依頼できる探偵事務所が多いので、浮気現場との密会場所を複数抑えられるかもしれません。もし調査が長引いても、パックに含まれている料金しか請求されないので安心です。

ただし、パックに含まれている調査料金だけでなく、各種オプションの内容や料金も事前に確認し、調査後のトラブルを防ぎましょう。

成功報酬型

成功報酬型プランでは、調査が成功した場合のみ料金が発生します。有効な証拠が抑えられなかった場合は料金を支払う必要がありません。

そのため「証拠が掴めなかったのにコストだけかかった」というリスクを回避できます。

ただし、何をもって調査の成功とするか、明確に把握したうえで契約することが大切です。成功の定義は探偵事務所によってさまざまなので、調査後にトラブルとならないよう確認しておきましょう。

成功報酬型がおすすめの方

調査対象者の行動パターンや、行き先などがほとんどわからない状態の場合、成功報酬型の調査プランを選ぶとよいでしょう。

たとえば、家出調査などで行き先の検討がつかない場合、時給型やパック型では、調査費用の負担が大きくなる可能性があります。

また、浮気調査においても、調査対象者の警戒心が強いと、なかなか決定的な証拠を抑えられないかもしれません。

成功報酬型は、証拠を抑える難易度が非常に高くなりそうな場合に選んでおくと安心です。

自分でなかなか探偵事務所を選べない場合


探偵事務所のホームページや利用者の口コミを参考にしても、なかなか探偵事務所を決められない方もいらっしゃるでしょう。

信頼できる依頼先を選ぶために、慎重になるのはよいことです。しかし、探偵事務所を選ぶことに時間がかかると、調査の機会を逃してしまうかもしれません。

なかなか自分で決められないときは、探偵事務所に詳しい人の助けを借りましょう。依頼者の現状や要望を踏まえて、おすすめの探偵事務所を紹介してもらえます。

ぜひ、ここから紹介する3つの方法を試してみてください。

弁護士に相談する

弁護士は、探偵事務所と密接な関わりを持つ職業といえます。なぜなら、弁護士は、探偵が抑えた証拠をもとに、依頼者の法的措置(離婚裁判や慰謝料請求など)をサポートする立場だからです。

では、相談する弁護士はどのように選べばよいのでしょうか?

おすすめは、探偵に依頼したい内容を専門にしている弁護士に相談することです。

浮気や離婚について調査したければ、男女関係に詳しい弁護士だと、より専門的な立場からのアドバイスをもらえます。

日本調査業協会に紹介してもらう

「一般社団法人 日本調査業協会」は、探偵の教育研修や探偵事務所に寄せられた苦情処理など、探偵業界の健全化を目指して活動している組織です。

内閣総理大臣の認可を受け、警視庁を所轄官庁とする組織なので、非常に信頼できる組織でしょう。

日本調査業協会に探偵を紹介してもらう方法は2つあります。

公式ホームページで正会員検索を行う

日本調査協会に入会している探偵事務所を「正会員」と呼びます。正会員となっている探偵事務所なら、日本調査協会が実施する教育研修を受けている可能性が高いため、信頼度は非常に高いでしょう。

公式ホームページでは、都道府県別に正会員を探すことができるので、お住まいの地域に近い探偵事務所を探すのに便利です。

お住まいの地域に探偵事務所がない場合でも、面談を希望すれば出張で応じてくれるところもあります。気になる探偵事務所があれば、詳細を確認してみましょう。

【正会員検索はこちら】
http://nittyokyo.or.jp/memberssearch/

問い合わせフォームから問い合わせる

公式ホームページの問い合わせフォームからでも、探偵の紹介を依頼できます。匿名での依頼はできませんが、問い合わせの段階で疑問や不安を具体的に伝えたいときにおすすめです。

【問い合わせフォームはこちら】
http://nittyokyo.or.jp/contact/

街角相談所探偵にて自分に最適な探偵事務所を紹介してもらう

街角相談所探偵とは、オンライン上で探偵事務所に関する疑問や不安を相談できるサービスです。

探偵選びのプロが、24時間365日、無料で相談に乗ってくれるので、探偵への依頼が初めての方からとくに人気を集めています。

街角相談所探偵が紹介できる探偵事務所の数は100社を超えています。紹介する探偵事務所は、街角相談所探偵独自の選定基準をクリアした、優良な探偵事務所ばかりです。

悪徳な探偵事務所を紹介される心配がない点は、依頼者にとって大きなメリットでしょう。

さらに、街角探偵事務所を通じて探偵事務所を紹介してもらうと、調査料金を通常よりも抑えられる可能性があります。

なぜなら、自分で探偵事務所に見積もりを依頼するのではなく、街角探偵事務所を通して依頼すれば、定価の20~40%の割引が受けられるからです。

調査費用を少しでも抑えたい方は、探偵事務所選びの段階から街角相談所探偵を頼りましょう。

【街角事務所探偵のサイトはこちら】
https://machikado-tantei.com

まとめ

この記事では、自分に合った探偵事務所を選ぶためのポイントや、依頼前にチェックすべきことについて解説しました。

人から探偵の紹介を受ける方法もお伝えしましたが、大切なのは、依頼者本人が心から信頼できる探偵事務所かです。

探偵事務所には、プライベートな相談をすることになるうえ、場合によっては中長期的に関わる可能性もあります。ぜひ、無料相談などを活用して、納得のいく探偵事務所選びをしてください。



<参考>

  • https://machikado-tantei.com/

よかったらシェアしてね!

PAGE TOP