結婚前の身辺調査で何がわかる?調査の依頼が必要なケースや探偵事務所を選ぶポイントを解説!

「探偵事務所の結婚前の身辺調査で何かわかるんだろう?」
「調査の依頼が必要なケースや探偵事務所を選ぶポイントを知りたいな。」
と上記の様な悩みを抱えている方がいることでしょう。

結婚は、出来れば一生で一度の一大イベントにしたい行事です。そのため生涯を共にするパートナー選びには、とても慎重になるといえます。

相手を信じているけれど念には念を入れて、結婚前の身辺調査を行いたいと考えている方もいることでしょう。

こちらの記事では結婚前の身辺調査で何がわかるのか、また調査の依頼が必要なケースや探偵事務所・興信所を選ぶポイントについて解説いたします。

身辺調査(結婚調査)とは?


結婚調査の身辺調査は、結婚相手(婚約者・フィアンセ)など結婚を考えている相手の事を調べる方法です。

調査を実施することにより対象者の素性(身体的特徴やプロフィールなど基本情報)、素行(交友関係など周辺行動)、経歴(生い立ち・学歴・職歴・結婚歴・消費者金融の履歴)などを知ることができます。

なぜ結婚前に身辺調査を行うのかという心理ですが、これは結婚相手が生涯を共にする相手として相応しいか(浮気や不倫などで裏切られたり・借金などの金銭問題など過去にトラブルを抱えていないか)を調べることにあります。

特に結婚歴、離婚歴やギャンブル癖、消費者金融の履歴などは重要視する点といえます。

結婚調査の身辺調査の対象者は、旦那となる男性や嫁となる女性などパートナー候補がターゲットです。

また結婚調査の身辺調査の依頼者は、旦那となる男性や嫁となる女性などパートナーのほかにお互いの父・母など両親や兄弟姉妹ならびに祖父・祖母など親族親類家族関係者も含まれます。

これは息子・娘のことをおもんばかってのことであり、結婚相手が真人間かプロの探りを入れ自分自身も安心するための行動です。

結婚前の結婚相手に身辺(身元)調査を行ってわかること

結婚前の結婚相手に身辺(身元・身上)調査を行ってわかることは次の通りです。

  • 婚約者の生活スタイル
  • 婚約者の交友関係
  • 婚約者の家族関係・素性
  • 婚約者本人の資産(借金)
  • 婚約者の仕事・勤務先での評判

一つずつ項目を解説いたします。

婚約者の生活スタイル

結婚前に「ニート状態で働いていない」、「バリバリのキャリアとして働いている」など、そして結婚後には「専業主婦・主夫をしたい(共働きをしたくない)」、「仕事を続けたい」かなどがわかります。

また趣味にパチンコ・競馬などギャンブルを日常的にしていないか、薬物に手を染めていないか、宗教信者または入信する可能性があるかなどもチェックすることができます。

婚約者の交友関係

婚約者の交友関係は、不審人物・有害な関係者との交友があるかどうかを調べます。暴力団・半グレ集団またはそれに準ずる悪質な人物と関りがないかがわかります。

婚約者の家族関係・素性

婚約者の家族関係・素性は、親族・親類にどのような人物がいるのかまたはその素性などです。

犯罪行為に手を染めた前科者・素行不良な人物・過去にトラブルを抱えている人物などをチェックすることができます。

婚約者本人の資産(借金)

婚約者本人の資産(借金)は、勤務先からの給与や銀行預金、定期預金、投資信託から隠し口座も含み調査が可能です。

また消費者金融の履歴から借金の有無や金額などもチェックすることができます。

婚約者の仕事・勤務先での評判

婚約者の仕事・勤務先での評判は、会社での立場、勤務形態、業務内容、上司と同僚や部下などからの評価です。大きなトラブルを抱えていないか、出世する可能性があるかなどを、チェックすることができます。

結婚前に身辺調査を依頼した方がいいケース


結婚前に身辺調査を依頼した方が良いケースは次の通りです。

  • 結婚を何度も延期される
  • 経歴詐称の疑い・不安がある
  • 婚約者の友人や家族を誰も知らない
  • 金銭を要求される

一つずつ項目を解説いたします。

結婚を何度も延期される

結婚を何度も延期する相手は、結婚前に身辺調査を依頼することをおすすめいたします。なぜなら結婚詐欺の可能性が極めて高いからです。

結婚詐欺の特徴は、結婚をほのめかし甘い言葉で誘惑してお金を奪うことにあります。後妻業であれば結婚をして、殺害後に財産を遺産として受け取るという方法もあります。

しかし結婚を何度も延期される場合は、後妻業ではなく結婚詐欺のケースに該当します。また結婚詐欺ではなく、何らかの事情で結婚を延期している場合もあるため理由や対象者の身の潔白にも貢献します。

経歴詐称の疑い・不安がある

結婚相手が経歴についてあやふやではっきりとした回答をしなければ、依頼をするタイミングといえます。経歴詐称は出生・出身・学歴・職歴など、これまでの生きた証を偽る行為です。

結婚後に経歴詐称をしていても問題ない内容であれば依頼するまでもないですが、相手が何の説明もなく隠していて不安に感じるのであれば結婚調査をして事前に知っておくことも有用です。

婚約者の友人や家族を誰も知らない

家族親類親族関係者がすでに全員死んでいる、友達が本当に誰もいないという理由であればしょうがないといえます。

しかしそうでなければ婚約者の友人や家族を紹介出来ない理由があるということです。この場合に結婚調査を利用し、事前に交友関係や家系図など家族の詳細について知っておくと良いといえます。

金銭を要求される

結婚相手からたびたび金銭を要求されることがあります。これは前述した結婚を何度も延期される理由と関係し、結婚詐欺の可能性があるからです。

「事業が上手くいかないから」、「家族の病気を治すのに医療費が足りない」、「生活に困っている」など、さまざまな理由でお金をせびられます。

例え婚約者でもお金が絡むのであれば、一人で考えるのではなく誰かに相談した方が得策です。秘密裏に行動してくれる探偵事務所・興信所であれば、調査料金を支払うことで問題を解決してくれます。

結婚相手に身辺調査を行う上で本人バレをした際のリスク

結婚相手に身辺調査を行う上で本人バレをした際のリスクは次の通りです。

  • 婚約を破棄される
  • 結婚式場のキャンセル料金を払わされる
  • 信頼関係が失われる

一つずつ項目を解説いたします。

婚約を破棄される

結婚相手に身辺調査をしていたことがバレてしまうと、さまざまなリスクがあります。そのひとつが結婚自体をなかったことにされることです。

相手は信用していたからこそ生涯のパートナーとして結婚を考えてくれたことでしょう。しかし秘密裏に探りを入れられたということは、不義理に疑われていると考えられます。

つまり直接に話し合うことではなく、第三者を通して確認することを望む相手とは一緒に居たくないとなるからです。

結婚式場のキャンセル料金を払わされる

婚約を破棄されるだけならまだ被害は少ないですが、高額な結婚式場のキャンセル料金を支払わせられる可能性があります。

結婚式場のキャンセル料金は、100%の支払いを行わなければいけない業者もあります。例えば200万円の費用がかかるなら、キャンセル料金も200万円を支払わなければいけません。

完全に裏が取れており結婚を破棄することを考えているならば、相手が支払う可能性があるため問題ありません。

ただし確証がなく結婚調査を依頼するなら、慎重な行動を心がけることをおすすめいたします。

信頼関係が失われる

相手を試すようなことをすれば、理由が無ければ信頼を失うことは必然です。その覚悟がないのであれば、結婚調査を行うことは時期尚早といえます。

相手の行動が不審で何らかの違和感を抱えており、かつ結婚破棄になっても問題ないと決意しているのであれば結婚調査の依頼をしても大丈夫といえます。

身辺調査がバレてしまう依頼者の言動・行動とは?対象者にバレた際のリスクや考えられるトラブルを解説! https://entrenet.jp/tantei

身辺調査を依頼する探偵を選ぶコツ

身辺調査を依頼する探偵を選ぶコツは次の通りです。

  1. 調査中の進捗状況を随時報告してくれるか
  2. 事前に十分な聞き取りを行ってくれるか
  3. 裁判などの際に必要になる調査報告書をしっかりと作成してくれるかどうか

一つずつ項目を解説いたします。

1:調査中の進捗状況を随時報告してくれるか

探偵事務所・興信所に結婚調査の依頼をした場合、結果報告までいくばくかの猶予があります。そのため少しの日数の間は不安を抱えている状態に陥ります。

少しでも安心感を得たいのであれば、調査員や専任アドバイザーとの連絡をLINEなどで常に行える業者を選ぶことをおすすめいたします。

2:事前に十分な聞き取りを行ってくれるか

結婚調査の成功を握るカギは、探偵事務所・興信所との事前の聞き取り調査です。依頼をする前に無料相談・面談・打ち合わせが行われ、見積もりと支払いが行われます。

この見積もりは、調査の内容と調査員の数や諸経費が計算された料金となります。

調査員は見積りの内容で、調査を開始します。そのためしっかりと調査内容を伝えて置かなければ、思った結果が得られないばかりか時間や無駄金をはたいてしまうことになります。

3:裁判などの際に必要になる調査報告書をしっかりと作成してくれるかどうか

結婚調査を行ったあとは、理想の結末へ進むため専任アドバイザーからアフターケアを受けます。理想の結末とは、「婚約者と破断して決別するか」「寄りを戻してやり直すか」です。

婚約者と破断して決別する場合は、慰謝料請求など法的に裁判などで有効な証拠が必要になります。

探偵事務所・興信所では、証拠の写真や行動データの調査報告書などを作成する業者があります。この調査報告書をしっかりと作成してくれる探偵事務所・興信所であれば、信頼のおける業者といえます。

また調査報告書だけでなく、弁護士事務所と提携または無料で紹介を行っている業者もあります。

結婚調査にオススメの探偵事務所


結婚調査にオススメの探偵事務所・興信所は次の通りです。

  • Japan PI
  • さくら幸子探偵事務所
  • ラビット探偵社

一つずつ項目を解説いたします。

Japan PI

Japan PIは運営会社「株式会社Japan PI / Japan PI Inc.(旧 株式会社クイックリサーチ)」がサービスを提供する探偵事務所・興信所です。

結婚調査の身辺調査を含めたサービスを、300,000円(税込み)程度から明瞭会計にて対応しています。

結婚調査の以外にも次のような調査にも対応しています。

  • 素行調査
  • 人探し(知人探し・親族探し・失踪者家出人)
  • 生き別れの親族探し
  • 身辺調査(基本的な身辺調査・投手個人情報調査)
  • 子供の調査(所在割り出し・居住環境調査・親権獲得のための調査)
  • 浮気調査

また前述した個人向け調査以外に法人向け・士業向け調査も行っています。法人向け調査は次の通りです。

  • 企業信用調査
  • 反社チェック(反社会勢力との繋がり調査)
  • ビジネス身辺調査
  • 採用調査
  • 職場内調査
  • 保険調査
  • 知財調査

などです。

また士業向け調査は次の通りです。

  • 郵便・公示送達の為の住居所調査
  • 訴訟の為の興信所調査
  • 差し押さえの資産調査
  • 供述調書サービス

などです。

さらに調査と翻訳を融合させたバイリンガル探偵事務所・興信所とも呼ばれており、日本と海外に独自ネットワークがあるのも特徴です。

そのためほかの探偵事務所・興信所にはない、国際的な調査にも長けています。

さくら幸子探偵事務所

さくら幸子探偵事務所は、運営会社「株式会社アイ・アイ・エス」がサービスを提供する探偵事務所・興信所です。

結婚調査を始めとした調査サービスを、基本料金30,000円(税込み)から明瞭会計にて対応しています。

結婚調査のほかには次のような調査にも対応しています。

  • 浮気調査
  • 人探し・所在調査
  • 家出調査・失踪者捜索
  • ストーカー調査
  • 盗聴・盗撮調査
  • 電磁波・低周波音など測定調査
  • いじめ・嫌がらせ調査
  • ハラスメント調査
  • ペット捜索調査
  • 企業調査
  • 証拠・監視調査
  • 各種鑑定調査

などがあります。

創業33年以上、相談件数累計15万件以上、全国対応出張無料19支社、お客様満足度98.3%など、高い実績や特徴があります。

また24時間365日いつでもどこでも何度でも、相談無料で対応しています。

ラビット探偵社

ラビット探偵社は、運営会社「ラビット探偵社」がサービス提供する探偵事務所・興信所です。結婚調査の身辺調査を始めとしたサービスを、1時間7,000円(税込み)から明瞭会計にて対応しています。

結婚調査(結婚前信用調査)以外には次のような調査にも対応しています。

  • 浮気・素行調査
  • 人探し・家出調査
  • その他の調査(盗聴器発見・ストーカー対策・いたずら・嫌がらせ調査・誹謗中傷削除・GPS調査・お子様見守り調査)

などがあります。

警察OB・OGの会社で調査ノウハウを培い精度の高い調査から、確実で言い逃れのできない証拠を提出しています。また依頼者の悩みに沿った弁護士事務所の紹介など、安心のアフターフォローを行っています。

人気探偵事務所・興信所を徹底比較!優良な探偵事務所を選ぶポイント・調査料金も解説! https://entrenet.jp/tantei

探偵事務所に身辺調査・依頼をしてもらうまでの流れ


探偵事務所・興信所に身辺調査など依頼をして貰うまでの流れは次の通りです。

  1. 電話やメールにて無料で相談
  2. 面談・打ち合わせ
  3. 調査費用見積もり・支払い
  4. 調査
  5. 調査報告書の交付

一つずつ項目を解説いたします。

1:電話やメールにて無料で相談

探偵事務所・興信所へ結婚調査の身辺調査を依頼する場合にまず行うことは、業者への無料相談です。業者によっては24時間365日いつでもどこでも何度でも無料相談を行えます。

無料相談を行うには、探偵事務所・興信所の公式サイトからメールにてお問い合わせをするか、フリーダイヤルの電話番号にて連絡することで可能です。

またメッセージアプリのLINEを使い、メッセージのやり取りでも可能です。

無料相談では匿名でも可能で大まかな相談内容を伝えたり、どのくらいの料金が掛かるのかを知ることができます。調査内容も聞くことができ、気に入らなければその業者で依頼をしなくても大丈夫です。

2:面談・打ち合わせ

無料相談を行い探偵事務所・興信所が信頼のおける業者となれば依頼をします。依頼時には、プロのカウンセラーによって面談・打ち合わせを行います。

調査内容を指示し、対策方法や解決方法をアドバイスしてもらいます。そして面談・打ち合わせの時点で、契約をするか決めます。

3:調査費用見積もり・支払い

面談・打ち合わせの際に契約すると、調査費用の見積もりと支払いまたは決済方法の確定になります。

探偵事務所・興信所によって調査費用が違うため、調査費用相場の水準を事前に調べておくことをおすすめいたします。

また探偵事務所・興信所により、調査費用が前払いまたは後払いさらに着手金を支払い成功報酬として残りを支払う方法があります。

決済方法には現金払い・クレジットカード・銀行振込などがあります。

4:調査

調査費用の見積もりや支払いが行われたら、調査の開始です。調査の開始日は調査内容によってかわり、例えばターゲットが怪しい行動をしそうな日から尾行などを始めることもあります。

調査中はメッセージアプリ「LINE」により専任アドバイザーと連絡をとりながら、調査経過を報告してくれます。

5:調査報告書の交付

調査が完了したら依頼者へ、調査報告書の交付が行われます。例えば結婚前調査なら経歴の詐称をしていないか・素性素行は信頼がおけるかなどの資料が提出されます。

浮気・不倫調査であれば、言い逃れができない確実な証拠となる写真・行動データを記載した調査報告書が提出されます。

この調査報告書の結果により、専任アドバイザーと共に理想の結末へ向けてアフターフォローが行われ、もしも破局や離婚など決別を求めるなら慰謝料・養育費請求など、法的に有効な証拠や裁判に強い弁護士事務所の紹介などが行われます。

結婚前の身辺調査は部落差別に繋がる可能性があるので注意

結婚前の身辺調査は部落差別に繋がる可能性があり注意が必要です。

部落差別とは同和問題(部落問題)とも呼ばれ、被差別部落の出身というだけで差別される問題のことをいいます。

部落差別は、16世紀末の豊臣秀吉の時代からの身分制度から生まれ歴史的・社会的にも根深い問題となっています。1871年(明治4年)には「解放令」によって、身分制度は廃止されました。

歴史的・社会的には部落差別は消えましたが、偏見や差別の苦しみは未だに対象者の遺伝子に刻み込まれています。

そのためこちらが差別だとは思わなくても対象者が部落差別の関係者であれば、結婚前の身辺調査を行った際に精神的に酷く傷つく可能性があります。

結婚前の身辺調査で探偵事務所・興信所に利用をする前には、部落差別に関係しているかチェックしておくことも重要です。

まとめ

こちらの記事では結婚前の身辺調査で何がわかるのか、また調査の依頼が必要なケースや探偵事務所・興信所を選ぶポイントについて解説いたしました。

結婚は、人生で1度にとどめたい一大イベントといえる行事です。

そのため婚約者のことは何でも知っておきたいし、信頼し合える状態にしておきたいと思うでしょう。すこしでも不安を払拭するために結婚前信用調査を、探偵事務所・興信所に依頼したいと思うのは必然です。

ぜひこの機会に探偵事務所・興信所の結婚前信用調査を利用し、幸せな夫婦生活の裏付けをプロの調査によって委ねましょう。



参考

よかったらシェアしてね!

PAGE TOP