借金で夜逃げ…その後どうなる?バレる?逃げずに解決する方法

借金に耐えられなくなった人が最後の手段として行う「夜逃げ」。夜逃げを手助けする【夜逃げ屋】なんて職業もあるぐらい、借金から逃げたいと考える人がいると言えます。

しかし、夜逃げ屋を利用したとしても、本当に借金から逃れられるわけではなく、借金を根本から解決できたことにはなりません。

一時的に督促からは逃げることはできても、夜逃げをしても借金が無くなることはなく、かえって借金が増える可能性の方が高いのです。

夜逃げの危険性をご紹介するとともに、借金から逃れるために取るべき方法について解説していきましょう。

\一人で苦しんでいませんか?/

夜逃げをしても借金は減らない!

借金が減らない、取り立てがキツイ、そんな生活から逃げ出したいと、実際に今の生活を捨てて逃げてしまうのが「夜逃げ」です。

しかし、実は夜逃げをしても借金が無くなるとは限りません。

借金には確かに時効があります。

借金の時効とは
個人間の貸し借りでは10年間、消費者金融やクレジットカードの債権は5年間と民法で定められています。

しかし、借金の時効は債権者が権利を行使しない場合に限り成立するものです。

つまり、債権者が裁判所経由で返済請求をするなどの手段を取れば、時効は延長されます。

債権者が権利行使をしないことは考えられないため、行方をくらませたとしても借金が時効を迎えることは極めて難しいのです。

ですから、夜逃げをしたとしても借金が今よりも減る、帳消しになるどころか、逃げ続けた分だけ利息や遅延損害金が膨らみ、返済額が大きくアップしてしまう可能性があるのです。

それよりも、今自分の借金を減らせる方法を考えて行動に移す方が賢明だとは思いませんか?

\借金がいくら減るかチェック/

相手の住所が分からなくても訴訟をすることは可能

夜逃げをする場合、自分の住所が誰にもバレないように注意するはずです。

自分の所在が分からなければ取り立てをすることができない、それは大きな間違いです。

先ほど紹介した通り、借金の時効を中断する手続きがあります。

手続きの方法としては、3つ挙げられます。

  • 内容証明郵便を送る
  • 裁判所に訴訟を提起する
  • 支払督促の申し立てを行う

このうち、内容証明郵便や支払督促の申し立ては、相手の住所が判明している必要があります。

しかし、裁判所への訴訟提起については、相手が行方不明でも公示送達という手段で裁判を起こすことが出来るのです。

公示送達とは
相手が行方不明の時に裁判資料を送ること無く裁判をする方法です。裁判所の掲示板に【公示送達の呼出状】が掲示されることで相手に伝えたと判断します。

借金の時効を迎えるのは、簡単ではないのです。

夜逃げがバレる理由と激減したワケ

夜逃げは、相手に住所を知られないようするために黙って逃げる行為ですしかし、それでも夜逃げがバレてしまうリスクがあります。

夜逃げは次の3つの理由によってバレて見つかってしまう可能性があるのです。

1.住民票の移動でバレる
債権者は債務者(借りた相手)の住民票を確認することが認められているため、住民票を移動すれば夜逃げ先を知ることは容易です。
2.家族や知人から情報が漏れる
いくら口止めをしていて居も、ふとしたきっかけで情報が漏れてしまう可能性はあります。

また、知人の知人など、口止めをしていない相手から住所がバレてしまう恐れもゼロではありません。

3.引越し業者や夜逃げやからバレる
夜逃げは、必要最低限の荷物だけを持って移動することが多いのですが、もし引っ越し業者や夜逃げ屋などを利用した場合、そこからバレてしまう恐れがあります。

夜逃げ屋は依頼者を守る仕事ではありますが、全ての業者が信頼できるとは限りません。

夜逃げをして逃げられたと思っても、相手が住所を知る方法は色々あります。ですから、夜逃げをしたら安心、とは言えないのです。

夜逃げは一時期より激減している

夜逃げをしてもバレてしまう可能性があること、そして、借金が時効を迎えるのが容易ではないこともあり、夜逃げをする人は激減しています。

また、現在はインターネットなどから情報を得やすい環境にあり、夜逃げをしなくても借金を減らせる方法や、無料で相談できる専門家が検索できるようになっています。

更に、貸金業法の改正によって、取り立て方法が細かく規定されることになりました。

深夜・早朝の訪問取り立て、許可なく職場や自宅に押し掛けること、保証人ではない家族や知人への取り立てなど、禁止行為が明確化されたことで、以前のような厳しい取り立てを受けることが無くなったのです。

ただ、闇金のような違法業者から借り入れをしてしまうと、法律に関係なく厳しい取り立てを行ってきます。闇金は、決して利用してはいけません。

生活が不便に!?知っておくべき夜逃げのデメリット

夜逃げには、様々なデメリットがあります。

夜逃げを検討する前に、これらのデメリットをしっかりチェックしておきましょう。

デメリット1:利子が増え続ける

借金は、完済するまで1日ごとに利子が増え続けます。

この利子は逃げたからと言って無くなるわけではなく、逃げている期間中ずっと借金は増え続けている状態になっているのです。

夜逃げに失敗すれば、増額した借金を返すことになるだけでなく、返済日に遅れてしまった日数分の遅延損害金も上乗せされます。

夜逃げをして借金がゼロになるどころか、その金額が大きく膨らんでしまうのです。

デメリット2:住民票を移せない

債権者が住所を調べられる以上、逃げることが目的であれば住民票を移すことが出来ません。

住民票が移せないことで、以下の支障が出てきます。

  • 就職が出来ない
  • 各種証明書類の発行など公共のサービスが受けられない
  • 国民健康保険の手続きが出来ない
  • 選挙で投票ができない
  • 運転免許証の更新ができない

実際の所在が住民票と違うということになれば、自治体が住民票を抹消することができます。

また、その住所に住んでいなければ、本来は受けられるはずの公共サービスを受けることができません。

住民票・印鑑証明書・所得証明書などの書類全般は旧住所の役所で発行しなければいけませんし、確定申告も旧住所管轄の税務署となってしまいます。

図書館や福祉施設など、公共施設の利用が不可もしくは有料となってしまうこともあります。

更に、住所不定となれば正規雇用での就職は困難となり、安定した収入を得づらくなる恐れがあります。

デメリット3:子供の出生届が提出できない

住民票がないために、出生届を提出することはできません。生まれてきた子供は無戸籍(戸籍に載っていない子供)となってしまいます。

戸籍が無い子供に対しては、当該市町村に居住している実態を確認できれば児童手当や児童扶養手当を受けること、支給認定を受けた上で保育所・認定こども園などに通うことは可能です。

ただ、手続きをする中で所在が債権者に知られてしまう可能性がありますし、子供を育てる上で不便であることは確かです。

デメリット4:精神的に不安な日々を過ごす

借金の時効を目的として夜逃げをしたのであれば、その日を迎えるまでずっと逃げ続けなければいけません。

いつ見つかるか分からない、そんな不安な日々を過ごすことは、夜逃げをしてもずっと精神的に追い詰められ続けることになります。

デメリット5:多くの人に迷惑をかける

夜逃げをすると、自分の家族を巻き込むことになります。先ほど紹介したように公共サービスを受けられなくなる、就職が困難になるといったリスクを家族にも背負わせてしまうのです。

もともと住んでいた部屋が賃貸であれば、家財などを残して逃げられた大家さんは勝手に処分することも出来ず、困った状況になります。家賃滞納があれば、その回収も困難となるため大きな迷惑がかかります。

更に、借金に保証人がいれば、取り立てが保証人に向かうことになり、保証人にも迷惑がかかるのです。

夜逃げには多くのデメリットがあり、逃げたところで何の解決にもならないのです!

闇金からの借金が現金で夜逃げを考えている場合は、警察に相談して別の場所に一時避難するという選択肢もあります。

身内が夜逃げをしたときの対処法

自分ではなく、親戚が夜逃げをしてしまうことがあるかもしれません。突然連絡が取れなくなる、所在が分からなくなることで不安になりますよね。

知人が夜逃げをした場合、所在の問い合わせだけでなく取り立ての件で貸金業者が自分のところに尋ねてくる可能性もあります。それが身内ということであれば、尚更です。

夜逃げをした相手を探す方法として、3つの方法をご紹介しておきましょう。

1.市役所に住民票の開示を依頼する
逃げた先の役所に届け出をしている場合は、情報開示請求をすることで住所を知ることが出来ます。

住民票を移動しないことで生じるデメリットは多くあります。半年や一年後など時間が経過してから調べてみても良いでしょう。

2.簡易書留を郵送する
住民票の移動手続きをしていなくても、郵便物に関しては転居届を出して手元に届くようにしているケースがあります。

簡易書留は転送不要郵便なので、転居届を出しても転送されず戻ってきます。しかし、何度か送り続けると現在の住所を記載して戻ってくる場合があるため、現在の住所を知ることが出来るのです。

3.警察に捜索願を出す
夜逃げをした、という理由だけで警察に捜索願を出すことはできませんが、家族・親族であれば可能です。

ただ、当人の意志で行方をくらました場合は一般家出人となり、積極的な操作が行われるわけではなく、情報提供や日々のパトロールなどによる捜索となります。警察に依頼したからと言って、すぐに見つかるわけではないのです。

他にも、探偵に依頼するという方法が考えられます。ただ、費用として50万円~70万円程度かかってしまいます。

調査に係る期間や、その内容によっては更に費用が増えることもありますし、信頼できる事務所を探すなど手間もかかります。

自分自身で探す方法も、いくつかあります。

  • 友人や知人に聞き込みをする
  • SNSで情報を収集する
  • 行きそうなところを探す
  • インターネット掲示板を利用する

ただし、インターネットに特定の個人の情報を掲載する際は、その情報がネット上に一生残ることを考えなければいけません。

特に写真の掲載は、よく考えて行う必要があります。

夜逃げするぐらいなら借金減額できる【債務整理】の検討を!

夜逃げをするぐらいなら、専門家に相談をして債務整理を検討しましょう。

【債務整理】=借金の救済措置です!全てを失ってしまうというイメージがある【自己破産】だけではありません。

債務整理には、任意整理や個人再生、過払い金請求などがあり、状況に応じた選択をすることができ、借金減額を見込めます。

方法 内容
任意整理 債権者と協議をして、借金の減額や将来利息のカットを行う
個人再生 住宅ローン以外の借金を原則20%まで減額できる
住宅ローンの返済は継続することで住宅を手放す必要がない
自己破産 借金をゼロにすることができるが、高額な資産(家・車など)を処分する必要がある
過払い金請求 利息制限法を超えて支払いすぎていた利息を請求するという方法
過払い金の金額によっては借金が大きく減額する、完済できる可能性もある

債務整理で借金は減らすことが出来ます。しかし、どの方法を選べば良いのかを自分で判断すること、そして、その手続きを個人で行うことは困難です。

債務整理を行う場合は、専門家の力を借りましょう。

弁護士や司法書士に依頼をすると高額な報酬が必要になると思っているかもしれませんが、借金の相談は無料で行える場合も多いため安心して相談することができます。

夜逃げは借金から脱するための最適手段ではない

借金から逃れるために、夜逃げという方法を検討している人はいます。夜逃げ屋という職業があるのは、そういう人たちの需要があるためです。

しかし、借金から逃れるために夜逃げ屋を利用しても借金はゼロにはなりません。逃げた分だけ遅延損害金などで借金がどんどん増えてしまう恐れがあるだけでなく、住民票を移さないことで生活に支障が出てしまいます。

借金に悩んでいるのであれば、一刻も早く専門家に相談し、借金を減らせるかもしれない「債務整理」を検討してみましょう。

\借金を減らす救済措置/
関連記事
閉じる
響03